レトロな貿易港、福岡県・門司港の必見スポット5選

233

view
   2017年1月12日更新

明治~昭和初期にかけ、横浜、神戸と並び貿易港として栄えた福岡県・門司港。日清戦争、日露戦争、第一次世界大戦といった戦争にともない、大きく発展しました。終戦後は貿易港としては衰退しましたが、当時のレトロな雰囲気が今も残っており、観光客が多く訪れます。今回は、見所たくさんの門司港エリアから、ぜひ見ておくべきスポットを厳選して紹介します。

【1】関門海峡を一望!日本最大級の歩行者用跳ね橋「ブルーウィングもじ」

まずは門司港にかかる跳ね橋、「ブルーウィングもじ」。歩行者専用の跳ね橋としては日本でもトップクラスの大きさで、開閉の最中は、見物する観光客や利用客でごった返します。

昼間に見る橋も迫力がありますが、夜にライトアップされた橋も幻想的です。さらに、橋の上からは門司港と下関を隔てる関門海峡が一望できます。

観光スポットとして有名なだけでなく、この橋が降りている間は、門司港の向こう岸まで回り道せずに移動できるので、実用性も高いです。10時から16時の間、1時間に20分程度渡れる状態になります。橋が降りている時間を計算に入れて、効率よく周辺のスポットを回って行きましょう。

ブルーウィングもじ

福岡 / 観光名所

 

住所:福岡県北九州市門司区浜町4-1

Web:http://www.mojiko.info/3kanko/spot_wing.html

【2】門司港の歴史を象徴する国際友好記念図書館

かつて門司港は、中国・大連市と航路が結ばれており、交流が盛んでした。1979年には北九州市と大連市が友好都市となりました。友好都市締結15周年を記念して建てられたのが、この国際友好記念図書館です。

実はこの建物、1902年に大連に建てられた東清鉄道汽船事務所の複製なのです。元の東清鉄道汽船事務所は、ドイツ人が設計しロシア帝国により建てられたという、何とも国際的な建物です。

黒い鋭角の屋根やレンガの壁が印象的な美しい建物の中には、東アジアの文献や資料が保存されています。歴史はまだ浅いですが、門司港の歴史を物語る代表的な建築物です。

国際友好記念図書館

福岡 / その他スポット

 

住所:福岡県北九州市門司区東港町1-12

電話:093-331-5446

Web:http://www.mojiko.info/3kanko/spot_kokusai.html

【3】アインシュタインが宿泊。旧門司三井倶楽部

旧門司三井倶楽部は、1921年に三井物産の社交場として建てられました。木製の枠組みの間を石やレンガなどで埋めるというヨーロッパの工法で建てられており、外観からもよくわかります。

この建物には、アインシュタイン博士が夫人と共に宿泊したことがあります。泊まっていた部屋は、当時の様子が復元されており、必見です。

また一階レストランでは、門司港名物の焼きカレーを味わえます。特に、海老などが入った海鮮焼きカレーがお勧めですよ。

旧門司三井倶楽部

福岡 / 建造物 / 観光名所

 

住所:福岡県北九州市門司区港町7-1

電話:093-321-4151

【4】門司港の秩序を守り続けた旧門司税関

旧門司税関は1912年に建てられました。その名の通り、昭和初期までは税関として機能していました。

建物の外観も必見ですが、内部には実物を使った密輸品や偽物ブランド品の手口紹介スペースがあり、そこにも注目です。麻薬や拳銃を入れるために中身がくり抜かれた絨毯や書物など、よくこんなことを考えるな、逆によく見つけられたな、というものが多数あり、勉強になります。

旧門司税関

福岡 / 建造物

 

住所:福岡県北九州市門司区東港町1-24

電話:093-321-6111

【5】竣工から約100年!外国に旅立つ人々の待合室だった旧大阪商船

旧大阪商船は1917年に竣工されました。八角形の塔屋と、オレンジ色のタイルが貼られた壁が美しい建物です。元々は1階が船の待合室や税関の派出所、2階が大阪商船株式会社門司支店の事務所と電話交換室でした。

現在1階は、地元作家の作品の販売スペース、及び地元出身のイラストレーター「わたせせいぞう」のギャラリーとなっています。2階は出光美術館の特設展示室して使用されています。外観だけでなく内部も要注目のスポットです。

また、旧大阪商船の1階には「カフェ・マチエール」があります。「バナナたたき売りの発祥地」とされる門司港ならではの、焼きバナナのハニートーストが味わえますよ。

旧大阪商船

福岡 / 建造物

 

住所:福岡県北九州市門司区港町7-18

電話:093-321-4151

カフェ・マチエール

福岡 / カフェ・喫茶店

 

住所:福岡県北九州市門司区港町7-18 旧大阪商船ビル1F

電話:093-321-4747

Web:https://cafemachieru.jimdo.com/

1日で回りきれないボリュームの門司港

今回紹介したのは、門司港の見どころのほんの一部にすぎません。じっくり回ったら1日では回りきれないほどの魅力がここ門司港にはつまっています。

あなたもぜひ一度、おしゃれでレトロな門司港を訪れてみてください。

関連リンク

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※この記事は2017年1月2日の取材に基づき公開した情報です。
 記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。
トラベルライター
一人旅好きのブロガー

国内で一人旅ばかりしているブロガーです。メジャーではないけどマニアックすぎない、「もっと評価されるべき」スポットを中心に紹介します。個人ブログやツイッターで今までに訪れた場所について書いたり、ここではない某所でもトラベルライターとして活動したりしているので、ぜひ参考にして頂ければと思います。

http://85irimusume.doorblog.jp/

同じテーマの記事

【トラベルライターインタビューVol.1】ライターとしてのやりがいや、記事を書き続けるコツとは?ライターさんの素顔に迫ります!

アプリなら記事も地図もサクサク快適!

  • 行きたい観光スポットをお気に入り登録すれば自分専用のガイドブックに。
  • 旅した国・都道府県をチェックして、自分だけの塗りつぶし地図を作ろう!