アメリカ
アメリカ観光
大都会も大自然も楽しめるエキサイティングな国

常夏のバカンス「マイアミ」!ここだけは行くべき3スポット!

取材・写真・文:

大阪在住
訪問エリア:13ヶ国

2018年7月3日更新

3,482view

お気に入り

写真:いちまろ夫婦

アメリカフロリダ州にあるマイアミは、アメリカ屈指の常夏のリゾート地。海のイメージが強いですが、他にもアメリカンな雰囲気漂う大型ショッピング施設や、インスタ映え間違いなしのウォールアートなど、楽しむポイントがたくさんあるのがマイアミの魅力です。

この記事の目次表示

1.マイアミビーチ

  • 写真:いちまろ夫婦

最初のおすすめは、なんといってもマイアミビーチ!

  • 写真:いちまろ夫婦

南北16㎞にわたるビーチは絶景です。筆者が訪れたのは3月でしたが、フロリダ・マイアミは一年を通して温暖な気候のため、海水浴を楽しんでいる人や、砂浜で寝転んでいる人が大勢いました。

ごみ一つ落ちていない白い砂浜で、のんびりバカンスを楽しめる素敵なビーチです。

  • 写真:いちまろ夫婦

またマイアミビーチの近くには、レストランやお土産街が立ち並び、ショッピングもあわせて楽しめますよ!

  • 写真:いちまろ夫婦

こちらの写真、左側のパラソルは1㎞程続いており、右側には同じようにずっとレストランが続いています。どのレストランでも外で食事ができるようになっているのです。

また高級レストランから、500円くらいで買えるピザ屋まで同じ列に並んでいるので、ちょっとリッチに過ごしたい方も、リーズナブルに済ませたい方も楽しむことができます。

  • 写真:いちまろ夫婦

やはり昼間から飲んでいる人たちが多く、さすがリゾート地!と思わされる光景が続いたのが印象的でした。ぜひマイアミビーチでインスタ映えする写真も撮ってくださいね!

2.ベイサイド・マーケットプレイス

「ベイサイド・マーケットプレイス」もおすすめのスポット。

  • 写真:いちまろ夫婦

ファッション関係のお店や、お土産屋、レストラン、フードコート、BAR含め200店以上が立ち並ぶ大型ショッピングモールです。あのディズニーストアもあるんですよ!

  • 写真:いちまろ夫婦

また「ベイサイド」と名付けられているだけあって、建物は海に隣接しているため、ここから数種類の船のツアーも出航しています。またショッピングモール内のステージでは、日替わりでロックライブやラテン系ダンスショーが行われています。それを横目にショッピングをするのも、すごく楽しいですよ。

  • 写真:いちまろ夫婦

飲食店やカフェも20店舗ほど揃っており、筆者は「LARGO BAR & GRILL」というお店で、すぐそばの海で獲れた新鮮な白身魚とポテトのつけ合わせという、いかにもアメリカンな料理をいただきました。(約1,300円程度)。

日本にも進出している、HARD ROCK CAFE や、BUBBA GUMP SHRIMP 、カフェならSTARBUCKS COFFEEや、HAAGEN-DAZSもあるので、なじみのあるお店に入るのもいいかもしれません。

筆者は旅程の関係で、ここには夜に来て2時間くらいしか滞在できませんでしたが、半日~1日いても飽きないくらいの広さ・充実さのショッピングモールですよ!

ベイサイドマーケットプレイス
アメリカ / ショッピングモール・デパート
住所:bayside marketplace地図で見る
Web:https://www.baysidemarketplace.com/

3.ワインウッド芸術地区

最後におすすめするのが「ワインウッド芸術地区」です!

この地域には何があるかというと、町のいたるところに、ウォールアートがあるのです!

  • 写真:いちまろ夫婦

倉庫の壁や、家の壁に書かれたPOPアートの数は、参考数ではありますが100を超えるといわれています。

イメージ的には、特定の壁画を見に行く!、という形ではなく、その地域をドライブしたり歩いて、何かしらのウォールアートに出会う!という感じです。それほどたくさんのウォールアートがあるのです!

  • 写真:いちまろ夫婦
  • 写真:いちまろ夫婦

もっと楽しみたい人は「Wynwood Walls」へ!

