鳥取
鳥取観光
砂丘で知られ、漫画家・水木しげる氏の関連スポットが人気

【鳥取・倉吉】白壁土蔵群観光で絶対に寄りたいカフェ!赤瓦五号館 久楽

取材・写真・文:

東京在住
訪問エリア:20都道府県

2018年12月20日更新

1,069view

お気に入り

写真:SaoRi

鳥取県倉吉市の有名観光スポットである赤瓦・白壁土蔵群に建つ、「赤瓦五号館 久楽」。自分で石臼を挽いて頂ける石臼珈琲や、飛騨こんろで焼いて食べるくら団子などのメニューが人気で、国内外から訪れる観光客から注目されています。今回は、赤瓦・白壁土蔵群観光の際に、絶対に寄っておきたい「赤瓦五号館 久楽」についてご紹介します。

この記事の目次表示

お店の外観

赤瓦五号館 久楽(くら)は、白壁土蔵群が建ち並ぶ玉川沿いの角に建っています。

  • 写真:SaoRi

お店は2階建てで、趣きのある古民家を改装した建物が使われています。

  • 写真:SaoRi

赤い石州瓦の屋根が美しく、周囲の風景ともよく合うお屋敷のような佇まいで、店内はどんな雰囲気なのか、お店に入る前からワクワクした気持ちになります。

店内の様子

お店は、1階にも2階にも客席があり、好きな方に座ることができます。

  • 写真:SaoRi1階席
  • 写真:SaoRi2階席

2階席の窓からは、玉川と白壁土蔵群を見ながらお食事やティータイムを楽しむこともできます。

  • 写真:SaoRi

また、店内には、地元作家の作品を中心に様々な民芸品も販売されており、お土産選びにもオススメです。

  • 写真:SaoRi
  • 写真:SaoRi
  • 写真:SaoRi

他にも、白壁土蔵群名物の石臼や、古民家にぴったりなレトロな展示物もあり、待ち時間の間も退屈しません。

  • 写真:SaoRi
  • 写真:SaoRi

和の雰囲気に包まれた静かで落ち着いた空間で、ゆっくりと寛いでいけます。

メニュー紹介

ドリンクメニュー

ブレンド珈琲(420円)や玄米珈琲(420円)、アイス珈琲(420)や紅茶(420円)のほか、オレンジジュース(400円)やコーラ(400円)、カルピス(380円)など、子供でも飲めるメニューもあります。

  • 写真:SaoRi
  • 写真:SaoRi

種類豊富なドリンクメニューのなかでも、一番注目されているドリンクは石臼珈琲(600円)です。鳥取の石工が産んだ石臼で挽いた珈琲で、実際に石臼を使って珈琲を挽く体験もでき、多くの観光客の方が注文する人気メニューです。

フードメニュー

フードメニューでは、厚切りトースト(300)や、チーズトースト(350円)などの軽食や、ココナッツアイスクリーム(550円)や胡麻プリン(250円)、シフォンケーキ(380円)などのデザートメニューがあります。

  • 写真:SaoRi

フードメニューで一番注目されているのは、くら団子(500円)です。飛騨こんろで焼いて食べるお団子で、自分で実際に焼いて頂くことができます。

  • 写真:SaoRi

国内から観光でいらっしゃった方にはもちろんのこと、外国からいらっしゃった旅行者の方に特に人気のメニューです。

自分で挽いた石臼珈琲を飲んでみよう!

久楽を訪れたら、やはり一番のオススメしたいのは石臼珈琲です。先ほどもご紹介させて頂きましたが、こちらの珈琲は実際に石臼で珈琲を挽く体験をすることができます。

  • 写真:SaoRi

石臼を開けてみると、中には色々な方向に溝が彫られています。

  • 写真:SaoRi

上の穴から珈琲豆を一つまみほど入れて、あとは決まった方向に石臼をグルグルと回します。

  • 写真:SaoRi

石でできているので意外と重いのですが、回し始めると勢いがつき、グルングルンと回りだします。

  • 写真:SaoRi

何回か回していると、下の方から挽かれた珈琲がパラパラと出てきます。

  • 写真:SaoRi

ある程度の量がたまると、お店の方が粉を集めてくれ、珈琲を淹れて下さいます。

  • 写真:SaoRi

砂糖の代わりに小豆が添えられているも珍しく、久楽ならではの味を楽しめます。

  • 写真:SaoRi

珈琲は酸味と苦みのバランスがよく、何も入れなくても飲みやすいお味です。

小豆を入れてみると、一気にまろやかになり、苦いコーヒーが苦手な方にはもちろんのこと、子供でも飲みやすいほど甘くなります。

  • 写真:SaoRi

自分で石臼を挽いて淹れた、久楽ならではの珈琲をぜひ召し上がってみて下さいね。

おわりに

自分で挽いた石臼珈琲や、飛騨こんろで焼いて食べるくら団子などの名物メニューが頂ける「赤瓦五号館 久楽」はいかがだったでしょうか?

