サンフランシスコ
サンフランシスコ観光
多国籍なカルチャーが入り混じるリベラルな都市

【サンフランシスコ】人気のタルティーン・ベーカリーが新店舗オープン!

取材・写真・文:

アメリカ在住

2019年9月11日更新

1,644view

お気に入り

写真:くー

サンフランシスコで一番有名なベーカリーといえば「Tartine Bakery(タルティーン・ベーカリー)」。その最新店舗が2019年7月、市内のインナーサンセット地区にオープンしました。

この記事の目次表示

サンフランシスコ・ベイエリアでは4軒目

  • 写真:くー「Tartine Inner Sunset」の入り口付近。Tシャツや帽子、コーヒー豆などオリジナル商品も販売

2002年にサンフランシスコのミッション地区に開業したタルティーンは、天然酵母を使ったパンや質の高いクロワッサン、ケーキなどが人気を呼び、ゲレロ・ストリートの本店はいつも長蛇の列。同じくミッション地区で営業する二号店「Tartine Manufactory(タルティーン・マニュファクトリー)」もオープン当初から話題になっています。

日本への上陸は延期になったものの、ロサンゼルスで2店舗、韓国・ソウルで3店舗を展開し、サンフランシスコ・ベイエリアではサンフランシスコ国際空港のターミナル内の店舗に次いで、今回の「Tartine Inner Sunset」が4軒目としてオープンしました。

タルティーン・ベーカリー
サンフランシスコ / パン・サンドイッチ / カフェ・喫茶店
住所:600 Guerrero Street, San Francisco, CA地図で見る
電話:1-415-487-2600
Web:http://www.tartinebakery.com/
タルティーン・マニュファクトリー
サンフランシスコ / パン・サンドイッチ / カフェ・喫茶店
住所:595 Alabama Street, San Francisco, CA地図で見る
Web:http://www.tartinemanufactory.com/

「Tartine Inner Sunset」の特徴は?

  • 写真:くー白い壁とシンプルな木のテーブルで統一された店内。明るくて開放感があります

ゴールデンゲートパークから半ブロックも歩かない場所に店を構えるインナーサンセット店。外装もインテリアも白を基調にしていて、とてもシンプルです。奥に細長く広がる店内はテーブルもたくさんあり、週末やピーク時を避ければ比較的簡単に席を見つけることができます。

  • 写真:くー店頭にはテラス席も。奥に見える木々はゴールデンゲートパークの入り口です

ダウンタウンから少し離れているため、訪れるのは周辺に住む市民とゴールデンゲートパークから足を伸ばす観光客が中心で、ほかの店舗に比べて客の年齢層が広いのも特徴。半径2ブロック内に趣味のいいブティックや雑貨屋が集まっているので、来店のついでにショッピングも楽しめるエリアです。

パン以外の朝食メニューも充実

  • 写真:くー焼きたてのアイテムが並ぶショーケース。クロワッサンは5ドル25セント(約560円)から

2019年8月現在、毎日午前7時から午後3時までの営業となっているインナーサンセット店は、ほかの店舗よりもショーケースに並べられたアイテムが少ないので要注意。クロワッサンは常に数種類そろっていますが、ケーキやパイといった甘いデザート系はまだお目見えしていません。

  • 写真:くー半熟卵(Coddled Egg)は鱒イクラやニラをのせて、トーストと一緒に食べましょう

そのかわり午前11時までの朝食メニューに力を入れていて、焼きたてパンとバター(4ドル50セント/約480円)や卵焼きのサンドウィッチ(12ドル/約1,270円)といった、パンのおいしさが決め手の定番メニューから、お粥(14ドル50セント/約1,540円)や半熟卵プレート(15ドル/約1,590円)など、ベーカリーとは思えないラインナップまで、お値段は高めですがこだわりの朝食を味わうことができます。

  • 写真:くーオープンキッチンに重ねられたヒースセラミックスの食器がおしゃれ

店内で食事をすると、ベイエリア発祥の人気陶器ブランド「Heath Ceramics(ヒースセラミックス)」の食器でサーブされるのもポイント。やさしい色づかいの食器たちがオープンキッチンに積み重ねられているのを見るだけでも心が癒されます。

今後は営業時間を延長し、ディナーメニューを提供する計画も進んでいるそう。インナーサンセットは市営バスやメトロも頻繁に通っていてアクセスが簡単なので、ぜひ出かけてみてください。

タルティーン・インナーサンセット
サンフランシスコ / パン・サンドイッチ / カフェ・喫茶店
住所:1226 9th Avenue, San Francisco, CA 94122地図で見る
電話:415-742-5005
Web:https://www.tartinebakery.com/san-francisco/inner-...

