淡路島
淡路島観光
四季折々の花に豊富な温泉、そして島グルメ!

海を越えて行こう♪【淡路島】オススメの絶品グルメスポット8選!

取材・写真・文:

兵庫在住
訪問エリア:39都道府県

2018年9月5日更新

5,733view

お気に入り

写真:まき

島中に降り注ぐ暖かい日差しと海に囲まれた豊かな自然によって育まれた、淡路島の美味しい物に誘われて、旅をしてみませんか?ご当地グルメが目白押しの魅力あるグルメをご紹介しようと思います。皆様にはぜひ、自然の恵みを存分に召し上がっていただきたいと思います。

この記事の目次表示

【1】魚増鮮魚店

  • 写真:まき焼き穴子(1,900円:量り売りです)

栄養分を多く含んだ瀬戸内海の砂泥地に生息する淡路島の穴子。穴子の旬の時期は産卵を控えた初夏から秋にかけてですが、こちらのお店では一年中、美味しい穴子を購入することができます。

  • 写真:まき手際よく焼かれていきます
  • 写真:まき魚増鮮魚店の外観
  • 写真:まき新鮮な穴子

お店に近づくと穴子の香ばしく焼ける匂いがしてきます。黙々と焼かれる大量の穴子・・・その手さばきに並んでいる間中見とれてしまいます。用意のいいかたは、近くのスーパーでご飯を買って来て、予約しておいた穴子を乗せて、駐車場の空いたスペースで召し上がっておられます(笑)

テイクアウトのお店ですので、大多数のかたは帰宅後ご自宅で召し上がるのですが、軽くオーブンや電子レンジで温めると、まるで焼きたてのように味わえます。とても香ばしく、タレの味も脂の乗った身にしっかりとしみこんでいて、ダイレクトに穴子の美味しさが感じられますよ。

シンプルに炊き立てご飯に乗せる他、ちらし寿司や茶碗蒸しに刻んだ穴子を少しだけ加えても、全体的に味が広がり美味しくいただけます。「もっと買っておけば良かった~!」と後悔しないように多めの購入をオススメします。

魚増鮮魚店
淡路島 / 食料品・デリ
住所:兵庫県淡路市富島392−3地図で見る
電話:0799-82-0609

【2】山武水産

  • 写真:まき穴子丼(1,000円)

福良港の海産物屋の並びにあります。目の前の福良漁港であがった新鮮な海鮮が自慢の名店です。

山武水産の人気ナンバーワンは「穴子丼」です。注文してから焼かれた穴子が丼に乗って運ばれて来ると、きっと誰もが「美味しそう!」と声に出してしまうと思います。

  • 写真:まき海鮮丼(1,200円)
  • 写真:まき生しらす丼(800円)

その日の一番良いネタがたっぷり盛られた「海鮮丼」も海がすぐそこだからこそできるハイクオリティーな内容!手ごろなお値段でいただけるのでオススメです。

ボリューム満点の「しらす丼」も、驚くほどの新鮮さで臭みが全くありません。ほんのりした甘みが口いっぱいに広がって、とろける食感がたまらなくクセになる美味しさです。

どの丼にも、お味噌汁とお漬物が付いていますよ。

  • 写真:まき山武水産の外観
  • 写真:まき店先で焼かれている 大あさりとサザエのつぼ焼き(各500円)

店先で焼かれる、名物の「大穴子」や「サザエ」などの海鮮焼きも追加して、豪華なお食事をどうぞ。

山武水産
淡路島 / 魚介・海鮮料理
住所:兵庫県南あわじ市福良港地図で見る
電話:0799-52-2417

【3】いちじろう

  • 写真:まき海鮮丼(1,200円)

富島港の側にあって、名物は「海鮮丼」です。お重に入っているのですが、蓋を開けると、まるで玉手箱のよう。新鮮な海鮮がびっしりと美しく盛り付けられていて、思わず顔がほころびます。酢飯との相性も抜群ですよ!

  • 写真:まき穴子丼(吸物付き 1,080円)

「穴子丼」は、お頭付きの香ばしく焼かれた穴子が1匹乗っていて目を見張ります。タレとの相性も良く、ご飯が進みます。

  • 写真:まきいちじろうの外観
いちじろう
淡路島 / 魚介・海鮮料理
住所:兵庫県淡路市 富島998地図で見る
電話:0799-82-2382
Web:https://www.awajishima-kanko.jp/manual/detail.php?...

【4】麺乃匠 いづも庵

  • 写真:まき"玉ねぎつけ麺 華" の うどん大盛り(880円+うどん大盛り150円)
  • 写真:まきまるごとの玉葱の天ぷら
  • 写真:まきいづも庵の外観

国道28号線沿いにある、歴史ある製麺所直営店が手掛けるお店です。多彩なメニューがあり、迷ってしまいますが、名物は「玉葱つけ麺」!

