シドニー
シドニー観光
シティもビーチも楽しめる南半球最大の都市

シドニーのオシャレ隠れ家バー「パーマー & コー」

取材・写真・文:

オーストラリア在住
訪問エリア:28ヶ国

2019年6月24日更新

286view

お気に入り

写真:mayumi

シドニーに訪れたら美しいシドニー湾やハーバーブリッジの絶景が見渡せるバーも良いですが、人とは違うシドニーを味わいたい時は地下にあるオシャレな隠れ家バー「Palmer & Co. (パーマー&コー)」に訪れてみませんか。

この記事の目次表示

Palmer & Co. (パーマー&コー)

  • 写真:mayumi

「Palmer & Co.」はシドニー・シティ中心にある隠れ家的なコンセプト・バーです。1920年代、アメリカでアルコールの製造、販売、運搬が禁止されていた「禁酒法時代」、隔離された空間でお酒を飲みながら自由な時間を楽しんでいた「スピーク・イージー」をコンセプトにしています。

  • 写真:mayumi

場所はGeorge St(ジョージ・ストリート)とPitt St(ピット・ストリート)の間にある、Abercrombie Lane(アバクロンビー・レーン)という薄暗い細い路地の途中にあります。

  • 写真:mayumi

大きな看板もないですが、入り口にガードマンが立っているのですぐわかります。入る際にはIDが必要な場合もあるので、パスポートか国際免許証などの英語版のIDを持って行った方が確実です。

「禁酒法時代」を感じさせる店内

  • 写真:mayumi

地下へと階段を降り、薄暗い踊り場を抜けて扉を開けると、中は映画『アンタッチャブル』のような世界観が広がっています。少し照明が落とされた室内に初めて訪れる際は少々戸惑うかもしれませんが、オーストラリア最大のホルピタリティ・グループが運営しているので安心です。

  • 写真:mayumi

店内は音楽が流れ、お客さんの話し声が響き、ものすごい活気で溢れています。ピアノが流れているしっとりとした大人な雰囲気の静かなバーという雰囲気ではありません。

  • 写真:mayumi

古いレンガ積みの味のある壁、怪しくオレンジ色に光る仄暗い照明、そしてバーカウンターなど細部のディテールに至るまで凝っていて、まるで映画のセットのよう。

  • 写真:mayumi

クローシュを被ったフラッパースタイルのウェイトレスさん、ボウタイにベストのクラシカルスタイルのバーテンダーさんは、まさに映画『華麗なるギャッツビー』の世界観です。

こだわりのオリジナル・カクテル

  • 写真:mayumi

オーダーはカウンターで注文し、席に持って行くキャッシュ・オン・デリバリー方式。カクテルを注文できるカウンターは何箇所もあるので、空いている所を見付けて並べば比較的待たずにオーダーできます。ドリンクを待っている時間も、バーテンダーさんの華麗な手さばきを見ているだけであっという間です。

  • 写真:mayumi左からBloomsday, Summer Eve, Heaven Tree

30種類以上のジン、80種類以上のウイスキー、40種類以上のスピリッツを常時取り揃えています。メニューを見ただけではどんな味かは想像できませんが、バーテンさんのお勧めを聞きながら、まずは10種類あるオリジナル・カクテルを味わってみましょう。お酒の苦手な人にはノンアルコールカクテルもあります。

  • 写真:mayumiお花とシトラス、キュウリの爽やかさを感じるBloomsday($20.00 / ¥1,490 )

季節ごとに変わるこだわりのカクテル。こちらのBloomsdayは、エルダーフラワーとグレープフルーツの柑橘系にキュウリ独特の風味が混ざり合った爽やかな味わい。ウォッカと酒(SAKE)が入っているのでアルコール濃度は比較的高めです。

  • 写真:mayumi

水曜日から日曜日の夜にはオーストラリア産ワインも楽しめるので、2杯目はオーストラリアン・ワインをオーダーしてもいいですね。こちらはオーストラリア有数のワインの産地である、ヴィクトリア州にあるMornigton Peninsula(モーニントン半島)のPinot Noir(ピノ・ノワール)です。

