名古屋
名古屋観光
独特の食文化”なごやめし”に魅了される

ひつまぶし発祥の店「あつた蓬莱軒」は本店・神宮店・松坂屋店を賢く使い分けて混雑回避!

取材・写真・文:

トラベルライター

2019年4月8日更新

21,535view

お気に入り

地元民にも、観光客にも不動の人気を誇る、ひつまぶし発祥のお店「あつた蓬莱軒」。名古屋市内にある本店・神宮店・松坂屋店の3店舗を、混雑を避けて上手に利用する方法をご紹介します。

この記事の目次表示

絶大な人気の「あつた蓬莱軒」とは

あつた蓬莱軒は、ひつまぶし発祥のお店として140年以上の歴史があります。本店、神宮店、松坂屋店の3店舗からなるお店です。ひつまぶしが有名ですが、もともと鰻と鶏料理の店として始まっていることから、鶏料理も美味しいんですよ。

  • ひつまぶし一人前3,600円

あつた蓬莱軒のひつまぶしは、ふたを開けるとぎっしり鰻が敷き詰められています。そしてご飯の間にも鰻が入っているんですよ。筆者はたくさんのひつまぶし店を食べ歩いた中で、こちらが一番コスパがよく、雰囲気も良い店だと感じています。

焼き方やタレの甘みなどお好みはそれぞれだと思いますので、一番好みに合うひつまぶしに出会うには食べ歩くのが一番だと思いますが、旅先でひつまぶしばかりを食べ歩くのも難しいですよね。はじめての方には、まずは1番人気の「あつた蓬莱軒」がおススメです。

大人気だからこそ、長い待ち時間も

あつた蓬莱軒はテレビで紹介されたり、ガイドブックに載ったり、有名人の方がブログなどで紹介していることで、地元民以外にも観光客の方が多く来店するのが特徴です。会席など一部の場合を除き予約ができないので、長い待ち時間が発生するんですよ。

ガイドブック片手に訪れる国内外のお客さんや、観光バスで一気に数十人のお客さんがやってくることもあります。またTVで紹介された直後だったりすると、4~5時間待ちなんてこともあります。

お昼ご飯のつもりで行ったのに入店時間が夕方になったり、帰りの新幹線や飛行機の都合で泣く泣く食べずに帰る方がよくいらっしゃるそうです。

そうなってしまっては、あまりに残念。受付の仕方や3店舗のうちどのお店に行くのが良いか等、事前に知っておくことで行列を避けて利用することができるので、下記のポイントを参考にしてみてくださいね。

3店舗をうまく使い分けよう!

本店

外壁に「蓬莱陣屋」とある店舗です。料亭ならではの庭や建物で、落ち着いた雰囲気。雰囲気重視の場合は本店がおススメ。

待ち時間がある場合の受付は、代表者が店舗前の係りの方に名前を伝えると「 ○○時○○分ごろ入店できるので戻ってきてください」と教えてくれます。それまでの時間は自由に使えます。行列に並ぶわけではないので、その間の時間を観光などに使えるのがありがたいですね。

  • 開店前。受付のための行列ができることも。

近くの熱田神宮はお参りやお散歩に最適ですし、その中に知る人ぞ知る美肌のご利益があるパワースポットもあるんです。本殿のお参りだけではなく、くまなく散策するのもなかなかいいものですよ。

また毎月1日には「あつた朔日市」という出店が並ぶお祭りのようなイベントがあるので、それをお目当てにするのもいいですね。

ですので、受付前後に予め観光やお買い物を予定しておくのがいいかと思います。もちろんすぐに入れる場合もあるので、柔軟に対応できる予定の組み方がベストですよ。

筆者は本店をよく使うのですが、一つ理由があります。

お客さんをお連れしてとても喜ばれるのが会席です。 雰囲気のある建物にお庭、ひつまぶし以外のお料理もとても美味しいので会席料理(9,720円~)目当てに本店を利用します。そして時間に限りがあるときの裏技的にも。

会席料理は予約が必要です。必ずこの時間に入店したい!という時に、ひつまぶしの注文だけではできない予約ができるというわけなんです。ひつまぶしが含まれた会席がありますので、会席でもちゃんとひつまぶしを堪能できますよ。1日前までの要予約となっていますので予約はお早目に。

あつた蓬莱軒 本店
名古屋 / 郷土料理
住所:愛知県名古屋市熱田区神戸町503地図で見る
電話:052-671-8686
Web:http://www.houraiken.com/
熱田神宮
名古屋 / 社寺・教会 / 観光名所
住所:愛知県名古屋市熱田区神宮1-1-1地図で見る
電話:(052)-671-4151
Web:https://www.atsutajingu.or.jp/jingu/

神宮店

熱田神宮に一番近いのが神宮店です。受付の仕方は本店と同じ、入店予定時間を聞いて戻る仕組みです。熱田神宮が近いこと、本店と比べると混雑が少ないようなので、お急ぎの時にはこちらがお勧めです。また一品料理の種類が豊富なので、いろいろ楽しめるのも魅力ですよ。

