今サンフランシスコで食べたい新しいアイスクリーム店4選

728

view
   2017年12月1日更新

年齢性別を問わず誰もが大好きなアイスクリーム。食の街サンフランシスコにも、たくさんのアイスクリーム屋さんが存在します。家族経営の昔ながらのお店からオーガニックな食材にこだわる専門店まで、味も個性もさまざまですが、今回は2016~17年にオープンした新規店にフォーカス。それぞれのお店の特徴や人気商品を紹介します。

【1】タイ発のロールアイスが食べられる「Steep」

  • 自分のアイスクリームが作られるのを見るのも楽しみの一つ

冷却された鉄板の上にクレープのようにアイスクリームを伸ばし、ヘラでクルクルと巻いて作る「ロールアイス」。本場はタイと言われていますが、サンフランシスコにも2017年に数軒の専門店がオープンしました。

  • 「Uji Matcha」にアーモンドを添えて($6.25/約700円)

その中でもおすすめなのが、オフィスビルとコンドミニアムが混在するSOMA(サウス・オブ・マーケット)地区の「Steep Creamery and Tea」。同じエリアで営業する「Steep Coffee and Tea」の姉妹店なので、コーヒーや抹茶、ウーロン茶など、お茶の風味がしっかりと味わえる濃厚なロールアイスが楽しめます。

  • Steepの店内はカフェのような雰囲気

店内の雰囲気もおしゃれで、お茶が中心のドリンクメニューは実はアイスクリームよりも充実しています。好みのアイスティーにボバ(タピオカの粒)やライチのゼリーを入れて自分だけのドリンクを作るのも楽しそうです。

スティープ・クリーマリー&ティー

サンフランシスコ / カフェ・喫茶店 / スイーツ

 

住所:270 Brannan St, San Francisco, CA 94107

電話:415-606-9336

Web:http://www.steepsf.com/

スティープ・コーヒー&ティー

サンフランシスコ

 

住所:240 Ritch St, San Francisco, CA 94107

電話:415-606-9336

Web:http://www.steepsf.com/

【2】たい焼きの口からソフトクリームが?「Uji Time」

  • たい焼きソフトクリームのスモールサイズ($5.99/約670円)

たい焼きが食べたいけど、アイスも食べたい。そんな食いしん坊さんのためのお店「Uji Time」がサンフランシスコ日本町に2017年4月オープンしました。

  • 週末などは店頭に長い列ができる「Uji Time」

ソフトクリームは抹茶、黒ごま、豆腐の3種を常備。そのほかに季節のフレーバーが加わります。オリジナルのたい焼き型コーンは小と中の2種類。トッピングもポッキーや小豆、きな粉など和風でまとまっていて、こだわりを感じます。

サンフランシスコ湾を渡ったイーストベイのバークレーに本店があるので、機会があれば本店限定のメニューに挑戦するのもいいかもしれません。

宇治タイム(サンフランシスコ店)

サンフランシスコ / スイーツ

 

住所:22 Peace Plz #440, San Francisco, CA 94115

電話:628-444-3003

Web:https://ujitime.weebly.com/

宇治タイム(バークレー店)

アメリカ / スイーツ

 

住所:2575 Telegraph Ave, Berkeley, CA 94704

電話:510-398-2624

Web:https://ujitime.weebly.com/

【3】ふわふわの台湾式かき氷なら「Powder」

  • 黒ごま味に季節のフルーツをトッピング($5.25/約585円)

「台湾のかき氷をサンフランシスコに!」と2016年9月に開店したのが「Powder」。氷の固まりを薄く削って何層にも重ねた独特のふわふわ感が話題を呼び、季節を問わず列ができる人気店になっています。

  • サイズとフレーバーを選んでからトッピングを決めていきます

台湾ではマンゴー味が定番のようですが、サンフランシスコではベトナム式コーヒーや黒ごま、ウベ(紫色の山芋)など、ちょっと変わったフレーバーが選べます。

  • 台湾式のかき氷が人気の「Powder」

ヒップな若者層を意識したレストランやおしゃれな雑貨店が集まるNOPA(ノース・オブ・パンハンドル)地区にあるので、食後や散策の合間におすすめのスポットです。

パウダー

サンフランシスコ / スイーツ

 

住所:260 Divisadero St, San Francisco, CA 94117

電話:415-923-8183

Web:http://www.powdershavedsnow.com/

【4】変わったフレーバーで話題の「Salt & Straw」

  • 「Salt & Straw」のフィルモア店

オリーブオイルや胡椒、ブルーチーズなどを起用した奇抜なフレーバーで知られる「Salt & Straw」が本拠地オレゴン州ポートランドからサンフランシスコに進出。2017年4月にフィルモアストリートに一号店、10月にはヘイズバレーに二号店をオープンさせ勢いに乗っています。

  • 月ごとに替わる季節のフレーバーも試してみよう

11月にはアメリカの代表的な祝日、サンクスギビングデーにちなんで七面鳥やマッシュポテトなどディナーメニューのフレーバーを打ち出し、地元紙クロニクルにも取り上げられました。

  • シングルサイズをワッフルコーンでいただく(各$6.75/約750円)

七面鳥の出汁と皮が入ったアイスを含む数種類を味見しましたが、どれもかなり甘く、サンフランシスコというよりはアメリカを感じさせる、最近では珍しいタイプのお店でした。

住所:2201 Fillmore St, San Francisco, CA 94115

電話:415-829-2803

Web:https://saltandstraw.com/

住所:586 Hayes St, San Francisco, CA 94102

電話:415-549-7445

Web:https://saltandstraw.com/

【おまけ】チケット入手不可能なアイスクリーム博物館

  • 出典:www.museumoficecream.comMuseum of Ice Creamの展示のひとつ「Sprinkle Pool」(courtesy of Katie Gibbs)

アイスクリームに関連してもう一つ紹介したいのが「Museum of Ice Cream」。ニューヨーク、ロサンゼルスに続いて、2017年9月にサンフランシスコでも開館し、38ドル(約4,235円)の前売り券が発売と同時に売り切れたと話題になりました。

  • 出典:www.museumoficecream.comアイスクリームのトッピングに囲まれて記念撮影(courtesy of Katie Gibbs)

アイスクリームを連想させるオブジェが複数の部屋に展示され、夢の中にいるような写真が撮れる、インスタ世代向けのアトラクション。2018年2月まで展示が延長されましたが入場券はすでに売り切れ、現在は次の開催地フロリダ州マイアミのチケットのみ入手可能です。マイアミに行く予定の方は今すぐチケットを予約しましょう。

住所:1 Grant Ave, San Francisco, CA 94108

電話:855-258-0719

Web:https://www.museumoficecream.com/san-francisco/

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※この記事は2017年11月29日の取材に基づき公開した情報です。
 記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。
トラベルライター
サンフランシスコから離れられません

大学留学で渡米し、サンフランシスコに流れ着きました。寛容でリベラルで肩の力が抜けたところがツボにはまり、格差社会が叫ばれ家賃高騰が続く今も離れられずにいます。できるだけお金をかけずに楽しいことを探すのが趣味。定番の観光スポットだけでなく、サンフランシスコの現在形が体感できる情報をお届けしたいと思っています。

http://mottosf.com

同じテーマの記事

【トラベルライターインタビューVol.2】NY記事50本超え!人気記事を多数生み出しているbluemoonさんの執筆のコツとは?

アプリなら記事も地図もサクサク快適!

  • 行きたい観光スポットをお気に入り登録すれば自分専用のガイドブックに。
  • 旅した国・都道府県をチェックして、自分だけの塗りつぶし地図を作ろう!