鳥取で本格チャイナ旅気分!全てが本物?日本最大級の中国庭園・燕趙園

324

view
   2017年6月16日更新

鳥取県で本格的なチャイナ旅行が味わえる!なんて、にわかには信じられない話でしょう。なかには、「中国地方と中国をかけているのでは?」と冗談のように感じる方もいるのでは?ご安心を!ジョークでは片づけられないほどのリアルな「中国」。東伯郡湯梨浜町に位置する、道の駅施設内にある中国庭園・燕趙園へと続く道に足を踏み入れば、そこはもはや異国の世界。この中国ロマン漂う魅力的な一角を、建築物、食、お土産の順にご紹介していきます。

全てが本物?細部まで拘られた建築美

山陰八景の一つである東郷湖に沿って車を走らせていると、突如現れる異国の風景。黄色の瑠璃瓦や龍の彩画が豪華にあしらわれた建物が並ぶその一角こそ、日本最大級の中国庭園・燕趙園(えんちょうえん)です。

門をくぐると、そこはまるで本物の中国。それもそのはず!燕趙園の建物は、設計から素材の調達、加工まで全て中国で行われたものが使用されているのです。仮組までしてから解体し、日本で中国職人が再び建て直したという徹底ぶり!

フジテレビのドラマ『西遊記』のロケ地として使用されたこともあるので、映像を通してそのリアルさに驚かされた方も多いのでは?

鳥取県と中国河北省との友好提携のシンボルとして建設され、歴代皇帝が愛した皇家園林方式の中国庭園が見事に再現されています。

  • 柱の隅々にまで描かれた中国彩画
  • 建物に描かれた彩画は全て中国人彩画師によるもので、その数は2,000を超えています

園内では、チャイナ服のレンタルも行われており(大人/500円、小人/300円)、中国気分を一層高めてくれます。ベビー用まであり、その数は200着以上♪コスプレして散策すればより臨場感が増しますよ♪

園内は28景もの見ごたえある庭園で構成されています。ただ歩いて鑑賞するのではなく、角度や視点の位置を変えてみるのもオススメ。自分だけの新しい庭園美を見つけられます。

  • 石の腰掛けに座ると窓枠に切り取られた庭園が見え、まるで絵画のよう
燕趙園

鳥取 / 公園・動植物園

 

住所:鳥取県東伯郡湯梨浜町引地565-1

電話:0858-32-2180

Web:https://www.encho-en.com/

食で感じる本格チャイナ

中国の歴史ロマンに心が満たされたら、次は空腹を満たす番!中国の食から鳥取名物まで堪能できる燕趙園周辺のお食事処を3つご紹介します。

梨寶軒(りほうけん)のスイーツ屋台

庭園を出ると、すぐに梨寶軒のスイーツ屋台が目に入ります。杏仁やマンゴー味のソフトクリームから、中国で広く飲まれているハーブ飲料など種類豊富!ここでしか味わえない「楊貴妃のささやき(380円)」は、スタッフさんもオススメの一品!見た目も可愛い夏にぴったりなデザートです♪

梨寶軒

鳥取 / スイーツ

 

住所:鳥取県東伯郡湯梨浜町引地

電話:0858-32-2677

道の駅 燕趙園の飲食コーナー

ガッツリ食べたい!という方には、道の駅の飲食コーナーがオススメ!ここでは鳥取名物の牛骨ラーメンやあごかつバーガーが食べられます。近くに授乳室やオムツ台、大きなキッズスペースもあるので、家族でゆっくり食べられますよ!

  • あごかつバーガー460円、牛骨ラーメン520円
道の駅 燕趙園

鳥取 / 道の駅・サービスエリア

 

住所:鳥取県東伯郡湯梨浜町引地563-1

電話:0858-32-2184

Web:https://www.encho-en.com/%E6%96%BD%E8%A8%AD%E7%B4%...

