カンボジア
カンボジア
国旗にも描かれている世界遺産のアンコールワット

アンコールワットから約1時間 カンボジアの海?! シアヌークビル

2017年10月18日更新

419view

お気に入り

カンボジアといえば、真っ先に思い浮かぶのはアンコールワット。しかし、カンボジアにはアンコールワット以外にも旅に出かけて欲しい場所があるんです。それが、カンボジアのビーチリゾート"シアヌークビル"。美しいビーチに旅に出たい。でも人が多くてなんとなく気が進まない。そんな方におすすめのシアヌークビル。また、アンコールワット観光とも合わせて行けるこの場所。遺跡観光で疲れた身体をのんびりビーチで癒すなんて旅もできちゃいます。今回の記事では、そんなシアヌークビルの魅力的なビーチを中心にご紹介します。

シアヌークビルって?

カンボジアの南西部、タイランド湾に面したシアヌークビルは、その綺麗なビーチが注目され、東南アジアの新しいリゾートとして世界的に少しずつ認知を高めつつあります。リゾート開発も進みつつあるこの街ですが、まだまだ開発途上でのんびりと素朴な雰囲気が楽しめます。

アジアの有名ビーチに比べると、観光客もそこまで多くはありません。綺麗な海でのんびりしたいという需要を満たすにはぴったりの場所。それがこのシアヌークビルなんです。

シェムリアップから空路で1時間 アンコールワット観光と一緒に行けちゃう!

カンボジアといえば、世界遺産のアンコールワット。シアヌークビルの海ならアンコールワット観光と合わせて旅することが可能です。

シェムリアップからシアヌークビルへの飛行機は1日2便以上就航しており、わずか1時間での移動が可能です。世界遺産の遺跡観光とビーチが一つの旅で同時に楽しめる、お得な旅行先としてもシアヌークビルはおすすめです。


シアヌークビル のんびりするのに最適なビーチ

シアヌークビルには、全部でビーチが7つ。今回はそんなビーチの中から特におすすめのビーチを2つ紹介します。

オートレスビーチ

シアヌークビルで一番のおすすめ、オートレスビーチは白い砂浜が綺麗に広がるビーチです。街の中心から少し離れているので、人も少なめでのんびり過ごすのにはうってつけ。ビーチ沿いには、ゲストハウスや屋台、レストランが立ち並び、ビーチチェアでのんびりお酒を飲んで過ごすことも可能です。

オートレスビーチ
カンボジア / ビーチ
住所:Otres Beach,Sihanoukville

オーチュティルビーチ

オーチュティルビーチは、シアヌークビルの中心部にあるビーチ、セレンディピティビーチから続くビーチです。ここまでくれば混雑も無く、のんびりビーチを楽しめます。特にここから見る夕日は絶景。海沿いの店で飲み物を頼み、波の音を聞きながらゆっくり沈む夕日を見る。日常では味わえない贅沢がここには待っています。

夜になると海沿いの店ではBBQが始まります。特にシーフードは絶品です。ハッピーアワーのビールは0.5ドル(約60円)。波の音を聞きながらビールとシーフードBBQ。最高の夜になること間違いなしです。

オーチュティルビーチ
カンボジア / ビーチ
住所:Ou Chheuteal Beach,Sihanoukville

シアヌークビルからすぐ!穴場ビーチがいっぱいのロンサレム島

実は、そんなシアヌークビルと合わせておすすめしたい島があるんです。それがシアヌークビルの港から高速船で45分のロンサレム島。

ロンサレム島は究極の穴場リゾートです。知る人ぞ知るこの離島。透き通るような透明度のビーチは自然に囲まれ、人は少なめ。心の底からのんびりと時間を忘れてくつろぐことが可能です。

ロンサレム島へのフェリー乗り場は、シアヌークビルの中心セレンディピティービーチにあります。目印は黄金のライオン像。フェリー乗り場で、当日でもチケットが購入可能です。フェリーの料金は往復で20ドル(約2,200円)。

ロンサレム島へのフェリー乗り場
カンボジア / 駅・空港・ターミナル
住所:Ferry Terminal,Serendipity Beach,Sihanoukville
ロンサレム島
カンボジア / 島
住所:Koh Rong Samloem,Cambodia

シアヌークビルへの行き方

シアヌークビルまでは、日本からの直行便はありません。バンコクやホーチミン、クアラルンプールなどで乗り換えて向かうのが一般的です。また、上記でも書いたようにカンボジアのシェムリアップ空港や首都のプノンペン空港からも飛行機で1時間程度で移動が可能です。

まとめ

今回はカンボジアのシアヌークビルという、これから注目のビーチリゾートをまとめてみました。綺麗なビーチに行きたいけれど、人が多いのはちょっと…。そんな人にはシアヌークビルは本当におすすめの場所。ぜひ皆さんもシアヌークビルを訪れてみてはいかがでしょうか?