  • 写真:SaoRi

赤瓦・白壁土蔵群を訪れた際には、ぜひ寄っていって下さいね。

赤瓦五号館「久楽」
鳥取 / 建造物 / カフェ・喫茶店 / 女子旅
住所:鳥取県倉吉市新町1地図で見る

鳥取の旅行予約はこちら

鳥取のパッケージツアーを探す

鳥取のホテルを探す

鳥取の航空券を探す

(米子鬼太郎空港)

(鳥取空港)

鳥取の現地アクティビティを探す

鳥取のレンタカーを探す

鳥取の高速バスを探す

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※この記事は2018年12月20日に公開した情報です。
 記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

あなたにオススメの記事

同じテーマの記事


【鳥取県】すなば珈琲に行ったら食べておきたい定番メニュー8選!

2014年に鳥取市内に2店舗同時オープンしたのをきっかけに、現在では鳥取県全域にわたってお店をかまえる「すなば珈琲」。平成28年に鳥取県が行った「鳥取県の観光地...


鳥取県東部で女子にオススメのカフェ&レストラン23選

鳥取県東部で女子を中心に大人気のオススメカフェ&レストランを23選ご紹介します。鳥取でお馴染みのご当地カフェや古民家カフェ、景色抜群のカフェなど、観光や旅行の合...

鳥取でこだわりの自家焙煎珈琲が楽しめるオススメのカフェ・お店4選

鳥取県はコーヒー消費量全国第1位に輝いたことがあるほどのコーヒー大好き県。鳥取砂丘などの定番スポット観光後に、こだわりの美味しい珈琲店を巡ってみるのはいかがでし...

東郷湖の魅力をいいトコ取り!鳥取県・東郷湖周辺の個性派カフェ4選

山陰八景の一つにも数えられている東郷湖は、四つ手網による独特な漁や、夕日に映える景色など、大変美しいことで有名です。また、東郷湖の湖底からは温泉が湧き出ており、...

全国に4つだけの恋の駅!鳥取県・恋山形駅と周辺の立ち寄りスポット

「全国に4つだけ」と聞くと、「何が4つなのかな?」と思われることでしょう。鉄道好きの方は駅名を見ただけでピンとくるかもしれませんが、実は駅名に「恋」がつく駅は全...

この記事を書いたトラベルライター

転勤族ライター
子供の頃から現在に至るまでの生粋の転勤族!転勤の先々でその地ならではの良さを暮らしながら体感し、ディープに発信していきたいと思います!

特に体や足を使ったアクティブな取材が大好きなので、登山や探勝路などで出会った絶景や情報などをお伝えしていければと思います♪

ハワイ限定!モニ・ホノルルでお土産にも嬉しい【日焼けスヌーピー】グッズを♡

ハワイ限定の「日焼けスヌーピー」グッズが買えるモニ・ホノルル。カップルコーデやおそろコーデで人気のTシャツをはじめ、バッグやマグカップなど、種類豊富なアイテムが...


大行列!完全数量限定・三方六の切れ端!【北海道・音更】柳月スイートピア・ガーデン

柳月(りゅうげつ)は、北海道旅行のお土産にもよく用いられる、北海道を代表する老舗菓子店の1つです。その工場である柳月スイートピア・ガーデンでは「お菓子の里 十勝...


【徳島】大秘境を満喫!小歩危・大歩危・祖谷のオススメスポット&楽しみ方8選

「大股で歩いても、小股で歩いても危険」といわれていたことからその地名がついた大歩危(おおぼけ)・小歩危(こぼけ)、そして平家の落人が隠れ住んだと伝えられている祖...

【鳥取県】すなば珈琲に行ったら食べておきたい定番メニュー8選!

2014年に鳥取市内に2店舗同時オープンしたのをきっかけに、現在では鳥取県全域にわたってお店をかまえる「すなば珈琲」。平成28年に鳥取県が行った「鳥取県の観光地...

【北海道】本店ならではのレアな商品がいっぱい!六花亭帯広本店の魅力

「マルセイバターサンド」のお土産などで全国的にも有名な、北海道を代表するお菓子メーカー・六花亭。帯広市周辺や札幌市周辺を中心に喫茶室を併設したお店が数多く展開さ...

トラベルライターアワード受賞結果発表トラベルライターインタビュー Vol.2 bluemoonさん

【トラベルライターインタビューVol.2】NY記事50本超え!人気記事を多数生み出しているbluemoonさんの執筆のコツとは?