中華レストラン 豊味園

道の駅と同じ敷地内にある、中国人シェフが手掛けるレストラン豊味園(ほうみえん)!バイキング形式なので思う存分食べられ、満腹になること間違いなしです!

豊味園

鳥取 / 中華料理

 

住所:鳥取県東伯郡湯梨浜町引地563番地1

電話:0858-48-6336

旅の醍醐味!中国のお土産選び

お土産選びは、旅になくてはならない楽しみの1つ。中国土産から山陰銘菓まで揃うお土産コーナーを2つご紹介!

道の駅 燕趙園

梨や松葉がにを使った山陰銘菓はもちろん、中国雑貨も充実しています。子供が喜ぶ可愛いパンダグッズから大人に嬉しい開運グッズまで勢ぞろい!店内のキッズスペースで子供を遊ばせて、じっくり選んでみてはいかかでしょう?

  • ベビー用パンダ靴下200円
道の駅 燕趙園

鳥取 / 道の駅・サービスエリア

 

住所:鳥取県東伯郡湯梨浜町引地563-1

電話:0858-32-2184

Web:https://www.encho-en.com/%E6%96%BD%E8%A8%AD%E7%B4%...

老龍頭(ろうりゅうとう)

中国庭園・燕趙園のすぐ前にある中国土産店。珍しい中国の雑貨や飲食物が店内にはぎっしり!
「こんなに多いと何を買っていいか決められない」という方も心配ご無用!「中国的なお土産」と題され、おさえておけば間違いなしの商品が人気順に紹介されています。誰かへのお土産のつもりが、ついつい自分のものまで買ってしまいたくなる魅力いっぱいのお店です♪

  • 中国ビール・青島360円、中国のハーブ飲料・王老吉170円
老龍頭

鳥取 / お土産

 

住所:鳥取県東伯郡湯梨浜町引地

電話:0858-32-2677

おわりに

とことん「本物」にこだわった燕趙園、いかがだったでしょう?山陰への旅行ならぜひプランの1つに加えて頂きたい、鳥取県の隠れた名所です!幻想的な庭園美が旅の思い出をより華やかにしてくれます。

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※この記事は2017年5月28日の取材に基づき公開した情報です。
 記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。
トラベルライター
生粋の転勤族ライター

☆I LOVE TOTTORI☆

生まれ育った実家も、お嫁に行った先も、「転勤族」という生粋の転勤族です!

実家は北海道内をぐるぐる、主人は日本全国をぐるぐると平均2~3年で転勤をしています!
今までの引っ越し回数は数知れず、東京での約10年の間も大田区と埼玉を中心に10回ほど引っ越しをしていました(笑)

「I LOVE TOTTORI」と書きましたが、住んだ土地はどこも心から大好きです!
何も知らず、誰も知らない土地に行くと、始めはどこでも心細く不便を感じ、前の地を恋しく思いますが、その地を去り新たな土地に行くときは必ずそういう心境になっていることに気づきました。
住めば都と言えば早い話ですが、文化・風習を含めたその土地やそこで暮らす人々に受け入れてもらえ、居場所ができることの嬉しさは何にも変えられません。

その時に住んでいる土地の魅力かつ、住んでいるからこその情報をメインに、旅行先や訪れたところの良さについても発信していければと思います!


また、旅行と同じくらい「書くこと」が大好きです!
「こういう記事を書いてみたい」ということが先に浮かび、それから旅行先を決めることも少なくありません(笑)

現在は1歳を目前に控えた赤ちゃんと、楽しく鳥取県の魅力をみてまわっています♪

私の書いた記事が少しでも誰かの、何かの、役に立つことがあったらこの上ない喜びです。

同じテーマの記事

【トラベルライターインタビューVol.1】ライターとしてのやりがいや、記事を書き続けるコツとは?ライターさんの素顔に迫ります!

アプリなら記事も地図もサクサク快適!

  • 行きたい観光スポットをお気に入り登録すれば自分専用のガイドブックに。
  • 旅した国・都道府県をチェックして、自分だけの塗りつぶし地図を作ろう!