毎日でも食べたい!1,000円以下で食べられるマカオの絶品グルメ5選

532

view
   2016年12月28日更新

世界遺産に街歩き、カジノにエンターテイメント、楽しいことが盛りだくさんの、マカオのもう一つのお楽しみは「食」。本場中華料理からポルトガル料理、ゴージャスホテルでの高級グルメは、世界中から集まってきた食通たちを満足させています。そんなマカオで、昔から庶民に愛され、観光客たちを虜にしてきた、お財布にも優しい絶品グルメをご紹介します。

【1】タイパ島名物ポークチョップ・バーガー

タイパ島には、グルメタウン官也街や発展著しい地堡街など、気楽に入れるレストランやカフェが並び、食べ歩きスポットとしても充実しています。

  • タイパ島名物 ポークチョップ・バーガー

タイパ島で挑戦したいのは、名物ポークチョップ・バーガー。手からはみ出すほどのボリュームで300円ほど!お店によって味付けが違うので、食べ比べてみても。

タイパ島
地図を見る

【2】これを食べずには帰れない!マカオスイーツ1番人気のエッグタルト

マカオスイーツの頂点といっても過言ではないエッグタルト。サクサク軽いパイ生地と滑らかなカスタードが絶妙な、本場の味をお試しください。これもまた、いろいろな場所で扱っていますが、カフェやスタンドなら、100円程度で頂けます。

【3】クセになる味!いろいろジャーキー

セナド広場周辺では、マカオ風干し肉の店をよく見かけます。ビーフ、ポーク、ダックの肉に、様々な味付けがされています。甘い味、スパイシーな味、不思議な味と味付けは様々。

  • 様々なジャーキーが並びます。

ハサミで切って味見をさせてくれるので、お好みの干し肉を見つけてください。おやつにも、おつまみにも、クセになるおいしさです。1Lbs(453g)850円ぐらいです。

【4】毎日通ってしまうおかゆの専門店「三元粥品専家」

  • おかゆの専門店「三元粥品専家」

マカオ半島の福隆新街にあるお店です。地元民も太鼓判を押す有名店で、開店前から行列ができています。このお店の自慢は、手作り団子と新鮮な具材。

  • 三元及第粥

高温に熱したお粥の熱で、具材に火を通す調理法がおいしさの秘訣。毎日4時間以上煮込んだ白粥をベースに、肉やシーフードなどいろいろな具材のお粥があります。

おすすめは「三元及第粥」約350円。及第粥とは、昔の中国で、超難関の科挙(官吏任官試験)を受ける子どもに栄養をつけさせるため、母親が作った豚モツ粥のこと。合格祈願の縁起物のお粥と言われています。

ほんのり生姜がきいているお粥の中には、臭みのない豚のモツとレバー、肉団子がたっぷり入った忘れられない絶品お粥です。オプションで玉子も入れられます。

三元粥品専家

マカオ / レストラン

【5】信じられないぐらいリーズナブルなフカヒレスープの「添發碗仔翅美食」

福隆新街は、別名フカヒレ通りとも言われるほど、フカヒレを扱う店や問屋が多いことで有名です。その店によって、微妙に味付けが違うので、食べ比べてみるのも楽しいかもしれません。

フカヒレスープの食べ比べができるなんて、¥1,000以下だからできることですよね。安い店だと、¥600前後で頂くこともできます。

  • ふかひれ専門店「添發碗仔翅美食」

わたしのお勧めは、「添發碗仔翅美食」。この店もまたマカオ半島の福隆新街にあるお店です。金額により入っているフカヒレの大きさが違いますが、味は基本的に同じ。

濃厚でとろみのある熱々のフカヒレスープは、たまらないおいしさです。

添發碗仔翅美食

マカオ / 中華料理

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※この記事は2016年12月19日の取材に基づき公開した情報です。
 記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。
トラベルライター
お出かけ、食べることが大好き!

日帰りドライブから、国内、海外を問わずお出かけするのが大好きです。ずっとタウン重視でお買い物に夢中の旅でしたが、10年ほど前にアメリカ・サンフランシスコに在住。国立公園めぐりをしたことをきっかけに、自然も大好きになりました。少し歴史を知ってから出かけると楽しいこと、美味しい食べ物や綺麗な風景に出会えると幸せなこと。小さな情報が、誰かの楽しい!や嬉しい!につながったらいいなと思っています。これからも、いろんなところへ出かけて、たくさんの情報を発信してゆきたいと思っています。少しでも参考になれますように!

同じテーマの記事

【トラベルライターアワード2016 受賞結果発表】2016年、特に人気を集めた記事&活躍したライターさんを発表します!

アプリなら記事も地図もサクサク快適!

  • 行きたい観光スポットをお気に入り登録すれば自分専用のガイドブックに。
  • 旅した国・都道府県をチェックして、自分だけの塗りつぶし地図を作ろう!