この地域でもっとたくさんのアートを楽しみたい人は「Wynwood Walls(ウィンウッドウォールズ)」というパークに行くといいですよ!アメリカ国内外のアーティスト作品を展示しているアートやカフェ・レストランの複合施設です。

  • 写真:いちまろ夫婦

昔は治安の悪い倉庫街だったのですが、今ではまるで美術館のようになっております。

  • 写真:いちまろ夫婦

入場料も無料なので、ぜひ時間のある方や、道にあるウォールアートじゃ物足りない!!という方にはおすすめの施設です。定期的に絵も変わるので、訪れた時にしか出会えない絵もたくさんありますよ。

アメリカの旅行予約はこちら

アメリカのパッケージツアーを探す

アメリカのホテルを探す

アメリカの航空券を探す

アメリカの現地アクティビティを探す

アメリカのWi-Fiレンタルを探す

アメリカのレンタカーを探す

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※この記事は2018年6月29日に公開した情報です。
 記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

あなたにオススメの記事

同じテーマの記事


【2021最新】アメリカの人気観光スポットTOP51!トラベラーが行っている観光地ランキング

タイムズスクエアやディズニーランドなど、アメリカの数ある観光スポットの中で、トリップノートの6万8千人の旅行好きトラベラー会員(2021年1月現在)が実際に行っ...


ニューヨーク・超話題の新名所「ベッセル」は絶対登りたい無料展望台!

マンハッタン最大の再開発プロジェクト「ハドソンヤード」のアイコン的存在として建設された「ベッセル(Vessel)」は、階段と踊り場だけで出来たデザイン性の高いア...

【アメリカ】In-N-Out Burgerの裏メニュー、一挙にご紹介!

In-N-Out Burger(イナウトバーガー)は、アメリカ、カリフォルニア生まれの人気ハンバーガーチェーン店。フレッシュな商品を提供することにこだわった日本...

アメリカ最強のメキシカンファストフードチェーン「チポトレ」(ボストンより)

2019年時点でアメリカで最も有名なファストフードチェーンの一つ「チポトレ・メキシカン・グリル(Chipotle Mexican Grill)」。アメリカ東海岸...

【アメリカ】誰でも訪問可能!アップル本社のApple Park Visitor Center

使いやすさとデザイン性を重視した製品に定評のあるアップル社。カリフォルニア州にある本社キャンパス(通称Apple Park)のビジターセンターも近未来的でありな...

この記事を書いたトラベルライター

共働き×夫婦旅 ライター
夫婦共働きながら月1回の旅を楽しむ月1バックパッカー🏖


「会社を辞めなくても、会社生活を楽しみながらでも、旅はいける!旅は両立できる!!」
こんな思いで、日々旅を楽しみ、そしてそんなライフスタイルを発信中。
夫婦で楽しめる場所を国内国外問わずガンガンお届け致します。

□カメラ:夫)iPhoneXS📱、妻)iPhoneⅩ📱

「一眼ではなくスマホで撮影。誰もが真似できる、だけども綺麗で見ててワクワク」
そんな写真が撮れるよう日々練習中。

Instagramでは、旅先の夫婦写真を専門にあげています。
ぜひそちらも遊びに来てみてください^^


■いちまろ夫婦運営メディア
https://ichimaro.com/

【釜山】南浦洞でサムギョプサル!安くて人気の店「ワンソグムグイ」がお勧め!

韓国に来たら食べたい料理の一つはやはり「サムギョプサル」。この記事では、釜山の南浦洞にある「マッチャンドル・ワンソグムグイ」という、サムギョプサル専門店の魅力を...


アテネ・パルテノン神殿を観光する際に絶対気を付けてほしい2つのこと!

ギリシャ・アテネの人気観光スポットといえば、パルテノン神殿を始めとするアテネの遺跡群ですが、筆者がパルテノン神殿を訪れた際に、実は失敗してしまった事が2つありま...


【ディズニーシー大人デート】お勧めレストラン4選をプラン例と共に紹介!

大人の方が、東京ディズニーシーでデートをする場合に、どのレストランを利用したらいいのでしょうか?この記事では、筆者が考える「ディズニーシーデートで絶対外さないお...

ギリシャ・アテネで絶対買いたい!お土産7選!

古代遺跡で有名なギリシャ・アテネ。パルテノン神殿がある丘のふもとには、「プラカ」と呼ばれるレストランやお土産屋が立ち並ぶエリアがあります。そこで購入できるギリシ...

【ドバイ】世界一美しい黄金のスタバ!空港からの行き方も紹介!

アラブ首長国連邦・ドバイのIbn Battuta Mall(イブンバトゥータモール)にあるスターバックスコーヒーは、「世界一美しい」と称されるほどの美しさが魅力...

トラベルライターアワード受賞結果発表トラベルライターインタビュー Vol.3 Emmyさん

【トラベルライターインタビューVol.3】一人旅を応援する記事を多数執筆!Emmyさんならではの人気記事執筆のコツやその原動力に迫ります