北欧フィンランド発!日本でも大人気 marimekkoのファクトリーショップから始めるヘルシンキのお店巡り!

438

view
   2017年1月13日更新

日本にも進出し、人気を博する北欧・フィンランドの人気テキスタイルメーカー、marimekko(マリメッコ)。本国フィンランドの首都・ヘルシンキの郊外には、marimekkoの工場直営ファクトリーショップがあります。また市内のmarimekkoでも、店舗によって取扱い商品や商品の魅せ方が違い、お店巡りも楽しめます。今回は、滞在中に時間がなくても外れのない掘り出し物を探せる、ヘルシンキ市内のmarimekkoお店巡りルートを紹介します。

フィンランド生まれのmarimekkoとは?

1951年にアルミ・ラティアにより、テキスタイル・メーカーとしてフィンランドのヘルシンキで創業されました。marimekkoとはフィンランド語で、「まりちゃんの服」を意味します。

  • marimekkoのファブリックが飾られたヘルシンキ市内の屋内マーケット

身の回りの暮らしや、フィンランドの自然からインスピレーションを得たモチーフが、色鮮やか、かつ大胆なデザインで表現され人気を呼びました。その後、洋服のみならず家庭用品や雑貨、インテリア用品等にも用いられ、世代を超えてヒットしています。

  • marimekkoで定番商品のunikko(ケシの花)模様の商品

現在では日本でも路面店ができたり、デパート内に店舗ができるなど、若い女性を中心に人気のテキスタイルブランドとなりました。また、近年では創業者アルミ・ラティアの生き方を題材とした映画が公開されたり、全国巡回展「マリメッコ展」が催されるなど、その人気はさらに広がりつつあります。

今回はmarimekkoを生んだ本国フィンランド・ヘルシンキにあるmarimekkoの店舗のうち、必ず回りたい厳選3店舗をご紹介します。

  • シンプルな内装に映えるmarimekkoのデザイン

【1】marimekkoのファクトリーショップ

ファクトリーショップはヘルシンキ中心地から地下鉄で約15分、そこから徒歩約10分の場所にあります。ヘルシンキ中心地から唯一の地下鉄線で、VuosaariまたはMellunmaki方面行の電車に乗りましょう。地下鉄の最寄り駅は、Herttoniemi(ヘルットニエミ)駅です。

地図で見ると「島」にあるように思えますが、道路が繋がっていますし、地下鉄で5~6駅ほどなのでアクセスはそう悪くはありません。

  • ファブリック棚

marimekkoのファクトリーショップには、中心地の店舗では見つけられない廃版となった模様や、在庫を減らすためのセール品が多くあり、質は同じで値段は10~20%、ときには50%OFFの掘り出し物も見つけられます。

布の在庫も多く、市中心部のmarimekko店舗で買うよりも求めやすい値段なので、1mだけ買って壁に掛けたり、テーブルクロスにしたり、部屋のインテリアのアクセントになります。

  • 定番から珍しい柄の商品が揃う
マリメッコ ファクトリーショップ

フィンランド / 雑貨・インテリア

 

【2】伝統的な屋内マーケット内にあるmarimekko

ヘルシンキ中心地からトラムで5分のところにあるのが、1914年から始まるHakaniemiの屋内マーケットホールです。ここは映画『かもめ食堂』の、食堂で出すメニュー考案のために食材を購入した場面のロケ地でもあります。

  • Hakaniemiにある屋内マーケットの1階は食品を売っている

2階建ての建物には約70の店舗があり、1階は新鮮な魚や総菜、肉、パンなど食糧品を売るお店が並びます。また、2階には生活雑貨やハンドクラフト品が並び、ここにmarimekkoの店舗が入っています。

  • Hakaniemiの屋内マーケット2階にあるmarimekkoの店舗

こぢんまりとしたお店ですが、小さいなりに商品がセレクトしてあり、オーソドックスなmarimekkoの定番商品が並びます。色とりどりのunikko(ケシの花)の模様の手提げ袋や、エプロン、がまぐち型のポーチなど、ついついお買い物にのめりこんでしまいます。

ここでもたまに安売りをしていることもあり、掘り出し物に会えるかもしれません。

  • 掘り出し物に会えるチャンス!?
マリメッコ ハカニエミ・マーケットホール店

フィンランド / 雑貨・インテリア

 

【3】時代の最先端をゆくmarimekko本店

  • フィンランドの首都の目抜き通りにあるmarimekko本店

ヘルシンキの目抜き通り・エスプラナーディ通りにあるのが、marimekko本店です。ここでは時代の先端を行くmarimekkoの新商品を中心に商品が並んでいます。

  • marimekkoの店構えは店舗によって異なっており、お店巡りも楽しみの一つ。

もちろんmarimekkoと言えば!という定番商品もありますが、marimekkoの「今」を反映するお店。シンプルでmarimekkoの大胆なデザインが映える店構えになっており、商品の魅力がより引き立ちます。日本人の店員さんもいますので、お買い物もスムーズにいくでしょう。

  • marimekko本店のプチ展示スペース
  • 気に入った服は試着してみよう
マリメッコ本店

フィンランド / 雑貨・インテリア

 

買い物だけではない!日本でも楽しめるmarimekkoの魅力 !

marimekkoの創業者アルミ・ラティアが、marimekkoと共に歩んだ人生の物語が映画『ファブリックの女王』として2016年に日本でも公開されました。

戦後間もない貧しいフィンランドで、有能な女性デザイナーたちを雇ってmarimekkoをブランドとして立ち上げ、軌道にのせていったアルミ。ゆったりとしたフォルムの斬新なデザインで、生活文化そのものに影響を与えていきました。

また2016年12月17日~2017年2月12日まで、東京・渋谷Bunkamuraザ・ミュージアムでマリメッコ展が行われています。

ヘルシンキのデザイン・ミュージアムの所蔵作品から、ファブリック約50点、ヴィンテージドレス約60点、デザイナー自筆のスケッチや創業以来の各種資料等計200点以上が展示されています。marimekkoの原点を知ることのできる貴重な展示会です。

  • 陽の光が入るmarimekko本店

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※この記事は2016年12月31日の取材に基づき公開した情報です。
 記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。
トラベルライター
暮らすように旅をする

aka-regionです☘
計4年間、ヨーロッパ(フィンランド、アイルランド)で住んでいる間に見聞きしたこと、経験したことを紹介します。旅のテーマは、「暮らすように旅をする」。旅のある暮らし方、ライフスタイル、文化に関する情報を発信していきます!

♬Countries & Areas: Europe (アイルランド、フィンランド他),日本(島根、山陰地方、東京他)
♬Hobbies: アイリッシュフィドル、水泳
♬Speciality: 島好きです!

http://akaregion.blogspot.jp/

同じテーマの記事

【トラベルライターアワード2017上半期 受賞結果発表】2017年上半期の人気記事&活躍したライターさんを発表します!

アプリなら記事も地図もサクサク快適!

  • 行きたい観光スポットをお気に入り登録すれば自分専用のガイドブックに。
  • 旅した国・都道府県をチェックして、自分だけの塗りつぶし地図を作ろう!