シドニー
シドニー観光
シティもビーチも楽しめる南半球最大の都市

シドニーの絶景を360°味わえるバーHenry Deane

取材・写真・文:

オーストラリア在住
訪問エリア:28ヶ国

2018年8月24日更新

848view

お気に入り

写真:mayumi

シドニーに訪れたら美味しいフードやワインと併せて絶景も楽しみたいですよね。ウォルシュ・ベイにある「ヘンリー・ディーン」はシドニー・ハーバーやハーバー・ブリッジなどアイコニックな風景が360°楽しめるレストラン&バーです。

この記事の目次表示

オシャレなローカルに人気のHenry Deane(ヘンリー・ディーン)

  • 写真:mayumi

Henry Deane(ヘンリー・ディーン)はハーバー・サイドにあるバー&レストラン。以前ご紹介した「Walsh Bay(ウォルシュ・ベイ)」エリアの高台Millers Point(ミラーズ・ポイント)に今から約100年前に建てられた「Hotel Palisade(ホテル・パリセイド)」が、2015年にリノベーションされた際にできたルーフトップ・バーです。

  • 写真:mayumi

ホテル・パリセイドはGF〜1Fにパブ、2〜3Fに宿泊施設を要し、今回ご紹介するヘンリー・ディーンは最上階と屋上の4〜5Fに位置しています。店名はウォルシュ・ベイの建設に携わったエンジニアHenry Deane Walsh(ヘンリー・ディーン・ウォルシュ)に因んで名付けられ、場所はオーストラリア最古のパブである「Lord Nelson Brewery」から歩いて2分、200mほどの距離にあります。

  • 写真:mayumi

GFにあるHotel Palisadeという名のパブの入り口を入って、パブ・カウンターを横目にまっすぐ進んでエレベーターで4Fに上がりましょう。

  • 写真:mayumiエレベーター・ホールはまるで絵画のようなアーティスティックな空間
  • 写真:mayumi落ち着いた雰囲気のパーティスペースからはハーバー・ブリッジの絶景

エレベーターを降りるとバーカウンターと貸切のパーティ・スペースがあり、どの部屋からも雄大なシドニー・ハーバーを拝むことができます。

  • 写真:mayumi

4Fはバー・スペースを始めどこも落ち着いた雰囲気でとても素敵ですが、まずは螺旋階段を上がって5Fのメインフロアに足を踏み入れましょう。

視界を遮るものが全くないハーバー・ビュー

  • 写真:mayumi

シドニーは世界で最も美しい港町と言われるウォーターフロントに栄えた大都市です。ヘンリー・ディーンは高層ビルの最上階にあるバーではありませんが、ミラーズ・ポイントの高台に建っていて周囲に高い建物がないため360°広がる絶景を楽しめます。

  • 写真:mayumi南西側はバランガルーの再開発地区やバランガルー・リザーブが。
  • 写真:mayumi南東側正面にはObservatory Hills、左側にはLord Nelson Brewery。

CBD(中央ビジネス区域)のビル群、ハーバーを行き交う客船や公園の緑、開発中のBarangaroo(バランガルー)地区などシドニーらしい風景を一望できます。

  • 写真:mayumi

北・東・南の三方向に開いているテラス席では正面のハーバー・ブリッジをはじめとした絶景を堪能することができますが、ガラス張りの明るい店内のソファ席やバーカウンターのどこからも眺望が楽しめます。

  • 写真:mayumi

因みにこちらのインテリアは筆者も大好きなオシャレなレストランやバー、Palmer & Co.Ms G’sなどのインテリアを手がけたオーストラリア人インテリア・デザイナーのSibella Courtさんによってデザインされています。

  • 写真:mayumi

籐の椅子、ピンクの革張のソファ、くすんだグレーの壁や銅製の照明など、クラシカルな中にもモダンで洗練されたスパイスが効いているとても素敵な空間です。

  • 写真:mayumi

美味しいシーフードにカクテルやワイン

  • 写真:mayumiNo way frose($20.00 / ¥1,620)

ビールも一通り揃えていますが、ビールを飲む場合はどちらかと言うと1FにあるHotel Palisadeの方が種類が豊富です。こちらのHenry Deaneではワインリストもバラエティ豊かですし、見た目も美しくて美味しいオリジナルのカクテルがオススメです。