  • 一番奥の森に近い屋根が神宮店。こちらも受付のための行列。
あつた蓬莱軒 神宮店
名古屋 / 郷土料理
住所:名古屋市熱田区神宮2-10-26地図で見る
電話:052-682-5598
Web:http://www.houraiken.com/sp/jingu.html

松坂屋店

百貨店内にある松坂屋店は、並んで待つ仕組みです。入店までに全員そろえば大丈夫なので代表者のみ並び、他の方は百貨店内を見て回ったり、近隣のお店を見て回ったりでき、待ち時間を退屈せず過ごせますよ。他店に比べ連休時でも行列の長さにムラがないので、連休に利用する時はこちらがおすすめ。

また地下の食料品売り場には持ち帰り用の店舗もあり、ひつまぶしや長焼きなどを購入できます。

なかでも松坂屋限定「うなぎまぶしのり巻き」(1,900円)が絶品。お土産にも最適です。ボトルに入った出汁(100円)を一緒に購入し、のり巻きにかけて食べるとひつまぶし風になりますよ。数量限定なので早めに入手するのがおススメです。

あつた蓬莱軒 松坂屋店
名古屋 / 郷土料理
住所:愛知県名古屋市中区栄3-30-8 松坂屋名古屋店南館10F地図で見る
電話:052-264-3825
Web:http://www.houraiken.com/sp/jingu.html

 

行く日時選びのポイント

  • 土用の丑の日はもちろん激混みだから避ける
  • 三連休の時は最終日が比較的空いている
  • TVで紹介された直後の連休は激混みの可能性大!!
  • ナゴヤドームあたりでコンサートがある日はコンサートに来たファンだらけで混むから避ける
  • 他店がお休みの日は混む
  • 開店直後(夜の営業開始直後も)がねらい目

このようなことに注意して訪れると、比較的待ち時間少なく入店することができます。もちろん必ずではないのですが何度も通ったところ、このように見受けられました。

また、4時間待ち…など、とても混んでいるときには、持ち帰りのひつまぶしを注文することもできますよ。受付の店員さんに一声かけると注文の仕方を案内してもらえます。

お弁当は、注文してから何時間も待たず入手することができますので、予定に余裕のない場合には持ち帰りにしてピクニックがてらのひつまぶしもいいですね。予め電話で注文しておけば、なお待ち時間が少なく済みますよ。 

さいごに

観光の場合、あつた蓬莱軒のひつまぶしを食べるために電車を乗り継いで店に行かれる方も多いと思います。それで食べられないのでは気の毒すぎる…ですので、遠路はるばる行く方は参考にしてみてくださいね。

夏休みの格安航空券をskyticketで検索

名古屋の旅行予約はこちら

名古屋のパッケージツアーを探す

名古屋のホテルを探す

名古屋の航空券を探す

(県営名古屋空港)

(中部国際空港)

名古屋の現地アクティビティを探す

名古屋のレンタカーを探す

名古屋の高速バスを探す

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※この記事は2017年9月20日に公開した情報です。
 記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

あなたにオススメの記事

同じテーマの記事


【名古屋のモーニング】地元民が選ぶおすすめ店5選

名古屋人は「おトク」が大好き。喫茶店で飲み物を注文するとトーストやゆで卵がサービスとなっているのは、もはや常識です。そんなモーニングはお店によっても特徴がありま...


【2019】名古屋で買うべきお土産9選!旅ツウのトラベルライターがおすすめ

名古屋の人気ご当地グルメから老舗の和菓子・スイーツまで、旅行経験豊富なトリップノートのトラベルライターが選んだ名古屋の厳選のお土産をご紹介します。名古屋のお土産...

名古屋駅周辺で食べられるおすすめ名古屋グルメ8選【名古屋駅から徒歩10分以内】

味噌煮込みうどんやモーニング、ひつまぶしなど、名古屋駅から徒歩10分以内で行ける駅周辺のおすすめ名古屋グルメをご紹介!移動の合間や旅の最後に名古屋グルメを堪能し...

【名古屋日帰りモデルプラン】オトナの修学旅行は名古屋に行こう

名古屋は日本の中にある異文化です。作家の村上春樹氏も著書『東京するめクラブ 地球のはぐれ方』の中で「どこかしら異界に直結しているような呪術性をまだ失っていない街...

なごやめしが味わえる「金シャチ横丁」登場!名古屋城5つの見どころ徹底ガイド

尾張徳川家の居城として400年以上にわたって人々に親しまれてきた名古屋のシンボル・名古屋城。2018年6月に完成公開を迎える本丸御殿とあわせて、2018年3月2...

トラベルライターアワード受賞結果発表トラベルライターインタビュー Vol.2 bluemoonさん

【トラベルライターインタビューVol.2】NY記事50本超え!人気記事を多数生み出しているbluemoonさんの執筆のコツとは?