シドニー
シドニー観光
シティもビーチも楽しめる南半球最大の都市

【シドニー】マンリー・ビーチまでの絶景トレッキング

取材・写真・文:

オーストラリア在住
訪問エリア:28ヶ国

2018年10月2日更新

2,439view

お気に入り

写真:mayumi

世界一美しい港町と言われるシドニーには様々な絶景トレッキング・コースがありますが、今回はシドニー・ハーバーを眺めながら人気のマンリー・ビーチまで行く「Spit Bridge to Manly Walk」をご紹介します。

この記事の目次表示

Spit Bridge to Manly Walk(スピット・ブリッジ・トゥ・マンリー・ウォーク)

  • 写真:mayumi

「スピット・ブリッジ・トゥ・マンリー・ウォーク」はシティから10kmほど北にあるSpit Bridge(スピット・ブリッジ)から、観光地としても人気のManly Beach(マンリー・ビーチ)までの約10kmほど続くトレッキング・コース。森の中を抜けて行くブッシュ・ウォークの合間に美しいビーチが点在しているという、まさに絶景トレイルなんです。

  • 写真:mayumi

シドニーはシティから少し足を伸ばすだけで、大自然の中での絶景トレッキングを楽しめます。シドニーに訪れた際は是非歩きやすいスニーカーを持参して、トレッキングにトライしてみませんか?

シドニーの絶景スポットや穴場ビーチが満載

ここからは、スピット・ブリッジからマンリーまでの道のりに点在するオススメ・スポットをご紹介します。

【1】Spit Bridge(スピット・ブリッジ)

  • 写真:mayumi

スピット・ブリッジはシティ北部にあるNew Ssouth Wales州で唯一の跳ね橋です。1958年に完成してから未だ現役で、Mosman(モスマン)地区とManly(マンリー)地区を繋いでいます。今回ご紹介するトレイルはこのスピット・ブリッジからスタートします。

  • 写真:mayumi

スピット・ブリッジまではシティのWynyard駅からE68、E71、E75、169、178、180番などのバスに乗ると約30分ほどで到着します。スピット・ブリッジの手前のバス停「Spit Rserve(スピット・リザーブ)」で下車して橋を歩いて渡ってみましょう。間近で橋が跳ね上がる瞬間が見られるかもしれませんよ。

  • 写真:mayumi

トレイルが始まるとすぐに木が鬱蒼と茂るブッシュ・ウォークに入ります。因みにノース・シドニーでブッシュ・ウォークをしているとかなりの確率でトカゲに出会います。彼らは大人しくて何もしないですが、爬虫類が苦手な人はご注意ください。

スピット・ブリッジ
シドニー / 建造物
住所:Spit Bridge, New South Wales 2087地図で見る

【2】Clontarf Reserve(クロンターフ・リザーブ)

  • 写真:mayumi

暫く歩くと、Clontarf Reserve(クロンターフ・リザーブ)というビーチパークにあるクロンターフ・ビーチに到着します。愛犬を連れて水遊びしている人がたくさんいる、ローカル感満載のビーチです。波打ち際を走り回る犬達が本当に気持ちよさそう。

  • 写真:mayumi

ビーチ沿いを歩くと見えて来るClontarf Marinaには「Sandy Bear(サンディ・ベアー)」という停泊する船を眺めることができる素敵なカフェがあります。外まで美味しそうな香ばしい匂いが漂ってきますが、先はまだまだ長いので今回は取り敢えず進みましょう。

サンディ・ベアー
シドニー / カフェ・喫茶店
住所:clontarf marina, sandy bay road, clontarf nsw 2093地図で見る
Web:https://www.birdandbear.com.au/
  • 写真:mayumi

スタート地点のスピット・ブリッジからこのClontarf Reserveまでで、ちょうど2kmです。この後からは本格的なトレイルが始まるので、ここで必ずトイレに行って水分補給は忘れずにしておきましょう。

クロンターフ・リザーブ
シドニー / 公園・動植物園
住所:Clontarf Reserve, Sandy Bay Rd, Clontarf NSW 2093地図で見る

【3】Castle Rock Beach(キャッスル・ロック・ビーチ)

  • 写真:mayumi

クロンターフ・リザーブを離れると一旦ビーチが途切れて少し住宅街を歩きます。

  • 写真:mayumi

「MANLY」という看板が見えて来たらビーチに戻って、本格的なブッシュ・ウォークの始まりです。

  • 写真:mayumi

ここからはアップダウンがあって結構キツイですが、時々目の前がパッと開けて絶景が見えるのでテンションが上がります。そこでモチベーションを上げてまた歩くという感じです。

  • 写真:mayumi

しばらく行くとCastle Rock Beach(キャッスル・ロック・ビーチ)という断崖絶壁の下にあるビーチに到着します。崖の上から覗いただけでもこの美しさで、透明度が高くまるでカヌーが浮いているように見えるほど。プライベート・ビーチと言えるほど小さなビーチですが、かなりオススメです!

