卵が違う!行列のパンケーキと限定卵かけご飯!鳥取県・大江ノ郷自然牧場

378

view
   2017年10月20日更新

「鳥取県で美味しいパンケーキが食べたい!」なら、地元の方々が大絶賛して止まない「大江ノ郷のパンケーキ」。この「大江ノ郷のパンケーキ」とは、鳥取県八頭郡八頭町にある大江ノ郷自然牧場の「ココガーデン」で食べられる、焼き立てふわっふわのパンケーキのことです。ココガーデンには、平飼いで大切に育てられたニワトリが産んだ天美卵を使用した種類豊富なパンケーキや、1日30食限定のたまごかけご飯など絶品メニューが揃っています!鳥取県民からはもちろん、県外からも大人気の大江ノ郷自然牧場についてご紹介します。

大江ノ郷自然牧場までの道のり

大江ノ郷自然牧場は、鳥取市街から車で約40~50分の距離にあります。

県道32号線を河原方面に道なりに走っていくと、「大江」という道路標識が見え、そこから更に3.5kmほど走るとお店の看板と駐車場が見えてきます。

大人気を思わせる、広い駐車場の奥に建物はあります。

辺りを見渡してみると一目瞭然ですが、かなり山の中にあります。まさに大自然の中の牧場です。

とにかく大人気!行列・待ち時間・売リ切れは想定内に!

アクセス的にはかなり不便な立地にも関わらず、その人気は衰えることを知りません。駐車場では、常に車が出入りを繰り返しています。

停めてある車のナンバーを見てみると、県外の車もかなり多いことが判り、その知名度の高さが伺えます。

  • 長野、奈良、山口、大宮、神戸…県外からの車であふれています!

開店ちょうどには店内が満席!5分後には行列!

大人気のパンケーキが食べられる大江ノ郷自然牧場の「ココガーデン」前には、開店前から多くのお客さんが待ち構えています。

ココガーデンの開店時間は午前10時ですが、10時ジャストには店内はお客さんでいっぱいになります。

そしてテラス席もあっという間に埋まり、開店5分後には既に整理券発行所の前はこの行列です。

雨の日でも、待ち時間は多少短くなるにしても、列はできます。行列との遭遇は当然と考えておきましょう。

もちろん予約もできますが、各時間10席限定となっています。特に週末は予約もいっぱいのことが多いので、予約をされる方は余裕をもって早めにしておくことがベストです。

待って良かった!焼き立てふわっふわのパンケーキに大感動!

パンケーキが焼きあがるまでの時間は約40分前後!

「大江ノ郷のパンケーキ」は、注文を受けてから1枚1枚丁寧に焼き上げます。それは、焼き立てだからこそ味わえる、一番最高の瞬間を味わってもらう為だそうです。

席に案内され、メニューを決めて注文し、そこから約40分前後かかるので、当日はゆとりを持ったスケジュールにしておきましょう。

約40分待った大人気パンケーキのお味は?

予約をしてもしなくても、最低約40分は待つ大人気パンケーキとはいかなるものか?それはもう最初の一口目で大感動を巻き起こす絶品です。

天美卵で作ったたっぷりのメレンゲを使い、その日の温度や湿度によって配合を微調整しながら、1枚1枚丁寧に作られた焼き立ての最高の瞬間。

しっとり、ふっくらの食感と共に口の中に広がる甘さ。一度食べるとその感動は忘れられません!

  • キャラメルバナナパンケーキ780円

鳥取県の方々が、口々にオススメする気持ちがよく判ります!

  • 大江ノ郷パンケーキ680円

見た目が可愛いデコレーションパンケーキでも、ホイップいっぱいのハワイアンパンケーキでもない、素材の味を活かした、見た目は素朴だけど味はピカイチの「大江ノ郷のパンケーキ」、ぜひ召し上がって下さい!

売り切れ続出!1日30食限定のたまごかけご飯セット!

パンケーキと合わせて、天美卵を使用した1日30食限定のたまごかけご飯セットも大変人気です。休日の午後2時過ぎには、既に売り切れで食べられなかったという話をよく聞きます。

席の予約と合わせて、たまごかけご飯も予約ができるので、絶対に食べたい!という方は予約しておきましょう!ただ、たまごかけご飯は11時半からの提供なので、席予約の際にはその時間も意識しておきましょう。

濃厚な味わいの卵とご飯、お醤油の見事なコンビネーション

平飼いで元気いっぱいに駆け回り、更に天然飼料などの良質な餌を食べて育った大江ノ郷のニワトリが産んだ卵、天美卵。

その美味しさがストレートに伝わるのは、やはり生たまご。そして、生たまごの代表といえば、たまごかけご飯です!

  • たまごかけご飯セット580円

卵はその日に採れた新鮮なもので、醤油「天のしずく」は天美卵のために作られた専用醤油というこだわりっぷりです。

  • 天美卵のために作られた専用醤油・天のしずく

黄身の色が濃く、かきまぜても濃厚さが薄れません。

  • 鳥取県産のお米

といた卵を大胆に鳥取県産のご飯にかけ、あとは豪快に口の中にかきこみます!

コクと旨みが溢れた濃厚な味わいの卵とご飯が絡み合い、お箸が止まりません。天美卵のために作られたというだけあり、醤油との相性も抜群です!

薬味には卵のうまさを引き立てるシンプルな具材が使われていて、主役の卵の味が全面的に活かされるセットになっています。

ご飯と卵は1回150円でおかわりができます!何杯でもおかわりをしたくなるこの美味しさは、売り切れが続出するのも納得!絶対に食べてほしい1品です!

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※この記事は2017年10月10日の取材に基づき公開した情報です。
 記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。
トラベルライター
生粋の転勤族ライター

☆I LOVE TOTTORI☆

生まれ育った実家も、お嫁に行った先も、「転勤族」という生粋の転勤族です!

実家は北海道内をぐるぐる、主人は日本全国をぐるぐると平均2~3年で転勤をしています!
今までの引っ越し回数は数知れず、東京での約10年の間も大田区と埼玉を中心に10回ほど引っ越しをしていました(笑)

「I LOVE TOTTORI」と書きましたが、住んだ土地はどこも心から大好きです!
何も知らず、誰も知らない土地に行くと、始めはどこでも心細く不便を感じ、前の地を恋しく思いますが、その地を去り新たな土地に行くときは必ずそういう心境になっていることに気づきました。
住めば都と言えば早い話ですが、文化・風習を含めたその土地やそこで暮らす人々に受け入れてもらえ、居場所ができることの嬉しさは何にも変えられません。

その時に住んでいる土地の魅力かつ、住んでいるからこその情報をメインに、旅行先や訪れたところの良さについても発信していければと思います!


また、旅行と同じくらい「書くこと」が大好きです!
「こういう記事を書いてみたい」ということが先に浮かび、それから旅行先を決めることも少なくありません(笑)

現在は1歳を目前に控えた赤ちゃんと、楽しく鳥取県の魅力をみてまわっています♪

私の書いた記事が少しでも誰かの、何かの、役に立つことがあったらこの上ない喜びです。

同じテーマの記事

【トラベルライターインタビューVol.1】ライターとしてのやりがいや、記事を書き続けるコツとは?ライターさんの素顔に迫ります!

アプリなら記事も地図もサクサク快適!

  • 行きたい観光スポットをお気に入り登録すれば自分専用のガイドブックに。
  • 旅した国・都道府県をチェックして、自分だけの塗りつぶし地図を作ろう!