  • 写真:mayumi訪れる前は不満顔でも、帰る頃には笑顔になっている”オジサン”の騙し絵が描かれているコースター

オリーブやチーズなどのサラミボードやチーズプラッター、チーズサンドイッチなどのフードメニューもありますが、どちらかと言うとゆっくり席に座ってご飯を食べると言うよりは、飲み足りない時などの2軒目以降、お酒が飲みたい時に訪れる方が楽しめます。

シドニーの地元民に人気の社交場

  • 写真:mayumi

お店は深夜3時まで開いていて、深夜近くでもほぼ満席ということもある程の人気店です。公式ホームページからも予約もできるので、心配な方は席を予約した方が確実ですね。

  • 写真:mayumi

夜景の見える高級感あるバーや、しっとりとした雰囲気バーではありませんが、楽しい音楽と美味しいお酒を楽しみながら、最高の雰囲気の中で気の置けない仲間とワイワイ過ごせるスポットです。若者から大人な男女にもオススメのお店なので、ちょっと変わったシドニーを味わってみてはいかがでしょうか。

パーマー・アンド・コー
シドニー / 居酒屋・バー
住所:Abercrombie Lane, Sydney, NSW, 2000, Australia地図で見る
電話:02-9114-7315
Web:https://merivale.com/venues/palmerandco

シドニーの旅行予約はこちら

シドニーのパッケージツアーを探す

シドニーのホテルを探す

シドニーの航空券を探す

シドニーの現地アクティビティを探す

シドニーのWi-Fiレンタルを探す

シドニーのレンタカーを探す

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※この記事は2019年6月24日に公開した情報です。
 記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

あなたにオススメの記事

この記事を書いたトラベルライター

シドニー在住 / 建築好きフォトグラファー&ライター
東京生まれ、子供時代をメキシコやイギリスで過ごした後、現在は都市と自然が隣接するマルチカルチュラルな街、オーストラリア・シドニー在住。
元「建築士&インテリアデザイナー」で、現在は「フォトグラファー&ライター」のmayumiです。

旅が大好きで、訪れた国は北米やアジア、ヨーロッパなど合わせて28ヶ国60都市以上に及びます。

専門のインテリアや建築、アートなど、デザインインスピレーションを刺激するものを始め、在住者だからこそお伝えできるシドニーのライフスタイル、美味しいもの、素敵なお店やフォトジェニックな風景などをご紹介します。
http://sydneytales.com/

在住者厳選!スーパーで買うオーストラリア土産10選

オーストラリアNo.1を誇る最大手のスーパーのWoolworth(ウールワース)。今回はアクセス抜群のシドニー・シティの中心にあるタウン・ホール店で購入できる、...


在住者厳選!ドラッグストアで買えるオーストラリア・コスメブランド10選

オーガニック先進国であるオーストラリアには、オーガニックやナチュラルな化粧品がたくさんあります。人気のジュリークやイソップなど有名ブランドももちろんですが、ドラ...


シドニーに行ったら外せない!オススメの美術館と併設カフェ3選

シドニーには大小さまざまな美術館や博物館がありますが、それぞれコンセプトが異なるので、展示物や展示手法などに違った趣があります。またそれぞれに併設されているカフ...

シドニーの週末恒例行事!行っておくべきオススメのマーケット5選

シドニーでの週末恒例行事と言えば、青空の元のんびりとお買い物ができるマーケット。毎週末、公園や広場、学校の校庭などを使って行われており、マーケットによってそれぞ...

【シドニー】チャイナタウンで食べ歩き&お買い物♪

オーストラリアに来たらオージービーフやフィッシュ&チップスもいいけど、アジアンフードでホッとしたい時もありますよね。シドニーのチャイナタウンは小さいながらも美味...

トラベルライターアワード受賞結果発表トラベルライターインタビュー Vol.3 Emmyさん

【トラベルライターインタビューVol.3】一人旅を応援する記事を多数執筆!Emmyさんならではの人気記事執筆のコツやその原動力に迫ります