ベトナム
ベトナム観光
フランスの名残りも感じるハノイに活気溢れるホーチミン

王道から変わりダネまで!ベトナムでおすすめのフルーツ&ベジタブル10選

取材・写真・文:

茨城在住
訪問エリア:12ヶ国

2019年2月26日更新

1,046view

お気に入り

写真:菊地早秋

ベトナム観光の際にぜひ食べていただきたい、南国フルーツとお野菜をご紹介します。日本ではお目にかかることの出来ない、珍しいものもたくさんあります。東南アジアならではの味を、堪能してみませんか!

この記事の目次表示

【1】ジャックフルーツ

  • 写真:菊地早秋ジャックフルーツ(左中央にある黄色く艶やかなもの)

和名はパラミツ(波羅蜜)と言います。とろっとジューシーな食感で、黄色い果肉のフルーツです。大きな木の幹や太い枝に、果実をいくつも実らせます。「世界最大の果実」とも呼ばれ、重さが40キロに達するものもあるのだとか。

食感と味はマンゴーにやや似ています。ただ、マンゴーをよりむっちりさせたような印象で、弾力が増します。

  • 写真:菊地早秋「世界最大の果実」と言われる

生のまま頂くのもおすすめですが、チップスに加工されているものも大変美味です。特に「Vinamit SINCE 1988」と記載されたフルーツチップスシリーズがおすすめです。

ベトナムのコンビニに行けば大体手に入ります。日本円で約200円程度です。添加物の使用もなく、フルーツと揚げ油だけですので、健康に気をつかわれる方も安心して頂けます。

  • 写真:菊地早秋イチオシのフルーツチップス(コンビニで買える)
  • 写真:菊地早秋ジャックフルーツチップス

【2】バナナ

  • 写真:菊地早秋バナナは短く、薄皮で、よく熟れている

本場のバナナは長さが短く、10センチ弱という小ぶりサイズです。十二分に熟れたうえで収穫されるので、皮が薄く、とても甘いのが特徴です。ねっとりしていて、パサつかず、舌触りはとても滑らかです。

現地の方は、バナナを生食料理、どちらにも使用します。調理方法は、複数あるようです。例えば、プレスしたバナナに米粉をつけて揚げ油で揚げる、バナナケーキにする、熟れる前のバナナをスライスして、生春巻きの具材に使う、などが挙げられます。

  • 写真:菊地早秋バナナフライ

日本では、フィリピン産のバナナが多く販売されていますが、日本に到着した際にはまだ熟しておらず、緑色をしています。そちらをムロと呼ばれる温度管理されたお部屋で熟成させて黄色くしているのです。ぜひベトナムや東南アジアで「自然に熟れて」黄色くなったバナナの美味しさを体験してみましょう。

【3】シュガーアップル

  • 写真:菊地早秋お釈迦様の頭についているお団子部分に似ていることから、「釈迦頭」とも呼ばれる

別名バンレイシ、もしくは釈迦頭(しゃかとう)とも呼ばれます。お釈迦様の頭に似ていることからこのような名称がついたとされています。螺髪(らほつ)と言われる、お団子のような部分にそっくりな外見なのですね。市場などで1個~購入できます。

  • 写真:菊地早秋中身は白く、とっても甘い!手がべっとりする

食べ方は簡単で、周りにくっついているウロコのような皮を一枚ずつ剥がしていきます。中から、白くてみずみずしい果肉が出てきますので、そちらを頂きます。黒い種は食べられません。

食べた瞬間、強い甘さが口いっぱいに広がるのが特徴です。全体的には、とろっと柔らかい食感ですが、ところどころにジャリジャリした箇所があります。とにかく甘みがありますので、食べていると手が糖分でべとべとになります。ご注意を!

【4】ドラゴンフルーツ

  • 写真:菊地早秋奥にある白い果肉のものがドラゴンフルーツ(黒い種も食べる)

別名ピタヤとも呼ばれる、サボテン科のフルーツです。ぱっと目を引く、ピンク色の皮に包まれた華やかな外見です。手の平に載るくらいのサイズです。

  • 写真:菊地早秋白い矢印で示したピンクのもの(サボテン科)

食べ方は、ピンクの皮を剥いで中の果肉だけを頂きます。果肉は白色で、黒くて小さなタネがたくさん含まれています。タネは一緒に食べてしまって問題ありません。

甘さは控えめで、若干酸味があり、水分量が豊富です。水分も補給できるため、気温が高い東南アジアでは、身体に沁みるフルーツです。筆者はホテルの朝食で頂きました。

【5】ランブータン

  • 写真:菊地早秋赤くてモジャモジャしたランブータン

外見は赤く、小さく、まるで毛が生えたようにモジャモジャしているフルーツです。見た目が独特ですので、一度見れば忘れにくいです。ベトナムに限らず、東南アジア諸国ではよく見かける一般的な果実です。

  • 写真:菊地早秋手前はランブータンの山

食べ方は赤い皮を剥いで頂きます。若干爪を立てて剥くようになるため心配になりますが、中身が見えるまでグッと力を入れましょう。果肉は、透明感のある白色で、ライチを連想させます。味もライチとそっくりです。

