フィンランド
フィンランド観光
「森と湖の国」はサンタクロースとムーミンの故郷

フィンランド製「イッタラ iittala」社のアウトレットで掘り出し物探し!

取材・写真・文:

島根在住
訪問エリア:35ヶ国

2017年11月8日更新

8,119view

お気に入り

写真:aka-region

北欧デザイン大国・フィンランド。Artek(アルテック)社の家具や照明、日本でも大人気テキスタイルのmarimekko(マリメッコ)、木製ジュエリーのaarikka(アアリッカ)など、フィンランドには世界的に人気のデザインブランドが多くあります。中でも、1881年創業のガラスメーカーのiittala(イッタラ)は日本でも近年旗艦店を出店するなど注目度が急上昇中です。今回は、フィンランド南部にあるブランドの地名の由来ともなったiittala(イッタラ)にあるアウトレットについてご紹介します!

iittala(イッタラ)とは?

1881年にガラスメーカーとして誕生したiittalaですが、現在では数多くの企業を子会社化しており、陶器メーカーのArabia(アラビア)、Hackman(ハックマン)、スウェーデンのRorstrand(ロールストランド)、BodaNova(ボダノバ)などを傘下にもっています。

  • 写真:aka-regioniittalaづくし!

ちなみに日本では「イッタラ」として名が通っていますが、実はフィンランドで地元の人は「イイーッタラ」と発音します。

  • 写真:aka-regionフィンランドの家庭では、iittalaの商品がさりげなく使われています。

イッタラブランドは、フィンランド南部に位置する街で、首都ヘルシンキから陸路1時間30分のところにある、その名もiittala(イッタラ)という名前の小さな村が発祥です。現在でもイッタラ製品はイッタラ村にある工場で生産され、ファクトリー併設のアウトレットショップもあります。

イッタラ製品は、フィンランド全国のイッタラ店舗をはじめ、デパート、スーパーマーケットなどイッタラ製品を見ることなくフィンランド旅行をするのが難しいくらい至るところで販売されています。

  • 写真:aka-regioniittalaアウトレットの近くの森。こんなフィンランドらしい風景に出会えます。

イッタラアウトレットはそれとは別に、1級品だけではなく2級品やセール品も扱っており、イッタラ・アウトレットと名がつく店舗はフィンランド全国で22か所もあります。中でも、首都ヘルシンキの中心地に最も近いArabia(アラビア)という地名のところにあるファクトリーショップは人気が高いです。

今回はそんなアウトレットショップの中でも、イッタラの生まれたイッタラ村にあるアウトレットのメイン店舗とイッタラブランドの生まれた周辺の見所等についてご紹介します。

  • 写真:aka-regionアラビア(Arabia)社によるムーミンがついたマグもあります。(€12=約1,500円~)

イッタラ製品の発祥!イッタラ村にイ(行)ッタラ?!

  • 写真:aka-regioniittalaのガラスの色は美しい。

首都ヘルシンキ発タンペレ方面行の電車で約1時間半北上すると、Hämeenlinna(ハメーンリンナ)駅に到着します。その駅から車で約15分のところにiittalaという名の村があり、村の中心にあるのが世界的なガラス・陶器メーカーであるiittalaの工場兼アウトレットショップです。

iittala商品ばかりが並んだアウトレットの中に入ると、その在庫の豊富さに驚くことでしょう。それでもきちんと陳列されており、新商品から定番商品、一昔前の型の商品等掘り出し物に出会うことができます。

  • 写真:aka-regionアウトレットで積まれたフィンランドの色(青・白)の食器。
  • 写真:aka-regionUltima Thuleシリーズ(€9=約1,200円~)

店内には2級品棚というのがあり、定価の20~30%引きで販売しています。通常国内外でiittalaの商品として販売されているものはもちろん、1級品です。2級品が手に入るのは、アウトレットならではの特権。キズや変形があるということですが、隣の棚の1級品と比較してみても素人ではどこがどう違うのかなかなか気づきません。

