シドニー
シドニー観光
シティもビーチも楽しめる南半球最大の都市

シドニー最古のパブ「ロード・ネルソン」で地ビールを満喫!

取材・写真・文:

オーストラリア在住
訪問エリア:28ヶ国

2018年8月17日更新

574view

お気に入り

写真:mayumi

イギリス文化を色濃く残すオーストラリアですが、その1つが美味しいビールが飲める大人の社交場「パブ」です。ロックスにあるシドニー最古のパブ「ロード・ネルソン・ブリュワリー・ホテル」で美味しい地ビールを飲んでみましょう。

この記事の目次表示

オーストラリアの「PUB(パブ)」

  • 写真:mayumi

もともと「PUB(パブ)」とは「Public House(パブリック・ハウス)」の略で「公共の家」という意味、まさに大人の社交場です。イギリスから伝わった文化ではありますが、オーストラリア人の間でもビールはもちろんしっかりとした食事もできる、地元の人々の憩いの場的な存在です。

  • 写真:mayumi

スロット・マシーンが置いてあったり、競馬などスポーツを観戦しながらベットできるスポーツバーのようなパブや、レストランのように食事を楽しめるパブなど、シドニーには様々なパブがあります。

  • 写真:mayumi

今回ご紹介する「ロード・ネルソン・ブリュワリー・ホテル」は自家醸造所を持つこだわりのクラフト・ビールが人気のパブです。

オーストラリア最古の老舗人気パブ

  • 写真:mayumi

「Lord Nelson Brewery Hotel(ロード・ネルソン・ブリュワリー・ホテル)」は1841年に創業したオーストラリア最古のパブで、恐らくシドニーで1番有名なパブと言えるでしょう。

  • 写真:mayumi

ハンドメイドにこだわった保存料や添加物、砂糖を一切加えていない100%ナチュラルなクラフト・ビールは、今でも店内奥にある醸造所で製造されています。バラエティに富んだフレーバーのビールは、様々な受賞歴もある程味もお墨付きです。

  • 写真:mayumi

ロックスの有名なトンネル「アーガイル・カット」を抜けてシドニー天文台方面に向かって行くと、右側に趣のある白い砂岩ブロックが印象的な外観が見えて来ます。こちらの建物は1990年代に創業当時の面影を残すべくリノベーションされました。

  • 写真:mayumi

因みにオーストラリアには「HOTEL」と名の付いたパブが沢山ありますが、それは深夜にお酒を提供できるのは宿泊施設のホテルだけだったという昔の名残から来たもの。このロード・ネルソン・ブリュワリー・ホテルも「HOTEL」と名が付いているだけあって、上階にちゃんと宿泊施設があります。


6種類のオリジナル・クラフト・ビール

  • 写真:mayumi

オリジナルのクラフト・ビールは全部で6種類あり、テイストやアルコール度数もそれぞれ違います。カウンター上部に貼ってある6種類のビールは、右から左に行くほど色が濃く、テイストも重め、アルコール度数も高くなっていきます。

  • 写真:mayumi

オーダーする前に試飲もできるので、店員さんに質問して気になるものは試してみましょう。席に座ってゆっくり飲み比べしたいときは、ponyサイズ(140ml)のビールを4種類選べる「Pony Taste Pack($15.00 / ¥1,240)」というテイスティング・セットもあります。そこでテイスティングして、後ほど気に入ったものを大きいサイズで追加してもいいですね。

  • 写真:mayumiPony Taste Pack / テイスティング・セット($15.00 / ¥1,240)左からTrafalgar Pale Ale、Three Sheets、Old Admiral、Nelson's Blood

1番左のTrafalgar Pale Ale(トラファルガー・ペール・エール)は軽めのペールエール。サラッと飲めて若干の酸味があり、後味の苦味が少ないです。ビール好きには少し物足りないかもしれませんが、ビールの苦味が苦手な人にも楽しめるビールです。

2番目のThree Sheets(スリー・シーツ)はこのお店の看板メニューで、瓶入りのものも販売しています。口に入れた途端フルーティさが広がり後味に若干の苦味が残るペールエールです。海辺のランチなどに丁度良い、筆者個人的には一番のお気に入りです。

3番目のOld Admiral(オールド・アドミラル)も、瓶入りを製造しているもう1つの看板メニュー。色も濃くアルコールも6.1%と一番高いためか、最後鼻からウィスキーのよう芳醇な香りが抜けていきました。パンチが欲しい方にはオススメです。

1番右のNelson's Blood(ネルソンズ・ブラッド)は真っ黒な色の割にはまろやかでコクがあり、とても飲みやすいです。個人的には黒ビールは敬遠していたんですが、チョコレートのような香りとクリーミーな味わいが癖になりクセになりそうです。

  • 写真:mayumiVictory Bitter(ヴィクトリア・ビター) - 425ml($5.20 / ¥430)

