明石市

【明石】地元民がオススメする魚の棚商店街の歩き方徹底ガイド!

取材・写真・文:

兵庫在住
訪問エリア:39都道府県

2021年4月14日更新

21,388view

お気に入り

写真:まき

明石市民は「魚の棚商店街」のことを「うおんたな」という愛称で呼んでいます。明石在住40年以上の筆者が、明石ならではのお店が目白押しの「うおんたな」の魅力をたっぷりとお伝えします。

この記事の目次表示

魚の棚商店街とは

  • 写真:まき

明石市民の台所と言っても過言ではない魚の棚商店街には、東西に通る約350mの距離に海産物店を中心として約110店舗が軒を連ねています。明石の海の幸がズラリと並ぶ食の宝庫で、威勢の良い声が響きわたって活気があり、歩いていると元気が出てきます。

その歴史は古く、約400年前の明石城築城の頃に誕生したと言われています。宮本武蔵の町割りによって、お城に一番近い場所が東魚町と西魚町とされ、それらの町が「うおんたな」の原型となっているのだそう。筆者が子どもの頃は、軒先の大きな木箱にピチピチ動く魚が並べられ、タコは道を歩いていました(笑)。

その日の朝に明石で水揚げされた「前もん」と言われる魚が、午前11時頃に行われるセリ市で競り落とされ、正午を過ぎたあたりからお店に並び始めるので、その時間帯に一番の賑わいが見られます。早い潮流を泳ぐことで身が引き締まった前もんの味は、また格別!また海産物店のほかにも、明石焼きのお店やお土産屋などもあり、所狭しと並んでいるので目移りしてしまいます。

商店街全体はアーケードになっているので、雨の日でも安心してお買い物を楽しむことができますよ♪

魚の棚商店街のお店紹介

それではここからは、実際に商店街に入っているお店についてご紹介していきます。

以下のご紹介は、西側から商店街に入って、左手にあるお店をその並び順で追い(【1】〜【27】)、商店街の奥(東側)でUターンして、【27】の向かいにあるお店【28】から、またその並び順(【28】〜【55】)に沿って元の場所に戻ってくるという流れになっています。

【1】味よし 西店

  • 写真:まき
  • 写真:まき

魚の棚商店街に3店舗構える「味よし」ですが、こちらの店舗はうおんたなの一番西側になります。本店とほぼ同じ商品を販売していて、瀬戸内海で春に水揚げされるいかなごのくぎ煮(100g800円)と、わかめ煮(200g600円/400g1,000円)が人気商品。他にも、たこわさびといかの塩辛(100g450円)、干しダコ(1袋600円)などもおすすめ。

干しダコは、たっぷりと旨味が凝縮していますので、タコ飯を作るのにぴったりな商品です。噛めば噛むほど美味しいですよ♪レシピもサービスでいただけますので、ご自宅で作ってみてはいかがでしょうか。

味よし 西店
明石市 / デリカテッセン
住所:明石市本町1丁目2-17地図で見る
電話:なし

【2】よし川

  • 写真:まき

店内に有名人のサイン色紙が沢山貼られている、明石焼き(10個600円)のお店。時間帯によって、明石焼きとたこめしのセットが50円引きの935円で食べられることも。

お持ち帰り用のたこめし(1パック大550円/小330円)や明石焼き(だし付1人前660円)、面白い物として明石焼きのあげ板(1枚1,500円/2枚2,000円)が販売されていますので、ご自宅へ帰ってから明石焼きの雰囲気を再現してみてはいかがでしょうか。

よし川
明石市 / ご当地グルメ・名物料理 / 明石焼き
住所:兵庫県明石市本町1丁目2−16地図で見る

【3】大黒屋商店

  • 写真:まき
  • 写真:まき

主に明石で獲れる季節の海産物の加工品が販売されています。パリッとした歯ごたえが美味しい、焼きいわし(1袋100g400円)がオススメで、鯖・ししゃも・さんま・にしんなどの塩干しも手に入ります。このほか、ちりめんじゃこ(100g500円/極上ちりめんは100g600円)も噛みしめるほどに美味しさが感じられます。一声かけると、おまけで多めに入れてくれることがありますよ♪

