徳島
徳島観光
”阿波踊り”が有名な、自然の名勝が豊富な地域

【徳島】うず潮の町・鳴門で絶景&アートを満喫♪日帰り観光モデルコース

取材・写真・文:

東京在住
訪問エリア:47都道府県

2021年9月3日更新

310view

お気に入り

写真:サトホーク

日本を代表する「うず潮の町」として有名な徳島県鳴門(なると)市。鳴門海峡を流れるうず潮はもちろん、鳴門鯛や鳴門金時といったグルメ、そして国内最大級の陶板名画ミュージアムまで見どころ満載!今回は、初めての方でも日帰りで十分楽しめる観光モデルコースをご紹介します。

この記事の目次表示

鳴門ってどんな町?

  • 写真:サトホーク大鳴門橋

鳴門は、徳島県北東部に位置する町で、四国の東の玄関口として本州と高速道路で繋がっています。大鳴門橋(おおなるときょう)付近にあるうず潮をはじめ、国内最大級の陶板名画ミュージアムやリゾートホテルもあり、観光やグルメを堪能できます。

  • 写真:サトホーク高速バス「阿波エクスプレス神戸号」

鳴門へは基本車でアクセスできますが、公共交通機関を利用するのであれば高速バスを利用するのがおすすめ。大阪駅、または難波の湊町バスターミナルから出発しており、約2時間でうず潮が見える最寄りの鳴門公園(なるとこうえん)へアクセスできます。また新神戸駅三宮バスターミナルからも出ており、約1時間30分で行くことができます。

  • 写真:サトホーク徳島バス

また徳島駅からも鳴門方面へ路線バスが出ており、約1時間で鳴門公園に行くことが可能。1日8~12便運行していますが、1時間に1~2本と本数が少ないので、事前にスケジュールを立てて利用しましょう。

10:00 「大鳴門橋架橋記念館 エディ」で徳島とうず潮の世界を体感しよう!

  • 写真:サトホーク大鳴門橋架橋記念館 エディ

旅の始まりは「鳴門公園」バス停から。階段を上がって少し歩くと見えてくるのが、大鳴門橋架橋記念館(おおなるときょうかきょうきねんかん) エディです。徳島県についてや、淡路島と四国を結ぶ大鳴門橋の歴史、さらにうず潮の仕組みについて遊びながら学べます。

  • 写真:サトホーク4K360°シアターawa

2階で受付をした後、最初におすすめするフロアは4K360°シアターawa(あわ)。360度にわたって徳島の自然や暮らしのほか、徳島の夏の風物詩・阿波踊りを体感できます。

  • 写真:サトホークアドベンチャーシミュレーター「うず丸」

また2階では鳴門のうず潮について詳しく解説するコーナーや、空飛ぶ潜水艇「うず丸」を併設。映像にあわせて鳴門海峡周辺の自然を体感できます。

  • 写真:サトホークPlay the Eddy!

3階では大鳴門橋の仕組みや歴史について紹介するエリアや、VRで徳島の観光を体感できるコーナーを併設。さらにデジタル技術でうず潮を体感できるアトラクション「Play the Eddy!(プレーザエディ)」も注目。壁にタッチするとうず潮が発生し、メガホンに向かって音を出した分、光の渦が沸き上がるなど、海の中にいるような世界を体感できます。

  • 写真:サトホーク

アトラクションを楽しんだところで屋上の「パノラマ展望台」へ。鳴門海峡や大鳴門橋はもちろん、天気が良ければ、和歌山県や小豆島(しょうどしま)を見ることができます。ひと息つきたい方はおすすめですよ♪

大鳴門橋架橋記念館 エディ
徳島 / 博物館 / 雨の日観光 / 観光名所
住所:徳島県鳴門市鳴門町土佐泊浦福池65地図で見る
電話:088-687-1330
Web:https://www.uzunomichi.jp/

11:00 大鳴門橋の遊歩道で上からうず潮を見よう!

  • 写真:サトホーク大鳴門橋遊歩道 渦の道

大鳴門橋には橋桁があり、遊歩道が整備されています。エディから少し歩いたところにある渦の道は心地よい風を感じながら、うず潮や鳴門海峡の風景を楽しめる観光スポット。週末には観光客を中心に人気を集めています。

  • 写真:サトホーク

遊歩道は全長約450メートル。左右に広がる海景色を眺めながら散策を楽しめます。途中休憩所もあり、ベンチに座ってうず潮や鳴門海峡の景色を眺めるのも良いでしょう。

  • 写真:サトホーク

少し歩くと、展望室に到着。大鳴門橋の橋桁空間を利用しており、淡路島や瀬戸内海、太平洋の景色を見ることができます。また鳴門の近くにある無人島・飛島(とびしま)も見えるので、ぜひチェックしてみて。

