鳥取
鳥取観光
砂丘で知られ、漫画家・水木しげる氏の関連スポットが人気

一度食べたら忘れられない日本一甘い柿!【鳥取県・八頭】物産館みかどで因幡地方でのみ栽培される「花御所柿」を堪能しよう!

取材・写真・文:

東京在住
訪問エリア:25都道府県

2018年12月3日更新

878view

お気に入り

写真:SaoRi

鳥取県東部の因幡地方でしか栽培されていない、日本一甘い柿と言われている「花御所柿」。その美味しさは「一度食べたら忘れられない」と言われているほどです。今回は、地元ではもちろんのこと、全国的にも高く評価されている「花御所柿」と、その花御所柿を満喫できる「物産館みかど」についてご紹介します。

この記事の目次表示

花御所柿とは?

花御所柿(はなごしょがき)は、鳥取県東部の因幡地方でのみ栽培されている甘柿です。

  • 写真:SaoRi

約200年前の天明年間に、旧郡家町花の野田五郎助翁が、大和の国から枝を持ち返り、庭先の木に接ぎ木したのが始まりと伝えられています。

  • 写真:SaoRi

明治42年に、農林省園芸試験場長の恩田鉄弥博士がその風味を褒め称え、「花」という地名から「花御所柿」と命名されました。

五郎助翁が残した花御所柿は、今では鳥取県八頭郡八頭町を代表する特産品となり、日本一の甘柿として全国的に高く評価されています。

「物産館みかど」で花御所柿を満喫しよう!

「一度食べたら忘れられない」と称賛される花御所柿はどこで食べられるか、オススメの直売所をご紹介します。

花御所柿の食べ頃である11月下旬から12月中旬にかけ、八頭町を中心に鳥取東部の農産物直売所などで販売されますが、オススメは花御所柿の果樹園も営む「物産館みかど」です。

  • 写真:SaoRi

物産館みかどは、鳥取市から南に10km程向かった国道29号沿いにある特産品直売所で、大きな柿が目印です。

  • 写真:SaoRi

店内では花御所柿以外にも、地元の野菜や季節のフルーツ、手作りの加工品も販売されています。

  • 写真:SaoRi
  • 写真:SaoRi
  • 写真:SaoRi
  • 写真:SaoRi

また、販売されている花御所柿以外にも、ぜひチェックしてほしいのがお店周辺の景色です。

  • 写真:SaoRi

この時期になると、花御所柿があちらこちらで実り、辺り一帯を柿色に染めます。

  • 写真:SaoRi

特に国道29号線沿いの隼駅辺りから物産館みかどまでの道のりの景色は大変きれいです。

  • 写真:SaoRi

花御所柿を食べて楽しむのはもちろんのこと、ぜひ見ても楽しんでみて下さいね。

毎年期間限定!「花御所祭り」で花御所柿食べ放題を楽しもう!

日本一甘い柿・花御所柿は、旬になると農産物直売所やスーパーなどでもお手頃な価格で購入することができますが、オススメは物産館みかどで毎年11月下旬に開催されている「花御所柿祭り」です。2日間限定のイベントとなりますが、タイミングが合えば足を運んでみることをおすすめします。

  • 写真:SaoRi

なんと、この「花御所祭り」では立派な花御所柿が破格のお値段で販売されている他に、花御所柿の食べ放題コーナーが設けられているのです。

  • 写真:SaoRi

花御所柿がお好きな方はもちろん、初めての方は試食も兼ねて食べることができます。

  • 写真:SaoRi

筆者も今回初めて頂いたのですが、想像を上回る甘さがあり驚きました。一口目から上品な甘さが口いっぱいに広がります。

熟し具合にもよるかと思いますが、試食で頂いた花御所柿は適度なかたさがあり、シャキシャキとした食感に近かったです。「一度食べると忘れられない」と讃えられていることがよく判ります。

また、日本一の甘い柿が無料でいくらでも食べられる他にも、このお祭りでは、袋単位やケース単位で大変お得に花御所柿を購入することもできます。

  • 写真:SaoRi

1袋300円で、お1人様10袋限定で販売されている花御所柿販売コーナーは特に人気で、長い列が何本もできていました。

地元民をはじめ、県外からも多くの方々が訪れる大盛況のお祭りなので、毎年の開催情報をぜひチェックしてみて下さいね!

  • 2018年の開催は11月25日・26日

おわりに

鳥取県東部の因幡地方でのみ栽培されている日本一甘い柿「花御所柿」や、その花御所柿を堪能できる「物産館みかど」はいかがだったでしょうか?

  • 写真:SaoRi

11月下旬から12月中旬までと旬は短いですが、本当に「一度食べたら忘れられない」美味しさがあります!

