山梨
山梨観光
周囲を山に囲まれた、国産ワインの有名産地

【山梨】2つの富士山が見える富士芝桜まつり

取材・写真・文:

神奈川在住

2018年5月2日更新

1,118view

お気に入り

写真:絶景@日本

芝桜の名所は、秩父の羊山公園(芝桜の丘)の他にもいくつかありますが、富士山麓にも芝桜の咲き誇るスポットがあります。今回は富士山麓の広大な敷地に、首都圏最大級の80万株もの芝桜と富士山を一緒に見る事ができる「富士芝桜まつり」と、富士芝桜まつり期間中に同時開催される「富士山うまいものフェスタ」についてご紹介します。

富士芝桜まつり

「富士芝桜まつり」は、4月中旬から5月下旬まで、山梨県にある富士本栖湖リゾートで開催されます。河口湖駅からバスで会場に向かう場合は、第二入園口からの入園となりますが、入園後すぐに竜神池があり、池の周りに広がる芝桜と富士山を一緒に見る事が出来ます。

  • 写真:絶景@日本

こちらの富士本栖湖リゾートは、芝桜と一緒に富士山を見る事が出来る絶景スポットですが、この会場内にはもう1つ富士山があります。それが芝桜で作られた「ミニ芝桜富士」です。

  • 写真:絶景@日本

芝桜はピンク以外にも紫色や白などの色がありますが、ミニ芝桜富士は頂上付近を白い芝桜で冠雪を現し、高さ2mほどになっています。今回、少し重ね過ぎて撮ってしまいましたが、上手に角度を変えてミニ芝桜富士と富士山を撮るとまるで大小の富士山が2つあるように見えます。

  • 写真:絶景@日本

会場内は広いのでゆっくりと園内を歩きながら芝桜と富士山を楽しむのもいいですが、会場内にある展望台から会場全体を見渡すのもお勧めです。

  • 写真:絶景@日本

こちらの展望台は時間無制限で見る事ができるため、展望台で見る人数を安全の為に制限しています。そのためタイミングが悪いと下の写真のように行列となり、かなり待たされる可能性があります。

  • 写真:絶景@日本
  • 写真:絶景@日本

展望台からは、会場全体と2つの富士山を一望できるので並ぶ価値はあると思いますが、太陽を遮る場所がない為、暑い日などは熱中症に十分気を付けて下さい。

  • 写真:絶景@日本

会場内では他に、芝桜をイメージした本格スイーツを楽しめる展望カフェや、芝桜を眺めながら入れる足湯(利用料100円)などがあり、楽しむ事ができます。

富士山うまいものフェスタ

富士芝桜まつり期間中、芝桜会場に隣接したエリアでは、富士宮やきそばや富士山と鯛のめでたい組み合わせの「ふじやまたいやき」など、富士山周辺のうまいものが出店する「富士山うまいものフェスタ」が開催されています。

  • 写真:絶景@日本

会場内には多くのテントが並び、中央のテントにはテーブルと椅子が用意されていて座って食べる事ができます。

  • 写真:絶景@日本富士宮やきそば
  • 写真:絶景@日本ふじやまたいやき
  • 写真:絶景@日本富士山揚げかまぼこ(380円)
  • 写真:絶景@日本芝桜コロッケ(100円)

メニューは富士宮やきそばのような定番(有名)なものから期間限定、まつり会場限定のものなど沢山の種類がありますので、芝桜だけでなく食べ物も楽しむ事ができます。


アクセスとお得な切符

富士芝桜まつりが行われている会場へは、電車や高速バス等で河口湖駅へ行き、そこからまつりの期間中に運行される芝桜ライナーで会場に行く方法があります。

河口湖駅から会場に向かうバスの切符を購入する際は是非、富士芝桜まつり入園券と往復バス乗車券がセットになっているもの(2,000円)をお求め下さい。通常(バス往復2,460円と入園券 600円の計3,060円)よりも1,060円安くなります。

なお河口湖駅に向かう高速バスは、富士急行バスから都内近郊や埼玉県や千葉県からも多数出ていますので、そちらをご覧下さい。

アクセスに関してはコチラをご覧頂くと分かりやすいかと思います。

花も食も楽しめるイベントに出かけてみませんか?

会場は最寄の河口湖駅からバスで30分と、公共の交通機関を使っても少し不便ですが、富士山と花を楽しむだけでなく、富士山周辺のグルメも一緒に楽しむ事ができます。まつりの開催期間も1ヶ月以上と長いので是非お出掛けしてみては如何ですか?