シアヌークビル
カンボジア / 町・ストリート
住所:Sihanoukville,Cambodia

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※この記事は2017年7月24日の取材に基づき公開した情報です。
 記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

同じテーマの記事

冬の海外旅行におすすめの国15選

冬に海外を旅行するならどの国がいいんだろう?寒〜い日本の冬を脱出して真夏の南半球を訪れるのもいいし、ベストシーズンを迎える国に行ってみるのもいいですね。また冬だ...

【カンボジア】遺跡だけじゃない!女子が喜ぶシェムリアップの旅

カンボジアといえばアンコールワット、というくらい遺跡のイメージが強いと思います。でも、遺跡だけじゃない!女子が喜ぶ場所やアクティビティも色々とあるんです!カップ...

【カンボジア】初めてのアンコールワット! 訪れたいシェムリアップのマストスポット7選

アンコール遺跡群で有名なカンボジアの都市「シェムリアップ」。日本からも多くの方が毎年訪れる、東南アジアでも屈指の観光都市です。そんなシェムリアップには、訪れるべ...

休日+1日有給で行ける!【カンボジア】アンコールワットをめぐる非日常の大冒険女子旅♡

東南アジアの国【カンボジア】と言えば、まだまだ豊かな自然が残り素朴な暮らしを垣間見れる癒しの国です。多くのガイドブックでは、最低でも4日間は必要と書かれています...

【カンボジア】メコン川を望むザ・バレ・プノンペンで究極のリラックスタイムを!

バリ島で有名なリゾートホテル「The Bale」が、2018年プノンペン中心部から15キロほど離れた田舎町にザ・バレ・プノンペン (The Bale Phnom...



この記事を書いたトラベルライター

旅するフリーランス
生田芳貴(teriyaki44)

「南の島の魅力を伝える」「日本の教育をアップデートする」「旅を便利にする」ために活動をする旅するフリーランス。

1987年4月4日生まれのO型。鳥取生まれ、神戸育ち。


神戸市で7年間中学校の先生をやったたあと、自分の人生をワクワクに素直に生きるために妻と一緒に世界一周。

世界を旅する中で、「南の島が好き」「やっぱり教育に興味がある」ことに気づき、それを仕事にすることに。

現在は、ライターの仕事を中心に楽しく暮らしています。

お仕事の依頼、相談は随時受け付けています!
https://www.teriyaki44.com

【NY】ランチに絶対訪れたい!おすすめのお店5選

世界中から多くの観光客と多数のグルメが集まるNY。観光に訪れたはいいけど、選択肢が多すぎてどこのレストランでランチをすればいいかわからず困った経験がある方も多い...

バンコクから足を伸ばして行ける海 サメット島のおすすめビーチ3選

タイの観光地といえば、首都バンコク。世界中から多くの人が訪れる超人気旅スポットですね。そんなバンコクから一番手軽に行ける楽園、サメット島を皆さんはご存知ですか?...

ヨガの聖地 インドのリシケシでヨガ体験する方法と町の魅力

日本のみならず、世界中で大ブームのヨガ。そんなヨガの聖地がインドにあるのを、みなさんご存知ですか?そこにはかつて、ビートルズやスティーブ・ジョブズなどもお忍びで...

【NY】あふれるパストラミ!カッツデリカテッセンの魅力と注文方法

日々美味しいものが産み出され、世界中から絶品グルメが集まるNY。そんな場所に1888年創業、今も人気が衰えない老舗があることをご存知でしょうか?その名も「カッツ...

神の創造した最後の秘境 フィリピン・エルニドで最高の海の楽しみ方

7,000以上の島からなる国フィリピン。格安の英語留学で話題のセブ島や、人気リゾート地として旅行者の多いボラカイ島などが有名です。しかし、フィリピンの底力はそん...



トラベルライターアワード受賞結果発表トラベルライターインタビュー Vol.2 bluemoonさん

【トラベルライターインタビューVol.2】NY記事50本超え!人気記事を多数生み出しているbluemoonさんの執筆のコツとは?