  • 写真:サトホーク

さらに中央展望室にあるガラス張りの床も注目。足元に海が広がっているのでドキドキするかもしれませんが、運が良ければ真上から迫力のあるうず潮が見られますよ。

大鳴門橋遊歩道 渦の道
徳島 / 展望・景観 / 観光名所 / 女子旅 / 子供が喜ぶ / 一人旅 / 渦潮鑑賞
住所:徳島県鳴門市鳴門町地図で見る
電話:088-687-1330
Web:https://www.uzunomichi.jp/

11:45 水中観潮船「アクアエディ」に乗ってうず潮を体感しよう!

  • 写真:サトホーク水中観潮船アクアエディ

うず潮と大鳴門橋について学んだ後は、観潮船(かんちょうせん)に乗って間近で鳴門のうず潮を鑑賞しましょう。鳴門公園からバスに乗って約5分、鳴門観光港に到着。ここから小型の水中観潮船「アクアエディ」に乗船します。事前に予約する必要がありますが、1日15便運航。約25分間かけて鳴門海峡を周遊します。

  • 写真:サトホーク

船内はデッキをはじめ、水面下1メートルにガラス張りの展望室を完備。薄暗くて少し狭いですが、ここからは海中で渦巻く潮を観察できます。

  • 写真:サトホーク鳴門海峡のうず潮

展望室で水中のうず潮を体感した後は展望デッキへ。大鳴門橋周辺を中心に迫力のあるうず潮を観潮できます。うず潮が見られる可能性が高いのは1日2回、満潮時と干潮時の前後1~2時間で、特に春と秋の大潮の時に大きなうず潮を見られるチャンスがあります。詳しくはうずしお観潮船のホームページに掲載中の潮見表(しおみひょう)でチェックしましょう。

  • 写真:サトホーク大鳴門橋

迫力のあるうず潮を楽しんだ後は、大鳴門橋を通過して鳴門観光港へ帰港。約25分間の船旅の締めくくりを迎えます。途中、大きな揺れを感じることもあるので、船酔いには気をつけて。

小型水中観潮船 アクアエディ
徳島 / 乗り物 / クルーズ / 渦潮鑑賞
住所:徳島県鳴門市鳴門町土佐泊浦字大毛264-1地図で見る
電話:088-687-0101(鳴門観光汽船)
Web:https://www.uzusio.com/
  • 写真:サトホーク大型観潮船「わんだーなると」

また「アクアエディ」だけでなく、大型観潮船「わんだーなると」でもうず潮を観潮できます。1日12便運航しており、約30分かけて鳴門海峡を周遊。デッキはもちろん、船の上にある一等船室からゆったりとうず潮を見ることができます。事前に予約をする必要はないので、気軽に乗船できますよ♪

大型観潮船 わんだーなると
徳島 / クルーズ / 女子旅 / 渦潮鑑賞
住所:徳島県鳴門市鳴門町土佐泊浦字大毛264-1地図で見る
電話:088-687-0101(鳴門観光汽船)
Web:https://www.uzusio.com/

観潮後はターミナル内のショップでお土産を買おう!

  • 写真:サトホーク

観潮船でうず潮を堪能した後は、ターミナル内にあるショップでお土産を買いましょう。鳴門名物のわかめをはじめ、鳴門金時(なるときんとき)すだちなど、徳島の特産品を豊富に取り揃えています。

  • 写真:サトホーク鳴門金時まんじゅう(20個入り・税込650円~)

店内では、鳴門金時を使ったまんじゅうや段ボールの箱が特徴的な「元祖銘菓なると金時」(10個入り・税込1,080円~)など、おすそ分けにピッタリなお菓子が充実。会社の同僚や友人へのお土産におすすめです。

  • 写真:サトホーク

また雑貨も取り扱っており、徳島の特産品・阿波藍(あわあい)阿波和紙(あわわし)を使った商品も提供。このうち阿波藍では、風呂敷(税込1,520円)やテーブルクロス(小・税込3,630円)など、色鮮やかなアイテムも手に入るので、チェックしてみて。

鳴門観光汽船(うずしお観潮船のりば)
徳島 / おみやげ屋 / ターミナル
住所:徳島県鳴門市鳴門町土佐泊浦字大毛264番地の1地先地図で見る
電話:088-687-0101
Web:https://www.uzusio.com/

