ロンドン
ロンドン観光
古い建物が残る街並みが美しく交通機関が発達

【ロンドン】立地・話題性・コスパの3拍子揃った、穴場アフタヌーンティー「Tea and Tattle」

取材・写真・文:

トラベルライター

2017年1月20日更新

4,197view

お気に入り

写真:トラベルライター

アフタヌーンティーの本場イギリスの中でも、特に激戦地であるロンドン。格式高い正統派アフタヌーンティーももちろん素敵ですが、観光の合間にさくっと立ち寄ることができる、カジュアルなアフタヌーンティーもオススメです。今回は、立地・話題性・コスパの3拍子そろった穴場のティーサロン「Tea and Tattle」をご紹介します!

この記事の目次表示

ロンドンのおすすめツアー
◆プレミアムエコノミークラス×復路直行便でちょっと贅沢に旅する♪―*ピーターラビットの故郷【湖水地方/ウィンダミア】にも宿泊して楽しむ!*―【エジンバラ×湖水地方/ウィンダミア×ロンドン】周遊 8日間
320,800円~428,800円
―*最もイギリスらしいと言われる美しい村々が点在する【コッツウォルズ地方】日帰り観光&ピーターラビットの故郷【湖水地方/ウィンダミア】は宿泊してゆったり楽しむ!*―【エジンバラ×湖水地方/ウィンダミア×ロンドン】周遊10日間
157,800円~355,800円
━♪『ピーター・ラビット』の世界観が広がる【湖水地方】に日帰り♪━専用バスにて見所を効率よく観光♪ロンドンで最も便利な賑わうエリア「ピカデリーサーカス」へ徒歩2分の4つ星ホテル宿泊【ロンドン】6日間◆往復直行便利用【成田発/ブリティッシュエアウェイズ利用】
227,800円~410,800円

ロンドンに来たからにはアフタヌーンティーがしたい!

「せっかくロンドンに来たのだから、本場のアフタヌーンティーを味わいたい!」という人も多いはず。

日本では、ホテル等の限られた場所でしかアフタヌーンティーを体験することができませんが、ロンドンでは、荘厳なマナーハウスやホテルはもちろん、街なかの小さなティーサロンでも、お手軽にアフタヌーンティーを楽しむことができます。

今回ご紹介する「Tea and Tattle」は、①観光ルートの邪魔にならない立地にあり、②お土産話にもぴったりで、③コスパがずば抜けてよい、という、旅人にとって嬉しい3拍子が揃ったティーサロン。

下記にて、その魅力をさらに詳しく説明していきます!

旅人にぴったりの3拍子が揃ったティーサロン「Tea and Tattle」

1. 立地のよさがピカイチ

ロンドンの最も有名な観光名所の一つ、大英博物館。ロンドンに来たからには、絶対に外せないスポットですよね。

  • 写真:トラベルライター大英博物館(British Museum)

このメインエントランスを出て、徒歩わずか30秒。あっという間に到着です!

  • 写真:トラベルライター看板

大英博物館の目の前という立地なので、広い館内を歩き周って小腹が空いた場合にもとても便利ですし、大英博物館とアフタヌーンティーを(ほぼ)同じ場所で一気に楽しむことができるので、限られたロンドン滞在時間を有効に使うことができますよ。

2. ○○の地下にある!という話題性

扉を開けて店内に入ると、目に飛び込んでくるのは所狭しと並んだ本や雑貨。というのも、こちらは「Arthur Probsthain」という東洋&アフリカの書物を取り扱う専門書店。創業は1903年という、歴史のある本屋さんなんです。

では、目的地の「Tea and Tattle」は一体どこにあるのでしょう?

