茨城
茨城観光
史跡や自然景勝地が豊富な、国内一のメロン生産地

【茨城】やっぱり甘い!安納いもを使った干し芋屋さん「茜農園」&小鉢ごはんが可愛いレストラン「あかね」

取材・写真・文:

茨城在住
訪問エリア:44都道府県

2019年1月11日更新

3,317view

お気に入り

写真:菊地早秋

安納いもを使った、珍しい干し芋屋さん「茜農園」をご紹介します。ほどよい甘さと硬さがクセになる、天然のスイーツに囲まれてみませんか。同敷地内の、小鉢料理がたっぷり頂けるレストラン「あかね」もレビューします。

この記事の目次表示

安納いもってどんなお芋?

安納いもには二種類ある

お店の紹介に入る前に、「安納いも」についてご説明します。安納いもとは、鹿児島県種子島(たねがしま)にて、ながらく生産が行われてきたサツマイモです。第二次世界大戦後、帰還兵がスマトラ島(現在のインドネシア)より、持ち帰ったのがきっかけとされています。

あまり知られていませんが、安納いもには二種類あります。皮が赤紫色の「安納紅」と、皮が薄黄色の「安納こがね」です。果肉は、どちらも鮮やかなオレンジ色をしています。

  • 写真:菊地早秋「安納こがね」を使った煮物(果肉はオレンジ色)

「安納紅」は、在来安納いもから選別した固定品種です。「安納こがね」は、在来安納いもの変異個体(皮の色が白に近い黄色)を選別して育て、固定品種となったものです。「安納こがね」は、皮が傷つきやすく、長期保存が難しいといった課題があるため、生産量は少なく、貴重なものだそうです。

  • 写真:菊地早秋生の安納こがね(皮の色が薄黄色)

安納いもは、ねっとりした食感と、その甘さが特徴です。「安納紅」と「安納こがね」に大きな味の違いはありません。ただ、焼き芋にするのか、煮物にするのか等、料理法で甘みの差が出るようです。じっくりゆっくり時間をかければかけるほど、甘みは増していくのだとか。

種子島以外でも生産OKとなった

安納いもは、これまで種苗法という法律のもと「登録品種苗」として、種子島でしか栽培ができないサツマイモでした。

それが、25年間という法律で定められた期間を終え、平成26年より全国どこでも栽培可能となりました。筆者は茨城県在住ですが、実際に安納いもをスーパーで見かけることがあります。

  • 写真:菊地早秋茨城県のスーパーで見つけた安納いも

干し芋屋さん「茜農園」

安納いもを使った珍しい干し芋が手に入る

茜農園は、主に安納いもを使った干し芋を販売しているお店です。サツマイモ栽培から加工、販売まで行っています。

茨城県内の干し芋といえば、通常「玉豊(たまゆたか)」というサツマイモが多く使われていますが、茜農園では安納いもにチャレンジしているのだとか。

店構えはこぢんまりとしています。扉を開けると、種々の干し芋がお出迎えしてくれます。時間が経ち、お芋の糖分が表面にたっぷり出て、粉が吹いているようなものから、できたての新物までいろいろです。

  • 写真:菊地早秋干し芋販売の建物
  • 写真:菊地早秋金額一例:平切りタイプ、安納こがね(400円/170g、600円/270g)

なかでも珍しいのは、小さなサツマイモを丸いまま干して加工した「丸干し」と言われるものです。また、安納いも以外にも、「紅はるか」と呼ばれる品種の干し芋も取扱っています。「紅はるか」は、しっとり系のサツマイモで、強い甘さがあります。干し芋にすると水分が多めで、干し芋のわりにとっても柔らかい仕上がりとなります。

  • 写真:菊地早秋丸干し(700円/300g)
  • 写真:菊地早秋紅はるか(600円/270g)

生の安納いもを販売していることもあります。冬場になると、焼き芋を購入することもできるのだとか。ギフト希望の方は、その旨伝えると、専用のボックスをしっかり用意して下さいます。

  • 写真:菊地早秋生の安納いも(300円/1kg)

茨城空港から車で10分の好立地

茜農園は、茨城空港から車で10分の場所に位置します。県道144号線沿いにあり、駐車場も広いので、お車での訪問が便利です。「安納芋」と大きく書かれた看板が目印です。

  • 写真:菊地早秋こちらの看板が目印

また、茨城空港は飛行機の利用がなくても、観光スポットやカフェ代わりとして訪問しても満喫できる場所です。都心からのアクセスもよく、自然も豊かですので、お休みの日にいつもと違う場所でリラックスしたい!という方におすすめです。

茨城空港
茨城 / 空港
住所:茨城県小美玉市与沢1601-55地図で見る
茜農園
茨城 / その他グルメ
住所:茨城県小美玉市飯前1376−37地図で見る
電話:0299-56-4432
Web:https://www.facebook.com/%E8%8C%9C%E8%BE%B2%E5%9C%...