次のページを読む

徳島の旅行予約はこちら

徳島のパッケージツアーを探す

徳島のホテルを探す

徳島の航空券を探す

徳島の現地アクティビティを探す

徳島のレンタカーを探す

徳島の高速バスを探す

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

あなたにオススメの記事

同じテーマの記事


全国の人気ご当地グルメ47選!お取り寄せもできる都道府県別の名物グルメ特集

旅行の楽しみの一つ「ご当地グルメ」。この記事では全国47都道府県ごとに、人気の名物グルメを厳選してご紹介します。いずれのご当地グルメもお取り寄せもできますよ。


春の国内旅行におすすめの観光地45選!春がベストシーズンの旅先ガイド

春は桜をはじめとする花が開花し、過ごしやすい気候から野外でのイベントも増えてくる季節。旅行にはもってこいの時期です。春の国内旅行におすすめの観光地を厳選してご紹...

全国の人気美術館TOP33!旅行好きが行っている美術館ランキング

全国の数ある美術館の中から、トリップノートの6万3千人を超える旅行好きトラベラー会員(2020年9月現在)が実際に行っている順に、全国の人気美術館ランキングをご...

国内のおすすめドライブスポット・コース55選!車でのお出かけを楽しもう

絶景ドライブを楽しめる角島大橋や、富士山の眺めが見事な箱根スカイラインに西伊豆スカイライン、四季折々に花々が咲き誇る房総フラワーラインなど、車でのお出かけにおす...

日本の人気の橋TOP20!旅行好きが行っている橋ランキング

姿形が美しい橋や絶景が眺められる橋など、全国各地にある観光スポットとして人気の橋の中から、トリップノートの4万人の旅行好きトラベラー会員(2019年7月現在)が...

この記事を書いたトラベルライター

日本の魅力を発信する旅男(タビオ)!
<★実績★>
☆トラベルライターアワード 2020年・年間☆
「国内記事部門 アクセストップ賞」受賞
☆トラベルライターアワード 2018年・年間☆
「国内記事部門 SNSシェアトップ賞」受賞
☆トラベルライターアワード 2017年上半期☆
「編集部特別賞」受賞

はじめまして。サトホークと申します。

旅とグルメが大好きなフリーライターです。2013年から旅行会社で約2年間販売業務をした後、広告会社で大手旅行会社の旅行商品パンフレットを中心とした約7か月間の編集職の経験を経て、現在は旅行やグルメの記事を中心に執筆活動を行っています。

日本国内を中心に有名な観光スポットから穴場スポットまで、月に1回、日帰りを含めて旅行に出かけてスポットの魅力を個人のホームページやブログで公開しています。

日本の四季の風景や観光施設、グルメまでおすすめポイントと散策の楽しみ方等をご紹介しています。
多くの皆さまに行ってみたいと感じていただける記事を執筆したいと考えています。
また取材依頼も待っています。Facebookまたはinstagramからメッセージを送っていただけると幸いです。

どうぞよろしくお願いいたします。
http://ameblo.jp/satohawk/

東京のブルックリン!蔵前で行きたい散策スポット・お店20選

東京を代表する下町・浅草の近くにある蔵前。駅近くには隅田川が流れていて、カフェや雑貨店など、倉庫をリノベーションしたおしゃれな建物がある点がニューヨーク・ブルッ...


【岡山】おすそ分けしたい!倉敷美観地区で買えるお土産のお店10選

風情のある白壁の街並み・倉敷美観地区周辺の観光やグルメを楽しんだ後は、お土産を買うだけ!でも、スイーツや雑貨など、いろんなお店が集まっていてどこで買おうか迷っち...


箱根の玄関口・箱根湯本を散策しよう!おすすめスポット・お店15選

新宿駅から小田急線の特急ロマンスカーで、東京駅からJRと箱根登山鉄道に乗って約1時間30分のところにある「箱根湯本」。大涌谷や芦ノ湖、仙石原といった箱根で人気の...

【滋賀】SNS映えしそう!長浜のおすすめ観光スポット・お店10選

豊臣秀吉が城を築いた城下町として栄えた滋賀県長浜市。長浜城をはじめ、「黒壁スクエア」や琵琶湖に浮かぶ「竹生島(ちくぶじま)」などインスタグラムに投稿してみたい観...

【岡山】倉敷美観地区で観光&グルメを満喫♪おすすめスポット10選

かつて江戸幕府の直轄地であり、輸送物資の集積地として栄えた町、岡山県・倉敷。日本初の私立近代西洋美術館をはじめ、町家や白壁の蔵をリノベーションしたお店まで、十分...

トラベルライターアワード受賞結果発表トラベルライターインタビュー Vol.3 Emmyさん

【トラベルライターインタビューVol.3】一人旅を応援する記事を多数執筆!Emmyさんならではの人気記事執筆のコツやその原動力に迫ります