  • 写真:トラベルライター1階の本屋

答えは、入口右手にある階段を見れば一目瞭然。そう、なんと本屋さんの地下にあるんです!まるで秘密基地のようでワクワクしてきますよね。

  • 写真:トラベルライター地下へ続く階段

階段を下っていくと、こじんまりとした空間ですが、ぬくもりのある小物とセンスのよい茶器が並んだティールームにたどり着きます。まさか本屋の地下でアフタヌーンティーをいただけるなんて…!話題性たっぷりです。

  • 写真:トラベルライター店内

3. コストパフォーマンスが最高

驚くべきは、コストパフォーマンスのよさ。「Tea for One」というアフタヌーンティーメニューは、サンドウィッチ、スコーン、ケーキ、紅茶、自家製レモネードという内容で、なんと17ポンド!ロンドンでのアフタヌーンティーの相場はだいたい40ポンドくらいなので、かなりお値打ちの価格です。

さらに嬉しいことに、レモネード以外のメニューは、自分で選ぶことができるんです!サンドウィッチと紅茶はそれぞれ10種類以上、ケーキは5種類、スコーン(のジャム)は4種類の中から1つずつ組み合わせていき、自分だけのアフタヌーンティーの完成です♪

  • 写真:トラベルライターTea for One

有名ホテルのアフタヌーンティーのような豪華な3段トレイではありませんが、味は抜群!あらかじめ半分に割ってクロテッドクリームとジャムを塗った状態で提供されるスコーンは、しっとりなめらかな舌触り。サンドウィッチのパンはふわふわで、具材もぎっしりなので食べ応えがあります。

女性にちょうどよい量かと思いますが、万が一残してしまった場合も、お願いすればお土産として包んでもらえるので安心です。

穴場のティーサロンで静かなティータイムを

広大な大英博物館を周りきるには、どうしても一日がかりになってしまいます。休憩するのに館内のカフェを利用するのもいいですが、時間帯によっては混んでいたり少々騒がしい場合も。目の前にある「Tea and Tattle」であれば、静かで優雅なひと時を過ごすことができますよ。

また、アフタヌーンティーの提供時間が決まっているホテルとは違って、営業時間内終日アフタヌーンティーをオーダー可能というところも、旅人には嬉しいポイント。もちろん単品メニュー(スムージーやサラダ、パン等)も美味しいので、ぜひ試しあれ!

Tea and Tattle
ロンドン / カフェ・喫茶店
住所:41 Great Russell Street, London, WC1B 3PE地図で見る
電話:0-7722-192703
Web:http://www.teaandtattle.com/

ロンドンの旅行予約はこちら

ロンドンのパッケージツアーを探す

ロンドンのホテルを探す

ロンドンの航空券を探す

ロンドンの現地アクティビティを探す

ロンドンのWi-Fiレンタルを探す

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※この記事は2017年1月20日に公開した情報です。
 記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

あなたにオススメの記事

同じテーマの記事

ロンドン新名所!スカイ・ガーデンの予約と裏技2種

ロンドンの新名所として人気が高く、予約が取りづらいのが「スカイ・ガーデン」。地上約155mの高さからロンドンの街を一望できる場所です。天井までガラス張りで開放感...

【海外】女子ひとり旅におすすめ旅行先6か国と過ごし方!迷ったらココ!

女子一人でも安心・満喫できるおすすめの国(都市)をご紹介!気になる治安面を考慮し、街の可愛さはもちろんのこと、周りやすさや物価の安さ、食事のおいしさなどを総合し...


ロンドンでお気軽アフタヌーンティーなら大英博物館で!

イギリスといえば、アフタヌーンティー。女子なら絶対体験したい事の一つですね。でもドレスコードやオーダーが二人からなど、決まり事が面倒だったりします。そんな時、大...

アンティーク好きにはたまらない!ノッティングヒルのポートベローマーケットを散策

ノッティングヒルにあるポートベローロードのマーケットはとにかく活気にあふれていて楽しい!映画『ノッティングヒルの恋人』冒頭でもマーケットの様子が描かれていますが...


実はおいしいイギリス!ロンドンおすすめベーカリー&デリショップ5選

「イギリスの食事はおいしくない」というフレーズ、一度は聞いたことありませんか?実はイギリスにはおいしいものがたくさんあるんです。今回はイギリス・ロンドンで、朝食...

トラベルライターアワード受賞結果発表トラベルライターインタビュー Vol.2 bluemoonさん

アプリ「Pokke」でロンドンの音声ガイドを聴く

ロンドンの観光スポットの音声ガイドをアプリ「Pokke」で聴くことができます。

旅行前にダウンロードしておけばオフラインでも使える!
プロのガイドに案内されるように旅を楽しめる!

Pokkeについて

【トラベルライターインタビューVol.2】NY記事50本超え!人気記事を多数生み出しているbluemoonさんの執筆のコツとは?