埼玉
埼玉観光
経済的に発展しながら、自然も豊か

室内でアウトドア⁉埼玉・おふろcafe bivouacの楽しみ方。

取材・写真・文:

2017年3月21日更新

997view

お気に入り

写真:mayu

埼玉県熊谷市にある23H営業の「おふろcafe bivouac(ビバーク)」。ここはお風呂だけでなく、カフェや食事を楽しんだり、テントやツリーハウス、ハンモックといったアウトドアギアに囲まれ、室内にいながらグランピングを楽しめる温浴施設です。グランピングとは、「グラマラス+キャンピング」を合わせた造語で、ちょっぴり贅沢なキャンプの形です。今回は、「おふろcafe bivouac」の魅力と、オススメの過ごし方をお伝えします。

この記事の目次表示

「おふろcafe bivouac」の過ごし方

  • 写真:mayuアウトドア好きに人気のsnow peak製のキャンプ道具たちが出迎えてくれるエントランス

受付を済ますと渡されるバーコード付きリストバンドがお財布代わりになり、館内施設の利用代金は帰りに一括精算します。なくさないようにしましょう。このとき、タオルと館内着が入ったバックも渡されます。

まずはおふろに直行、必要のないものはおふろのロッカーに入れておくのがオススメです。

1: おふろ

  • 写真:mayu

高濃度炭酸泉や硫黄の湯、薬湯など合計8種のおふろがあり、ゆっくり過ごすことができます。また露天風呂は、埼玉県神川町の「白寿の湯」から温泉が運ばれているそうです。

このおふろのお楽しみの1つが「泥パック」。男湯・女湯どちらにも「泥パック」が用意されていて、お肌ツルツルになれますよ。


2: レストラン

  • 写真:mayuOUTGRESS~Gramping restaurant

フェイクグリーンに包まれたレストラン「OUTGRESS」では、スノーピーク製の大きなテントの中のシートや、森の中にいるような気分になれるシートで、ステーキやハンバーグ、オムライスなどのボリューム満点料理を堪能することができます。スムージーや、380円から楽しめる111種類のミニパフェもオススメです。

  • 写真:mayu
  • 写真:mayu
OUTGRESS 営業時間 11:00〜24:00

3: リラックスエリア

室内でグランピングを楽しめる工夫がいっぱいのこちらの施設。是非リラックスエリアでのんびりゆったり過ごしていただきたいと思います。10,000冊のコミックや雑誌、きっとお気に入りの1冊も見つかるはず。アウトドア好き・旅好きな方は読みたい雑誌も尽きないと思います。

暖炉エリア

  • 写真:mayu暖炉の火を見ながらのんびり過ごせるリラックスエリア

心地のいいソファに囲まれた暖炉エリアは、炎の温もりを感じながらうたた寝なんて過ごし方も贅沢ですね。

  • 写真:mayu切り株風クッションの置かれたソファーシート

挽きたてコーヒー(2種類)とレモン水が、何杯でも無料でいただけるのも、こちらの施設の魅力の1つです。

ポンドソファ

  • 写真:mayuポンドソファー

人工芝が敷かれたエリアの中に、池に見立てた水色のソファが掘りこまれているポンドソファエリア。コーヒーと雑誌を用意して、のんびり過ごしたい場所です。

ツリーハウス

  • 写真:mayuツリーハウスの中でのんびり過ごすのもオススメ

こちらのツリーハウスの中も自由に過ごすことができますが、なかなか空かない人気の場所です。小さな木のテーブルも設置されていて、コーヒーを片手に本を読んで過ごす人も。

他にも、ハンモックやテントなどでゴロゴロお昼寝タイムも気持ちいいです。

4: ちょっとアクティブにボルダリング

  • 写真:mayu

アクティブに過ごしたい方は、ボルダリングはいかがでしょうか。ロープなしで楽しめるギリギリの高さ、4.5mの壁が設置されています。初心者から上級者まで楽しめるそうです。

ボルダリング 20分 500円

【おふろcafe bivouac】について

こちらの施設で1つ注意点があります。大人のための温浴施設ですので、保護者が同伴していても小学生未満のお子さんは入館できないそうです。

また今回ご紹介した、おふろ、レストラン、リラックスエリアの他に、ボディケア・エステ・アカスリなどでリラックスできる施設もあります。気になる方は、是非利用してみてください。

リラクゼーション&ビューティー「aura」 10:00〜26:00

【アクセス】

  • 電車の場合: JR高崎線籠原駅から徒歩20分
  • 車の場合: 関越自動車道 花園ICより約20分 / 東松山ICより約25分
  • 無料シャトルバス: 【熊谷駅南口発】16:30〜24:30(2時間に1本) / 【籠原駅北口発】17:30〜25:30(2時間に1本)

