サンフランシスコ
サンフランシスコ観光
多国籍なカルチャーが入り混じるリベラルな都市

NBAウォリアーズがサンフランシスコに! 新拠点チェイスセンターがオープン

取材・写真・文:

アメリカ在住

2019年10月22日更新

3,181view

お気に入り

写真:くー

全米プロバスケの強豪、ゴールデンステート・ウォリアーズの新しい本拠地として2019年9月サンフランシスコ市内に完成した「チェイスセンター(Chase Center)」。10月下旬のNBA開幕を前に一般公開され、新しいアトラクションとして注目を集めています。

この記事の目次表示

サンフランシスコの最新アトラクション

  • 写真:くーサンフランシスコ湾に面した一角に完成したチェイスセンター

収容人数1万8,000人のチェイスセンターは2017年1月に着工。サンフランシスコ湾に面した1ブロックを丸々使った設計で、今後レストランや小売店が敷地内に続々とオープンする見通しです。

  • 写真:くー目の前の駅に市営メトロが停まります

市営メトロが建物の目の前に停車するほか、バスも直行便を増設。市街地からのアクセスがこれまでよりもより簡単・便利になりました。ウォリアーズの試合以外にもコンサートや野外イベントなどが予定されており、NBAシーズン外でも常に人が集まるサンフランシスコの新アトラクションとなっています。

  • 写真:くー美術館を連想させるフォルム。建築物としても一見の価値あり。

2019年9月6日に行われたこけら落としでは、サンフランシスコ交響楽団とヘビーメタルバンド、メタリカが共演し、華々しく新アリーナの誕生を祝いました。その後もジャネット・ジャクソンやエルトン・ジョンなどの大物アーティストが訪れ、オープンから半月で「サンフランシスコのコンサートアリーナ」としての地位を確立した印象があります。

広々とした設計、撮影スポットもたくさん

チェイスセンター内に入るには、その日に開催されるイベントのチケットを購入する必要があります。NBAシーズン開幕前に内部を見学したかった筆者は、9月に催されたイベントの中で、チケット代が一番手ごろだったプロレスを観戦することにしました。

  • 写真:くー圧倒的な存在感が漂うチェイスセンター

市営メトロのチェイスセンター駅で下車すると、まずは建物の大きさに圧倒されます。中央の広場はすっきり広々としていて、芝生の緑が鮮やか。巨大スクリーンは観戦イベントなどに使われる予定で、スクリーンの正面には階段状のスタンド席が設けられています。

  • 写真:くー5つの球体の間に立つと鏡を使った面白い写真が撮れます

この広場の反対側、サンフランシスコ湾に面したプラザには、鏡のついた大きな球体が5つ鎮座。いろいろな角度から写真が撮れるアトラクションとなっています。造船所や工業地帯の名残も見えて、開発目覚ましいこのエリアの歴史を感じることができます。

  • 写真:くーウォリアーズファンなら一度は訪れたいギフトショップ

周囲のお店はまだ準備中ですが、ウォリアーズのギフトショップは毎日営業。ユニフォームから帽子、靴下をはじめ、あらゆるウォリアーズグッズが手に入ります。チームのロゴの周りにバスケットボールを敷き詰めたデコレーションは絶好の記念撮影スポットです。

厳しい荷物の持ち込み基準

チェイスセンターで建物の大きさの次に驚いたのは、荷物検査の厳しさです。バックパックや大きめの鞄は持ち込み禁止で、飲食物の持参も一切禁止となっています。敷地内に荷物を預ける場所(有料)がありますが、できるのなら最初からほぼ手ぶらの状態で行くのがベストです。

  • 写真:くー近代的なデザインのロビー。これから飛行機に乗るような気分になります

空港並みの厳しい荷物検査を通過してチェイスセンターの中に入ると、内部もまるで空港のような雰囲気です。ロビーは天井が高く開放的なので、人がたくさんいても混雑した感じはありません。ただ観戦席を探すための座席表などの案内が少なく、筆者は自分の席に着くまでに思った以上に右往左往しました。この点は今後改善されることを願います。

売店のソーダ類は飲み放題

  • 写真:くー売店エリアの設計は比較的シンプル。ビールは12ドル(約1,300円)から

筆者が訪れた際には、アリーナ内の売店はウォリアーズの開幕戦に向けて試運転中という印象でした。まだ開店していないお店もあり、店員さんもメニューを覚えたての初々しさがありました。面白いと思ったのは、ソーダ類の売り方。7ドル(約760円)で紙コップを購入し、あとはセルフサービスで好きなドリンクを飲み放題というシステムです。

コップの再利用でゴミが減らせるのはもちろんのこと、購入者は帰る際にもコップを持って席を立つ人が多く、運営側の清掃時間の削減に繋がっているように見えました。その一方で、糖分や人工甘味料の過剰摂取を促しているのも事実。いかにもアメリカらしい一面です。