大黒屋商店
明石市 / その他グルメ
住所:明石市本町1丁目2-16地図で見る
電話:078-911-2283
Web:https://www.uonotana.or.jp/shop-029.htm

【4】希凛本店・希凛2号店

  • 写真:まき

明石の旬の海の幸が堪能できる、本店と2号店が隣接している寿司店。一番人気は特上おまかせにぎり(10貫3,200円)ですが、他にコース料理(5,400円~)もあります。人気店ですので、必ず予約しておいてくださいね。

寿司 希凛(本店)
明石市 / 寿司 / ランチ
住所:兵庫県明石市本町1丁目2-14地図で見る
電話:078-918-3737
寿司 希凛(2号店)
明石市 / 寿司 / ランチ
住所:兵庫県明石市本町1丁目2-15地図で見る
電話:078-911-0091

【5】アリマ陶器

  • 写真:まき
  • 写真:まき

主に和食器が販売されています。日本製にこだわって窯元から直送で仕入れているため、他店で購入するよりもお値打ち価格となっています。特に土物大皿(2,000円)などは、一見の価値があるかも。安い物では100円で小皿などもあります。掘り出し物に出会えたらラッキーですね。

アリマ陶器
明石市 / 食器
住所:明石市本町1丁目2-14地図で見る
電話:電話番号 078-911-6535
Web:https://www.uonotana.or.jp/shop-026.htm

【6】鯨安(くじらやす)

  • 写真:まき
  • 写真:まき

鯨大和煮(1缶600円)と鯨須の子(1缶900円)が山積みされているのが目を引きます。もともとは鯨専門店として創業したお店なので、なかなか販売されているのを見かけない皮くじら(600円)、鹿の子(3,500円)、コロ(2,000円)もありますよ。すだちポンズ(1,8リットル2,900円)もオススメのようで、ふぐてっさにはもちろん、餃子にも合うのだそう。

鯨安
明石市 / 魚屋
住所:明石市本町1丁目2-14地図で見る
電話:078-917-1836
Web:https://www.uonotana.or.jp/shop-025.htm

【7】林義治商店

  • 写真:まき
  • 写真:まき

各種海産物や珍味を数多く取り揃えていますので、お気に入りのお酒のアテを探してみてくださいね。うるめ丸干し(約20尾500円)はDHA・EPAが豊富なので、美味しくたっぷり食べたいところですね。他には、味醂干だこ(45g500円/95g1,000円)もオススメです。

林義治商店
明石市 / その他グルメ
住所:明石市本町1丁目2-14地図で見る
電話:078-917-1459
Web:https://www.uonotana.or.jp/shop-024.htm

【8】金引青果

  • 写真:まき
  • 写真:まき

例えば冬であれば、果物では有田みかん(6個450円)、あまおう(2パック1,200円)、渋柿(1個400円)やりんごなど、野菜では、特大大根(300円)、ゆり根(350円)、やまのいも(3個300円)、くわい(1パック450円)など、北海道や広島などから選りすぐりの旬の青果を揃えて販売しています。珍しい商品に出会えることもあるので、是非お立ち寄りを。

金引青果
明石市 / 八百屋
住所:明石市本町1丁目2-12地図で見る
電話:078-911-1925
Web:https://www.uonotana.or.jp/shop-022.htm

【9】明石蒲鉾 野島商店

  • 写真:まき
  • 写真:まき

はも天(1枚170円)がやわらかく、軽くトースターで焼いて食べると一層美味しく召し上がっていただけるのでオススメです。その他、平天(1枚110円)やたこぼー(240円)はそのまま食べても良し、煮物にしても良しで美味しいですよ。つい色々選んで買ってしまいそうになります。

明石蒲鉾 野島商店
明石市 / かまぼこ
住所:明明石市本町1丁目2-11石市本町1丁目2-16地図で見る
電話:078-912-4456
Web:https://www.uonotana.or.jp/shop-020.htm