「茜農園」で買った干し芋レビュー

平切りタイプ

平切りタイプは、よくある形の干し芋で、平べったいものです。安納いも独特のオレンジ色が鮮やかです。一枚の大きさが長くないので、食べやすさもバツグンです。甘みがありますので、食後のちょっとしたデザートにぴったりです。

  • 写真:菊地早秋平切りタイプ
  • 写真:菊地早秋安納いもらしいオレンジ色

食感は硬すぎず、柔らかすぎず、ちょうどよい噛みごたえで、温めなくてもそのまま美味しく頂けます。糖分が出て粉が吹いているところは、さらっとしていて、一枚の干し芋のなかでも様々な食感を楽しむことができます。

丸干しタイプ

丸干しタイプは珍しい干し芋です。スライスせず、丸い姿のまま干してありますので、サツマイモの中心部分の水分が抜けて、見た目がシワシワなのが特徴です。ほどよく水分が保たれて、平切りタイプよりもむっちりした食感が強くなります。弾力が出るイメージです。

  • 写真:菊地早秋丸干しタイプ
  • 写真:菊地早秋キャンディーと同じくらいの大きさ

ちなみに茜農園の干し芋は、「茨城県小美玉市(おみたまし)」のふるさと納税返礼品としても利用されています。気になる方は、ぜひチェックしてみて下さい。

次のページを読む

茨城の旅行予約はこちら

茨城のパッケージツアーを探す

茨城のホテルを探す

茨城の航空券を探す

茨城の現地アクティビティを探す

茨城のレンタカーを探す

茨城の高速バスを探す

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※この記事は2019年1月2日に公開した情報です。
 記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

あなたにオススメの記事

同じテーマの記事


関東のデートスポット35選!カップルのお出かけにおすすめ

展望や食事が楽しめる東京スカイツリーや、ライトアップもロマンチックな横浜赤レンガ倉庫、「天空のペンギン」が人気のサンシャイン水族館など、カップルで行きたいデート...


【2021最新】全国の人気水族館TOP36!旅行好きが行っている水族館ランキング

沖縄美ら海水族館や海遊館をはじめとする全国の人気水族館を、トリップノートの6万8千人の旅行好きトラベラー会員(2021年1月現在)が実際に行っている順にランキン...

日帰りで楽しむ!関東近郊の女子旅おすすめスポット30選

イギリスのお城を移築した「ロックハート城」や、『ラピュタ』の世界を思わせる「猿島」、ムーミンバレーパークも人気の「メッツァビレッジ」など、東京から日帰りできる、...

関東のおすすめドライブスポット・コース55選!日帰りでお出かけしよう

景色が楽しめる絶好のドライブルートや、都市部から少し離れた自然豊かな景勝地や観光スポットなど、日帰りで行ける関東のおすすめドライブスポット・コースをご紹介します...

【2021】9月の国内おすすめ旅行先19選!連休に行きたい観光地特集

ようやく暑さもおさまる9月。彼岸花やコスモスなどの秋の花が咲き、早いところでは紅葉も見頃を迎えます。9月の連休にもおすすめの国内旅行先をご紹介します。

この記事を書いたトラベルライター

大自然に魅せられて
海に囲まれた故郷で育ち、いくつになっても自然を求め旅をしています。これまで国内44県、海外は13か国を訪れました。その土地に根付く食を探るのも楽しみのひとつです。

▶よくある執筆ネタ
・湧き水、ネイチャースポット
・食文化、地域で頑張る飲食店

▶tripnote外の活動
・H29.07- 足立区浴場組合フリペ「銭湯といえば足立」連載中
・R02.02- ブログサイト「古民家移住の教科書」開設・更新中

▶Awards
・H30.10 環境保全茨城県民会議主催「いばらき自然環境フォトコンテスト」部門賞
・H31.01 羽田空港主催「私の旅する日本語2018」大塚製薬賞
・R01.08 tripnote主催「トラベルライターアワード2019年上半期」審査員特別賞
https://kominkaijyu.com

【静岡】本当は広めたくない!柿田川湧水公園の神聖な見どころ5選

富士山に降った雨や雪が数十年の旅を経て、地上に現れる。それが静岡県清水町にある、柿田川湧水公園内の湧き水の正体です。こんこんと湧き出る、透明度の高い洗練された水...


【島根】1日で全部回れる!松江市のおすすめ観光スポット15選&ざっくりタイムスケジュール

島根県松江市街地のおすすめ観光スポットをご紹介します。宍道湖(しんじこ)を中心に栄えている町の魅力がたっぷり!朝から夜まで丸一日かけて、充実の松江観光を楽しんで...


【茨城】100円でサツマイモ詰め放題!蔵出し焼き芋かいつか・かすみがうら本店工場直売所の魅力に迫る

まるでスイートポテトのような、クリーミー感とジューシー感。こんな焼き芋があったんだ!と、一口食べれば誰もが感じる焼き芋を販売しているお店、それが「かいつか」です...

【茨城】陶芸の町!笠間市でおすすめの観光スポット6選

茨城県中部に位置する笠間市。陶芸や陶器の町として知られています。自然に囲まれた環境のなか、思う存分に芸術と触れ合うことができるエリアです。観光には欠かせない食も...

【北千住】気分で使い分け!下町銭湯4軒を元住民が徹底解説!

下町情緒溢れる足立区北千住駅。駅前を離れ、町を歩くとアットホームな銭湯に数多く出会うことができます。この記事では、北千住駅西口エリア元住民の筆者が、西口にある銭...

トラベルライターアワード受賞結果発表トラベルライターインタビュー Vol.3 Emmyさん

【トラベルライターインタビューVol.3】一人旅を応援する記事を多数執筆!Emmyさんならではの人気記事執筆のコツやその原動力に迫ります