鳥取
鳥取観光
砂丘で知られ、漫画家・水木しげる氏の関連スポットが人気

【鳥取】地元民も観光客も楽しめる!日曜朝市「いなばのお袋市」

取材・写真・文:

東京在住
訪問エリア:20都道府県

2018年8月28日更新

701view

お気に入り

写真:SaoRi

毎月第4日曜日に鳥取市街で開催される「いばなのお袋市」は、地元産の新鮮野菜や海産物、地元で話題のお店を楽しめる日曜朝市です。朝早くにも関わらず、毎回、多くの観光客や地域の方で賑わいをみせています。今回は、鳥取県の食材やグルメ、人気のお店を楽しめる日曜朝市「いなばのお袋市」についてご紹介します。

この記事の目次表示

「いなばのお袋市」とは?

いなばのお袋市」は、地元商店や鳥取県東部の生産者の方達が出店する日曜朝市です。

  • 写真:SaoRi

4月~11月の毎月第4日曜日、午前8時から午前11時まで開催されます。

場所は、JR鳥取駅前のすぐそばにある、「鳥取駅前サンロード商店街」で行われます。商店街はアーケード内にあるので、雨天でも楽しめます。

  • 写真:SaoRi
  • 写真:SaoRi

野菜や海鮮など、地元産の新鮮食材を安く買うことができ、観光客だけではなく地元民の方も数多く集まります。他にも、ご当地グルメや鳥取東部で人気のお店なども出店しており、鳥取の定番から話題のグルメまで楽しめます。

いなばのお袋市の雰囲気

普段の日曜朝は、少し閑散とした印象がある鳥取駅前サンロード商店街ですが、いなばのお袋市開催日は違います。朝早くにも関わらず、小さなお子さんを連れた家族連れの地域の方や観光客の方で賑わいをみせ、活気にあふれています。

  • 写真:SaoRi

アーケードの端から端まで出店が続き、お食事用や休憩用のテーブルやイスも設置されています。

  • 写真:SaoRi

出店以外にも、会場ではおもちつきが行われたり、大道芸人の方がパフォーマンスをみせてくれていたりと、楽しい催しが数多くあります。

  • 写真:SaoRi

買い物目的以外にも、ふらっと覗いてみるだけでも十分楽しめます。

いなばのお袋市のオススメ!

色々なお店が出店していて、県外の方にとってはもちろん、地元民の方にとっても珍しいものやあまりのお得さに驚いてしまう品々が並んでいる、いなばのお袋市。

味わってみて頂きたい地元グルメや、新鮮にも関わらずお得なお値段で手に入る地元食材の数々、注目されている地元で話題のお店など、いなばのお袋市を訪れたら、ぜひチェックしてみて頂きたいオススメについてご紹介します。

新鮮食材をお得な価格でGET!

いなばのお袋市で特にオススメなのは、なんといっても地元産の新鮮で立派な食材がお手頃価格で手に入ることです。

地元の港でとれたばかりの鮮魚や、農家さん直売のお野菜がズラリと並んでいます。

  • 写真:SaoRi

お野菜はどれも大きく重量感があるにも関わらず、とてもお安く、スーパーで買ったらいくらするのだろうと思うものばかりです。

  • 写真:SaoRi新鮮で立派なキタアカリ!これだけいっぱい入って100円!

いなばのお袋市ならではの、新鮮で質のいい地元産の食材を、ぜひお手頃価格で購入してみて下さいね。

ご当地グルメや話題のお店の食べ歩き!

地元産の新鮮な食材と合わせてオススメなのが、県東部で話題のお店やご当地グルメの食べ歩きです。

地元の食材を使用したグルメは特にオススメで、鳥取和牛を使用したすき焼きコロッケや大山ハーブ鶏を使用したカレーコロッケなどは、歩きながらでも食べやすく、お値段もお手頃です。

  • 写真:SaoRi鳥取和牛を使用した、すき焼きコロッケ(200円)

また話題のお店として、ぜひ立ち寄ってみて頂きたいのは森の生活者さん。

  • 写真:SaoRi

鳥取市街で人気のベーグル専門店で、自家製ベーグルや焼菓子、季節の食材を使用した自家製ドリンクを楽しめます。

  • 写真:SaoRi左:クランベリーチーズベーグル(220円)右:プレーン(170円)

ベーグルは、日頃のお店での販売でも売り切れが相次ぐ人気商品です。会場から歩いて行ける距離にお店もあるので、気になられた方はぜひお店にも行ってみて下さいね。

他にもお袋市では、鳥取市で人気のコーヒー専門店のコーヒーや、軽食に丁度いいミニハンバーガー、お惣菜や主食など、様々なものが販売されています。

  • 写真:SaoRi鳥取市で人気のコーヒー専門店のコーヒーも楽しめます
  • 写真:SaoRi一口サイズのハンバーガー(100円)
  • 写真:SaoRi焼鯖めし(200円)

モーニングがてらにぜひ色々なものを食べ歩きしてみて下さいね!

