羽田・蒲田・大森
羽田・蒲田・大森観光
東京の空の玄関口「羽田空港」があるエリア

【大井競馬場】「TOKYO MEGA ILLUMINATION」徹底ガイド

取材・写真・文:

神奈川在住

2018年11月13日更新

488view

お気に入り

写真:絶景@日本

東京都内だけでも大小様々なイルミネーションスポットがありますが、2018年より大井競馬場を舞台に関東最大級の約800万球規模のイルミネーションが始まりました。今回は大井競馬場に現れた「TOKYO MEGA ILLUMINATION-東京光の大祭典-」についてご紹介します。

この記事の目次表示

「TOKYO MEGA ILLUMINATION」開催概要

大井競馬場は1950年に開場した東京都品川区にある地方競馬場ですが、2018年より「過去から現在、そして未来のTOKYOを予感させる絶景を卓越した最新技術で表現」というコンセプトで、関東最大級規模のイルミネーションが開催されています。

【2018~2019年の営業日】
10月7日(日)、13日(土)、14日(日)、20日(土)~28日(日)
11月3日(土・祝)、4日(日)、10日(土)、11日(日)、17日(土)~25日(日)
12月1日(土)、2日(日)、8日(土)、9日(日)、15日(土)、16日(日)、22日(土)~24日(月・祝)、28日(金)
2019年1月12日(土)~3月31日(日)

【営業時間】
平日:18:00~22:00(最終入場21:00)
土日祝:17:00~22:00(最終入場21:00)

【チケット料金】
大人(18歳以上):当日1,800円、前売1,600円
小人(小・中・高校生):当日1,000円、前売800円

「TOKYO MEGA ILLUMINATION」のHPはコチラです。

園内の見どころと園内マップ

  • 写真:絶景@日本園内マップ(パンフレットより)

園内の主なイルミネーションの見どころは、上記MAPで示された「A」~「R」の主に18つあります。HPにも場内配置図がありますので、参考にしてください。(※HPに掲載されている場内配置図は、上記のMAPとアルファベットの記載が違います)

また後述する「アクセス方法」にある無料送迎バスの場合、駐車場内のバス乗り場に到着し、北門が最寄りの門となります。北門側には多くはないですが、コインロッカーがあるので荷物の多い方はコチラに預けてイルミネーションを楽しむ事ができます。

  • 写真:絶景@日本チケット販売機
  • 写真:絶景@日本
  • 写真:絶景@日本コインロッカー

それでは、ここからは数あるみどころのうち、特におすすめの場所を順路ごとに「エントランスゾーン」と「タイムトラベルゾーン」に分けてご紹介していきます。※イルミネーションの名称のあとにあるアルファベットは、上記MAPのアルファベットに対応しています。


エントランスゾーン

入場口~場内エリアのTOKYO MEGA ILLUMINATIONの玄関口で、珍しい光の演出などがあり、光の絶景の期待感が高まります。

TWINKLE TUNNEL(E)

北門から入ってすぐの北門アーケードでは、柱のサイネージビジョンで宇宙空間にペガサスが羽ばたく幻想的な世界が演出されています。

  • 写真:絶景@日本

TWINくるくるファンタジー(F)

北門アーケードを抜けると、周囲の光と連動して輝く2つのメリーゴーランドがあります。(実際には回りません)また、17時頃にはこの辺りでミニチュアホースとの触れ合いイベントが開催されており、ミニチュアホースに触れる事ができます。

  • 写真:絶景@日本
  • 写真:絶景@日本

ミニチュアホースの触れ合いなどのイベントについては、コチラで確認できます。

WONDER MEDIA TREE(H)

国内でも実施例の少ないLED1球ずつをプログラミングした最新技術のイルミネーションで、驚きの光の仕掛けがあります。また、この辺りは飲食店が並び、イルミネーションを楽しみながら食事をする事ができます。

  • 写真:絶景@日本
  • 写真:絶景@日本テーブル付近には暖房機があり、寒さ対策もされています。

タイムトラベルゾーン

エントランスゾーンから地下を抜けた内馬場エリアで、江戸~昭和の美しい過去を表現するとともに、時空を越えて行くような体験を楽しめます。

TOKYO TIME TUNNEL~闇~(I)

エントランスゾーンからイルミネーションのメインであるタイムトラベルゾーンへは、地下道を通って行きます。地下道では古時計の音が鳴り響き、奥に見える光へと進んで行きます。

  • 写真:絶景@日本
  • 写真:絶景@日本

また、タイムトラベルゾーンへ向かう地下道に入る前には競馬場のスタンドがあり、そこからタイムトラベルゾーンのイルミネーションを見る事ができます。

  • 写真:絶景@日本
  • 写真:絶景@日本
  • 写真:絶景@日本

TOKYO TIME TUNNEL~光~(J)

古時計の音が鳴り響く怪しげな暗闇の奥に見える光へと進むと、今度は眩いほどの光のトンネルが現れます。光のトンネルはカラフルなイルミネーションになったり、馬が走り抜けたりと様々に変化します。