【入館料】

  • フリータイム入館(館内着・タオル付き):大人 1,380円
  • 銭湯コース(館内着・タオルなし) 60分:580円 / 90分:780円 / 120分:980円
  • 平日限定:お食事入館セット(館内着・タオル・食事+ソフトドリンク付き: 1,980円(フリータイム)
おふろcafe bivouac
埼玉 / 温泉
住所:埼玉県熊谷市久保島939地図で見る
電話:048-533-2614

埼玉の旅行予約はこちら

埼玉のホテルを探す

埼玉の航空券を探す

埼玉のパッケージツアーを探す

埼玉の現地アクティビティを探す

埼玉のレンタカーを探す

埼玉の高速バスを探す

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※この記事は2017年3月16日に公開した情報です。
 記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

あなたにオススメの記事

同じテーマの記事

小江戸・川越で行きたい!SNS映えスポット15選

古くから商人の町として賑わった町、埼玉県・川越。「小江戸」とも呼ばれており、蔵造りの町並みをはじめ、季節ごとに祭りが行われる「川越氷川神社」など、インスタグラム...

どっちに行こうか?「トーベ・ヤンソンあけぼの子どもの森公園」と「メッツァビレッジ」【埼玉】

「トーベ・ヤンソンあけぼの子どもの森公園」と「メッツァビレッジ」、埼玉で今話題のムーミン関連2大スポットです。「どんな所?」「どう違うの?」といった声が聞こえま...


東京から日帰りでも遊びに行ける!埼玉・大宮のおすすめスポット5選

東京駅から電車で約35分でアクセスできる埼玉県・大宮。東北・上越・北陸新幹線が停車するターミナルシティで、グルメやショッピングを楽しめます。また、古くから「鉄道...

【埼玉・飯能市】ムーミン谷が日本に?!「トーベ・ヤンソンあけぼの子どもの森公園」

ここは日本?!と思わず疑ってしまうような「トーベ・ヤンソンあけぼの子どもの森公園」。北欧の雰囲気とムーミン達に出会えそうな雰囲気。なぜこのような公園を埼玉県飯能...


ノスタルジックな小江戸・川越おいしいもの食べ歩き8選

風情ある蔵造りの町並みに、ひときわ高くそびえる「時の鐘」は、埼玉県川越のシンボル。その鐘が告げる「時」の音を聞きながら、ノスタルジックな町、川越散歩に出かけませ...

この記事を書いたトラベルライター

アウトドア大好きトラベラー
とにかく旅が好き。海外でも国内でも「旅行に行こう!」そう思っただけでワクワクします。色々計画を立てたり、しおりを作ったり、旅から帰ってフォトブックを作ったり・・・。1つの『旅』を毎回3回(行く前・旅行中・帰ってきたあと)楽しんでいます。そんな私のオススメを少しでも皆さんに伝えることができれば、そして皆さんの旅がより楽しいものになれば、本当に嬉しいです。

南仏プロヴァンス・訪れてほしい美しい村9選と体験したい3つのこと

「365日中、300日晴れる」と言われる南仏プロヴァンスは、ぜひ訪れてほしいオススメの場所。小さな村1つ1つが可愛らしく、どこを見てもフォトスポット。水車のある...

野生動物の宝庫アフリカ「ケニア」‼絶対訪れてほしいオススメ観光スポット5選

アフリカで野生動物ウォッチングをするなら、ぜひオススメしたい場所は東アフリカにある「ケニア共和国」。赤道直下にありながら、標高が高いために年間を通して比較的過ご...


赤ちゃん連れでも楽しめる【京都】の旅へ

世界遺産の寺社仏閣、京のおばんざいに抹茶スイーツ、街歩きが楽しい祇園エリア。古都「京都」は、言わずと知れた世界的に人気の観光地です。小さい子ども連れにはちょっと...

赤ちゃん連れでも楽しめる【熱海】おすすめホテル&観光スポット

小さな子どもと一緒のおでかけは大変ですが、思い出もひとしおです。小さい今だから見せてくれる色んな姿を写真に残すこともでき、親子共々いつもとは違う特別な時間にリフ...


赤ちゃん連れでも楽しめる【千葉】鴨川シーワールド1泊2日の旅へ

小さな子どもを連れてのおでかけは、心配も多く大変ですよね。今回は、小さな子ども連れでも安心して大人も子どもも楽しめる1泊2日の旅のおすすめです。千葉県にある水族...

トラベルライターアワード受賞結果発表トラベルライターインタビュー Vol.2 bluemoonさん

【トラベルライターインタビューVol.2】NY記事50本超え!人気記事を多数生み出しているbluemoonさんの執筆のコツとは?