一通り飲んだ後に、4つの中の丁度真ん中のランク付けである「Victory Bitter(ヴィクトリー・ビター)」のSchooner(スクーナー / 425ml )をオーダーしました。フルーティでもあるし、パンチ(苦味)もある、バランスが取れていて美味しいビターです。

クォリティが高いパブ飯がオススメ

ビールに合うピザやチーズ・プレートなどのおつまみ系からしっかりとしたお食事まで、フードメニューも充実しています。ビールと一緒にカウンターでオーダー&支払いをして、席まで持って来てくれるシステムです。

  • 写真:mayumiNepalese chicken curry basmati rice minted yoghurt pappadams /チキンカレー($18.00/¥1,490)

こちらのネパールチキンカレーはトマトの酸味とコクのバランスがとても絶妙で、パブの食事だとは思えないほど美味しいです。その辺のカレー屋さんに引けを取らないくらいクォリティは高い気がします。

  • 写真:mayumiBeef pie mushy peas potato mash and gravy/ミートパイのグレービーソース ($14.00/¥1,160)

ビーフのミートパイはポテトとグリーピースのマッシュが入ってボリュームたっぷり。特にこのグレービーソースのまろやかな味わいが、カフェで食べるカジュアルなミートパイとは一線を画す高級感のある美味しさです。

  • 写真:mayumiこのグレービーソースが絶品です!

お食事メニューがどれも美味しいので、ここではビールだけではなくしっかりご飯をいただくことをオススメします!

子連れOKなシドニーのパブ

  • 写真:mayumi

観光客にも有名なお店ですが、ローカルな常連さんも多く店員さんと世間話しているご年配のグループも見かけます。スポーツ系のパブと異なり店内もとてもキレイですし(トレイもオシャレでとってもキレイ!)、子連れのお客さんも結構いますよ。

  • 写真:mayumi

シドニーを訪れた際にはシドニー最古のパブで、美味しい地ビールを飲みながらパブ飯してみてはいかがでしょうか。

ロード・ネルソン・ブリュワリー・ホテル
シドニー / 居酒屋・バー
住所:19 Kent St, The Rocks NSW 2000地図で見る
電話:02-9251-4044
Web:https://www.lordnelsonbrewery.com/

シドニーの旅行予約はこちら

シドニーのホテルを探す

シドニーの航空券を探す

シドニーのパッケージツアーを探す

シドニーの現地アクティビティを探す

シドニーのWi-Fiレンタルを探す

シドニーのレンタカーを探す

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※この記事は2018年8月12日に公開した情報です。
 記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

あなたにオススメの記事

この記事を書いたトラベルライター

シドニー在住。インテリアデザイナー&フォトグラファー、時々ライター。
東京生まれ、メキシコ~イギリス経由、東京育ち、現在はオーストラリア・シドニー在住のMayumiです。 初めてシドニーに訪れた際の街の雰囲気、人、空気感が忘れられず、遂には夫婦で移住してしまいました。
旅行が大好きで、訪れた国は北米やアジア、ヨーロッパなど合わせて28ヶ国。
シティとビーチや自然が隣接し、様々な国籍の人々が暮らすマルチカルチュラルな街・シドニー。在住者だからこそお伝えできる、ライフスタイル、美味しいものや素敵なお店、専門のインテリア・建築・アートなどデザインインスピレーションを刺激するものやフォトジェニックな風景などシドニーの愛すべきものについてご紹介していきます。
http://sydneytales.com/

在住者厳選!スーパーで買うオーストラリア土産10選

オーストラリアNo.1を誇る最大手のスーパーのWoolworth(ウールワース)。今回はアクセス抜群のシドニー・シティの中心にあるタウン・ホール店で購入できる、...

オーストラリア発のオーガニックスーパー「ABOUT LIFE」でショッピング!

オーストラリアはオーガニック意識が高く、普通のスーパーでもオーガニックの野菜やお肉、食材などを比較的簡単に購入することができます。今回はそんなオーガニック先進国...


女性が喜ぶ♪ABOUT LIFEで買うヘルシーなオーストラリア土産

オーガニック先進国のオーストラリアではオーガニックフードはもちろん、生活用品から化粧品まで地球や人にやさしい商品をマーケットやスーパーで簡単に手に入れることがで...

シドニーの週末恒例行事!行っておくべきオススメのマーケット5選

シドニーでの週末恒例行事と言えば、青空の元のんびりとお買い物ができるマーケット。毎週末、公園や広場、学校の校庭などを使って行われており、マーケットによってそれぞ...


オーストラリア初のバブルテントでグランピング「バブルテント・オーストラリア」

みなさんは「バブルテント」ってご存知ですか?フレームの無い透明なツルッとしたバブル(泡)のような丸いテントのことで、元々はヨーロッパを中心に広まっているグランピ...

トラベルライターアワード受賞結果発表トラベルライターインタビュー Vol.2 bluemoonさん

【トラベルライターインタビューVol.2】NY記事50本超え!人気記事を多数生み出しているbluemoonさんの執筆のコツとは?