岐阜「リスの森飛騨山野草自然庭園」のリスが可愛すぎてメロメロ

211

view
   2017年3月18日更新

歴史的建造物が多く残る町並みや温泉郷など、見どころが多い飛騨高山観光で、ぜひ加えて頂きたいのが「リスの森飛騨山野草自然庭園」。放し飼いになっているリスたちと触れ合えて、餌付けもできます。その愛くるしさは、訪れた者だけが知る至福の感動。きっと、あなたもメロメロに!

リスの森って?

  • リスの森飛騨山野草自然庭園

リスの森飛騨山野草自然庭園は、高山市の中心地から南に位置する、源氏岳の森の中にあります。周辺は木々に囲まれた自然あふれる場所です。入園料を払い、手を消毒したら、ネットで囲まれたケージの中に入ります。

  • 屋根があるので雨の日もOK

この中で、リスたちが放し飼いになっており、縦横無尽に走り回っているのです。屋根があるので、雨が降っても安心な場所です。

どんなリスがいるの?

ここには、ペットとして人気のシマリスが約70匹、外来種のタイワンリスやチョウセンリスが約30匹、他にもエゾリスなどがいます。5月頃は、その年に生まれた赤ちゃんリスの姿も見られるそうです。

餌は絶対買うべし!

入園の際、100円でひまわりの種やナッツなどが入っている餌を購入できます。当然ですが、餌の持ち込みは不可です。この餌があるかないかで、ここで味わえる喜びが左右されるといっても過言ではないので、ぜひ購入しましょう。

園内を走り回るリスたちを見ているだけでも非常に癒されるのですが、餌を持っていると、愛らしいリスたちが近寄ってきてくれます。

  • どっちにしよぉ~

少しずつ近寄ってきて手から餌を受け取り、一生懸命食べるしぐさは、たまらない可愛さで、「食べたいだけ食べさせてあげる!!」的な気分になってしまいます。しかし、こちらのそんな愛情は気にもとめず、リスたちは気分屋さんで、あちらの手、こちらの手と、移動していくのですが。

季節や時間で差が出る?

リスの種類、季節、時間帯によっても、餌を食べに来てくれる頻度に違いがあります。エゾリスなどは、警戒心が強く、あまり近寄ってきてくれない傾向があります。

冬眠から覚めたばかりの時期は、やはりまだ眠いのでしょうか?動きが鈍いようで、夏から秋にかけては、活発になるようです。時間帯は、お腹が空いている朝と夕方がおすすめです。

  • 大人も子供も夢中!

観光客が多い日は、おなかも一杯になりやすいですね。それから、追いかけまわされると、逃げるリスが多いです。

コツとしては、掌に餌を置いて、通りそうな場所でじっと待っていると、リスの方から来てくれる確率が高いようです。保証はできませんが、運が良ければ、腕や肩まで登ってくれる日もあるようです。

掌に伝わってくるほんのりとしたリスの体温と、小さいけれど確かに感じるリスの重さが愛おしくて、一瞬にして心をうばわれることでしょう。

時間を忘れて過ごせてしまう、癒しの空間「リスの森飛騨山野草庭園」。飛騨高山観光のひと時に加えてみてはいかがでしょう。

リスの森 飛騨山野草自然庭園

岐阜 / テーマパーク

【関連記事】
タイムスリップ気分でめぐる!飛騨高山のおすすめ観光スポット15選
おしゃれな和の町を満喫!飛騨の小京都・高山観光の楽しみ方

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※この記事は2017年3月10日の取材に基づき公開した情報です。
 記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。
トラベルライター
お出かけ、食べることが大好き!

日帰りドライブから、国内、海外を問わずお出かけするのが大好きです。ずっとタウン重視でお買い物に夢中の旅でしたが、10年ほど前にアメリカ・サンフランシスコに在住。国立公園めぐりをしたことをきっかけに、自然も大好きになりました。少し歴史を知ってから出かけると楽しいこと、美味しい食べ物や綺麗な風景に出会えると幸せなこと。小さな情報が、誰かの楽しい!や嬉しい!につながったらいいなと思っています。これからも、いろんなところへ出かけて、たくさんの情報を発信してゆきたいと思っています。少しでも参考になれますように!

同じテーマの記事

【トラベルライターアワード2016 受賞結果発表】2016年、特に人気を集めた記事&活躍したライターさんを発表します!

アプリなら記事も地図もサクサク快適!

  • 行きたい観光スポットをお気に入り登録すれば自分専用のガイドブックに。
  • 旅した国・都道府県をチェックして、自分だけの塗りつぶし地図を作ろう!