カリブ海を優雅に満喫!メキシコ・カンクン近郊のオールインクルーシブリゾートホテル【Hotel Marina El Cid Spa & Beach Resort All Inclusive】

379

view
   2017年6月23日更新

カリブ海屈指のリゾート地と言えば、メキシコのカンクン!有名ホテルが立ち並び、ショッピングやナイトライフなどが満喫できます。でももっと落ち着いた優雅なリゾートステイを楽しみたいなら、カンクンから少し外れたエリアのホテルはいかが?しかも「オールインクルーシブ」なら食費や各種アクティビティが宿泊料金に含まれるため、滞在中はお金の心配をせず好きなだけ楽しめます!筆者が家族で宿泊したホテル「Hotel Marina El Cid Spa & Beach Resort All Inclusive」をご紹介。

ホテルの立地と概要

カンクン周辺で注目のリゾート「リビエラ・マヤ(Riveria Maya)」

カンクンから車で約1時間ほど南下すると「リビエラ・マヤ(Riveria Maya)」というエリアがあります。エコリゾートが多く、賑やかなカンクンと比べると閑静で、欧米人を中心に喧噪から逃れて優雅に過ごしたい人に人気です!

さらにその中でも、小さな漁港「プエルト・モレロス(Puerto Morelos)」のすぐそばにひっそりと佇むのが、今回ご紹介する「Hotel Marina El Cid Spa & Beach Resort All Inclusive(El Cid)」というホテル。

  • ホテルのプライベートビーチ

カンクン国際空港から車で約20分。カンクンにも、リビエラ・マヤの中心部「プラヤ・デル・カルメン(Playa del Carmen)」にも車で30分ほどで行ける中間地点にあり、アクセス良好でありながら知る人ぞ知る穴場なのです!

オールインクルーシブのリゾート!

「オールインクルーシブ」という名の通り、リゾート内でのレストランやバー、ルームサービスなどあらゆる飲食代が料金に含まれています!また様々なアクティビティも利用できるので、ホテルにいる間はほとんどお財布を出さずに過ごすことができてしまいます。

  • ホテルのロビーラウンジ

ホテルに到着するやいなや「お飲み物は何をお持ちしますか?」とフロントで尋ねられ、ドリンク片手にホテルの全容についてコンシェルジュからお話を伺いました。なんとも素敵なおもてなしに最初から感動すること間違いなしです!

それでは、ホテルの魅力を様々な角度からご紹介しますね!

「El Cid」の魅力① プライベート感ある客室

  • オーシャンビューの部屋も素敵!

レモンイエローに統一された建物が特徴的なこのホテル。4階建ての客室棟は合計12棟あり、全500室と大型ホテルでありながらもプライベート感を重視した造りです。

  • 広々とした部屋
  • アメニティも豊富に用意されていました

室内は広々としていて、落ち着きのあるシックな内装。24時間利用可能なルームサービスもあるので、旅の疲れを感じたら部屋でゆっくり過ごすのもアリですね!

  • バルコニーからの眺め

全室バルコニー付きで、プールかオーシャン、ガーデンビューのいずれかを望めます。この景色を見ながらボーッと過ごすだけで至福のひととき!

「El Cid」の魅力② 南国ムード溢れる緑豊かな広い敷地

  • 緑豊かな敷地

El Cidの敷地はとても広く、散策しながらリビエラ・マヤの豊かな自然を味わうことができます。写真のように大きな池やヤシの木、色鮮やかな花々などに囲まれ、南国気分を存分に味わえます!

  • 南国ムードがいっぱい!

そしてメキシコならではの魅力は… なんと、敷地内のいたるところでイグアナが見られること!

  • 大きなイグアナ!

茂みや土がある場所をふと見ると、ノソノソ歩いていたり、日光浴している姿が見られます。ただし、人間に気づくと慌てて逃げてしまうこともあるので、静かに観察してみてくださいね!

「El Cid」の魅力③ プライベートビーチでカリブ海を一望

  • カリブ海を一望

ホテルの目の前にはカリブ海が一面に広がります!手前は海藻が多くて泳ぎづらいのが難点ですが、宿泊客しか入れないため時間帯によっては独り占めに近いことも。

  • ハンモックやビーチチェア

ハンモックやビーチチェアがいたるところに置いてあり、自由に利用できます。ここで時間を気にせず、海を眺めて過ごすのがリゾートの醍醐味!

「El Cid」の魅力④ 大人も子供も楽しめるプール

  • プール

こちらがメインとなるプール。朝から老若男女問わずたくさんの人で賑わいます!飛び込み台と滑り台、小さな子供用のプール、プールインバーもあります。

プール中央では毎日参加自由のアクティビティが開催。スタッフによるエンターテイメントショーやアクアビクスなどが行われます。

  • プールサイドにドリンクバーが!

