オーストラリア
オーストラリア観光
日本の約22倍の広大な土地に広がる大自然

【シドニー】ブルーマウンテンズのアンティークなホテル「メトロポール・ゲストハウス」

取材・写真・文:

オーストラリア在住
訪問エリア:36ヶ国

2021年1月13日更新

13view

お気に入り

写真:Booboo56

シドニーに行ったら、絶対に外せない世界遺産「ブルーマウンテンズ」。その観光拠点となる街「カトゥーンバ」の駅すぐ近くに「メトロポール・ゲストハウス」があります。アンティーク好きなら絶対に気に入るホテルの内部をご紹介します。

この記事の目次表示

ブルーマウンテンズ観光には1番の立地「カトゥーンバ」

  • 出典:commons.wikimedia.orgエコーポイントから眺めるスリーシスターズ、ホテルから徒歩でも行けますよ。Photo by MilaKampus, CC BY-SA 4.0 <https://creativecommons.org/licenses/by-sa/4.0>, via Wikimedia Commons

シドニーから電車を利用して、世界遺産「ブルーマウンテンズ」へ向かう場合、「カトゥーンバ」という街が観光拠点となります。「カトゥーンバ」駅で下車し、ここから各スポットを回る周遊バスを使うルートがもっとも効率的なルートです。

シドニーから日帰り観光も可能ですが、せっかくなら「カトゥーンバ」でホテルに一泊して、ブルーマウンテンズ観光を満喫してはいかがでしょうか?

  • 出典:commons.wikimedia.orgカトゥーンバの街 Photo by Adam.J.W.C., CC BY-SA 2.5 <https://creativecommons.org/licenses/by-sa/2.5>, via Wikimedia Commons

今回はそんなプランにぴったりの、「カトゥーンバ」駅のすぐ近くにあるホテルをご紹介します!

カトゥーンバ駅
オーストラリア / 駅
住所:Katoomba Station オーストラリア 〒2780 ニューサウスウェールズ カトゥーンバ地図で見る

「メトロポール・ゲストハウス」

「メトロポール・ゲストハウス」は、カトゥーンバ駅から徒歩1分のところにあります。開業は1933年、その後何度か改装、改修されましたが、ホテル内の雰囲気は今も当時のままだそうです。

  • 写真:Booboo56

客室

ゲストハウスという名前ですが、客室は全てシャワー、トイレ付きです。

  • 写真:Booboo56
  • 写真:Booboo56

こじんまりとした部屋や家具は、50年以上の歴史を感じさせる風合いですが清潔で、冷蔵庫、ヘアドライヤー、TV、ティーセット(ケトル、コーヒー、紅茶、クッキー)など、ホテルとして必要なものは全て揃っています。

Wi-Fiもサクサク繋がります。

  • 写真:Booboo56ドアノブの高さに注目!

ラウンジ

1階(日本では2階にあたります)にはラウンジと図書室があって、ゲストはこれらの施設を自由に使えます。

  • 写真:Booboo56

ラウンジには、ポケットビリヤードやトランプをはじめ、テーブルゲームができるようなテーブル、ソファーがあります。客室が小さいので、寝るまでの時間をここで過ごすゲストが多いようです。

  • 写真:Booboo56

図書室

めちゃめちゃいい感じの図書室。皮張りのソファーといい、蓄音器やラジオといい、レトロな雰囲気がたまりません。

  • 写真:Booboo56
  • 写真:Booboo56
  • 写真:Booboo56

各階にも

ラウンジと図書館の他にも各階に小さなラウンジがあります。ステンドグラスも家具も、とても素敵です。

  • 写真:Booboo56
  • 写真:Booboo56
  • 写真:Booboo56

中庭

このホテルは、オリジナルの建物とその隣の建物を繋いで1つのホテルとして使用しており、その繋ぎ目となっている部分は中庭となっています。緑の階段の向こうに見えるのが、裏玄関。受付に人がいないときは、こちらの裏玄関から出入りします。

