和歌山
和歌山観光
聖地・高野山が立地し、みかんや梅の栽培で有名

【高野山】幻想的な体験!普賢院の宿坊と恵光院のナイトツアー

取材・写真・文:

大阪在住
訪問エリア:36都道府県

2017年7月26日更新

3,764view

お気に入り

写真:YYOKO

高野山を訪れるなら一度は滞在したいのが、宿坊。参詣者が宿泊できるお寺です。どの寺院でも精進料理や写経、朝の勤行などを体験できますが、ぞれぞれの特色はさまざま。客室や風呂、庭などに宿坊によって違いがあるため、選ぶのも楽しみの一つです。そして、夜はぜひ奥の院のナイトツアーへ参加してみましょう。暗闇の参道を恵光院の僧侶が案内してくれます。ガイドブックには載っていない意外な裏話も聞くことができるかも。日常とは隔離された空間で、日々の疲れを癒す普賢院での宿坊生活と恵光院の奥の院ナイトツアーをご紹介します。

この記事の目次表示

最大88%OFF!格安航空券をお得に探す

長い歴史を経て変化した寺院の数

江戸時代には800以上のお寺が存在していた高野山。その後、廃藩置県や火災などの影響で寺院の数は減り、現在お寺の数は117になりました。そのうち宿坊は52あるといわれています。

  • 写真:YYOKO高野山内の寺院
  • 写真:YYOKO金剛峰寺前

高野山が世界遺産に登録され、フランスのミシュランガイドでも三ツ星に選ばれてからは、外国人観光客が急増。宿坊を訪れる外国人も絶えないそうです。

ゆったり過ごす!宿坊・普賢院

900年の歴史!町の中心にある普賢院

高野山の町の中心地・千住院橋のバス停を降りてすぐのところにあるのが今回紹介する普賢院。12世紀に天台宗の僧侶(鳥羽天皇の息子)から、普賢菩薩を与えられたことが始まりだとか。

  • 写真:YYOKO普賢院
  • 写真:YYOKO普賢院摩尼殿

境内は意外と広く、さまざまな建物があります。ひときわ目を引くのが、ご本堂の隣にある摩尼(まに)殿。朱色の建物です。地下室もあり、朝の勤行のときに案内していただけます。

落ち着いた純和風の屋内

  • 写真:YYOKO普賢院玄関
  • 写真:YYOKO普賢院中庭

大玄関で靴を脱ぎ、世話をしてくれる僧侶の案内でお部屋まで。よく整えられた中庭が落ち着いた雰囲気を醸し出しています。歴史を感じさせる廊下は、洋室生活が長くなってきた日本人にも、日本の趣を思い出させてくれます。

  • 写真:YYOKO普賢院廊下
  • 写真:YYOKO普賢院部屋へ

昔懐かしい障子の引き戸をあけると、純和風の部屋が。豪華すぎず最低限のものだけがそろった和室は、物にあふれた日ごろの生活とは対照的です。
高野山の二大聖地奥の院壇上伽藍に足を伸ばしたり、高野山参詣講待遇之証で高野山の要所を訪れたりするのもいいですが、ゆったりとした時間を過ごしたいのなら、お部屋で過ごすのがおすすめ。大浴場もあるのでゆっくりお湯に浸かってから、写経体験してみては?

殺生と煩悩から回避!精進料理

夕食はもちろん精進料理。普賢院では客室とは別の部屋に用意されます。

  • 写真:YYOKO普賢院夕食
  • 写真:YYOKO普賢院精進料理

精進料理とは、殺生や煩悩を刺激するようなものを避けて作られた料理のこと。肉や魚だけでなく、香りが強いニンニクやネギなど精がつくものもタブーとされているとか…。

でも面白いのはアルコールの扱い。お寺では飲酒は厳禁というイメージがありますが、高野山内の寺院ではお酒やビールを「般若湯(はんにゃとう)」と呼び、夕食のときに注文することができます。とはいっても、ここはお寺。飲みすぎないように!

  • 写真:YYOKO普賢院部屋の中

食事が終わり、部屋に戻ると布団が敷かれています。お寺に修行に来ているような感覚でいると、至れり尽くせりの対応に驚くことでしょう。

それにしても、和式の部屋は時と場合によって、居間になったり寝室になったり、ときにはダイニングになったりと、とてもフレキシブル。昔ながらの和室のよさを再認識できるかもしれません。

リアルな肝試し?奥の院ナイトツアー!