  • 写真:aka-region2級品。

フィンランドにある数百もの湖沼。そこからインスピレーションを得て、フィンランドの森の木で型をとって成型したガラス器・フィンランディアベースや北極圏ラップランドの雪解けをモチーフとして制作されたUltima Thuleシリーズ、定番のシンプルな普段使い用Kartio タンブラーやKastehelmiプレートも各種揃っています。

  • 写真:aka-region花器フィンランディアの型はフィンランドの湖がモチーフとなり、木から作られる。
  • 写真:aka-region花器フィンランディアシリーズ。

何といっても、市価と比較して安いのが物価の高いフィンランドでとてもうれしいポイントです。旅行者であれば、パスポート提示で免税になりますのでぜひ申請してください。

  • 写真:aka-regionHackmanシリーズ。琺瑯のマグ(€5.45=約700円)
イッタラ アウトレット
フィンランド / 雑貨・インテリア
住所:Könnölänmäentie 2 a, 14500 Iittala,Finland地図で見る
Web:http://www.iittalalasimaki.fi/lasimaen-toimijat/ii...

ハメーンリンナからフィンランドらしい風景を探しに行こう

湖沼が美しい、Hämeenlinna(ハメーンリンナ)

  • 写真:aka-regionHämeenlinna(ハメーンリンナ)にあるAulangon näkötorni 

iittalaのアウトレットに行って満足するだけではなく、せっかくフィンランドに行くのであればぜひ地元の人々が大切にする「自然と共に生きる」ことを体感していただきたいと思います。

iittala最寄の特急列車駅があるHämeenlinna(ハメーンリンナ)の街には、古城や湖・森を一望することのできるタワーAulangon näkötorni(アウランゴン・ナコトルニ)など見所があります。このタワーからの眺めは、フィンランド随一!森と森の隙間に湖が張られ、空の模様を映し出してとても美しい風景です。

こうした美しい風景がモチーフとなってiittalaの作品が生み出されていることを想うと、よりデザインとしての魅力を感じることができます。

アウランゴン・ナコトルニ
フィンランド / 展望・景観
住所:Aulangon näkötorni,Finland地図で見る

フィンランド第3の都市、ムーミン原画が眠る街・Tampere(タンペレ)!

  • 写真:aka-regionフィンランド第3の都市・タンペレ

もし、Hämeenlinna(ハメーンリンナ)からさらに地方都市を旅したい場合、そこから電車で約1時間のところにあるフィンランド第3の都市Tampere(タンペレ)にお立ち寄りください。

こちらは、ムーミンの原画が眠る街で、近年ムーミン博物館が移転後リニューアルオープンし、観光客にも人気の都市となっています。

プチ・ハイキングをして小高い丘の上にあるピューニッキのドーナツ・カフェでフィンランドで一番おいしいドーナツを食べてみてください。フィンランド旅行の幸福感がぐっとアップしますよ。

  • 写真:aka-regionタンペレにあるフィンランドで一番おいしいドーナツ。
Pyynikin Munkkikahvila ピューニッキ店
フィンランド / カフェ・喫茶店 / スイーツ
住所:Näkötornintie 20, Tampere, Finland地図で見る
Web:http://www.munkkikahvila.net/

まとめ

  • 写真:aka-regioniittalaの独立100周年限定商品。

いかがでしたか?ぜひiittalaのアウトレットに行ってみませんか?!ただ商品を買うだけでなく、作品が生まれた環境を知ることができ、一味違ったショッピングを楽しむことができます。

iittalaの商品は、定番の商品ラインナップを保持しながらも、常に新しい作品が発表されています。フィンランドの国が歩んできた歴史と共に存続してきたiittala。フィンランド独立100周年となる2017年には、独立を記念してiittala社の限定商品も発売しています。お手頃価格でお気に入りの1品を見つけてみてください!