  • 写真:絶景@日本
  • 写真:絶景@日本
  • 写真:絶景@日本

光のトンネルを抜けると光の大階段(K)があり、その階段の先にはタイムトラベルゾーンのイルミネーションが広がります。

THE GENFUKEI(M)

階段を登ると目の前には世界初の農村風景をモチーフにしたイルミネーションがあり、虫の音やカエルの声が聞こえる稲穂とその奥には水車小屋や馬小屋などが見えます。

  • 写真:絶景@日本
  • 写真:絶景@日本
  • 写真:絶景@日本

稲穂は春夏秋冬の移ろいに合わせて色も変化するので是非、その変化を楽しんでみて下さい。

江戸極彩棚田(L)

GENFUKEI(M)と反対側(スタンド側)には、日本の原風景の1つと言われる棚田が広がっています。

  • 写真:絶景@日本
  • 写真:絶景@日本

こちらの棚田もTEH GENFUKEI(M)の稲穂と同様に変化を楽しむ事ができます。

江戸にぎわい光夜(N)

江戸時代の農村風景をモチーフにしたイルミネーション(M,L)を抜けると、江戸の城下町の賑やかな夜を演出したイルミネーションがあります。

  • 写真:絶景@日本
  • 写真:絶景@日本

明治時代(O,P)

文明開化となった明治時代の世界では、最後の浮世絵画家と称される小林清親が描いた世界や時代を伝える芸術作品が並ぶ明治サプライズ迷路(P)、本格的な電気時代の到来を伝えた内国勧業博覧会の世界観を光で再現した明治アカリノ博覧会(O)が続きます。

  • 写真:絶景@日本明治サプライズ迷路(P)
  • 写真:絶景@日本明治アカリノ博覧会(O)

大正ロマン光庭園(Q)

大正浪漫を象徴する独特の色彩やデザインに満ち溢れた日本初の大正レトロイルミネーションのエリアで、大小様々なステンドグラス風のモチーフが沢山あります。

  • 写真:絶景@日本
  • 写真:絶景@日本
  • 写真:絶景@日本
  • 写真:絶景@日本

昭和ただいま横丁(R)

タイムトラベルゾーンからエントランスゾーンへ戻る地下道は、レトロな電灯や壁画装飾によって懐かしい昭和の灯りへのタイムトリップです。

  • 写真:絶景@日本
  • 写真:絶景@日本

次のページを読む

羽田・蒲田・大森の旅行予約はこちら

羽田・蒲田・大森のホテルを探す

羽田・蒲田・大森の航空券を探す

(羽田空港)

羽田・蒲田・大森のパッケージツアーを探す

羽田・蒲田・大森の現地アクティビティを探す

羽田・蒲田・大森のレンタカーを探す

羽田・蒲田・大森の高速バスを探す

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※この記事は2018年11月10日に公開した情報です。
 記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

あなたにオススメの記事

この記事を書いたトラベルライター

駆け出しのトラベルライター
アラフォー男子
新宿、小田原、川崎を起点に
お得なフリー切符を活用して
都内近郊を中心に大切な人と出掛けています

それぞれの時期に咲く花を見に行き、
それぞれの土地で美味しいものを食べ、
それぞれの季節の風景を楽しむ

そんな気持ちが記事から伝わり、
読んでくれた方の参考になれば幸いです

写真は大切な人です☆
https://www.zekkei-japan.com/

【閲覧注意!】川崎で年に1度、外国人観光客で溢れる男性器を崇める【かなまら祭】

厄除け大師として知られる川崎大師がある京急大師線「川崎大師駅」から徒歩3分の所に金山神社があります。そこで年に1度開催される、外国人観光客で溢れる奇祭「かなまら...

【閲覧注意!】R-18の熱海観光 熱海城と秘宝館

温泉リゾート地として知られている熱海ですが、今回は熱海城を中心とした熱海の大人の観光地をご紹介します。なお、当記事には男性器に関連した露骨な画像があります。その...


お得な【みさきまぐろきっぷ】で巡る三浦海岸の河津桜と三崎のマグロ

例年2月になると、花が咲いている期間が約1ヶ月と比較的長い特徴を持つ、早咲きの河津桜が開花します。河津桜と言うと伊豆の河津町が有名ですが、春に咲く桜と同じように...

【山梨】2つの富士山が見える富士芝桜まつり

芝桜の名所は、秩父の羊山公園(芝桜の丘)の他にもいくつかありますが、富士山麓にも芝桜の咲き誇るスポットがあります。今回は富士山麓の広大な敷地に、首都圏最大級の8...


【秩父フリーきっぷ】で行く秩父・長瀞花巡り旅【芝桜・藤・八重桜】

日本各地を鮮やかにピンクに染める桜も都内近郊では4月中旬頃には散り、5月のG.W.に向けて新緑の季節を迎えます。そんな時期、都内から2時間ほどで行ける秩父では、...

トラベルライターアワード受賞結果発表トラベルライターインタビュー Vol.2 bluemoonさん

【トラベルライターインタビューVol.2】NY記事50本超え!人気記事を多数生み出しているbluemoonさんの執筆のコツとは?