サンフランシスコ
サンフランシスコ観光
多国籍なカルチャーが入り混じるリベラルな都市

テイクアウトを楽しもう♪サンフランシスコのおすすめサンドイッチ店8選

取材・写真・文:

アメリカ在住
訪問エリア:24ヶ国

2020年12月10日更新

42view

お気に入り

写真:KatieM

手早く気軽に食べられるサンドイッチは、観光に持ち歩いたり、テイクアウトしてホテルごはんとして楽しむのにも重宝する旅行中の強い味方。サンフランシスコでおいしいサンドイッチを提供するおすすめ店舗を8つご紹介します♪

この記事の目次表示

【1】リトルイタリーの人気デリ!「Molinari(モリナリ)」

  • 写真:KatieMデリの内観

まずご紹介するのが、手作りハムやサラミがたっぷりと入ったイタリア・デリ「Molinari(モリナリ)」のサンドイッチ

  • 写真:KatieM

昔ながらの店構えで、1896年から営業を続ける老舗イタリア・デリ。自社ブランドのサラミやハムを販売しているだけでなく、店内のいたるところにイタリアの食材が隙間なく陳列されています。

  • 写真:KatieM

サンドイッチは、自分の順番が来たら、店員さんとパンの種類選びからはじまり、カウンター越しにその場で作ってもらうスタイルです。目の前で手際良く作られていく様子を楽しめますよ。

  • 写真:KatieMモリナリスペシャルサンドイッチ (USD13.25≒1,381円)

ここでのおすすめはやはり、ベストセラーの「モリナリ・スペシャル」!コールドカット(加工肉)にチーズとレタス、そしてトマトを合わせたシンプルなサンドイッチですが、新鮮なハムとサラミの素材のよさが引き立つおいしさです。

モリナリ・デリカテッセン
サンフランシスコ / パン・サンドイッチ / デリカテッセン
住所:373 Columbus Ave, San Francisco, CA 94133地図で見る
電話:4154212337
Web:http://molinaridelisf.com/

【2】超有名ベーカリー「Tartine Manufactory(タルティーン・マニュファクトリー)」

  • 写真:KatieMカフェの外観

オーガニック食材と天然酵母を使って焼き上げるこだわりのパンやペーストリーで知られる「Tartine Bakery(タルティーン)」。そんな知名度・人気共にナンバーワンのカフェでも、手作りパンを使ったサンドイッチを提供しています。

  • 写真:KatieMカフェの内観

卵がたっぷりと入ったブレックファーストサンドイッチもおすすめですが、ランチやディナーにぴったりなのが「スモークポーク・サンドイッチ」。

  • 写真:KatieM

肩ロースハムがメインで、カリフラワーと人参の具材に、手作りバジルマヨネーズソースの組み合わせが斬新。まさにタルティーンならではの個性が光る一品です。

  • 写真:KatieMポークサンドイッチ(USD16≒1,667円)

柔らかめのサワードウのパンも、サンドイッチとの相性抜群。他にはないこだわりのサンドイッチを食べたいときにおすすめですよ♪

タルティーン・マニュファクトリー
サンフランシスコ / パン・サンドイッチ / カフェ・喫茶店
住所:595 Alabama Street, San Francisco, CA地図で見る
Web:http://www.tartinemanufactory.com/

【3】バインミーを食べるならここ!「Duc Loi Banh Mi(ドックロイ・バインミー)」

  • 写真:KatieMスーパーの外観

大根と人参のシャキシャキしたなますとパクチー、そしてメインのお肉の組み合わせがおいしいバインミー。ベトナム移民が多いサンフランシスコにも、バインミーが食べられる店舗はたくさんありますが、テイクアウトとしておすすめなのが「Duc Loi(ドックロイ)」

ベトナムをはじめ、アジアの食材を多く扱うミッション地区のグルメスーパーの店内奥にデリがあります。

  • 写真:KatieM店内の様子

バインミーの種類は「スタンダード」「レモングラス・ポーク」「レモングラス・チキン」「豆腐」「豆腐・マッシュルーム」の5種類。まずはスーパーのレジで支払いを済ませ、デリでレシートを見せるとサンドイッチを作ってもらえるスタイルです。

  • 写真:KatieMポークBBQバインミー(USD6.99≒728円)

おすすめは定番のレモングラス・ポークか、豆腐バインミー。まず、パンがふわふわで食べやすく、レモングラス・ポークは香ばしいお肉が食欲をそそります。野菜とお肉のバランス加減もちょうど良く、とても食べやすいサンドイッチです。

  • 写真:KatieM豆腐バインミー(USD6.99≒728円)

豆腐バインミーは、具材に炒め玉ねぎがたっぷり入っており、ほんのりとした甘さとシャキシャキ感が魅力。スーパー内のデリということでなんとなく敬遠しがちですが、バインミー専門店と比べても引けを取らないおいしさに加えてコスパも抜群なので、ぜひおすすめしたいスポットです!