【10】蓬菜焼魚店

  • 写真:まき
  • 写真:まき

炊き立てご飯やお酒に合いそうなお惣菜を販売しています。印象深いのは、歯ごたえ抜群のはも皮(1,500円~)。そのほか、魚の味噌漬けの盛り合わせ(2切れ500円)は、いつが食べ頃か聞いておいて、ちょうどその頃に焼いて食べると旅の思い出に浸れそう。鯛の姿焼きも人気で、筆者の両親はお正月の睨み鯛やお祝い事、贈答品に利用しています。

蓬菜焼魚店
明石市 / デリカテッセン
住所:明石市本町1丁目2-10地図で見る
電話:078-912-6917
Web:https://www.uonotana.or.jp/shop-019.htm

【11】マエダ茶園

  • 写真:まき
  • 写真:まき

八女茶、知覧茶、うれしの茶(1袋各1,000円)が揃っていて、さらに静岡や京都の美味しいお茶も販売しています。自家製のティーパック商品もありますので、お土産にしてみてはいかがでしょうか。

マエダ茶園
明石市 / 日本茶
住所:明石市本町1丁目2-10地図で見る
電話:078-911-6091
Web:https://www.uonotana.or.jp/shop-017.htm

【12】永楽堂 魚の棚店

  • 写真:まき
  • 写真:まき

「ぺったん焼き」は明石産真ダコにこだわって作られるせんべいで、味わいや歯ごたえも絶妙な名物商品。真空パックになった持ち帰り用もありますが、ぜひ焼きたてを購入して召し上がってみてくださいね♪どちらもお値段は同じ594円ですが、真空パックは焼いたものを冷ました後に、周りを少しカットして詰められています。一方、焼きたてはそのまま渡されるので、一回り大きくてお得な気分になれます♪

  • 写真:まき詰め合わせ(写真左下が「明石たこせん」)
  • 写真:まき生姜おせん

そのほかにもさまざまなお菓子が豊富に揃っており、ちょっとしたお土産にできるものから、目上のかたへの贈り物やお中元・お歳暮などにぴったりの商品が見つかるはず。筆者のお気に入りは、しっかりした味付けの明石たこせん(3袋421円)と、噛み応え抜群でしびれる刺激がたまらない生姜おせん(130g324円)です。

永楽堂 魚の棚店
明石市 / せんべい / ご当地グルメ・名物料理
住所:兵庫県明石市本町1丁目2−9地図で見る
電話:078-912-3977
Web:https://www.uonotana.or.jp/shop-107.htm

【13】藤永鮮魚店

  • 写真:まき
  • 写真:まき

昔ながらのうおんたならしい鮮魚店の一つです。氷の上に鮮魚がズラリと並び、サザエ(1盛りり1,000円)、ヤリイカ(1盛り700円)など、どれもお刺身でいただきたいものばかり!また見るからにプリプリのゆでタコ(700円~)は、大きさを選んで購入できます。まずはそのまま召し上がって、次にお好みでわさび醤油や辛子マヨネーズなどでもどうぞ。歯ごたえ抜群で、旨味が感じられますよ。

藤永鮮魚店
明石市 / 魚屋
住所:兵庫県明石市本町1丁目2−7地図で見る
電話:078-918-1628
Web:https://www.uonotana.or.jp/shop-011.htm

【14】ぎゃらりーであい

  • 写真:まき

明石焼きのお店で、白葱と甘酢生姜の薬味が付きます(10個550円/15個660円)。まずは白葱で味わってから、途中で甘酢生姜も加えてみるとガラッと味が変わるそう。個性的な明石焼きが食べたければぜひ。お持ち帰り用(10個540円/15個648円)もありますよ。

ギャラリーであい
明石市 / ご当地グルメ・名物料理 / 明石焼き
住所:明石市本町1-2-11地図で見る
電話:078-914-5728
Web:https://www.uonotana.or.jp/shop-084.htm

【15】昼網寿司

  • 写真:まき

サービスランチ(1,000円)が人気。昼網自慢の新鮮な海鮮をつかった丼や定食がいただけますよ。売り切れることが多いので、早い時間帯に訪れてくださいね。

昼網寿司
明石市 / 魚介・海鮮料理 / ランチ / 寿司
住所:兵庫県明石市本町1-2-7地図で見る
電話:078-918-3949
Web:https://www.uonotana.or.jp/shop-103.htm

