ベトナム
ベトナム観光
フランスの名残りも感じるハノイに活気溢れるホーチミン

ベトナム再入国で入国拒否?注意すべき再入国31日ルールとは?

取材・写真・文:

東京在住

2017年8月29日更新

6,074view

お気に入り

近年ビーチリゾートが徐々に有名になり、ますます人気高まるベトナム。2015年から施行されている、ベトナム入国法の再入国に設けられるルールをご存知ですか。知らないと、実はこわーい落とし穴があります。あなただってもちろんその怖い落とし穴に引っかかり、入国拒否にあう可能性も!くれぐれもそうならないよう、ビザなしでベトナムへ行く際の注意点を実際にある事例を織り交ぜつつ紹介します。

この記事の目次表示

ベトナムのおすすめツアー
【旅工房25周年記念特別企画】~知られざる至極の穴場リゾート~゛何もしない贅沢゛比類のない隠れ家高級ホテル「シックスセンシズ・ニンヴァンベイ(5つ星)」宿泊<1回のディナー&ビーチでのランチ&45日前予約でマッサージ付き>[日本語送迎&全朝食&燃油込み]3泊5日
151,800円~417,800円
【サマーセール】<残り10席!まだ間に合うお盆休みの夏旅行!>“これぞまさに陸の孤島”街の喧騒とは無縁のプライベートリゾート空間 『アンサナ・ランコー(5つ星)』泊 ダナン4泊6日[往復日本語送迎&全朝食付き]
134,800円~218,800円
【サマーセール】<残り10席!まだ間に合うお盆休みの夏旅行!>…━オペラ座の隣に建つ!名誉ある賞の受賞歴があるおすすめホテル━…『ヒルトン・ハノイ(5つ星)』ハノイ4泊6日[ベトナム航空直行便利用/往復日本語送迎&全朝食付]
73,800円~123,800円

注目の観光大国ベトナムとは?

ベトナムといえば何をイメージしますか?壮大な緑の世界ではないでしょうか。実は8つもの世界遺産にも恵まれたベトナムは、文化にも自然にも富んだ観光大国。北はハノイ、南はホーチミンとだけでなく、中部などの地方都市こそ注目されてきました。

  • 写真:kyonntra

徐々に知名度を上げるキッカケとなったのは、ベトナム中部のビーチリゾートとして知られるダナンやニャチャン、南西部のフーコック島ではないでしょうか。

  • 写真:kyonntra

さらには古き良き日本を思わせる世界遺産の町、ホイアンもインスタ映えするフォトジェニック写真が撮れることで人気の観光スポットです。今ノリに乗っているベトナム。これからさらに観光客が増えることが予想されています。

ベトナムへ訪れる外国人も増えたことによって、著しい経済成長を見せ、特にダナンでは建設ラッシュが加速。それに伴って夜景スポットの町としても変化を遂げているんですよ。自然遺産に、綺麗なビーチに、文化遺産。誰もが何度だって行きたくなるような魅力がたくさん詰まっているのがここベトナムです。

ベトナムの入国法基礎編。短期間の旅行へ行くには?

基本的には求められる条件を全て満たせば、ビザなしで15日以内の滞在が可能です。(予告なく法律が変更となる場合もありますので、最新情報の詳細については、都度ベトナム大使館ホームページをご確認ください)それでは順を追って、その条件を見ていきましょう。

そもそもビザって?

細かい条件を説明する前に、まずはビザについて説明しておきましょう。ビザは各国ごとで発給する査証とも呼ばれ、いわゆる入国許可証にあたります。私たち日本人が海外へ行く場合、大半の国ではビザは必要ありません。ですので海外へ行き慣れてない人はあまり馴染みのないものかもしれません。

例えば現地に長期間住んだり、働くことになったり、長期留学する場合はこのビザが必要となります。

ベトナムにビザなし(無査証滞在)で入国できる条件

ビザ免除国の国民である日本国籍のパスポート保有者の場合は、以下の主な4つの条件を満たした際に、最大15日間の滞在が可能です。(ベトナム大使館の公式情報より、一部順番は前後しています。)条件及び注意点について紹介します。

出国日のパスポート有効期限の残存期間が6ヶ月以上であり、1ページ以上の空きページがある

これは出国日換算ですので、必ず旅行出発日ではなく、最後にベトナムを出る日から6ヶ月以上の有効期限があるかの確認が必要です。国によってはこれが3ヶ月や半年間だけの場合もあるので、どの期日からのカウントなのかを把握しておくことが重要です。さらにはパスポートの空きページが1ページ以上必要であることもご留意ください。

往復航空券または、第三国への航空券が必要。

当然ではありますが、どの国も無条件に外国人を受け入れていてはパンク状態になります。ビザを取得する際には一般的には審査というものがあるのもそのためです。ビザなしで入国する場合は、その審査を受けない代わりに、母国に帰るまたは他の国へ移動するという証明のため、往復航空券または第三国へ抜ける航空券を求められます。