要予約!夕食のあとは恵光院へ

高野山の神秘を肌で感じたいのなら、必ず参加して欲しいのが高野山奥の院ナイトツアー。

  • 写真:YYOKO高野山奥の院ナイトツアーポスター

奥の院にほど近い宿坊・恵光院が集合場所で、恵光院の僧侶による案内のもと、ツアーが行われます。恵光院以外の宿坊の宿泊客でも、予約すれば参加は可能。ただ、各宿坊には門限があるので、必ず確認してください。

  • 写真:YYOKO恵光院(ナイトツアー集合場所)
  • 写真:YYOKOナイトツアーに集合する人々

集合時間は19時15分。大勢の人たちが恵光院に集まっていますが、よく見ると外国人が大多数。実は、このツアー、同じ時刻に日本語だけでなく、英語でも行っているのです。

英語の説明はもっと概念的で、日本の文化が垣間見れるような説明が中心。英語か日本語、どちらかしか選べませんが、どんな風に外国人に説明しているのか気になる方は、申し込むときに英語のツアーへの参加を希望してみては?

暗がりの奥の院へいざ出発!

日本語ガイドは歴史の偉人たちに触れた具体的なもの。豊臣秀吉や明智光秀、織田信長など、誰でも聞いたことがある武将の話を交えて説明してくれます。

  • 写真:YYOKO案内してくれる僧侶

昼間は木漏れ日の中、巨木が参道を誘ってくれましたが、夜は灯籠の明かりを頼りに奥の院の弘法大師御廟まで、およそ1時間半ほどの道のりを進みます。案内役の僧侶が懐中電灯で場所を照らしながら説明してくれます。

言い伝えや不思議な話に耳を傾けていると、一層想像力が膨らんで、背筋がゾワゾワ…。ある有名大名を自害に追いやった武将の墓は、直しても直してもどこかが必ず壊れるのだとか…。

  • 写真:YYOKO奥の院の灯篭(月)
  • 写真:YYOKO奥の院の灯篭(太陽)

夜ならではの話題も。奥の院への道を照らす燈明群は片側は太陽、反対側は月を形どっています。太陽は高野山真言宗の最高仏・大日如来、月の満ち欠けは人の心をあらわしているそうな…。詳しくはツアーで!

恵光院
和歌山 / 宿坊
4.7 (10件の口コミ)
料金(目安):10,800円〜33,642円
宿泊時間:14:00〜10:00
住所:和歌山県伊都郡高野町大字高野山497地図で見る
電話:0736-56-2514
Web:http://www.ekoin.jp
奥の院ナイトツアー
和歌山 / 体験・アクティビティ
住所:和歌山県伊都郡高野町大字高野山497地図で見る
電話:090-2106-1146
Web:http://www.night.koyasan-okunoin.com

早起きは三文の徳?お経で始まる宿坊の朝

夢心地?神聖な朝の勤行

普賢院では朝6時30分から勤行が始まるので、その少し前にお寺の本堂に集合します。僧侶の修行風景の撮影は禁止なので、もちろん、おつとめの様子を撮ることはできません。

  • 写真:YYOKO普賢院の本堂
  • 写真:YYOKO朝のおつとめ開始を待つ人たち

薄暗い中、ろうそくだけに照らされる本堂、そこに音楽のように流れる僧侶たちが唱えるお経を聞いていると、自分がどこにいるのかわからなくなってきます。しばらくすると、僧侶の案内でご焼香と御本尊の参拝を行います。

仏の足跡を辿って!お寺の中で聖地巡礼

  • 写真:YYOKO仏舎利を保管する部屋
  • 写真:YYOKO摩尼車

一通り終わると、案内役の僧侶が仏舎利(ぶっしゃり)殿へ誘導してくれます。仏舎利とはお釈迦様のお骨のこと。ご住職が平成8年にネパールから持ち帰ったそうです。

仏舎利を拝観したあとは、僧侶の案内で仏舎利の部屋を囲むように設置されている108の摩尼(まに)車を手で回しながら進みます。その足元には所々、足跡を模った印が…。摩尼車のある回廊には聖地の砂が収められているそうです。その足跡に自分の足を重ねながら辿ると、聖地を巡礼しているのと同じご利益があるのだとか。ぜひ想像を巡らせながら歩いてみてください。

宿坊体験の締め!精進朝ごはん

朝のお勤めが終わると朝食です。もちろん、野菜が中心の精進料理。

  • 写真:YYOKO普賢院朝食

普段、朝は食欲がないという人も、聖地巡礼の小旅行を終えたこの日ばかりは、箸が進むかもしれません。これも早起きのご利益かも?