次のページを読む

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

あなたにオススメの記事

同じテーマの記事


全国の人気ご当地グルメ47選!お取り寄せもできる都道府県別の名物グルメ特集

旅行の楽しみの一つ「ご当地グルメ」。この記事では全国47都道府県ごとに、人気の名物グルメを厳選してご紹介します。いずれのご当地グルメもお取り寄せもできますよ。


【明石】定番?金?ゴジラ?駅弁「ひっぱりだこ飯」の魅力

全国的に有名なロングセラー駅弁「ひっぱりだこ飯」には、キラキラ輝く「金色のひっぱりだこ飯」や、東宝の映画『ゴジラ』とコラボレーションした「ゴジラ対ひっぱりだこ飯...

【明石】魚の棚で食べられるお魚の美味しいお店「鮨 希凛」と「季節料理 藤原」

新鮮な旬の魚介類が豊富に並ぶ明石の台所「魚の棚商店街」!今回は、そんな商店街の中にあり、美味しいお魚を思う存分食べられるお店2つを、明石生まれで明石育ちの筆者が...

【兵庫】観光もあり!半日で巡る明石グルメコース

海沿いに位置する街「明石」は、海鮮の宝庫!今回は新鮮な海鮮がいただける食堂「みなと食堂」や明石名物のタコがいただける「魚の棚商店街」などと、明石の街を一望できる...

【明石】地元民が教える「明石焼き(玉子焼き)」美味しさの秘密とオススメ店3選!

たっぷりの玉子とだしで溶いた「じん粉」入りの生地を専用の銅鍋に流し入れ、その中に明石タコを入れて焼き上げたものを、黄金のだし汁につけて食べる明石焼き。ふわふわト...

この記事を書いたトラベルライター

☆嬉しい!☆美味しい!☆幸せ!☆
おでかけと旅行が好き&美味しいものが好き&楽しいことも好き!
そんな私が主人と出会って、ますますそれらがエスカレートしちゃいました(笑)
25年以上、食に関する仕事をしていますので一番の得意分野はズバリ「グルメ」♪
皆さまに沢山の美味しいお店や素敵なスポットをご紹介できるといいな、と思います。
そして実際に足を運んでいただけたら、こんなに嬉しいことはありません♡
http://maki1118.blog.so-net.ne.jp/

【宝塚北サービスエリア】グルメ&見所、お土産13選!

宝塚北サービスエリアは、トイレ休憩だけを目的にするのは勿体ない!西日本最大級の店舗棟面積や駐車台数があると言われるだけあり、グルメやお土産なども充実しています。...


兵庫県在住の神戸大好きライターがオススメする、日本の豚まん発祥の地【神戸】の豚まんベスト5!

豚まんは、1915年に中国から神戸へ伝わり、やがて全国へと広がった食べ物の1つなのをご存知でしょうか?神戸っ子には、それぞれにお気に入りのお店があります!ウスタ...


【滋賀県】贅沢の極み!「う嵐 (旧店名:う晴)」の絶品うなぎ料理

鰻は土用の丑の日に食べることが多いですが、天然の鰻は冬眠に備えて栄養を蓄え、安定して脂の乗っている冬もオススメ!季節を感じながらいただく国産鰻の繊細さに魅せられ...

【別府】お土産は駅構内の「えきマチ1丁目」で完結!厳選30!

たっぷり観光したいのでお土産選びは短時間で済ませたい!というあなたにピッタリのスポットが、別府駅構内にある「えきマチ1丁目」。数多くのお土産があるので、きっと満...

【神戸】インスタ映え抜群のオムライス店「L'Ami」と「COROr'S」

「洋食と言えば?」と聞かれて一番に思いつくのは、どのようなお料理ですか?いくつかある中でもオムライスは、きっと上位にランクインするのではなのではないでしょうか。...

トラベルライターアワード受賞結果発表トラベルライターインタビュー Vol.3 Emmyさん

【トラベルライターインタビューVol.3】一人旅を応援する記事を多数執筆!Emmyさんならではの人気記事執筆のコツやその原動力に迫ります