鳥取
鳥取観光
砂丘で知られ、漫画家・水木しげる氏の関連スポットが人気

日本最大の天然池!【鳥取】湖山池の見どころ紹介

取材・写真・文:

東京在住
訪問エリア:25都道府県

2018年9月7日更新

9,496view

お気に入り

写真:SaoRi

日本最大の天然池である湖山池は、絶景や自然を楽しめるヒーリングエリアとして地元民をはじめ、観光客にも人気のあるスポットです。湖山池周辺は湖山池公園として整備されており、多くの見どころがあります。今回は鳥取市街からもすぐに行ける、湖山池のオススメの見どころについてご紹介します。

この記事の目次表示

湖山池とは?

日本最大の天然池である湖山池(こやまいけ)は、面積6.8k㎡、湖岸延長18km、平均水深2.8mの汽水の海跡湖です。

  • 写真:SaoRi

四季折々の景色が楽しめる自然豊かなスポットが多い湖山池の周辺は、観光スポットとしてはもちろんのこと、市民の憩いの場としても賑わっています。

また、テニスコートの利用料や夜間の照明料金などの一部料金を除いては、湖山池公園内の施設利用料は基本的に無料で、グラウンドゴルフや多目的広場、屋外ステージなどを気軽に利用することができます。

  • 写真:SaoRi多目的広場と野外ステージ

見どころスポット周辺や施設周辺にある計6箇所の駐車場もすべて無料なので、お金をかけずに1日中楽しめるオススメのスポットです。

湖山池の見どころ紹介

県外から来られた方の観光スポットや、地域の人の憩いの場として愛されている湖山池公園には数多くの見どころがあります。

湖山池を訪れたら、ぜひ見ておきたいオススメのスポットを5つご紹介します。

【1】青島

湖山池には現在5つの島があり、その中で一番大きい島が青島(あおしま)です。

  • 写真:SaoRi

湖山池公園のなかでも、青島はとくに見どころが多く、たくさんの方が訪れます。

島の絶景ポイントをご紹介しますので、青島を訪れた際には、ぜひチェックしてみて下さいね!

青島大橋

青島へと続く唯一の橋、青島大橋。

  • 写真:SaoRi

青島大橋は長さが190mあり、昭和44年に歩行者専用の橋として造られました。

島にむかってのびている橋の景観も美しいのですが、橋の上から見る景色も大変美しいです。

  • 写真:SaoRi橋の上からの景色

爽やかな風に吹かれながら、池や島の美しさを楽しめます。

青島展望台

島の山頂にある青島展望台。

  • 写真:SaoRi

整備されたゆるやかなコースを登っていくと、湖山池や日本海を一望することができる展望台があります。

  • 写真:SaoRi山頂の展望台からの景色

山頂は芝生の広場になっていて、東屋もあるので、お弁当スポットとしてもオススメです。

  • 写真:SaoRi
青島
鳥取 / 自然・景勝地 / 島・離島
住所:鳥取県鳥取市高住地図で見る

【2】湖山池情報プラザ

青島大橋のたもとに建つ湖山池情報プラザは、湖山池の四季折々の魅力を発信する拠点施設です。

  • 写真:SaoRi

湖山池の自然を活かした各種体験が楽しめたり、湖山池の情報・文化の発信や、湖山池学習の場所として親しまれています。

湖山池情報プラザ
鳥取 / 観光案内所・ビジターセンター
住所:鳥取県鳥取市高住754-17地図で見る
電話:0857-31-2900

【3】猫島

湖山池の島の1つ、猫島(ねこしま)。

  • 写真:SaoRi

琵琶湖の竹生島(ちくぶしま)の弁天宮を分社して祀っています。猫島を正面から見るには、湖山池湖畔にある高住公園がオススメです。

  • 写真:SaoRi高住公園
猫島
鳥取 / 自然・景勝地 / 島・離島
住所:鳥取県鳥取市高住地図で見る
高住公園
鳥取 / 公園・動植物園 / 公園
住所:鳥取県鳥取市高住地図で見る

【4】石がまの跡

湖山池には、全国でも例を見ない「石がま漁」という漁法が伝わっており、その跡を現在でも見ることができます。

「石がま」とは、池の底にフナの通路を確保して積み上げた石積みで、この石がまを使って行われる漁が「石がま漁」です。

  • 写真:SaoRi

全盛期には80基近くあったそうですが、現在でも使用できるのは4基のみです。湖山池ならではの大変珍しい漁法なので、ぜひ見てみて下さいね。

【5】湖山池オアシスパーク

四季折々の花々を楽しむことができる湖山池オアシスパーク。

  • 写真:SaoRi

エリア内では、ポール・スミザー氏監修のコンセプトガーデン・湖山池ナチュラルガーデン「とっとり晴れやか庭園」なども楽しむことができます。

植物の特性を生かし、より自然体に見せることをテーマとしており、鳥取産の野草が全体の9割を超える世界でも珍しい庭園です。

  • 写真:SaoRi

花壇の周りは周遊道として整備されているので、色とりどりのお花を見ながら、ゆったりとした気分でお散歩を楽しめます。

湖山池オアシスパーク
鳥取 / 公園・動植物園
住所:鳥取県鳥取市湖山町南3丁目地図で見る

おわりに

日本最大の天然池である湖山池の見どころの数々はいかがだったでしょうか?