鳥取県東部のスーパーや農産物直売所で販売されている以外にも、物産館みかどのホームページから購入することもできるので、ぜひ、一度召し上がってみて下さいね。

物産館みかど
鳥取 / ファーマーズマーケット / 紅葉
住所:鳥取県八頭郡八頭町大門389-1地図で見る
電話:0858-72-3730
Web:http://www.koge-mikado.com/

鳥取の旅行予約はこちら

鳥取のパッケージツアーを探す

鳥取のホテルを探す

鳥取の航空券を探す

(鳥取空港)

(米子鬼太郎空港)

鳥取の現地アクティビティを探す

鳥取のレンタカーを探す

鳥取の高速バスを探す

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※この記事は2018年12月3日に公開した情報です。
 記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

あなたにオススメの記事

同じテーマの記事


全国の人気ご当地グルメ47選!お取り寄せもできる都道府県別の名物グルメ特集

旅行の楽しみの一つ「ご当地グルメ」。この記事では全国47都道府県ごとに、人気の名物グルメを厳選してご紹介します。いずれのご当地グルメもお取り寄せもできますよ。


冬の国内旅行におすすめの観光地36選!冬ならではの旅行を楽しもう

雪の季節にしか見られない絶景や冬空に映えるライトアップなど、寒い冬だからこそ楽しめる観光スポットが国内にはたくさんあります!冬の国内旅行におすすめの観光地を厳選...

【国内】女子ひとり旅におすすめ旅行先6選と各観光スポット!第一弾

1泊2日や2泊3日で一人旅を計画している女子必見!初心者にもおすすめの国内旅行先と各観光スポットをご紹介。京都を始め、一度は行きたい厳島神社や出雲大社、法隆寺な...

【島根】出雲・松江1泊2日王道モデルコース!2泊3日もOK!

縁結びで有名な「出雲大社」を始め、島根県の主要観光地を巡るモデルプラン。女子旅や週末旅におすすめです。さらに2泊3日できる方に向けて、近郊の島根・鳥取県おすすめ...

【鳥取県】すなば珈琲に行ったら食べておきたい定番メニュー8選!

2014年に鳥取市内に2店舗同時オープンしたのをきっかけに、現在では鳥取県全域にわたってお店をかまえる「すなば珈琲」。平成28年に鳥取県が行った「鳥取県の観光地...

この記事を書いたトラベルライター

転勤族ライター
子供の頃から現在に至るまでの生粋の転勤族!転勤の先々でその地ならではの良さを暮らしながら体感し、ディープに発信していきたいと思います!

特に体や足を使ったアクティブな取材が大好きなので、登山や探勝路などで出会った絶景や情報などをお伝えしていければと思います♪
https://www.one-access.work/

ハワイ限定!モニ・ホノルルでお土産にも嬉しい【日焼けスヌーピー】グッズを♡

ハワイ限定の「日焼けスヌーピー」グッズが買えるモニ・ホノルル。カップルコーデやおそろコーデで人気のTシャツをはじめ、バッグやマグカップなど、種類豊富なアイテムが...


大行列!完全数量限定・三方六の切れ端!【北海道・音更】柳月スイートピア・ガーデン

柳月(りゅうげつ)は、北海道旅行のお土産にもよく用いられる、北海道を代表する老舗菓子店の1つです。その工場である柳月スイートピア・ガーデンでは「お菓子の里 十勝...


【徳島】大秘境を満喫!小歩危・大歩危・祖谷のオススメスポット&楽しみ方8選

「大股で歩いても、小股で歩いても危険」といわれていたことからその地名がついた大歩危(おおぼけ)・小歩危(こぼけ)、そして平家の落人が隠れ住んだと伝えられている祖...

【鳥取県】すなば珈琲に行ったら食べておきたい定番メニュー8選!

2014年に鳥取市内に2店舗同時オープンしたのをきっかけに、現在では鳥取県全域にわたってお店をかまえる「すなば珈琲」。平成28年に鳥取県が行った「鳥取県の観光地...

鳥取砂丘は冬がオススメ!?地元民だからこそ知っている冬の魅力!

雪がとけて春の息吹が感じられるようになる頃から少しずつ観光客が増し、ゴールデンウィークから夏過ぎまで、その数がピークに達する鳥取砂丘。そんな大人気の鳥取砂丘の冬...

トラベルライターアワード受賞結果発表トラベルライターインタビュー Vol.3 Emmyさん

【トラベルライターインタビューVol.3】一人旅を応援する記事を多数執筆!Emmyさんならではの人気記事執筆のコツやその原動力に迫ります