宿坊 普賢院
和歌山 / 宿坊
4.6 (30件の口コミ)
料金(目安):6,000円〜34,259円
宿泊時間:14:00〜9:00
住所:和歌山県伊都郡高野町高野山605地図で見る
電話:0736-56-2131
Web:http://www.fugen-in.com
最大88%OFF!格安航空券をお得に探す

和歌山の旅行予約はこちら

和歌山のパッケージツアーを探す

和歌山のホテルを探す

和歌山の航空券を探す

和歌山の現地アクティビティを探す

和歌山のレンタカーを探す

和歌山の高速バスを探す

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※この記事は2017年7月25日に公開した情報です。
 記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

あなたにオススメの記事

同じテーマの記事


関西女子旅にぴったりな観光・お出かけスポット28選!旅行好き女子がおすすめ

パワースポットにショッピングスポット、自然に癒されるスポットやインスタ映えスポットなど、旅行好きの女性トラベルライターがおすすめする、関西女子旅にぴったりな観光...


2020年初詣におすすめ!【全国47都道府県別】初詣の人出トップ寺社一覧

全国47都道府県ごとに、もっとも初詣客の多い寺社を一挙にご紹介!2020年の初詣は、たくさんの人が新年の開運祈願に訪れる、人気の寺社へ初詣に出かけてみませんか?

加太さかな線で小旅行へ!和歌山加太の港町をぶらり散策

和歌山県と大阪府の県境にほど近い場所に位置する加太(かだ)は、古い建物や史跡が残る歴史ある港町です。今回は、南海加太線の終着駅である「加太駅」から徒歩で海岸を目...

参拝はもちろん、観光にもオススメ!【和歌山】紀三井寺へ行こう

和歌山県和歌山市に建つ「紀三井寺(きみいでら)」。JR和歌山駅から2駅の紀三井寺駅で降車し、駅からも徒歩10分で着く距離にあり、アクセスも大変便利です。今回は、...

絶対に拝んでおきたい!高野山・奥之院の個性的なありがたいお地蔵様

高野山の中でも、大師信仰の中心聖地とされている奥之院。歴史的に有名な著名人や、戦国武将などの供養塔が無数に並び、その数は二十万墓ともいわれています。厳かさに包ま...

この記事を書いたトラベルライター

気ままな旅人のマニアック道中
旅先で初めにすること、それは地図を手に入れること!地図を片手に散らばる名所をいかに効率よく歩いて回るか、それが私の旅の醍醐味です。綺麗なところで写真を撮って、疲れたらお茶して、お腹が空いたら食べる、それが私の気まま旅。帰ってから、訪れた場所がどんなところだったのか、調べます。時々行っておけばよかったと思うこともありますが、そんな時は、めげずにもう1回!可能な限り行ってみます。マニアックにまとめて、旅先の意外な魅力を楽しんでいただけたらと思います。

【ノリッジ】英国人に人気!知られざる美しい街を訪ねる旅

2016年にガーディアン紙による「英国人が選ぶ働きやすい街No.1」に選ばれた、イギリス東部の街ノリッジ(Norwich)。中世の街並みが残る美しく穏やかな街は...


【高野山】永遠の聖域!弘法大師が瞑想を続ける奥の院

聖域・奥の院は高野山の信仰の中心。弘法大師・空海が今もなお、世の平和と人の幸せを願って瞑想を続けていると信じられています。弘法大師が入定しているという御廟までの...


【山口県・壇ノ浦】パワースポット!平家ゆかりの地をめぐる旅

1185年、平家と源氏の軍船が関門海峡に集結し、平家一門は滅亡に向かいました。幼い安徳天皇を抱いた清盛の妻・二位の尼が入水し、戦いは終結。そんな平家滅亡の面影は...

【ネパール】ポカラでアンナプルナの絶景を楽しもう

アンナプルナ連峰の麓に広がる町・ポカラ。どこにいても雄大な山々を一望できる町には、山並みを楽しめる絶好の展望台や、日本人が建てた高台の寺院、ヒマラヤの歴史や文化...

【イギリス】壮麗な夢の世界へ!クリスマスの夜長を楽しむロンドン

ロンドンのクリスマスはおもちゃ箱のよう...壁のように立ち並ぶ古代ギリシャを彷彿とさせる建物、その間に伸びる大通りの上には、さまざまな色や形をしたライトをちりば...

トラベルライターアワード受賞結果発表トラベルライターインタビュー Vol.2 bluemoonさん

【トラベルライターインタビューVol.2】NY記事50本超え!人気記事を多数生み出しているbluemoonさんの執筆のコツとは?