「おしゃれ」で満たされたクラシカルな空間・ロンドンの老舗百貨店リバティー

109

view
   2016年12月28日更新

ハロッズやセルフリッジと並びロンドンを代表する老舗デパート・リバティー。木造の美しい佇まいはチューダー・リバイバルと呼ばれる建築様式で、イギリスの第2種指定建造物にも指定されています。外観のみならず、洗練されたロンドンのおしゃれがぎゅっと詰まったリバティーの見どころをお届けします。

リバティーって?

ロンドンの貿易商、アーサー・ラセンビィ・リバティによって1875年に開業されたのが、まさにこの歴史ある百貨店リバティー。アレキサンダー・マックイーンやヴィヴィアン・ウェストウッドなど名だたるブランドがセレクトされている他、注目のデザイナーブランド、生活を彩る家具や食器など、リバティーでしか出会えない素敵なアイテムが目白押しです。

思わずうっとりしてしまうリバティーの内装

吹き抜けの天井からつるされた照明が空間をきらびやかに演出しています。歩くたびにきしむ味わい深い木造建築の床は、お買い物気分を優雅なものに変えてくれること間違いなし。

リバティーといえばやっぱりこれ!リバティープリントの小物たち

リバティーで販売されている商品のカラフルで美しい模様は「リバティープリント」と呼ばれ、それがあしらわれたスカーフやポーチなどは大変な人気を誇っています。

持っているだけでうきうきしてしまう可愛らしいデザインの小物は、リバティーを訪れたからには手に入れておきたいですよね。

くらしをもっと楽しく

キッチン用品や家具、寝具などもおしゃれなものが揃っています。お土産やプレゼントにもうってつけ。

前衛的なデザインの食器たち。食卓にも個性を出したい方はぜひ。

ハンドクラフト好きにはたまらない、リバティーファブリック

花柄などのボタニカル柄があしらわれた通称「リバティーファブリック」。ずらりと並ぶ色とりどりの生地は、世界に一つしかない素敵な小物や洋服に変身してくれることでしょう。

ハイブランドから目新しいデザイナーブランドまで

世界的有名ブランドが網羅的にセレクトされているのに加え、知名度は低いもののハイセンスで注目すべき新進気鋭のデザイナーブランドもちらほら。ディスプレイもおしゃれなので、見ているだけでファッションの参考になります。

遊び心満載のステーショナリー

海外らしい、遊び心のあるポップなデザインの文具。実用性がないものでもついつい手にとってしまいます。

自分用に!名前入りノート

中でもおすすめなのがこちらのノート。皮の表紙は使えば使うほど味がでます。

スタッフの方に頼むと、写真のように自分の名前を刻印してもらえます(1文字あたり5ポンド)。カラーはゴールドかシルバーの2色から選べます。

チョコレートをお土産に

鉄板のお土産、リバティーのチョコレート。パッケージまで可愛いので自宅用にもおすすめです。

様々な味が楽しめます。何種類も欲しくなってしまいますね。

リバティ

ロンドン / デパート

※この記事は2016年11月28日の取材に基づき公開した情報です。
 記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。
トラベルライター
イギリスに留学中の大学生です

現在大学4年生、休学中。6月よりイギリスに留学中。
海外でのリアルなくらしやヨーロッパ各国の魅力についてお届けできたらなと思います。
読んでいるだけで生きた「わくわく」を疑似体験できるような、頼れる旅のサポーターとなれますように。

同じテーマの記事

関連するキーワード

この記事で紹介されたスポットの地図

【トラベルライターアワード2016 受賞結果発表】2016年、特に人気を集めた記事&活躍したライターさんを発表します!

アプリなら記事も地図もサクサク快適!

  • 行きたい観光スポットをお気に入り登録すれば自分専用のガイドブックに。
  • 旅した国・都道府県をチェックして、自分だけの塗りつぶし地図を作ろう!