アメリカ
アメリカ観光
大都会も大自然も楽しめるエキサイティングな国

ナパバレーの絶景が目下に!ゴンドラで行く【Sterling Vineyards】

取材・写真・文:

兵庫在住
訪問エリア:18ヶ国

2018年2月5日更新

1,537view

お気に入り

写真:まき子

【Sterling Vineyards スターリング ヴィンヤーズ】は、アメリカ・ナパバレーの一番北にある「Calistoga カリストガ」と言う地区にあります。このワイナリーへは、なんと敷地内にある「Aerial Tram(ゴンドラ)」に乗って行くのです。丘の上にあるワイナリーからは素晴らしいナパバレーの景色を見ることができ、そこでのテイスティングは至福なひと時になるでしょう。

この記事の目次表示

訪問者をワクワクさせる作りの【Sterling Vineyards スターリング ヴィンヤーズ】

  • 写真:まき子

【Sterling Vineyards】は1964年の創立ですが、その頃からすでに「訪問者が楽しめるようなワイナリー」を意識して造られたんだそう。

  • 写真:まき子

例えば、入口のゲートの先には延々と続く並木道。その両脇には葡萄畑が広がっており、「これからどんな楽しいことが待っているんだろう?!」とワクワクさせられる導入です。

もちろん他にもワクワクがいっぱい!それでは、魅力的な【Sterling Vineyards】をご紹介いたします。

ゴンドラを併設するワイナリーは世界初!

  • 写真:まき子

テイスティングやワイナリー内を見学するには、敷地内にある「Aerial Tram」と呼ばれるゴンドラに乗らなければなりませんが、自社でゴンドラを設置したワイナリーは世界初!こちらもまた創業当初から訪問客を楽しませてきたそうです。

  • 写真:まき子

ゴンドラが通るルートの真下にも様々な工夫が凝らしてあり、どんどん変わって行く景色が楽しめます。

Aerial Tramの料金にはこれだけ含まれている!

Aerial Tramの乗車料金は 大人$35(約3,850円)。「高い!」と思われるかもしれませんが、実はこの料金には、丘の上にあるワイナリーでの5つのワインテイスティングとセルフガイドツアーが含まれているんです!! それを考えると安いのでは?!

テイスティングをしながら自分のペースでガイドツアー

Sterling Vineyards の面白いところは、ガイドと一緒に巡るのではなくセルフガイドツアー、つまり セルフで好きなようにワイナリーを見学できること。もちろん時間制限はないので、自分のペースで進むことができます。そして 要所要所にテイスティングコーナーがある という仕組みです。

  • 写真:まき子

道順はちゃんと案内表示があり、丁寧な説明書きも。もし質問したいことがあればテイスティングコーナーに居るスタッフに聞くこともできます。ではさっそく、ワインを味わってみましょう。

1:ワイナリーの外観を見ながら味わう

  • 写真:まき子

Aerial Tram を降りるとすぐに、1つ目のテイスティングが用意されているので、グラスを受け取ったら、さぁ!セルフガイドツアーのスタートです。

  • 写真:まき子

まず目に飛び込んでくるのが、このワイナリーの独特な外観。カリフォルニアらしい真っ青な空に、真っ白な建物がとても映えます。差し色のブラウンもとても良い感じ。

  • 写真:まき子

この造りは ギリシャはミコノス島 をイメージして建てられたそうです。

2:醸造工程を見ながら味わう

  • 写真:まき子
  • 写真:まき子

見学用の施設を用意しているワイナリーもありますが、ここではリアルにワインを造っている工程を見ることができます。

  • 写真:まき子
  • 写真:まき子

熟成用の木樽がびっしり!なかなか圧巻です。

3:テラスでまったり味わう

  • 写真:まき子

建物の中の見学が終わって外に出ると開けたテラスがあり、ここでは、ゆったりまったりテイスティングができます。

  • 写真:まき子

このテラスの作り込みも本当に素敵です。

  • 写真:まき子

植木一つとっても、いかに訪問客を楽しませるか…という拘りが垣間見えます。

4:ナパバレーを見下ろしながら味わう

  • 写真:まき子

テラスの奥には絶景が広がっています!広大なナパバレーを見下ろしながらテイスティングをする…なかなか出来ない体験なのではないでしょうか。

5:ゆったり座りながら味わう

  • 写真:まき子

セルフガイドツアーの終盤には「MAIN TASTING ROOM(メイン テイスティング ルーム)」という建物があり、そこでは座りながらテイスティングをすることができます。