「片道で安いチケットを見つけたから」や「ベトナムに入ってからゆっくり行き先を考えたいな」は当然通用しません。不法滞在を防止する意味も含め、各国厳しく取り締まっていることがほとんどですので、ビザなしでベトナムへ渡る場合は必ず出国する航空券を購入しておきましょう。

ベトナム入国禁止対象者リストに属していない

もちろん何も問題がなければ入国が可能です。

前回のベトナム出国日の翌日から起算して31日以上の期間が経過している。(パスポートのベトナム出国税関審査官の出国スタンプに基づく)※ベトナム大使館ホームページ要項より抜粋

ベトナム大使館には第二項として書かれている内容ですが、実はこの一文に大きな落とし穴が隠されているのです。

次のページを読む

ベトナムの旅行予約はこちら

ベトナムのパッケージツアーを探す

ベトナムのホテルを探す

ベトナムの航空券を探す

ベトナムの現地アクティビティを探す

ベトナムのWi-Fiレンタルを探す

関連するキーワード

※この記事は2017年8月29日に公開した情報です。
 記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

あなたにオススメの記事

最近人気の記事


冬に行きたい暖かい国13選!12月・1月・2月の海外旅行におすすめ

寒〜い冬の日本を脱出して暖かい国へ!日本の真冬に当たる12月・1月・2月にベストシーズンを迎える、冬の海外旅行におすすめの暖かい国をご紹介します。


【2019】ベトナムで買うべきお土産7選!旅ツウのトラベルライターがおすすめ

ベトナムの味を再現できる日本では入手困難な調味料や、カラフルでバリエーション豊かな刺繍グッズ、ベトナムコーヒーを自宅で楽しめるアイテムまで、旅行経験豊富なトラベ...

【ベトナム】半日で巡る!お土産天国ダナン市街の見どころ

ベトナム中部の都市ダナンは、お土産天国と言っても差支えないほど、様々な名品が低価格で購入できるんです。中には女子ウケするカワイイ小物もいっぱい。そんなダナン市街...

2019夏休みの海外旅行におすすめの国・都市11選!夏がベストシーズンの旅行先特集

長期連休が取りやすい夏休み。せっかく海外旅行に行くなら、この時期にぴったりな旅行先へ出かけたいですね。夏休みの海外旅行先に迷っている方へ、夏の時期がベストシーズ...

ベトナム・ダナンのおしゃれカフェ5選!女子旅にもおすすめ

近年リゾート地として注目を集めているダナンから、女子旅にもぴったりのおしゃれなカフェをご紹介します。ビーチで泳ぎ疲れた時、街歩きで一休みしたい時、ぜひ立ち寄って...

この記事を書いたトラベルライター

世界を駆け巡る20代
世界を駆け巡る20代。
元空港国際線勤務、元ホテルマン。元留学生ブロガー。飛行機移動距離は地球5周半。数をこなすことよりも、居心地のいい場所に何度も行く派。。移動手段(飛行機)+泊まる場所(ホテル)が前職場だったため、旅行手配はかなり早い。
10代の頃にアメリカ、カナダ、フィジー、フィリピンへ留学。
過去に留学生ブログランキング一位獲得(2008年頃)
https://kyonntra.com

地元マカオ人に聞いた!マカオで食べるべきおすすめマカオグルメ8選

東洋のラスベガスとも呼ばれ、アジアが誇るカジノタウン、マカオ。香港からもフェリーで気軽にアクセスできることから、多くの観光客が訪れる人気観光スポットです。小さな...


フォローしたい☆話題のフォトジェニックが凄いインスタグラマー5人

インスタ映えという言葉に加え、今話題の言葉、フォトジェニック。そもそもフォトジェニックって何?イメージが湧くようで、くわしい意味はわからない人でも、今回紹介する...

フォローしたい!旅動画&写真が凄い男性インスタグラマー5人

前回トリップノートでは、「フォローしたい♡世界を旅する日本人の女子インスタグラマー5人」をご紹介しました。今回は男性にフォーカスして、旅動画&写真が凄いインスタ...

フォローしたい*インスタジェニックな旅動画が凄いクリエーター5人

ストーリーをはじめとする機能がますます充実し、人気が広がるインスタグラム。皆さんにとっても旅先での必須アプリの一つではないでしょうか。多くの人が憧れるインスタ映...

緊急事態⚠︎空港で預け荷物が届いてない時の5つの心構え【保存版】

旅行先での相棒といえばのスーツケース。フライトを終え現地の入国審査を終えて、あとは旅の相棒(スーツケース)をお迎えに。「さあ!旅のはじまりだ」なんてスタートのは...

トラベルライターアワード受賞結果発表トラベルライターインタビュー Vol.2 bluemoonさん

【トラベルライターインタビューVol.2】NY記事50本超え!人気記事を多数生み出しているbluemoonさんの執筆のコツとは?