次のページを読む

シドニーの旅行予約はこちら

シドニーのパッケージツアーを探す

シドニーのホテルを探す

シドニーの航空券を探す

シドニーの現地アクティビティを探す

シドニーのWi-Fiレンタルを探す

シドニーのレンタカーを探す

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※この記事は2018年10月1日に公開した情報です。
 記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

あなたにオススメの記事

最近人気の記事


在住者厳選!スーパーで買うオーストラリア土産10選

オーストラリアNo.1を誇る最大手のスーパーのWoolworth(ウールワース)。今回はアクセス抜群のシドニー・シティの中心にあるタウン・ホール店で購入できる、...


シドニーの人気観光スポットTOP25!旅行好きが行っている観光地ランキング

オペラハウスやハーバーブリッジなどをはじめとするシドニーの観光スポットの中で、トリップノートの4万5千人の旅行好きトラベラー会員(2019年9月現在)が実際に行...

日本とシドニーの時差は「1時間」!シドニーへの飛行時間は?

シドニー旅行に出かける前に知っておきたい、日本とシドニーの時差や、サマータイム、日本からシドニーへの飛行時間について解説します。

シドニーの人気No.1ビーチ、憧れのボンダイビーチの楽しみ方!

シドニーといえばオペラハウスやハーバーブリッジが有名ですが、数多くの美しいビーチも存在します。今回は、その中でも観光客が必ずと言っていいほど訪れる人気No.1の...

シドニーに行ったら外せない!オススメの美術館と併設カフェ3選

シドニーには大小さまざまな美術館や博物館がありますが、それぞれコンセプトが異なるので、展示物や展示手法などに違った趣があります。またそれぞれに併設されているカフ...

この記事を書いたトラベルライター

シドニー在住 / 建築好きフォトグラファー&ライター
東京生まれ、子供時代をメキシコやイギリスで過ごした後、現在は都市と自然が隣接するマルチカルチュラルな街、オーストラリア・シドニー在住。
元「建築士&インテリアデザイナー」で、現在は「フォトグラファー&ライター」のmayumiです。

旅が大好きで、訪れた国は北米やアジア、ヨーロッパなど合わせて28ヶ国60都市以上に及びます。

専門のインテリアや建築、アートなど、デザインインスピレーションを刺激するものを始め、在住者だからこそお伝えできるシドニーのライフスタイル、美味しいもの、素敵なお店やフォトジェニックな風景などをご紹介します。
http://sydneytales.com/

在住者厳選!スーパーで買うオーストラリア土産10選

オーストラリアNo.1を誇る最大手のスーパーのWoolworth(ウールワース)。今回はアクセス抜群のシドニー・シティの中心にあるタウン・ホール店で購入できる、...


在住者厳選!ドラッグストアで買えるオーストラリア・コスメブランド10選

オーガニック先進国であるオーストラリアには、オーガニックやナチュラルな化粧品がたくさんあります。人気のジュリークやイソップなど有名ブランドももちろんですが、ドラ...


シドニーの週末恒例行事!行っておくべきオススメのマーケット5選

シドニーでの週末恒例行事と言えば、青空の元のんびりとお買い物ができるマーケット。毎週末、公園や広場、学校の校庭などを使って行われており、マーケットによってそれぞ...

シドニーに行ったら外せない!オススメの美術館と併設カフェ3選

シドニーには大小さまざまな美術館や博物館がありますが、それぞれコンセプトが異なるので、展示物や展示手法などに違った趣があります。またそれぞれに併設されているカフ...

【シドニー】チャイナタウンで食べ歩き&お買い物♪

オーストラリアに来たらオージービーフやフィッシュ&チップスもいいけど、アジアンフードでホッとしたい時もありますよね。シドニーのチャイナタウンは小さいながらも美味...

トラベルライターアワード受賞結果発表トラベルライターインタビュー Vol.2 bluemoonさん

【トラベルライターインタビューVol.2】NY記事50本超え!人気記事を多数生み出しているbluemoonさんの執筆のコツとは?