  • 写真:mayumiKingfish and coconut ceviche with taro crisps($23.00 / ¥1,860)
  • 写真:mayumiBaby octopuses, chilli, garlic, labneh($29.00 / ¥2,340)
  • 写真:mayumiSpicy cauliflower, crunchy almond, smoky sauce($16.00 / ¥1,290)

バーではありますが、シーフードをメインに個性豊かなメニューを取り揃えています。ほとんどのメニューはシェア・プレートになっているので、色々頼んで皆でシェアできるのが嬉しいです。どのメニューも素材の味にこだわり、お酒が美味しくなるメニューばかり。ついつい気がついたら食べ過ぎてしまいます。

シドニーっぽさ満載の絶景を堪能

  • 写真:mayumi

ガラス張りの店内に眩しいほどの光が入るランチ・タイムや、息を飲むほどの美しい夕日が刻一刻と変化するサンセット、シティやバランガルーのビル群の夜景やライトアップされた船を楽しめるディナー・タイムなど、訪れる時間によって色々なシドニーの表情が楽しめます。まさに昼夜を問わず魅力的なバーです。

  • 写真:mayumi

店員さんもとてもフレンドリーで、居心地の良いリラックスした空間です。どちらかと言うとランチは比較的ゆっくりできて、DJブースが入ってムーディな音楽が流れ始める夕方辺りから徐々に混み始めます。訪れる際は予約をすることをオススメします。

  • 写真:mayumi

本当は教えたくないほど筆者のオススメのスポット。シドニーの絶景を独り占めしながら、素敵な空間で美味しいカクテルとお料理を楽しめるヘンリー・ディーン、是非旅のスケジュールに加えてみてください。

ヘンリー・ディーン(ホテル・パリセイド)
シドニー / 洋食・西洋料理
住所:35 Bettington St, Millers Point, NSW 2000地図で見る
電話:02-9018-0123 
Web:http://hotelpalisade.com.au/henrydeane/

シドニーの旅行予約はこちら

シドニーのパッケージツアーを探す

シドニーのホテルを探す

シドニーの航空券を探す

シドニーの現地アクティビティを探す

シドニーのWi-Fiレンタルを探す

シドニーのレンタカーを探す

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※この記事は2018年8月23日に公開した情報です。
 記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

あなたにオススメの記事

この記事を書いたトラベルライター

シドニー在住 / 建築好きフォトグラファー&ライター
東京生まれ、子供時代をメキシコやイギリスで過ごした後、現在は都市と自然が隣接するマルチカルチュラルな街、オーストラリア・シドニー在住。
元「建築士&インテリアデザイナー」で、現在は「フォトグラファー&ライター」のmayumiです。

旅が大好きで、訪れた国は北米やアジア、ヨーロッパなど合わせて28ヶ国60都市以上に及びます。

専門のインテリアや建築、アートなど、デザインインスピレーションを刺激するものを始め、在住者だからこそお伝えできるシドニーのライフスタイル、美味しいもの、素敵なお店やフォトジェニックな風景などをご紹介します。
http://sydneytales.com/

在住者厳選!スーパーで買うオーストラリア土産10選

オーストラリアNo.1を誇る最大手のスーパーのWoolworth(ウールワース)。今回はアクセス抜群のシドニー・シティの中心にあるタウン・ホール店で購入できる、...


在住者厳選!ドラッグストアで買えるオーストラリア・コスメブランド10選

オーガニック先進国であるオーストラリアには、オーガニックやナチュラルな化粧品がたくさんあります。人気のジュリークやイソップなど有名ブランドももちろんですが、ドラ...


シドニーに行ったら外せない!オススメの美術館と併設カフェ3選

シドニーには大小さまざまな美術館や博物館がありますが、それぞれコンセプトが異なるので、展示物や展示手法などに違った趣があります。またそれぞれに併設されているカフ...

シドニーの週末恒例行事!行っておくべきオススメのマーケット5選

シドニーでの週末恒例行事と言えば、青空の元のんびりとお買い物ができるマーケット。毎週末、公園や広場、学校の校庭などを使って行われており、マーケットによってそれぞ...

【シドニー】チャイナタウンで食べ歩き&お買い物♪

オーストラリアに来たらオージービーフやフィッシュ&チップスもいいけど、アジアンフードでホッとしたい時もありますよね。シドニーのチャイナタウンは小さいながらも美味...

トラベルライターアワード受賞結果発表トラベルライターインタビュー Vol.3 Emmyさん

【トラベルライターインタビューVol.3】一人旅を応援する記事を多数執筆!Emmyさんならではの人気記事執筆のコツやその原動力に迫ります