日によっては、写真のようなレモン・キュウリ・オレンジなどのフレッシュジュースが置かれていることも!日差しが強く暑いプールサイドで心身共にリフレッシュできます。

また、歩いているホテルスタッフが「飲み物はいかが?」と常に気を配ってくれます。オールインクルーシブなので、お金を気にせず好きなだけ飲めるのが嬉しいですね!

「El Cid」の魅力⑤ バリエーション豊かな料理が好きなだけ食べられる

  • ビュッフェのハム&チーズコーナー

ホテル内には2017年5月時点でレストランは5店あります。その中でメインとなるのはブッフェレストランで、朝食・昼食・夕食と全て利用可能。

定番のメキシカンはもちろん、シーフード、イタリアン、フュージョンなど毎日テーマが変わるので、長期滞在客でも飽きずに様々な料理が楽しめます!

  • メキシカンと言えばトルティーヤ!
  • サボテンジュースが美味!

もちろんアラカルトで注文可能なレストランも。夕食のみ営業で前日までに予約が必要なお店が多いので、スケジュールを確認しながら早めに計画を立てるのがオススメです!写真は、筆者が利用したシーフードレストランより。

  • お魚料理
  • ムール貝のスパゲッティーニ
  • リゾット
  • アップルパイとコーヒー

「El Cid」の魅力⑥ その他様々なアクティビティや充実の施設

プールやビーチだけでも十分楽しめますが、それ以外にも利用可能なサービスが豊富。以下は例となります。

オールインクルーシブに含まれるもの

  • トレーニングルーム
  • キッズクラブ(4歳〜11歳)
  • ウォータースポーツ(シュノーケリング、ダイビング、カヤック、パドルボートなど)
  • テニス
  • サイクリング
  • トレーニングルーム

など

別途料金がかかるもの

  • スパ
  • Wi-Fi
  • 託児
  • スパ
  • ヘナアート
  • 絵付け

など

筆者は60分のスウェーデン式マッサージをスパでお願いしました。海を目の前に、波の音を聴きながらのハンドマッサージはまさにパラダイス!ぜひ体験していただきたいです!

  • 息子の作品
  • 夫と息子の作品

また、旅の思い出にメキシコらしい作品作りはいかがですか?ガイコツのお土産は各地で売っていますが、自分で絵付けしたら思い入れもより深まりますね♪ こちらはプールサイドで製作でき、料金はサイズによってUS$15〜$35(約1,500円〜3,800円)ほど。

「El Cid」の魅力⑦ ツアーにも気軽に参加可能

El Cidには「Pronatours」という大手ツアー会社のデスクがあり、担当者と相談しながら現地でツアーの予約が可能です。

  • 「チチェン・イツァ」
  • エコパーク「シカレ」

筆者が行ったカンクンで最も有名なマヤ文明の遺跡「チチェン・イツァ」まで約3時間、エコパーク「シカレ」まで約1時間の距離。もちろんホテルまでの送迎付きなので安心して参加できます!

最後に

いかがでしたか?ホテル内だけでも見どころや楽しみ方が多すぎて、筆者は4泊しましたが、まだまだ遊び足りないくらい魅力いっぱいのEl Cid。できたら1週間は滞在して、食事もレジャーもたっぷり味わってきてくださいね!

ホテル マリーナ エル シド スパ & ビーチ リゾート

メキシコ / ホテル / リゾートホテル

 

住所:Boulevard El Cid, Unidad 15, Km. 3, 77580 Puerto Morelos, Q.R., メキシコ

電話:800 003 6292

Web:https://www.elcid.com/riviera-maya/hotel-marina-be...

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※この記事は2017年5月3日の取材に基づき公開した情報です。
 記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。
トラベルライター
鎌倉在住のバイリンガルナレーター/ブロガー/旅ライター

小学校時代をニューヨーク郊外で過ごした帰国子女。高校生の頃世界史にハマって以来、世界中の美しい街並みや建築、絶景などの写真を眺めるのが大好きに。海外17ヶ国を訪問。tripnoteの「トラベルライターアワード2017上半期」で新人賞受賞。
夫と小学3年生の息子との家族旅行のテーマは「南国の海」「豊かな自然」「生き物探し」など。そこで得た体験のシェアはもちろん、地元鎌倉周辺のグルメやオススメスポットなどもご紹介しています♪
趣味はカメラ、サーフィン、コーヒ&スイーツが美味しいカフェ巡り。

http://romyhiromi.com

最近人気の記事

【トラベルライターインタビューVol.1】ライターとしてのやりがいや、記事を書き続けるコツとは?ライターさんの素顔に迫ります!

アプリなら記事も地図もサクサク快適!

  • 行きたい観光スポットをお気に入り登録すれば自分専用のガイドブックに。
  • 旅した国・都道府県をチェックして、自分だけの塗りつぶし地図を作ろう!