茨城
茨城観光
史跡や自然景勝地が豊富な、国内一のメロン生産地

都内から日帰りOK!登山初心者にもオススメな絶景の宝篋山へ【茨城】

取材・写真・文:

東京在住
訪問エリア:25都道府県

2021年11月10日更新

186view

お気に入り

写真:SaoRi

茨城県つくば市の「宝篋山」についてご紹介します!登山初心者にはもちろんのこと、親子登山にもオススメの山で、山頂では360度の大パノラマを拝めます。都内からも気軽に日帰り登山を楽しめるので、ぜひチェックしてみて下さいね♪

この記事の目次表示

宝篋山って、どんな山?

宝篋山(ほうきょうさん)は、茨城県つくば市の北東部にある標高461mの山です。

  • 写真:SaoRi

主な登山コースは6つほどあり、標準タイムが1番長いものでも2時間10分ほどで登ることができるので、都内からの日帰り登山にもオススメです。

  • 写真:SaoRi宝篋山小田休憩所の案内板より

山頂からは360度の大パノラマを楽しむことができ、筑波山や霞ヶ浦をはじめ、関東平野や、空気が澄んでいる日には富士山も見ることができます。

  • 写真:SaoRi

つくば市内では筑波山に次いで人気の山で、1年を通して多くの登山者で賑わいます。

宝篋山の人気コース「極楽寺コース」を登ろう!

様々なコースが楽しめる宝篋山ですが、今回はそのなかでも特に人気で、定番コースとしても知られている「極楽寺コース」についてご紹介します。

  • 写真:SaoRi

極楽寺コースの標準タイムは、登り約1時間45分、下り1時間10分、頂上まで約3kmの道のりです。

  • 写真:SaoRi

道中には休憩スポットもたくさんあり、これといって危険な場所もないので、小さなお子さんと一緒のファミリー登山にもオススメです。

  • 写真:SaoRi

コースや山頂の様子などについて、さっそく詳しくご紹介していきます!

スタートは宝篋山小田休憩所から!

極楽寺コースのスタート地点は、宝篋山小田休憩所からがオススメです!

  • 写真:SaoRi

約70台の無料駐車場があるほか、お手洗いや自動販売機などもあり、出発前の準備を整えやすいです。

  • 写真:SaoRi

準備を終えて駐車場を後にしたら、いよいよ山頂へと歩いて行きます。適度な間隔で案内板が設置されているので、初めての方でも迷わずに歩いて行けます。

  • 写真:SaoRi

登山道までの道は田んぼが広がる気持ちのいい道で、登りだす前から開放的でワクワクとした気分になります。

  • 写真:SaoRi

道なりに進んでいくと五輪塔へと続く分岐があり、そちらを過ぎるといよいよ本格的な登山道となっていきます!

小川に沿って上へ上へ!

登り始めは、小川に沿うようにして登っていきます。

  • 写真:SaoRi

木の橋や石を頼りに川を渡る場面が何度もあり、ちょっとしたドキドキ感があって飽きさせません。

  • 写真:SaoRi

木の根が剥きだしになった道や、ちょっと滑るところもありますが、これといった危険な場所はないので、すらすらと順調に登っていけますよ♪

  • 写真:SaoRi

ここからが頑張りどころ!岩がゴロゴロの道へ

登り進めていくと、次第に小川から離れていき、木の根や大きな石、岩が目立ち始めます。

  • 写真:SaoRi

足元の岩や石は登っていくにつれて増えていき、ここが一番の頑張りどころです。

  • 写真:SaoRi

普段歩きなれていない方や小さなお子さんと一緒の方は、途中にベンチや休憩スポットがいくつかあるので、こまめな水分補給や小休憩をとりながら登っていきましょう!

  • 写真:SaoRi
  • 写真:SaoRi

富士岩という大きな岩を過ぎると、岩がゴロゴロとした足場の悪い道は終わり、再び歩きやすい道へと変わります。

  • 写真:SaoRi

その後は常願寺コースとの合流点を過ぎ、宝篋城の城跡を左右に見ながら、山頂少し手前のバイオトイレがある広場に出ます。

  • 写真:SaoRi
  • 写真:SaoRi
  • 写真:SaoRi

ここまで来たら山頂は目前!「頂上100m」と書かれた道標に従って、最後のひと登りです♪

  • 写真:SaoRi

景色最高!360度パノラマの宝篋山山頂へ

木の階段を上り終えると、いよいよ宝篋山の山頂に到着です!