バスケもバスケ以外の鑑賞も楽しめるチェイスセンター

  • 写真:くーShinsuke Nakamura(中邑真輔選手)の登場に沸く会場

前述した通り、筆者はプロレス(WWE)を観戦したのですが、これまでの流れを追っていないのでストーリーにはまったく着いていけなかったものの、派手な演出や大げさなパフォーマンスはなかなか楽しく、日本人レスラーが活躍していて人気があることも発見でき、有意義な体験となりました。

  • 写真:くー会場を出た後の光景。正面の建物は階段に座ってくつろげる造りになっています

ウォリアーズの2019〜2020年シーズンの公式開幕戦は2019年10月24日。チェイスセンターの公式サイトで購入できるチケットは1枚195ドル(約2万1,200円)〜4,000ドル(約43万5,000円)です。開幕後は対戦チーム次第でもう少し安いチケットが用意されるはずなので、機会があれば、ウォリアーズの新本拠地でNBAのプロバスケット観戦をしてみてはいかがでしょうか。

チェイスセンター
サンフランシスコ
住所:1 Warriors Way, San Francisco, CA 94158地図で見る
Web:https://www.chasecenter.com/home

サンフランシスコの旅行予約はこちら

サンフランシスコのパッケージツアーを探す

サンフランシスコのホテルを探す

サンフランシスコの航空券を探す

サンフランシスコの現地アクティビティを探す

サンフランシスコのWi-Fiレンタルを探す

サンフランシスコのレンタカーを探す

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※この記事は2019年10月22日に公開した情報です。
 記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

あなたにオススメの記事

同じテーマの記事


アメリカの人気観光スポットTOP55!旅行好きが行っている観光地ランキング

タイムズスクエアやディズニーランドなど、アメリカの数ある観光スポットの中で、トリップノートの6万3千人の旅行好きトラベラー会員(2020年8月現在)が実際に行っ...


【サンフランシスコ】アルカトラズ島の刑務所に潜入!

かつて、「世界で最も脱獄の難しい刑務所」といわれていたサンフランシスコ湾の真ん中に浮かぶアルカトラズ島の刑務所。現在は一般公開しており、当時の生々しい様子を見学...

【アメリカ】誰でも訪問可能!アップル本社のApple Park Visitor Center

使いやすさとデザイン性を重視した製品に定評のあるアップル社。カリフォルニア州にある本社キャンパス(通称Apple Park)のビジターセンターも近未来的でありな...

本場で野球観戦ならサンフランシスコのオラクルパークへ!

アメリカで観戦できるプロスポーツの中で、試合数が多くチケットが取りやすいのが野球。サンフランシスコには2010、2012、2014年に全米制覇を果たしている名門...

【アメリカ】インスタ映え!?ゴールデンゲートブリッジを100倍楽しむフォトスポット!

アメリカ、サンフランシスコを代表する観光スポットの''ゴールデンゲートブリッジ''。サンフランシスコ湾に浮かぶ、朱色が鮮やかなこの橋は、観光地としても、交通の要...

この記事を書いたトラベルライター

サンフランシスコから離れられません
大学留学で渡米し、サンフランシスコに流れ着きました。寛容でリベラルで肩の力が抜けたところがツボにはまり、格差社会が叫ばれ家賃高騰が続く今も離れられずにいます。できるだけお金をかけずに楽しいことを探すのが趣味。定番の観光スポットだけでなく、サンフランシスコの現在形が体感できる情報をお届けしたいと思っています。
http://mottosf.com

【アメリカ】誰でも訪問可能!アップル本社のApple Park Visitor Center

使いやすさとデザイン性を重視した製品に定評のあるアップル社。カリフォルニア州にある本社キャンパス(通称Apple Park)のビジターセンターも近未来的でありな...


旅先で素敵な出会いがあるかも!?サンフランシスコの雑貨屋巡り

海外旅行の楽しみの一つであるショッピング。観光名所でお土産を買うのは定番ですが、趣味のいい雑貨屋さんで仲の良い友人や自分へのお土産を探すのも旅の思い出になります...


知っていれば安心 サンフランシスコのラーメンマップ10選

日本のソウルフードともいえるラーメンですが、サンフランシスコでもブームに火が付き、ラーメンをメニューに載せるレストランが数年間で一気に増えました。ラーメン専門店...

並んでこそ価値がある? サンフランシスコで食べたい人気スイーツ8選

質の高いレストランが集まる美食の街、サンフランシスコ。予約が取れないレストランがあるように、開店に合わせて並ばないと人気の商品が売り切れてしまうスイーツ専門店も...

観光バスは必要なし! サンフランシスコを感じる市営バス8選

サンフランシスコといえばケーブルカーの印象が強い街ですが、実はそのほかの公共交通機関もかなり発達していて、市内のほとんどの場所にバス、またはメトロと呼ばれる路面...

トラベルライターアワード受賞結果発表トラベルライターインタビュー Vol.2 bluemoonさん

【トラベルライターインタビューVol.2】NY記事50本超え!人気記事を多数生み出しているbluemoonさんの執筆のコツとは?