  • 写真:aka-regioniittala傘下のArabiaの独立100周年限定商品。

フィンランドの旅行予約はこちら

フィンランドのホテルを探す

フィンランドの航空券を探す

フィンランドのパッケージツアーを探す

フィンランドの現地アクティビティを探す

フィンランドのWi-Fiレンタルを探す

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※この記事は2017年11月7日に公開した情報です。
 記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

あなたにオススメの記事

同じテーマの記事

【保存版】フィンランドのお土産厳選10選!

北欧デザインにサンタクロース、森の中でのウォーキングにサウナ。こんなキーワードを聞くだけで、ほのぼのとしたおとぎ話の世界が思い浮かぶフィンランド。日本から直行便...

【フィンランド】ヘルシンキを1日で回る!よくばり観光モデルコース♪

北欧フィンランドの首都、ヘルシンキは日本人にも大人気の旅行先です。そんなヘルシンキは実はとてもコンパクトな街で、1日あればほとんど回れてしまうってご存知ですか?...


フィンランドのデザイン地区で北欧デザイン発見の旅!

フィンランドの首都ヘルシンキは徒歩でも散策しやすい大きさで、首都のわりにゆったりと落ち着いた時間が流れる街です。ヘルシンキ中心部の湾や広場のまわりにはマーケット...

【フィンランド】夏は白夜、冬はオーロラを堪能!北極圏(ラップランド)を旅しよう!

北欧フィンランドのほか、スウェーデンやノルウェー北部に位置するのがラップランドと呼ばれる北極圏地域です。北極圏では、夏は日が沈まない白夜を体験できるほか冬には、...


【フィンランド】独立100周年限定商品を買い集めるヘルシンキ街歩き

2017年はフィンランドがロシア帝国から独立を果たしてちょうど100周年の年。フィンランド国内外では、100周年記念を祝う催し物が数多く開催されています。そんな...

この記事を書いたトラベルライター

暮らすように旅をする
aka-regionです☘
計4年間、ヨーロッパ(フィンランド、アイルランド)で住んでいる間に見聞きしたこと、経験したことを紹介します。旅のテーマは、「暮らすように旅をする」。旅のある暮らし方、ライフスタイル、文化に関する情報を発信していきます!

♬Countries & Areas: Europe (アイルランド、フィンランド他),日本(島根、山陰地方、東京他)
♬Hobbies: アイリッシュフィドル、水泳
♬Speciality: 島好きです!
http://akaregion.blogspot.jp/

【保存版】フィンランドのお土産厳選10選!

北欧デザインにサンタクロース、森の中でのウォーキングにサウナ。こんなキーワードを聞くだけで、ほのぼのとしたおとぎ話の世界が思い浮かぶフィンランド。日本から直行便...

【保存版】ポルトガルのお土産・厳選10選!

ポルトガルはヨーロッパの西端に位置し、地中海性気候の穏やかな気候で過ごしやすく、食もおいしく古い街並みが美しい国です。カステラやカルタ、天ぷらなどポルトガルと日...


【保存版】デンマークのお土産・厳選10選!

北欧にあるデンマークはデザイン大国として有名で、近年日本でも注目度がアップしている国の一つです。丁寧な暮らしをするデンマークの人たちが生んだ、人が使いやすい機能...

【保存版】アイルランドのお土産・厳選10選

イギリスの西に位置する小さな島国アイルランド。日本よりも北にありますが暖流の影響で1年を通して温暖な気候の過ごしやすい国です。伝統とモダンカルチャーが共存する首...


【保存版】オランダのお土産・厳選10選!

ヨーロッパ北西部にあるオランダ王国は、チューリップ畑に水車といった田園風景や運河沿いの家々の街並みが代名詞的存在の牧歌的な国です。また画家レンブラントやフェルメ...

トラベルライターアワード受賞結果発表トラベルライターインタビュー Vol.2 bluemoonさん

【トラベルライターインタビューVol.2】NY記事50本超え!人気記事を多数生み出しているbluemoonさんの執筆のコツとは?