以下余談ですが、江戸時代中期に活躍した日本画家、伊藤若冲(いとうじゃくちゅう)の代表作『果蔬涅槃図(かそねはんず)』という作品中にも登場する果物です。

次のページを読む

Booking.com

ベトナムの旅行予約はこちら

ベトナムのパッケージツアーを探す

ベトナムのホテルを探す

ベトナムの航空券を探す

ベトナムの現地アクティビティを探す

ベトナムのWi-Fiレンタルを探す

関連するキーワード

※この記事は2019年2月25日に公開した情報です。
 記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

あなたにオススメの記事

同じテーマの記事


【ベトナム】ダナンの名物麺料理ミークアンの名店「Mì Quang 1A」

ベトナムの食文化と言えば、フォーが一番有名ですよね。その他にも地方によって「ご当地麺料理」があり、各都市を訪れる楽しみの一つにもなっています。今回はベトナム中部...


【ベトナム】フーコック島の夜はナイトマーケットで決まり!

ベトナム最後の秘境と言われるフーコック島。大掛かりなリゾートホテルの建設が相次いでいる注目の島ですが、フーコック島に行ったら是非立ち寄りたいのが、ナイトマーケッ...

【ベトナム】ホイアンでオススメのレストラン3選

ランタンの町として人気なベトナム、ホイアン。色とりどりのランタンやのんびりした雰囲気、安くて美味しいベトナム料理が楽しめます。そんなホイアンでオススメしたい、ベ...

2泊4日の弾丸旅!ベトナム、ダナンおすすめの回り方

近年日本からの旅行者も増えているベトナム・ダナン。日本からの直行便で片道約5時間半という近さから、週末旅にもおすすめです。今回は、観光もスパもショッピングも捨て...

ハノイの夜はナイトマーケットへ!場所やお土産・飲食情報を大解説!

ハノイの夜は、「ナイトマーケット」へ行くのがお勧めです。金土日限定ではありますが、ベトナム最大級の規模の大きさで、食べ物の屋台や、お土産品の屋台などが一斉に集い...

この記事を書いたトラベルライター

大自然に魅せられて
ライターの菊地早秋(きくちさき)と申します。1990年9月生まれ。大きな海に囲まれた故郷で育ちました。そのせいか大人になっても自然を求めて三千里。これまで国内42都道府県、海外はアジアを中心に12か国を訪れました。沢山の写真を盛り込んだ作品をお届けしたいと思います。

【よくある執筆ネタ】
・湧き水/ネイチャースポット
・食文化/地域で頑張る飲食店
・茨城県

【tripnote外の活動】
・H29.07- 足立区浴場組合フリペ「銭湯といえば足立」連載
・H31.03 「人と地球を守るオルタナフード株式会社NoblesseOblige」コラム提供
・R01.06 森林インストラクター「森のシンガーソングライター山田証」歌詞提供

【Awards】
・H30.10 環境保全茨城県民会議主催「いばらき自然環境フォトコンテスト」部門賞
・H31.01 羽田空港主催「私の旅する日本語2018」大塚製薬賞
・R01.08 tripnote主催「トラベルライターアワード2019年上半期」審査員特別賞
https://note.com/skikuchee

【静岡】本当は広めたくない!柿田川湧水公園の神聖な見どころ5選

富士山に降った雨や雪が数十年の旅を経て、地上に現れる。それが静岡県清水町にある、柿田川湧水公園内の湧き水の正体です。こんこんと湧き出る、透明度の高い洗練された水...


【島根】1日で全部回れる!松江市のおすすめ観光スポット15選&ざっくりタイムスケジュール

島根県松江市街地のおすすめ観光スポットをご紹介します。宍道湖(しんじこ)を中心に栄えている町の魅力がたっぷり!朝から夜まで丸一日かけて、充実の松江観光を楽しんで...


タオルがいっぱい!今治タオル本店でお気に入りの一枚を見つけよう!

皆さんは今治タオルを使ったことはありますか?「今治タオル」とは、愛媛県今治市に集まっている、様々なタオル会社で作られたタオルの「総称ブランド」のこと。今治市は1...

台南に行ったら絶対ゲットしたい!人気の帆布カバン屋さん3選

皆さんは普段カバンを使いますか?台南では、帆布カバンが人気で、お土産にも購入する人が増えています。 帆布カバンとは、使いやすさ、シンプルなデザイン、丈夫さ、そし...

【茨城】100円でサツマイモ詰め放題!蔵出し焼き芋かいつか・かすみがうら本店工場直売所の魅力に迫る

まるでスイートポテトのような、クリーミー感とジューシー感。こんな焼き芋があったんだ!と一口食べれば、誰もが感じる焼き芋を販売しているお店、それが「かいつか」です...

トラベルライターアワード受賞結果発表トラベルライターインタビュー Vol.2 bluemoonさん

【トラベルライターインタビューVol.2】NY記事50本超え!人気記事を多数生み出しているbluemoonさんの執筆のコツとは?