サンフランシスコの旅行予約はこちら

サンフランシスコのパッケージツアーを探す

サンフランシスコのホテルを探す

サンフランシスコの航空券を探す

サンフランシスコの現地アクティビティを探す

サンフランシスコのWi-Fiレンタルを探す

サンフランシスコのレンタカーを探す

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※この記事は2019年9月10日に公開した情報です。
 記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

あなたにオススメの記事

同じテーマの記事


サンフランシスコで味わう!本場のサードウェーブコーヒーショップ

サンフランシスコは、シリコンバレーに隣接する、言わずと知れたIT産業の中心地です。ビジネスをこの地で立ち上げる人も多く、スタートアップ企業が集うパワー溢れる街で...


サンフランシスコ・ベイエリアの日本人でも親しみやすいスイーツ7選

サンフランシスコ・ベイエリアは、たくさんのスイーツ店で溢れており、その数は年々増え続けています。場所柄多くの人種が混在し、特にアジア人がアメリカの他地域に比べて...

美味しさには秘密があります! サンフランシスコで味わえるミルクシェイク3選

アメリカでは1885年から楽しまれているミルクシェイク。日本でもファストフード店などでは定番のメニューです。しかし、アメリカで飲んだミルクシェイクの美味しさに、...

コーヒー好きが選ぶ!サンフランシスコのオススメカフェ4選

日本でも話題のブルーボトルなど、コーヒーブームはサンフランシスコで育まれたといっても過言ではありません。そんな本場のカフェでは質の高いこだわりのコーヒだけでなく...

【サンフランシスコ】グルメパンを堪能♡おすすめトレンドカフェ5選☆

クオリティーの高いカフェが多いことでも知られるサンフランシスコ。今回は、こだわりのパンをテーマとしたおすすめのカフェをご紹介!!グルメパンはもちろん、おしゃれカ...

この記事を書いたトラベルライター

サンフランシスコから離れられません
大学留学で渡米し、サンフランシスコに流れ着きました。寛容でリベラルで肩の力が抜けたところがツボにはまり、格差社会が叫ばれ家賃高騰が続く今も離れられずにいます。できるだけお金をかけずに楽しいことを探すのが趣味。定番の観光スポットだけでなく、サンフランシスコの現在形が体感できる情報をお届けしたいと思っています。
http://mottosf.com

【アメリカ】誰でも訪問可能!アップル本社のApple Park Visitor Center

使いやすさとデザイン性を重視した製品に定評のあるアップル社。カリフォルニア州にある本社キャンパス(通称Apple Park)のビジターセンターも近未来的でありな...


旅先で素敵な出会いがあるかも!?サンフランシスコの雑貨屋巡り

海外旅行の楽しみの一つであるショッピング。観光名所でお土産を買うのは定番ですが、趣味のいい雑貨屋さんで仲の良い友人や自分へのお土産を探すのも旅の思い出になります...


知っていれば安心 サンフランシスコのラーメンマップ10選

日本のソウルフードともいえるラーメンですが、サンフランシスコでもブームに火が付き、ラーメンをメニューに載せるレストランが数年間で一気に増えました。ラーメン専門店...

並んでこそ価値がある? サンフランシスコで食べたい人気スイーツ8選

質の高いレストランが集まる美食の街、サンフランシスコ。予約が取れないレストランがあるように、開店に合わせて並ばないと人気の商品が売り切れてしまうスイーツ専門店も...

観光バスは必要なし! サンフランシスコを感じる市営バス8選

サンフランシスコといえばケーブルカーの印象が強い街ですが、実はそのほかの公共交通機関もかなり発達していて、市内のほとんどの場所にバス、またはメトロと呼ばれる路面...

トラベルライターアワード受賞結果発表トラベルライターインタビュー Vol.2 bluemoonさん

【トラベルライターインタビューVol.2】NY記事50本超え!人気記事を多数生み出しているbluemoonさんの執筆のコツとは?