  • 写真:まき子

ここにもちょっとしたテラスがあるので、天気の良い時や暖かい時は、外で味わうと気持ちが良いです。

最後に・・・

このツアーは 予約は必須ではない と言うのも嬉しい点です。もちろん予約もホームページ からできます。

またファミリーにも優しく、3歳以下は無料 、未成年(4〜20歳)は $15(約1,350円)でゴンドラに乗ることができます。充実したお土産コーナーも子供たちに人気だそうです。

今回は一番ベーシックなツアー「General Admission」をご紹介しましたが、他にも季節限定のイベントやグループツアーなどが開催されていますので、ぜひホームページでチェックしてみてくださいね。

スターリング ヴィンヤーズ
アメリカ / 工場・施設見学
住所:1111 Dunaweal Lane, Calistoga, CA 94515地図で見る
電話:800-726-6136
Web:https://www.sterlingvineyards.com

アメリカの旅行予約はこちら

アメリカのパッケージツアーを探す

アメリカのホテルを探す

アメリカの航空券を探す

アメリカの現地アクティビティを探す

アメリカのWi-Fiレンタルを探す

アメリカのレンタカーを探す

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

あなたにオススメの記事

同じテーマの記事


【2022最新】アメリカの人気観光スポットTOP51!トラベラーが行っている観光地ランキング

タイムズスクエアやディズニーランドなど、アメリカの数ある観光スポットの中で、トリップノートの7万5千人の旅行好きトラベラー会員(2022年1月現在)が実際に行っ...


【ロサンゼルス】LAダウンタウンを満喫する観光スポット9選&おすすめモデルコース

西海岸で一番の大都市となるロサンゼルス。サンタモニカやグリフィス展望台など見どころも満載ですが、徒歩で手軽に観光できるのがダウンタウン!今回はおすすめの観光スポ...

【アメリカ】誰でも訪問可能!アップル本社のApple Park Visitor Center

使いやすさとデザイン性を重視した製品に定評のあるアップル社。カリフォルニア州にある本社キャンパス(通称Apple Park)のビジターセンターも近未来的でありな...

アメリカ西海岸 LAで行きたいビーチ5選

アメリカ第2の都市ロサンゼルスには、世界中から多くの観光客が訪れます。そんなLAに行ったらぜひ訪れたいのが、ビーチです。今回は、そんなアメリカ西海岸を存分に味わ...

【海外】女子ひとり旅におすすめ旅行先6か国と過ごし方!迷ったらココ!第一弾

女子一人でも安心・満喫できるおすすめの国(都市)をご紹介!気になる治安面を考慮し、街の可愛さはもちろんのこと、周りやすさや物価の安さ、食事のおいしさなどを総合し...

この記事を書いたトラベルライター

じっとしているのは耐えられない旅行好き&飲兵衛です
日本在住ですがアメリカで生活したこともあり、その時にすっかりアメリカ大陸の自然に魅了されました。それ以来、帰国しても日本の自然の素晴らしい場所をあちこち旅行するのが好きです。1児の母でもありますので、“子連れで行くとどんな旅になる?!”という視点も織り交ぜていろんな場所をご紹介できればと思っています。
http://blog.goo.ne.jp/makiko0213ha

【岡山県・西粟倉村】ただの田舎じゃないその魅力とは?!

かつて市町村合併が進んだ中、あえて「村」として生きる道を選んだ岡山県の「西粟倉村」。今、ここには若く発想力も豊かでエネルギッシュな人たち、ローカルベンチャーを目...


シカゴに行ったらコレを食べよう!歴史と共にある4つの個性派グルメ

アメリカ本場でステーキといったらニューヨーク?いえいえ実は、アメリカ人の間では「肉といったらシカゴ!」と言われているそうです。その他にもシカゴには、シカゴピザや...


日本ではできない体験!アメリカでガン・シューティング【GILBERT INDOOR RANGE】

日本では一般人が実弾の入った銃を撃てる機会はほとんどありませんが、アメリカでは初めての人でも実弾でガン・シューティングができる射撃場がたくさん!屋内の射撃施設「...

車で行こう!子連れで楽しもう!【ユニバーサル・スタジオ・ジャパン】

ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(以下 USJ)に子連れで車で楽しく行きませんか?!子供用のたくさんの荷物も車ならラクラク♪ 駐車場情報や入場時の混雑具合、また...

【新神戸駅】新幹線の真下を流れる「生田川」で大人も子供も楽しく水遊び♪

山陽新幹線・新神戸駅のプラットフォームの真下には、びっくりするほど澄んでキレイな「生田川」という清流が流れていて、小さなお子様から大人まで水遊びができる一帯があ...

トラベルライターアワード受賞結果発表トラベルライターインタビュー Vol.3 Emmyさん

【トラベルライターインタビューVol.3】一人旅を応援する記事を多数執筆!Emmyさんならではの人気記事執筆のコツやその原動力に迫ります