うどんは細めでコシが強くモチモチしていて、甘辛いつゆともよく絡みます。淡路産玉葱を丸ごと使った天ぷらは、花びらのようなビジュアルがインパクト大です。

揚げたての玉葱の天ぷらはフォークとナイフで玉ねぎを崩しながらいただきます。言うまでもありませんが、旨みがしっかりと引き出されるように揚げられた玉葱は、口の中でとろけて甘いです。淡路島の風土に育てられ、美味しさの凝縮された玉葱を味わってみてくださいね。

麺乃匠 いづも庵
淡路島 / 和食
住所:兵庫県淡路市志筑3522−1地図で見る
電話:0799-62-6002
Web:http://www.izumoan.info/

次のページを読む

淡路島の旅行予約はこちら

淡路島のパッケージツアーを探す

淡路島のホテルを探す

淡路島の航空券を探す

淡路島の現地アクティビティを探す

淡路島のレンタカーを探す

淡路島の高速バスを探す

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※この記事は2017年6月9日に公開した情報です。
 記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

あなたにオススメの記事

同じテーマの記事

関西で女子旅!おすすめの観光・お出かけスポット28選

パワースポットにショッピングスポット、自然に癒されるスポットやインスタ映えスポットなど、旅ツウのトラベルライターがおすすめする、関西の女子旅にぴったりな観光スポ...

日帰りOK!「玉ねぎフォンデュ鯛しゃぶ」&「うずしお温泉」が楽しめる【淡路島 旅館うめ丸】

淡路島といえば玉ねぎや瀬戸内海の海の幸。【旅館うめ丸】では、そんな淡路島の特産品をふんだんに使った料理が堪能できるのですが、中でも【玉ねぎフォンデュ鯛しゃぶしゃ...


【道の駅うずしお】で買える淡路島特産品の「玉ねぎお土産」お勧め9選!

淡路島の南端にある「道の駅うずしお」には、「ショップうずのくに」というお土産販売施設があり、そこでは淡路島の特産品である「玉ねぎ」を使用したお土産がたくさん取り...

【淡路島】湊かなえさん行きつけカフェ!スペシャルティコーヒー専門店「タワーコーヒー」

淡路島の洲本市にあるタワーコーヒーでは、豆挽きたてのスペシャルティコーヒーを味わうことができます。ミステリー作家で知らない人はいない、あの湊かなえさんの行きつけ...


【淡路島】海が見える白いオシャレカフェ「ミエレ」!オニオン乗せ放題のピッツァが最高!

淡路島の野島に、海の目の前に建てられた、真っ白でオシャレなカフェがあります。その名も「ミエレ」。ここでは、船上のような店内で、「はちみつ」を使った自慢の料理を食...

この記事を書いたトラベルライター

☆嬉しい!☆美味しい!☆幸せ!☆
おでかけと旅行好き&美味しいもの好き&楽しいこと好き!
そんな私が主人と出会って、ますますそれらがエスカレートしちゃいました(笑)
約25年、食に関する仕事をしていますので一番の得意分野はズバリ「グルメ」です♪
皆さまに沢山の美味しいお店や素敵なスポットをご紹介できるといいな、と思います。
そして際に足を運んでいただけたら、こんなに嬉しいことはありません♡
http://maki1118.blog.so-net.ne.jp/

兵庫県在住の神戸大好きライターがオススメする、日本の豚まん発祥の地【神戸】の豚まんベスト5!

豚まんは、1915年に中国から神戸へ伝わり、やがて全国へと広がった食べ物の1つなのをご存知でしょうか?神戸っ子には、それぞれにお気に入りのお店があります!ウスタ...

兵庫県在住ライターがオススメする神戸・美味しいカレー屋ベスト4♪

みんな大好き、カレー!でもひと口に「カレー」と言っても、インドカレー・タイカレー・欧風カレー・スープカレーなど、世界各国でそれぞれのカレー文化がありますよね!?...


【神戸】インスタ映え抜群のオムライス店「L'Ami」と「COROr'S」

「洋食と言えば?」と聞かれて一番に思いつくのは、どのようなお料理ですか?いくつかある中でもオムライスは、きっと上位にランクインするのではなのではないでしょうか。...

【神戸☆ランチ】とびきり美味しい牛肉料理が食べられる行列店3選!

神戸と言えば神戸牛ですが、お値段が高くて、なかなか・・・。今回は同じ牛肉でも、リーズナブルなお値段でいただけるお店を3つ、兵庫県在住の神戸大好きライターがご紹介...


兵庫県在住の神戸大好きライターがオススメする【神戸☆ランチ】パンのおかわりができる雰囲気のいいお店ベスト3♪

神戸は言わずと知れた「パンが美味しい街」♪ベーカリーの多さに驚かれる激戦区なのです!そんな神戸で、クオリティーの高いパンがおかわりできるレストランをご紹介します...

トラベルライターアワード受賞結果発表トラベルライターインタビュー Vol.2 bluemoonさん

【トラベルライターインタビューVol.2】NY記事50本超え!人気記事を多数生み出しているbluemoonさんの執筆のコツとは?