  • 写真:SaoRi

鳥取市街から近いにも関わらず、豊かな自然を感じられる、観光客にも市民にも愛されているヒーリングエリアです。

鳥取県東部を訪れる際には、ぜひ立ち寄ってみて下さいね。

湖山池公園
鳥取 / 公園・動植物園 / 公園
住所:湖山池公園地図で見る
Web:http://www.koyamaike.jp/
湖山池
鳥取 / 自然・景勝地
住所:鳥取県鳥取市高住地図で見る

鳥取の旅行予約はこちら

鳥取のパッケージツアーを探す

鳥取のホテルを探す

鳥取の航空券を探す

(鳥取空港)

(米子鬼太郎空港)

鳥取の現地アクティビティを探す

鳥取のレンタカーを探す

鳥取の高速バスを探す

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※この記事は2018年9月7日に公開した情報です。
 記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

あなたにオススメの記事

同じテーマの記事


春の国内旅行におすすめの観光地45選!春がベストシーズンの旅先ガイド

春は桜をはじめとする花が開花し、過ごしやすい気候から野外でのイベントも増えてくる季節。旅行にはもってこいの時期です。春の国内旅行におすすめの観光地を厳選してご紹...


国内のおすすめドライブスポット・コース55選!車でのお出かけを楽しもう

絶景ドライブを楽しめる角島大橋や、富士山の眺めが見事な箱根スカイラインに西伊豆スカイライン、四季折々に花々が咲き誇る房総フラワーラインなど、車でのお出かけにおす...

全国のおすすめ花畑85選!一面に絶景が広がる花の名所ガイド

チューリップにバラ、ひまわりに菜の花など、季節ごとにカラフルな花畑が広がる、全国のおすすめの花の名所をご紹介!カメラ片手に、全国の花の絶景を見に出かけませんか?

【国内】女子ひとり旅におすすめ旅行先6選と各観光スポット!第一弾

1泊2日や2泊3日で一人旅を計画している女子必見!初心者にもおすすめの国内旅行先と各観光スポットをご紹介。京都を始め、一度は行きたい厳島神社や出雲大社、法隆寺な...

【島根】出雲・松江1泊2日王道モデルコース!2泊3日もOK!

縁結びで有名な「出雲大社」を始め、島根県の主要観光地を巡るモデルプラン。女子旅や週末旅におすすめです。さらに2泊3日できる方に向けて、近郊の島根・鳥取県おすすめ...

この記事を書いたトラベルライター

転勤族ライター
子供の頃から現在に至るまでの生粋の転勤族!転勤の先々でその地ならではの良さを暮らしながら体感し、ディープに発信していきたいと思います!

特に体や足を使ったアクティブな取材が大好きなので、登山や探勝路などで出会った絶景や情報などをお伝えしていければと思います♪
https://www.one-access.work/

ハワイ限定!モニ・ホノルルでお土産にも嬉しい【日焼けスヌーピー】グッズを♡

ハワイ限定の「日焼けスヌーピー」グッズが買えるモニ・ホノルル。カップルコーデやおそろコーデで人気のTシャツをはじめ、バッグやマグカップなど、種類豊富なアイテムが...


大行列!完全数量限定・三方六の切れ端!【北海道・音更】柳月スイートピア・ガーデン

柳月(りゅうげつ)は、北海道旅行のお土産にもよく用いられる、北海道を代表する老舗菓子店の1つです。その工場である柳月スイートピア・ガーデンでは「お菓子の里 十勝...


【徳島】大秘境を満喫!小歩危・大歩危・祖谷のオススメスポット&楽しみ方8選

「大股で歩いても、小股で歩いても危険」といわれていたことからその地名がついた大歩危(おおぼけ)・小歩危(こぼけ)、そして平家の落人が隠れ住んだと伝えられている祖...

【鳥取県】すなば珈琲に行ったら食べておきたい定番メニュー8選!

2014年に鳥取市内に2店舗同時オープンしたのをきっかけに、現在では鳥取県全域にわたってお店をかまえる「すなば珈琲」。平成28年に鳥取県が行った「鳥取県の観光地...

鳥取砂丘は冬がオススメ!?地元民だからこそ知っている冬の魅力!

雪がとけて春の息吹が感じられるようになる頃から少しずつ観光客が増し、ゴールデンウィークから夏過ぎまで、その数がピークに達する鳥取砂丘。そんな大人気の鳥取砂丘の冬...

トラベルライターアワード受賞結果発表トラベルライターインタビュー Vol.3 Emmyさん

【トラベルライターインタビューVol.3】一人旅を応援する記事を多数執筆!Emmyさんならではの人気記事執筆のコツやその原動力に迫ります