ベーグル喫茶 森の生活者
鳥取 / カフェ・喫茶店
住所:鳥取県鳥取市弥生町103  2F地図で見る
電話:0857-50-1170

おわりに

毎月第4日曜日に鳥取の街なかで開催される「いなばのお袋市」はいかがだったでしょうか?

  • 写真:SaoRi

地元産の新鮮食材がお手頃価格で手に入ったり、ご当地グルメや話題のお店など魅力ある出店が集結しています。

地元の方も観光客の方も楽しめる朝市なので、ぜひ、いなばのお袋市に足を運んでみて下さいね!

鳥取の旅行予約はこちら

鳥取のパッケージツアーを探す

鳥取のホテルを探す

鳥取の航空券を探す

(米子鬼太郎空港)

(鳥取空港)

鳥取の現地アクティビティを探す

鳥取のレンタカーを探す

鳥取の高速バスを探す

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※この記事は2018年8月28日に公開した情報です。
 記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

あなたにオススメの記事

同じテーマの記事


女子旅にオススメ♡【鳥取】倉吉市のお勧め観光スポット6選

鳥取県の代表的な観光スポットと言えば、鳥取東部の鳥取砂丘と、鳥取西部の水木しげるロードが真っ先に思い浮かぶ方が多いかと思います。今回ご紹介する倉吉市は鳥取中部に...


鳥取砂丘観光で絶対に寄りたいお土産店4選とそこで買いたいお土産紹介

鳥取県を代表する観光地「鳥取砂丘」。広大な砂丘を歩き、絶景を楽しんだあとにはやはりお土産選びは欠かせませんよね!今回は、鳥取砂丘を訪れたら絶対に寄っておきたいお...

美味しいものが集まる「鳥取の台所」!【鳥取港海鮮市場かろいち】へ行こう!

鳥取・賀露港から2分という距離に建つ「鳥取港海鮮市場かろいち」。館内には旬の新鮮な海産物がズラりと並び、その他にも鳥取土産にぴったりな特産品なども種類豊富に販売...

日本の職人の技を知る!民藝器の窯元を巡る山陰・鳥取の旅!

1920年ごろの民藝運動で、柳宗悦や吉田璋也などが指導をして回ったことから、山陰地方では現在でも、職人技が光る陶器をつくる窯元が多く点在しています。ただ形が美し...

鳥取県名物!美味しすぎる!山本おたふく堂の「ふろしきまんじゅう」

鳥取県東伯郡琴浦町の国道9号線沿いに建つ、大きな看板が目印の「山本おたふく堂(本店)」。店内では、地元民にはもちろんのこと、県外からも大人気の鳥取県代表名物「ふ...

この記事を書いたトラベルライター

転勤族ライター
子供の頃から現在に至るまでの生粋の転勤族!転勤の先々でその地ならではの良さを暮らしながら体感し、ディープに発信していきたいと思います!

特に体や足を使ったアクティブな取材が大好きなので、登山や探勝路などで出会った絶景や情報などをお伝えしていければと思います♪

ハワイ限定!モニ・ホノルルでお土産にも嬉しい【日焼けスヌーピー】グッズを♡

ハワイ限定の「日焼けスヌーピー」グッズが買えるモニ・ホノルル。カップルコーデやおそろコーデで人気のTシャツをはじめ、バッグやマグカップなど、種類豊富なアイテムが...


大行列!完全数量限定・三方六の切れ端!【北海道・音更】柳月スイートピア・ガーデン

柳月(りゅうげつ)は、北海道旅行のお土産にもよく用いられる、北海道を代表する老舗菓子店の1つです。その工場である柳月スイートピア・ガーデンでは「お菓子の里 十勝...


【徳島】大秘境を満喫!小歩危・大歩危・祖谷のオススメスポット&楽しみ方8選

「大股で歩いても、小股で歩いても危険」といわれていたことからその地名がついた大歩危(おおぼけ)・小歩危(こぼけ)、そして平家の落人が隠れ住んだと伝えられている祖...

【北海道】本店ならではのレアな商品がいっぱい!六花亭帯広本店の魅力

「マルセイバターサンド」のお土産などで全国的にも有名な、北海道を代表するお菓子メーカー・六花亭。帯広市周辺や札幌市周辺を中心に喫茶室を併設したお店が数多く展開さ...

【鳥取県】すなば珈琲に行ったら食べておきたい定番メニュー8選!

2014年に鳥取市内に2店舗同時オープンしたのをきっかけに、現在では鳥取県全域にわたってお店をかまえる「すなば珈琲」。平成28年に鳥取県が行った「鳥取県の観光地...

トラベルライターアワード受賞結果発表トラベルライターインタビュー Vol.2 bluemoonさん

【トラベルライターインタビューVol.2】NY記事50本超え!人気記事を多数生み出しているbluemoonさんの執筆のコツとは?