【高田馬場】仕事・勉強がはかどる!Wi-Fiも電源もあるスペース3選

1,013

view
   2016年12月5日更新

学生街というイメージが強い「高田馬場」。ラーメンの激戦区としても有名ですが、学生が多いということでおしゃれなカフェなどのお店が充実しています。今回は、美味しいコーヒーやごはんと一緒に、じっくり勉強や作業がしやすいカフェ・スペースをいくつかご紹介します!

【1】10℃カフェ

駅から徒歩3分!神田川沿いにたたずむ、3階建てのおしゃれなカフェです。駅から近いですが、大通りから少し脇道に入ったところにあるので、静かで落ち着いた雰囲気が漂っています。

「人生がほんのちょっと(10°)変わるキッカケが見つかるお店。」というコンセプトだそうです。1階には一人用の席があり、2階はソファー席も。一人でも複数人で来てもゆったりできます。2階の窓際のカウンター席からゆったり川を眺めながらする作業は、このカフェならでは。いつもより集中できそうです。

フードもドリンクもデザートもアルコールも充実しています!こだわりのコーヒーや美味しいカフェめしをお供にいかがでしょうか。

3階はレンタルスペースとしても貸し出しており、貸切パーティーや勉強会などでも利用できます。(プロジェクターや音響なども無料で付いてくるところもありがたいポイント!)

場所だけ利用なら1人あたり1時間300〜400円という安さ!パーティー利用でもお腹いっぱいになれるコース料理と飲み放題が付いて2,500〜3,000円です!

10℃カフェ

東京 / カフェ・喫茶店

 

住所:東京都豊島区高田3-12-8

電話:03-6912-6109

Web:http://judecafe.com/

【2】R.O.STAR

こちらも駅から徒歩3分。2016年4月に出来たばかりのサンドイッチとコーヒーが売りのカフェです。自家焙煎のコーヒーがなんと100円!サンドイッチも250〜400円と驚きの価格です!

「美味しいものを金銭的な負担なく提供したい」というお店側の強い想いから、セルフサービス方式などを使って、低価格を実現させています。

サンドイッチは注文後にキッチンで作ってくれるので、できたてのアツアツ!さらに具がパンからはみ出てしまうほどのボリュームでした!席も1~2人用の席が充実しており、周りも勉強している人も多いため、美味しいエネルギーを注入しながら、集中してできそうな空間です。

サンドイッチやドリンクだけでなく、プリンやケーキなどスイーツも充実しています。何度も通いたくなるメニューの種類の豊富さで、いろいろ食べてみるのも楽しめそうです。

ロースター高田馬場店

東京 / カフェ・喫茶店

 

住所:東京都新宿区高田馬場2-14-2-B1F

電話:03-6265-9555

Web:http://www.rostar.jp/

【3】Case Shinjuku

カフェとは少し異なりますが、駅から徒歩1分のところにあるコワーキングスペースです。ドロップイン料金で入ればドリンクは飲み放題!周りも仕事や勉強をされている方ばかりなので、いい刺激も受けながら、気兼ねなく長時間いられます。

個人的には座敷のちゃぶ台スペースがお気に入りです(笑)ソファーなどもあるので、リラックスもしながら、メリハリのある時間を過ごせます。

ケイスシンジュク

東京 / その他スポット

 

住所:東京都新宿区高田馬場1-28-10 三慶ビル 4F

電話:03−6302−1515

Web:http://case-shinjuku.com/

いかがでしたか?

今回はWi-Fiも電源も完備したカフェをご紹介しました。学生でも大人の方でも、高田馬場で集中して勉強や作業をしたいという方は、ぜひ行ってみてはどうでしょうか?

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※この記事は2016年10月24日の取材に基づき公開した情報です。
 記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。
トラベルライター
わくわくを探しまわる学習塾講師

しんちゃんです!大人がわくわくするための団体「わくいふ」の代表をしながら、仕事は学習塾の講師をメインに働いています。将来はノマドとして全国いろいろなところを巡ることに憧れています。名古屋生まれの名古屋育ち、関東在住のトラベルライターです。
平日の昼間はおいしいごはんとゆったり仕事ができる場所を探したり、休日はおもしろい体験を探したり、休暇は各地にたくさんの出逢いや経験を探したり…いつも「わくわく」を探しまわっています。
皆さんにも「わくわく」をお届けできるよう、自分がわくわくしながら発信していきます!

同じテーマの記事

【トラベルライターインタビューVol.1】ライターとしてのやりがいや、記事を書き続けるコツとは?ライターさんの素顔に迫ります!

アプリなら記事も地図もサクサク快適!

  • 行きたい観光スポットをお気に入り登録すれば自分専用のガイドブックに。
  • 旅した国・都道府県をチェックして、自分だけの塗りつぶし地図を作ろう!