ただ、河口湖駅からまつり会場までは通常30分ですが、開花状況によっては道路は混雑します。実際、私が行った時は片道1時間半と通常の3倍の時間がかかってしまいましたので、時間に余裕を持ってお出掛け下さい。

富士芝桜まつり開催概要

  • 開催期間:2018年4月14日(日)~5月27日(日)
  • 営業時間:8:00~17:00
  • 入園料:大人(中学生以上) 600円 / 子供(3歳以上) 250円
  • 会場のMAPはこちらをご参照下さい
富士芝桜まつり
山梨 / イベント・祭り
住所:山梨県南都留郡富士河口湖町本栖212
電話:0555-89-3031
Web:http://www.shibazakura.jp/

山梨の旅行予約はこちら

山梨のホテルを探す

山梨の航空券を探す

山梨のパッケージツアーを探す

山梨の現地アクティビティを探す

山梨のレンタカーを探す

山梨の高速バスを探す

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※この記事は2018年4月30日に公開した情報です。
 記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

あなたにオススメの記事

同じテーマの記事

【山梨】石和温泉と周辺のおすすめ観光&グルメスポット

フルーツ王国として有名な山梨県。首都圏から車でも2時間ほどでアクセスできるので、ドライブ旅にもおすすめです。今回は昔ながらの温泉街・石和温泉郷とその周辺で楽しめ...

ピークを逃さない裏ワザも!絶景の紅葉を楽しむ関東近郊のドライブルート!

紅葉の時期に、どこにドライブに行けばいいかと悩んでいる人も多いでしょう。その時に、知っておくと一目置かれること間違いなし!素晴らしい紅葉が見られるドライブコース...


【山梨】赤ちゃん連れの旅行なら「リゾナーレ八ヶ岳」が絶対おすすめ!

赤ちゃんとの旅行、荷物の多さにうんざりしたり、食事の心配もありますよね。そもそも赤ちゃんを連れて行って楽しめるの?という疑問も。そんなあなたにぜひおすすめしたい...

ただただ美しい!山梨県の絶景スポット12選

富士山と色あざやかな花とが織りなす絶景や、「これぞニッポン!」という絵ハガキのような絶景、そして”新日本三大夜景”に認定された夜景の絶景スポットなど、山梨県には...


ディープでレトロな異空間。山梨県・月江寺

山梨県の富士吉田市にある月江寺。富士吉田市は明治以降に織物産業で栄え、月江寺も織物産業で働く人々の歓楽街として発展しました。今回は、当時のディープでレトロな雰囲...

この記事を書いたトラベルライター

駆け出しのトラベルライター
アラフォー男子
新宿、小田原、川崎を起点に
お得なフリー切符を活用して
都内近郊を中心に大切な人と出掛けています

それぞれの時期に咲く花を見に行き、
それぞれの土地で美味しいものを食べ、
それぞれの季節の風景を楽しむ

そんな気持ちが記事から伝わり、
読んでくれた方の参考になれば幸いです

写真は大切な人です☆
https://www.zekkei-japan.com/

【閲覧注意!】川崎で年に1度、外国人観光客で溢れる男性器を崇める【かなまら祭】

厄除け大師として知られる川崎大師がある京急大師線「川崎大師駅」から徒歩3分の所に金山神社があります。そこで年に1度開催される、外国人観光客で溢れる奇祭「かなまら...

【閲覧注意!】R-18の熱海観光 熱海城と秘宝館

温泉リゾート地として知られている熱海ですが、今回は熱海城を中心とした熱海の大人の観光地をご紹介します。なお、当記事には男性器に関連した露骨な画像があります。その...


お得な【みさきまぐろきっぷ】で巡る三浦海岸の河津桜と三崎のマグロ

例年2月になると、花が咲いている期間が約1ヶ月と比較的長い特徴を持つ、早咲きの河津桜が開花します。河津桜と言うと伊豆の河津町が有名ですが、春に咲く桜と同じように...

【秩父フリーきっぷ】で行く秩父・長瀞花巡り旅【芝桜・藤・八重桜】

日本各地を鮮やかにピンクに染める桜も都内近郊では4月中旬頃には散り、5月のG.W.に向けて新緑の季節を迎えます。そんな時期、都内から2時間ほどで行ける秩父では、...


【神奈川】河津桜と菜の花、夜景も楽しめる「まつだ桜まつり」と「菜花まつり」

例年2月頃になると開花し、約1ヶ月間楽しませてくれる早咲きの河津桜。河津桜を楽しめるスポットは日本各地にありますが、昼は河津桜と菜の花の競演、夜は河津桜のライト...

トラベルライターアワード受賞結果発表トラベルライターインタビュー Vol.2 bluemoonさん

【トラベルライターインタビューVol.2】NY記事50本超え!人気記事を多数生み出しているbluemoonさんの執筆のコツとは?