  • 写真:Booboo56

バー・レストラン

  • 写真:Booboo56

ここもなかなか渋いですよ。筆者は特に板張りの床が気に入りました。

スタッフ、サービスなど

スタッフはみんな地元の人で、本当にフレンドリー!街の人とは違う木訥なところも魅力です。英語ではありますが、どんな質問にも親切、丁寧に答えてくれます。

そしてコスパも抜群!これだけの立地で、ちゃんとした設備があって、一部屋90ドル(約7,200円)しませんでした(2021年1月)。

駐車場もあるので、車で来ても大丈夫です。さらに、ブルーマウンテンズ内の見どころであるエコーポイントは、駐車場が有料となりますが、こちらのホテルに滞在していると、エコーポイント近くにある系列ホテルの駐車場に無料でとめることができますよ。

メトロポール ゲストハウス
オーストラリア / ホステル
住所:Cnr Gang Gang & Lurline Streets Katoomba NSW 2780 Australia地図で見る
電話:0247825544
Web:https://metropolekatoomba.com.au

オーストラリアの旅行予約はこちら

オーストラリアのパッケージツアーを探す

オーストラリアのホテルを探す

オーストラリアの航空券を探す

オーストラリアの現地アクティビティを探す

オーストラリアのWi-Fiレンタルを探す

オーストラリアのレンタカーを探す

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※この記事は2021年1月13日に公開した情報です。
 記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

あなたにオススメの記事

同じテーマの記事


【オーストラリア・パース】立地&景色抜群!スワン川沿いのホテル 「ダブルツリー byヒルトン パース ウォーターフロント」

2020年11月、パース市内中心部に新しくオープンしたホテル「ダブルツリーbyヒルトン パースウォーターフロント」。この記事では、立地も景色も抜群のホテルの詳細...


【オーストラリア・パース】子連れ旅行にお勧め!クラウンメトロポールホテル

パースにあるホテルはシティ型のホテルがほとんとですが、クラウン系3ホテルが隣接しているバーズウッドリゾートというエリアには、子供を飽きさせない大型プールや、スワ...

ケアンズから45分で行けるパラダイス!真っ白な珊瑚の島フィッツロイ・アイランド

グレートバリアリーフに浮かぶ、珊瑚の島フィッツロイ・アイランド。ケアンズの港からフェリーに乗って45分で到着する極上リゾートです。真っ青な透き通る海の色と、波に...

【オーストラリア】ブリスベンのおすすめホテル「アディナ・アパートメント ホテル」

オーストラリア第三の都市でありながら、何となく影が薄いブリスベン。ホテルの情報もやっぱり少なくて、ホテル選びに悩む人も多いかもしれません。ということで今回は、ス...

この記事を書いたトラベルライター

頭の中は食べることばかり、元バックパッカー 
観光というより、暮らすように旅できるオーストラリア・クイーンズランド州にあるサンシャインコーストの魅力をお伝えしたくて、トラベルライターになりましたが、なかなか思うような記事ができず奮闘中。
旅行の目的は「食べること!」、旅行先で出会った美味しいものもご紹介していきたいと思っています。

【シンガポール】チャンギ空港の新施設「ジュエル」

施設・サービスの充実ぶりで「世界一の空港」の名をほしいままにしてきたチャンギ国際空港ですが、2019年4月17日に新施設「ジュエル」がオープンして更にパワーアッ...


スペイン行ったら、これ食べよ! バルのおすすめタパス8選

スペインのグルメ体験といえば「タパス」。タパスと言ってもいろいろあって、何を食べるか迷ってしまうという人も多いのではないでしょうか?そんなあなたのために、スペイ...


【マレーシア】地味だけど、意外にハマる猫の街!クチンの歩き方

マレーシアのボルネオ島にあるサラワク州の州都クチン。日本人には馴染みが少ない街ですが、「ゆる〜くて、やさしい」独特の雰囲気を持っています。今回はこのクチンの魅力...

【岐阜】意外に絶景⁈ 金華山に登ってみよう

岐阜市民にとっての原風景は、金華山と長良川。特に金華山は、山頂の岐阜城と共に岐阜市のシンボルになっています。標高329mという気軽に登れる山なのですが、山頂から...

【オーストラリア】「これが地球?」の景色が広がる地下都市、クーバーペディ

荒涼とした景色が好きな人なら絶対気に入る「クーバーペディ」。オーストラリア内陸部にある人口3千人あまりの街です。ここの魅力は風景だけではありません。この記事を読...

トラベルライターアワード受賞結果発表トラベルライターインタビュー Vol.3 Emmyさん

【トラベルライターインタビューVol.3】一人旅を応援する記事を多数執筆!Emmyさんならではの人気記事執筆のコツやその原動力に迫ります