修善寺・中伊豆
修善寺・中伊豆観光
”伊豆の小京都”と言われる修善寺や自然豊かな天城

【静岡】清流の辺に佇む「東府やResort&Spa-Izu」とは

取材・写真・文:

神奈川在住

2018年3月8日更新

569view

お気に入り

写真:水無月

静岡県の「伊豆」といったら、皆さんは何を思い浮かべますか?海水浴、海の幸でしょうか?観光スポットが数多く存在する伊豆ですが、温泉の数も国内有数。海辺から山間まで同じ伊豆の温泉でも場所によって全く違う雰囲気を楽しむことが出来ます。そんな温泉大国伊豆で、最も長い歴史を持つのが中伊豆にある吉奈温泉。今回は吉奈温泉にある川のほとりの癒しの宿、「東府やResort&Spa-Izu」をご紹介いたします。

吉奈温泉とは?

伊豆半島の丁度真ん中、中伊豆に吉奈温泉はあります。周囲を山々に囲まれ、落ち着いた静かな温泉地です。

その始まりはなんと、奈良時代まで遡ります。奈良時代の高僧、行基によって発見された吉奈温泉は、伊豆最古の温泉だと伝わっています。

また、子宝の湯としても有名で、江戸時代には徳川家康公の側室、お万の方もこの地を訪れて入湯し、後に2人の男の子を授かりました。それ以来、吉奈温泉は子宝の霊湯として広く知られ、全国各地から子宝祈願を目的に人々が訪れるようになりました。

吉奈温泉
修善寺・中伊豆 / 町・ストリート
住所:静岡県伊豆市吉奈
Web:http://www.amagigoe.jp/spa.html

「東府やResort&Spa-Izu」とは?

  • 写真:水無月

吉奈温泉には何軒か温泉宿が存在しますが、今回ご紹介する「東府やResort&Spa-Izu」は江戸時代、吉奈温泉の名手邸でした。お万の方が度々温泉に浸かったのも、現在の「東府やResort&Spa-Izu」です。

清流、吉奈川が縫うように流れる、3.6万坪の敷地内は、当時の建物の良さを残し、快適な時間が過ごせるよう改築されています。庭園に佇む木々はどれも大きく、悠久の時を感じさせますが、建物の中はモダンな雰囲気。古いものと新しいものが融合して醸し出している独特な雰囲気は、まさに「和のリゾート」と呼ぶべき温泉宿です。


「東府やResort&Spa-Izu」での過ごし方

1、敷地内に残る歴史資料に思いをはせて

先ほどご紹介した通り、「東府やResort&Spa-Izu」は、お万の方が温泉に浸かった歴史ある温泉旅館です。そのため、敷地内には当時に関するものが残っています。東府やの玄関棟庭園に残る、お万の方が腰掛けた「お万の腰掛け石」もその一つです。

この他にも幕末、下田開港に大きく携わった駐日アメリカ合衆国弁理公使ハリスの侍女、お吉にまつわる資料館など、広い敷地内の所々に残る、かつての時代を生きた人々の営みに思いを馳せてみてください。

  • 写真:水無月敷地内には思わず写真を撮りたくなるものがたくさんあります。
  • 写真:水無月こちらの池も立派でした

2、到着したらまず大正館へ

「東府やResort&Spa-Izu」は、敷地内を流れる吉奈川沿いに様々な施設があります。宿に到着したらぜひ散策を兼ねて「大正館 芳泉 カフェ・アールデコ」へ向かってください。外観は完全な日本家屋ですが、一歩中へ足を踏み入れると、大正時代の喫茶店のような、どこか懐かしい雰囲気が漂っています。

普段は昼食やお茶用に、軽食や飲み物を販売しているカフェですが、実は宿泊者は無料で飲み物をいただくことが出来ます。ソフトドリンクはもちろんのこと、数種のアルコールも無料で楽しめるので、行かなきゃ損です!ぜひ素敵な雰囲気の内観を楽しみながら、のどを潤してくださいね。

  • 写真:水無月大正館の外観
  • 写真:水無月頂けるソフトドリンク。このほかにも温かいコーヒーや紅茶も用意されていました。
  • 写真:水無月スパークリングワインも頂けます。クッキー付き。このクッキーは敷地内のベーカリーで購入できます。
大正館 芳泉
修善寺・中伊豆 / カフェ・喫茶店
住所:静岡県伊豆市吉奈98
Web:http://www.tfyjapan.com/taishokan/

3、露天風呂は早朝がおすすめ

2か所ある露天風呂は、夜に入るのもおすすめですが、朝露に濡れた木々を横目に早朝の澄んだ空気の中で温泉に浸かるのもなかなか乙なもの。さわやかな風を頬に受け、吉奈川のせせらぎに耳を傾けながらぽかぽかに温まりましょう。

もともと客室数30室という小さめな宿なので、運が良ければ広い湯舟が貸切状態かもしれません。ちなみに筆者は姉と2人きりで、たっぷりと堪能出来ました。

  • 写真:水無月露天風呂の様子
  • 写真:水無月内風呂の様子

4、帰る前に東府やベーカリーカフェでお土産を調達

「東府やResort&Spa-Izu」は、なんとパン屋さんも併設しています。実はこちらのパン屋さん、地元でも大人気。もちろん宿泊者でなくても購入可能ですから、混雑は必至です。

その理由は、パンの味もさることながら、お店の雰囲気がとても良いこと。イートインスペースの一部は足湯になっており、パンや飲み物をいただきながらリラックスすることが出来ます。

また、イートインスペースの頭上には藤棚があり、満開の時期には藤のカーテンが。筆者が訪れたのは2月だったので、まだ藤は咲いていませんでした。写真を載せることが出来ないのがとても残念です。

下記のスポットページにあるURLから、公式の紹介ページを確認できますので是非ご覧ください。きっと行ってみたくなるはず・・!

