ギリシャ
ギリシャ観光
神話の国の壮大な遺跡とエーゲ海の美しい島

【ギリシャ・ミコノス島】Reezaで夕陽を眺めながらオシャレなディナーを!

取材・写真・文:

大阪在住
訪問エリア:13ヶ国

2018年9月7日更新

839view

お気に入り

写真:WriterA

ギリシャ・ミコノス島にはたくさんのオシャレなレストランがありますが、その中でも中心街から少し離れたAgios Stefanos(アギオス・ステファノス)という街にある、レストラン「Reeza Restaurant」がお勧め!綺麗な夕陽を目の前に、見た目もオシャレな最高級の食事を頂くことができます。

この記事の目次表示

Reeza Restaurantの概要!

  • 写真:WriterA

Reeza Restaurant(リーザ・レストラン)は、「Rocabella-hotel(ロカベラホテル)」というホテルの中にあるレストランで、宿泊者は勿論のこと、宿泊者でなくとも利用ができます。

19:00~23:00のディナータイムのみ営業しています。少し早く到着してしまった場合は、宿泊者が使えるプールサイドで待たせてもらえます。

  • 写真:WriterA
  • 写真:WriterA

実はこのプールに隣接したところに、Reeza Restaurantがあるのです。筆者夫婦は18:00頃到着してしまいましたが、このプールサイドで優雅にゆったりしながら、待たせて頂きました。宿泊者でもないのに、こんな綺麗なホテルのプールで待たせてもらえるとはラッキーな気分になりますね。

  • 写真:WriterA

19:00になると、Reeza Restaurantがオープン。プールサイド側の席は、予約のお客様用です。プールサイド側の席は夕陽がより見えやすいのでお勧めですが、座席自体はたくさんあるので筆者夫婦のように予約なしで訪れても大丈夫です!

さらにその日は空いていたこともあり、プールサイドに近い席に座ることに。日が沈んでくると、夕陽を目の前に眺めることができますよ!

  • 写真:WriterA

Reeza Restaurantのメニュー紹介!

それでは、Reeza Restaurantのメニューを紹介します。Reeza Restaurantの食事は、見た目も美しいことで大評判!

  • 写真:WriterA

メニューはシンプルで、コース料理が2種類(写真下部)で、45€(約6,000円)と、75€(約9,000円)のものがあります。もしくは、単品で前菜や、メイン(fish・meat)、デザートを頼むことも可能です。

まさかの前菜つき!

筆者夫婦は、ディナー前に食事をしていたこともあって、メイン料理の単品を2つ頼みました。すると、コースを頼んでいないのに、前菜として2種類の料理が出てきました!(追加料金等はありません)

  • 写真:WriterA

1品目が、フランスパンのオリーブオイル添え。ミコノス島は、エーゲ海に浮かぶ島ですのでオリーブオイルの本場です。塩が入ったオリーブオイルと、フランスパンの組み合わせは抜群。

  • 写真:WriterA

その次に、こんなかわいい前菜が!思わずコース料理と間違えてるのかな?と、不安に思ってしまったくらいです。左はコロッケのようですが、中はジャガイモベースのサクッとしたお料理。右の料理はクリームチーズをサンドし、ケチャップと一緒に食べるお料理です!

どちらも非常にオシャレで、味も美味しい。食べるのがもったいない前菜でした。

メイン料理!

PASTITSIO

  • 写真:WriterA

こちらは「PASTITSIO(パスチッソ)」という料理です(22€、約2,800円)。パスチッソはギリシャの家庭料理でよく作られる料理で、「Greek baked pasta」とも言われます。

日本人にとっては「ラザニア」に近い料理、というとわかりやすいかもしれません。

  • 写真:WriterA

中には牛ほぐし肉やポルチーニがたくさん入っており、お味は最高。日本では中々食べられない濃厚な味です。Reeza Restaurantは、海外の方のレビューでも「Excellent and creative food」や、「Delicious modern menu」などと評価されていますが、それも納得の料理です。

PORK BELLY &"OXYMELI"

  • 写真:WriterA

「PORK BELLY &"OXYMELI"」(ポークベリー&オキシメリ)という料理で、豚の角煮がメインのお料理です。上にはOXYMELIソースがかかっており、蜂蜜と酢が混ざり合ったような味でした!ギリシャでは、古くから使われているソースで、かつては薬としても代用されていたそうです。

ジューシーなポークに、おしゃれなソースが絡んで、見た目も、お味も美味しい逸品です。

ミニスイーツも!