ダックロイ・キッチン
サンフランシスコ / パン・サンドイッチ / ベトナム料理
住所:2200 Mission St, San Francisco, CA 94110地図で見る
電話:4155511773

【4】行列ができる人気店「Deli Board(デリ・ボード)」

  • 写真:KatieMデリの内観

SoMa地区に位置する人気のサンドイッチデリが「Deli Board(デリ・ボード)」。ここはオンラインや電話でのオーダー、デリバリーを一切取らずに、店舗でオーダーするスタイルを貫いているにも関わらず、常に店頭に人だかりが絶えない人気店です。

  • 写真:KatieM

ここの特徴はとにかくずっしりとした具沢山のサンドイッチと大きなピクルス。特にパストラミを具材に使ったサンドイッチが人気で、日替わりサンドも登場します。

  • 写真:KatieMリロイブラウンサンドイッチ (USD20≒2,084円)

王道メニューの「リロイ・ブラウン」は、パストラミにターキーとサラミがコンボになったボリューム満点のサンドイッチ。パンの表面がパリパリで適度な厚さであるのに加え、お肉のエキスと熱々のチーズがじわりとパンに染み込んたジューシーな食感を味わえます。

  • 写真:KatieMゾイ・ベジタリアンサンドイッチ (USD17≒1,771円)

サンドイッチ自体もどっしりとした重量で、二人でシェアするのにもぴったり。サンドイッチにしてはお値段は少々高めですが、アメリカン・クラシックの上質なサンドイッチを楽しみたいときにぴったりです。

デリ・ボード
サンフランシスコ / パン・サンドイッチ
住所:1058 Folsom St, San Francisco, CA 94103地図で見る
電話:4155527687
Web:http://www.deliboardsf.com/

次のページを読む

サンフランシスコの旅行予約はこちら

サンフランシスコのパッケージツアーを探す

サンフランシスコのホテルを探す

サンフランシスコの航空券を探す

サンフランシスコの現地アクティビティを探す

サンフランシスコのWi-Fiレンタルを探す

サンフランシスコのレンタカーを探す

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※この記事は2020年12月9日に公開した情報です。
 記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

あなたにオススメの記事

この記事を書いたトラベルライター

旅好きウェブライター
大学留学をきっかけに渡米してはや20+年。州立大学を卒業後ニューヨークで就職。長年に渡るニューヨーク生活を経て現在はサンフランシスコ市内に在住。とにかく旅行が大好き!旅先では主に、カフェ・絶景スポット・世界遺産巡りを楽しんでいます☆
http://sfbliss.com

ハワイ島ならではのお土産が見つかる!こだわりが光るお店8選☆

ハワイ諸島の中でも最も面積が広く、大自然が魅力のハワイ島。ゆったりと何もしない優雅な時間を楽しんだ後は、Made in the Big Islandのこだわりが...


【最新&保存版】メキシコシティおすすめ観光名所9選

1990年代よりはるかに治安が改善し、公共交通機関も発達したメキシコシティ。地下鉄やメトロバスを使うことで簡単に市内の観光が可能です。今回の記事では、メキシコシ...


【テオティワカン遺跡への行き方】メキシコシティからバスで行く半日観光モデルコース

メキシコシティから僅か50kmの距離にあり、日帰り観光に最適なのがテオティワカン遺跡。事前にツアーなどを予約しなくても、北バスターミナルから出るバスを利用すれば...

【ハワイ島】コナコーストをの〜んびり巡る♪おすすめコーヒー園6選

コーヒーが好きな方なら一度は聞いたことのある「コナコーヒー」世界の生産量をみると僅か1%以下という希少価値の高いコーヒーで、少ない酸味と甘い香りが特徴です。ハワ...

【ハワイ島】コナコースト周辺のおすすめレストラン&カフェ10選

大自然を満喫できるハワイ島旅行。アクティビティーはもちろん、ハワイ島ならではのごはんも楽しみのひとつ。今回はコナコースト付近に滞在する際に役立つ、ローカルにも人...

トラベルライターアワード受賞結果発表トラベルライターインタビュー Vol.3 Emmyさん

【トラベルライターインタビューVol.3】一人旅を応援する記事を多数執筆!Emmyさんならではの人気記事執筆のコツやその原動力に迫ります