多少は並ぶかもしれませんが、チェックアウト後に、こちらでお土産を買って帰るのがおすすめです。パンの他にクッキーなどのお菓子も販売しているので、帰り道のお供にもぴったり!

ベーカリー アンド テーブル 東府や
修善寺・中伊豆 / パン・サンドイッチ / カフェ・喫茶店
住所:静岡県伊豆市吉奈98
Web:http://www.tfyjapan.com/bakery/

一度じゃ足りない??また行きたくなってしまうその理由

多種多様な客室

先ほどもご紹介した通り、「東府やResort&Spa-Izu」の客室数は30室と少なめですが、客室の種類がたくさんあることが魅力の一つ。吉奈川のせせらぎが聞こえる和室や、半露天風呂付のお部屋、メゾネットタイプ、変わったところで言えば、もともと蔵だった建物を改築した客室もあります。

自分にあったお部屋を探すのも楽しみの一つですよね。ちなみに筆者は、家族5人で川沿い温泉半露天付和室(時期や平日、休前日にもよりますが約35,000円~/1人)にお世話になりました。

部屋は広く快適で、部屋にいても吉奈川のせせれぎが聞こえてきて、ゆっくりと安らぐことが出来ます。まだまだ肌寒い時期でしたので、掘りごたつがあったのが嬉しかったです。

  • 写真:水無月お部屋。こたつは掘りごたつになっています。

春夏秋冬、それぞれの楽しみ

春は桜、夏は新緑、秋は紅葉、冬は雪景色・・梅雨の時期はなんと、敷地内で螢を楽しむことが出来るそう。温かい時期は、吉奈川で魚釣りをすることも可能です。

もちろんお食事も季節によって変わります。旬のものをおいしく頂く・・素晴らしいですね。

  • 写真:水無月お夕食でいただいたお造り
  • 写真:水無月デザートも絶品です

いかがでしたか?

スタッフの方からしっかりとしたケアを受けられることが、小規模旅館のいいところですよね。

ひとつだけご注意していただきたいのは、足が不自由な方やお年寄りの方。館内はバリアフリーではありません。基本的に食事処でのお食事になるようなので、予約時に移動方法などを現地のスタッフに相談することをおすすめします。

また、入浴の際も石段を登ったり下りたりしてたどり着く浴場がありますので、状況によっては温泉付客室にするもの良いかもしれません。筆者の祖母は足が不自由な為、部屋の半露天風呂温泉を利用しましたがとても喜んでいました。

山間にひっそりと佇む温泉宿。日頃の疲れを癒しにぜひ一度宿泊してみればいかがでしょうか?

  • 写真:水無月フロントから敷地内へと続く渡り廊下。夜はライトアップされ。幻想的な雰囲気。
東府やResort&Spa-Izu
修善寺・中伊豆 / ホテル / 旅館
住所:静岡県伊豆市吉奈98
電話:0558-85-1000
Web:http://www.tfyjapan.com

修善寺・中伊豆の旅行予約はこちら

修善寺・中伊豆のホテルを探す

修善寺・中伊豆の航空券を探す

修善寺・中伊豆のパッケージツアーを探す

修善寺・中伊豆の現地アクティビティを探す

修善寺・中伊豆のレンタカーを探す

修善寺・中伊豆の高速バスを探す

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※この記事は2018年1月22日に公開した情報です。
 記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

あなたにオススメの記事

この記事を書いたトラベルライター

活動源はまだ見ぬ景色!
「月に一度はどこかへお出かけ」
「年に一度は海外へ」が目標の旅好きOLです。
温泉と、花畑や星空、自然がエネルギーの源!
動物の中では鳥類派。
御朱印集めとカフェ巡りも大好きです◎

【京都】ショコラ専門店「カカオマーケットバイマリベル」に隠された秘密のエンジェルライブラリーとは?

カカオマーケットバイマリベルは、世界で一番初めにチョコレートを食したとされているマヤ族の末裔、マリベル・リーバマンさんが創設者のショコラ専門店。まるでファンタジ...

【長野県】天然のプラネタリウム!阿智村へ日本一の星空を見に行こう

長野県の南部にある「阿智村」。この村は2006年に環境省が発表する、「日本一星が輝いて見える場所」に認定されました。周辺にある山々が愛知、大阪等の都会の光を遮断...


【広島県】日中の厳島神社観光だけじゃない!宮島でやりたいこと4選

京都府の天橋立、宮城県の松島と同様に日本三景に数えられる広島県の安芸の宮島。宮島といえば、思い浮かべるのが世界遺産の厳島神社ですよね!広島市内からのアクセスも良...

【湘南】日本初!フレンチトースト専門店「LONCAFE」と行き方

外はさっくり、中はとろーり。カフェやホテルの朝食などでも大人気、一度食べると癖になるのがフレンチトースト。実はフレンチトーストの専門店が日本で初めて生まれた場所...


【茨城】ネモフィラだけじゃない!ひたち海浜公園を楽しむ4つのポイント

どこまでも続く青空と足元に広がる一面のネモフィラ畑。shihoさん著書の『死ぬまでに行きたい世界の絶景』に紹介されてから、一躍話題となっている国営ひたち海浜公園...

トラベルライターアワード受賞結果発表トラベルライターインタビュー Vol.2 bluemoonさん

【トラベルライターインタビューVol.2】NY記事50本超え!人気記事を多数生み出しているbluemoonさんの執筆のコツとは?