最後には、ミニスイーツもついてきました。こちらも追加料金等は一切ありません。

  • 写真:WriterA

左はチョコレート、右はマカロンです。とにかく最初の前菜から、デザートまで、見た目も本当に美しいお料理に、幸せを感じること間違いなしですね。

Reeza Restaurantのアクセス方法

Reeza Restaurantは、都市部ミコノスタウンから、少し離れた「Agios Stefanos(アギオス・ステファノス)」という街にあります。ミコノスタウンから、海沿いに北を進む形です。

ミコノス島は、バス・タクシーが発達していないので、レンタカーや、レンタルバイクで行くのがお勧めですよ。

リーザ・レストラン
ギリシャ / 洋食・西洋料理
住所:Reeza Restaurant mykonos地図で見る
Web:https://www.rocabella-hotel-mykonos.com/reeza/
ミコノス島
ギリシャ / 町・ストリート
住所:ギリシャ Mikonos, ミコノス島地図で見る

\紹介されたスポットに立ち寄るなら/
ギリシャの旅行予約はこちら

ギリシャのパッケージツアー(新幹線・飛行機付宿泊プラン)を探す

ギリシャのホテルを探す

ギリシャの航空券を探す

ギリシャの現地アクティビティを探す

ギリシャのWi-Fiレンタルを探す

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

あなたにオススメの記事

同じテーマの記事


【ギリシャ・サントリーニ島イア】世界一の夕陽が見える絶景レストラン3選!

ギリシャ・サントリーニ島のイアから見る夕陽は世界一美しいと言われています。その夕陽を一目見るために町は大混雑しますが、そんな時にお勧めなのが「レストランで食事を...


名店、老舗、息抜きetc!アテネでおすすめのレストラン5選【ギリシャ】

アテネを代表するケバブの名店、老舗家庭料理のお店、息抜きのファミレスetc、筆者が実際に行って美味しかった、アテネでオススメのレストランを5つ紹介します!

【ギリシャ】アテネを代表するケバブ料理の名店「タナシス」

ギリシャ・アテネで大衆ギリシャ料理のケバブが味わえるレストラン「タナシス(Thanasis)」。アテネで外せないケバブ屋としてもたびたび名が挙がる、名店の様子を...

【ギリシャ・アテネ】創業90年の家庭料理の名店「タベルナ・クリマタリア」

1927年にアテネでオープンして以来、ギリシャの本格家庭料理を提供し続ける老舗「タベルナ・クリマタリア(Taverna Klimataria)」。地元で根強い人...

海外ではこうなってる!世界のLGBTフレンドリーバー・カフェ・レストランまとめ

LGBTフレンドリー/ゲイフレンドリーとは?「LGBT」とは?それら基本概念の解説しつつ、欧米〜中東まで世界各国のゲイフレンドリーバー/カフェ/レストランを、複...

この記事を書いたトラベルライター

旅好きサラリーマンライター

2022年冬版!USJ任天堂エリアの待ち時間・整理券情報を大阪在住ライターが解説!

この記事では、USJの新エリアである「スーパー・ニンテンドー・ワールド」の待ち時間・混雑情報や、整理券情報について詳しく解説します。「任天堂エリアに絶対入って遊...


【ディズニーシー大人デート】お勧めレストラン4選をプラン例と共に紹介!

大人の方が、東京ディズニーシーでデートをする場合に、どのレストランを利用したらいいのでしょうか?この記事では、筆者が考える「ディズニーシーデートで絶対外さないお...


USJで誕生日にしたいサプライズ4選!チケットからケーキまで大解説!

USJで大切な家族・友達・恋人の誕生日を祝ってあげたい、と思う方は多いです。そんな時にUSJならではのサプライズがあれば、より一層素敵な誕生日になること間違いな...

パワーアップバンドの遊び方・キーチャレンジ完全まとめ【USJ任天堂エリア】

この記事では、USJ任天堂ワールドで使用できる「パワーアップバンド」について詳しく紹介します。パワーアップバンドの使い方やパワーアップバンドの必要性について詳し...

アテネ・パルテノン神殿を観光する際に絶対気を付けてほしい2つのこと!

ギリシャ・アテネの人気観光スポットといえば、パルテノン神殿を始めとするアテネの遺跡群ですが、筆者がパルテノン神殿を訪れた際に、実は失敗してしまった事が2つありま...

トラベルライターアワード受賞結果発表トラベルライターインタビュー Vol.3 Emmyさん

【トラベルライターインタビューVol.3】一人旅を応援する記事を多数執筆!Emmyさんならではの人気記事執筆のコツやその原動力に迫ります