フィンランド
フィンランド観光
「森と湖の国」はサンタクロースとムーミンの故郷

【フィンランド・ヘルシンキ】:バルト海クルーズで優雅な休日

取材・写真・文:

東京在住

2017年9月20日更新

2,563view

お気に入り

写真:ma!ha

人生で一度は行ってみたい!海外クルーズ船旅行。地中海やエーゲ海、カリブ海など温暖な気候のエリアで運行されているイメージですが、北欧・バルト海でも楽しめることをご存じですか?海を眺め、船内の様々なアクティビティを楽しみ、眠りにつけば次の街!移動にも効率的で、ちょっぴりゴージャスな体験ができるバルト海クルーズをご紹介します。

この記事の目次表示

フィンランドのおすすめツアー
【ポーランド・フィンランド2カ国周遊】~歴史が薫る古都ワルシャワ&スタイリシュなデザイン都市ヘルシンキ~復路直行便フィンエアー利用《朝食付》 6日間
101,800円~293,800円
【6/17~ご予約の方往路座席指定無料!】**女子旅におすすめ** 地下鉄カンピ駅から徒歩約5分!アルバ・アールトの家具がふんだんに使われた『ヘルカホテル』宿泊 3泊5日間(全朝食付/往復直行便)
122,800円~294,800円
【6/17~ご予約の方往路座席指定無料!】*― 北欧雑貨が溢れる街『ヘルシンキ』+ 街が世界遺産に登録されているバルト2都市を周遊 ―* 《クルーズと路線バスで巡る》  ヘルシンキ&タリン&リガ  7日間 全朝食付
123,800円~307,800円

北欧・バルト海エリアで楽しめるクルーズ旅行

海外でのクルーズ船旅行、人生で一度は体験してみたい!という方も多いのでは?

北欧・バルト海エリアに就航する「タリンクシリヤライン(Tallink & Silja Line)」「エケロライン(Eckerö Line)」で、比較的リーズナブルに楽しめるクルーズ旅行をご紹介します。

「エケロライン(Eckerö Line)」ヘルシンキ(フィンランド)-タリン(エストニア)便

エストニアの首都タリンという街をご存じでしょうか?中世の街並みが残るまるでおとぎの国のような美しい古都は、世界文化遺産に登録されています。

そんなタリンまで、フィンランドの首都ヘルシンキから約2時間半のクルーズで移動できちゃうんです!朝から夜にかけて、多くのクルーズ船が発着しており、小さな町なので日帰り観光も充分可能です。

待合スペースも楽しい

タリン行きの船はヘルシンキ中央駅からトラムで10分ほどの西ターミナルから発着しています。ターミナルには待合スペースがあり、売店も併設されています。

  • 写真:ma!haヘルシンキ西ターミナル待合スペースの売店で購入したパイとスムージー

写真のドリンクはフィンランドのmakua foods社のブランド「Mehuiza」のスムージー。ペースト状で果実味たっぷりでとても美味しいです。フィンランドに限らず北欧各地の売店等で購入可能なのでぜひ試してみてください。

待合スペースのデザインもさすが北欧、とってもお洒落!

  • 写真:ma!ha待合スペース

電光掲示板で、船名や行き先、出発時刻、登場時刻が確認できます。

  • 写真:ma!ha電光掲示板

チケットを持って、いざ乗船!

  • 写真:ma!ha乗船チケット

スタイリッシュな船内

船内に入ると、さっそくバーが。北欧らしく洗練されたスタイリッシュなデザインです。

  • 写真:ma!ha船内バー

船尾の軌跡を楽しみながらくつろげるフリースペースも。

  • 写真:ma!ha

船内のショップから食べものや飲み物をテイクアウトし、フリースペースでいただくことも可能です。北欧らしいメニューが揃っており、舌と胃袋でも北欧気分をしっかりと楽しめます!こちらはシナモンロール、スモークサーモン、エビのサラダにエストニアビール「saku」。

  • 写真:ma!ha船内での軽食

もちろんデッキにも出られます!お天気が良い日のデッキからの景色はサイコー!夏季にはバーがオープンします。

  • 写真:ma!haデッキスペース

船内の時間も充実!

船内には大きなダンスホールも!

美しい海をバックに、生バンドの演奏を聴きながら、ダンスをしたり会話やお酒を楽しんだり・・それぞれが船内の時間をのんびり楽しんでいます。

  • 写真:ma!ha船内ダンスホール
  • 写真:ma!ha船内ダンスホール

移動中ゆっくり休みたい方は鍵付きの個室キャビンを予約することも可能です。ラウンジ等いくつかの場所でwifiの利用も可能なので、移動時間を旅の情報収集にあてるのもアリ。

船内にはほかにも、2つのバー、2つのパブ、ビュッフェレストラン、お土産ショップ、免税店、などなどたくさんの設備が設置されており、2時間半ではとても楽しみきれないほど!!

