メキシコ
メキシコ
世界遺産の古代遺跡巡りやカリブ海のビーチリゾート

【メキシコ・ユカタン半島】セレブ気分を満喫♪Grand Velasでオールインクルーシブリゾートステイ

2018年6月29日更新

202view

お気に入り

カンクンからベリーズに達する美しい海岸線はリビエラ・マヤと呼ばれ、近年、リゾートホテルが次々に建設されている地域でもあります。そんなホテルの中でも超豪華リゾートとして人気の「グランド・ベラス」の魅力をご紹介します☆

この記事の目次表示

たまには満喫したいリゾートラグジュアリー体験♪

旅行にはさまざまなスタイルがありますが、一生に一度の特別な休暇やとにかくのんびり過ごしたいときに利用したいのが高級リゾートホテル。特にカリビアン周辺では敷地内のさまざまな特典がすでにレートに含まれる「オールインクルーシブ」と呼ばれるスタイルが人気です。

このオールインクルーシブ制だとバーやレストランの食事はもちろん、敷地内のアクティビティなども値段を気にせず楽しめるのが魅力。今回はリビエラ・マヤにある大型ラグジュアリーリゾート「グランド・ベラスリゾート(Grand Velas)」をご紹介します♪

3つの施設と10のレストランを持つ大型リゾート!

  • リゾートの敷地内に続くエントランス

グランド・ベラスはリビエラ・マヤの海岸線に立つ大型リゾートホテル。敷地内には「アンバサダー」「グランド・クラス」「ゼン・グランド」と3つの建物があり、数分ごとに各建物をシャトルが巡回しています。

  • ロビーを巡回するシャトル

メインビルとなる「アンバサダー」

1番大きな施設となるのが「アンバサダー(The Ambassador)」。ビーチの真横に大きなプールがあり、それをぐるりと囲むように客室が建てられています。敷地内で1番大きな建物となり、海沿いにあるバフェット式レストランからも近いため子連れファミリーやコーポレートのイベントなどに人気です。

ここの魅力は何と言っても大型プール。

プールには座って飲み物を飲めるスツールなどもあり、プールサイドにあるバーでは軽食もオーダーできます。ゆったりとした気分で1日を過ごすにはぴったりとなる場所です。

大人の旅を楽しめる「グランドクラス」

アンバサダーの真隣にあり、小規模で更に高級なイメージが強いのが「グランドクラス(Grand Class)」。こぢんまりとしたロビーはゆったりと静かな時間を過ごしたい大人の旅にぴったり。

こちらの施設内にある客室、レストランやプールの使用は全て「大人オンリー」。喧騒を逃れ、落ち着いた環境での休暇を楽しめます。

森の中にひっそりと佇む「ゼングランド」

メインとなるふたつの施設から車で数分、ビーチを離れ内陸のトロピカルジャングルの中に建つのが「ゼングランド(Zen Grand)」。

ナチュラルなアーストーンで統一されたまさに「禅」がテーマのホテルです。吹き抜けで開放感のあるロビーと、藁葺きの屋根が繋がる廊下などまさに自然と調和した雰囲気はまるで森の中にステイしているような気分を味わえます。

この施設内には別館に大規模なスパがあり、「ハイドロセラピー」と呼ばれるプールとサウナを使ったスパのコースも人気ですよ!

ホテルの室内をご紹介♪

今回滞在した「アンバサダー」の客室やアメニティーなどを紹介します。

  • ロビーへと続く廊下

こちらが客室を繋ぐ廊下と各部屋のドア。ゆったりとした空間の廊下や木製で大きく頑丈なドアは、ラグジュアリー感にあふれています。

客室は全室ともゆったりとしたスイーツで、ベッドのほかにソファーとデスクも完備されています。

とにかくバスルームが広く、ゆったりと使えるのが魅力。ダブルシンクでカウンターも広々としており、ふたりで滞在しても水回りをストレスなく使えます。

またメークアップやスキンケアにぴったりのドレッサーも完備されています。ウォークインシャワーと大きなバスタブも付いていますよ♪

パティオに繋がる大きな窓からは、真っ青な海を眺めることができます。

アメニティーも充実♪

バスルームにあるアメニティーは全てフランスの高級スキンケアブランド「L'Occitane(ロクシタン)」で統一されています。

シャンプー・コンディショナーはもちろん、シャワージェルやソープ、ローションなども全てロクシタンの商品。歯ブラシやソーイングキットの入った箱にもロゴが付いていましたよ。

コーヒーメーカーは「Nespresso(ネスプレッソ)」。カプセルをマシンに入れるだけで簡単に本格的なコーヒーを淹れることができます。お茶類は全てフランスの「THE O DOR(テオドー)」が使われていました。

次のページを読む

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※この記事は2018年6月12日の取材に基づき公開した情報です。
 記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

この記事を書いたトラベルライター

旅好きウェブライター
大学留学をきっかけに渡米してはや20+年。州立大学を卒業後ニューヨークで就職。長年に渡るニューヨーク生活を経て現在はサンフランシスコ市内に在住。とにかく旅行が大好き!旅先で実際に体験したことを中心に、西海岸トレンドなども紹介していきます☆

在住者が厳選!サンフランシスコ最新インスタ映えスポット9選☆

観光旅行先としても人気のサンフランシスコ。今、友達と差を付ける写真を撮りたいなら、断然おすすめなのがインスタグラムで人気となるスポット巡りです!今回はサンフラン...

【バンコク】とにかく可愛い♡「Tints of Blue」ホテルの魅力をご紹介!

東南アジア有数の大都市、バンコク市内には数え切れないほどのホテルが存在しますが、その中でもトリップアドバイザーやBooking.com、Googleマップなどで...

【アユタヤ】バンコクからシャトルで行こう!お手軽半日観光モデルプラン

バンコクから車で僅か90分の距離にある「アユタヤ」は、1350年から400年以上の繁栄を続けたアユタヤ王朝の遺跡が色濃く残る世界遺産の街です。バンコクからは80...

【ハワイ島】太平洋最強!地球のエネルギーを感じるおすすめパワースポット巡り6選♪

太平洋のど真ん中に位置し、今なお火山の噴火活動が続くハワイ島。世界でも地球のエネルギーが集まりやすい場所とされますが、そんなハワイ島の中でも更にパワースポットと...

【サンフランシスコ 】#ootdにもぴったり♡おしゃれ壁アートの自撮りスポットをご紹介!

サンフランシスコはMuralと呼ばれる壁アートが多い街で、歩いていると至るところにカラフルでおしゃれなアートを目にすることができます。今回は、そんな壁アートを背...



トラベルライターアワード・2017年間受賞結果発表トラベルライターインタビュー Vol.2 bluemoonさん

【トラベルライターインタビューVol.2】NY記事50本超え!人気記事を多数生み出しているbluemoonさんの執筆のコツとは?