地元の方にお話を伺ったら、リピーターの方もとても多いのだとか。納得!船内を楽しでいると、あっという間にタリンの街が見えてきます。

  • 写真:ma!ha船内ダンスホール

到着ターミナルには、EU加盟前のパスポートコントロールの名残が。2004年よりEUに加盟しているので、現在はパスポートコントロールは不要です。

  • 写真:ma!haタリン到着ターミナル

次のページを読む

フィンランドの旅行予約はこちら

フィンランドのパッケージツアーを探す

フィンランドのホテルを探す

フィンランドの航空券を探す

フィンランドの現地アクティビティを探す

フィンランドのWi-Fiレンタルを探す

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※この記事は2017年7月27日に公開した情報です。
 記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

あなたにオススメの記事

同じテーマの記事


【保存版】フィンランドのお土産厳選10選!

北欧デザインにサンタクロース、森の中でのウォーキングにサウナ。こんなキーワードを聞くだけで、ほのぼのとしたおとぎ話の世界が思い浮かぶフィンランド。日本から直行便...


【フィンランド】ヘルシンキを1日で回る!よくばり観光モデルコース♪

北欧フィンランドの首都、ヘルシンキは日本人にも大人気の旅行先です。そんなヘルシンキは実はとてもコンパクトな街で、1日あればほとんど回れてしまうってご存知ですか?...

お買物天国フィンランド!「免税払戻」でお得に買物する手続き方法

マリメッコ、アラビア、フィンレイソンなど、フィンランドは北欧デザインのかわいいアイテムが豊富でショッピングの国として人気の観光先。フィンランドでは「免税払戻」を...

ヘルシンキの気温・服装・旅行のベストシーズン!

ヘルシンキ旅行の前に知っておきたい、月ごとの平均気温や降水量、気候の特徴、そして旅行の服装について徹底解説!いつ旅行するかお悩みの方向けに、ヘルシンキ旅行のベス...

フィンランドの気温・服装・旅行のベストシーズン!

フィンランド旅行の前に知っておきたい、月ごとの平均気温や降水量、気候の特徴、そして旅行の服装について徹底解説!いつ旅行するかお悩みの方向けに、フィンランド旅行の...

この記事を書いたトラベルライター

音楽/映画業界で働く会社員トラベラー。目標は、会社員しながら世界一周!!
音楽/映画業界で働く会社員トラベラーです:-)
美しい景色、美味しいもの、そこに住む人々やそこで生まれた音楽、アート、ファッション、イベント、言語、法律などなど、
その瞬間、その場所でしか味わえないいろいろを楽しみたくて、仕事の傍ら国内外で旅を続けています:-)

バックパッカー一人旅からワイワイ女子旅、ゴージャス旅行などなど、
スタイルにこだわらず、好奇心の赴くままに、見たいもの行きたいところにひたすら飛び込むことが旅のモットー

目標は、会社員しながら世界一周!!
現在、海外:35カ国73都市、国内:33都道府県を往訪

【中国】最先端の中国高速鉄道に乗ってみよう!

中国国内を旅するのに欠かせないのが、高速鉄道。幅広い地域をカバーしており、時間に正確、短時間で目的地にたどり着ける高速鉄道は、旅の時間が限られることの多い旅行者...


【ロシア】世界最高峰!ボリショイ劇場でバレエを楽しもう

バレエ大国として知られ、世界のバレエ界を牽引してきたロシア。そんなロシアでは庶民の娯楽の一つとしてもバレエが愛されています。バッチリおめかしをして鑑賞にやってく...

【アラブ首長国連邦・ドバイ】絶景の金ピカ7つ星ホテル「ブルジュ・アル・アラブ」でアフタヌーンティーを楽しもう!

超お金持ち都市ドバイが誇る、世界最高級の7つ星ホテル「ブルジュ・アル・アラブ」。利用客以外は敷地内立ち入り禁止のこのホテル、実は宿泊以外の方法でも楽しむことがで...

【中国・成都】緑あふれる古都・成都で「茶座」文化を楽しもう!

中国・四川省の省都、成都。三国志の舞台の一つでもあり、歴史的な建築物が多く残るこの古都には、古くから「茶座」と呼ばれる屋外でお茶を楽しむ文化が根付いています。今...

【カタール・ドーハ】カタール航空トランジット便でドーハ市内観光を楽しもう

日本からヨーロッパやアフリカ各地への旅行の際、選択肢の一つに上がる中東でのトランジット便。中でもおすすめなのがカタール航空でのドーハでのトランジット。条件により...

トラベルライターアワード受賞結果発表トラベルライターインタビュー Vol.2 bluemoonさん

【トラベルライターインタビューVol.2】NY記事50本超え!人気記事を多数生み出しているbluemoonさんの執筆のコツとは?