  • 写真:SaoRi

頂上には浅間神社があり、鳥居をくぐるとすぐに山頂の看板があります。

  • 写真:SaoRi

宝篋印塔を過ぎて更に奥へと進むと、すぐに息をのむほどの絶景が目に飛び込んできます!

  • 写真:SaoRi

360度ぐるりと見渡すことができ、すぐ近くに百名山の「筑波山」が見え、更に関東平野や霞ヶ浦も見渡せます。

  • 写真:SaoRi筑波山
  • 写真:SaoRi関東平野
  • 写真:SaoRi霞ヶ浦

ちょうど絶景を望める場所に休憩用のテーブルや椅子が数多く配されているので、ランチタイムや休憩にピッタリ♪

  • 写真:SaoRi

頑張って登ってきて良かったと心から思える景色が広がっているので、ぜひチャレンジしてみて下さいね!

宝篋山
茨城 / 自然・景勝地 / 山 / 登山 / ハイキング
住所:茨城県つくば市小田地図で見る
Web:https://www.city.tsukuba.lg.jp/kankobunka/kankojoh...

おわりに

都内からの日帰りもOKな、絶景が拝める「宝篋山」のご紹介はいかがだったでしょうか?

  • 写真:SaoRi

山頂からの景色はもちろんのこと、登っている途中の景色もとても美しく、最初から最後まで楽しんで登ることができます!

  • 写真:SaoRi

登山初心者にはもちろんのこと、小さなお子さんと一緒のファミリー登山にもオススメなので、ぜひ宝篋山にチャレンジしてみて下さいね♪

茨城の旅行予約はこちら

茨城のパッケージツアーを探す

茨城のホテルを探す

茨城の航空券を探す

茨城の現地アクティビティを探す

茨城のレンタカーを探す

茨城の高速バスを探す

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

あなたにオススメの記事

同じテーマの記事


【茨城】「つくばサイエンスツアーバス」で巡る!科学のまち・つくばの研究教育施設

研究機関が揃い、サイエンスシティとも呼ばれる茨城県つくば市。そんなつくば市では、科学館や植物園などを巡る路線バス「つくばサイエンスツアーバス」も運行しています。...


【筑波山/高尾山~陣馬山/岩殿山】低山でも本格登山!電車でアクセスできる東京近郊の山

本格的な山登りをしてみたいけど、低い山だとハイキング程度しか楽しめないと思っていませんか?でもじつは東京近郊にある標高1,000m未満の山でも、しっかり登山が楽...

【茨城】筑波山を楽しみつくせ!コース詳細・見どころ・お得な切符情報まで♪

日本百名山のなかで一番標高が低い山として知られている「筑波山」。ロープウェイやケーブルカーで誰でも気軽に頂上まで行くことができ、幅広い層に人気の山です!今回はそ...

北茨城で子共連れに大人気!「道の駅 常陸大宮かわプラザ」と「静峰ふるさと公園」

茨城の北エリアは、NHK連続テレビ小説『ひよっこ』放映以来注目されたスポット。のどかながら春には花が咲き乱れ、水遊びやお祭りが楽しめます。バスタオル持参で家族み...

この記事を書いたトラベルライター

転勤族ライター
子供の頃から現在に至るまでの生粋の転勤族!転勤の先々でその地ならではの良さを暮らしながら体感し、ディープに発信していきたいと思います!

特に体や足を使ったアクティブな取材が大好きなので、登山や探勝路などで出会った絶景や情報などをお伝えしていければと思います♪
https://www.one-access.work/

【徳島】大秘境を満喫!小歩危・大歩危・祖谷のオススメスポット&楽しみ方8選

「大股で歩いても、小股で歩いても危険」といわれていたことからその地名がついた大歩危(おおぼけ)・小歩危(こぼけ)、そして平家の落人が隠れ住んだと伝えられている祖...


【鳥取県】すなば珈琲に行ったら食べておきたい定番メニュー8選!

2014年に鳥取市内に2店舗同時オープンしたのをきっかけに、現在では鳥取県全域にわたってお店をかまえる「すなば珈琲」。平成28年に鳥取県が行った「鳥取県の観光地...


ハワイ限定!モニ・ホノルルでお土産にも嬉しい【日焼けスヌーピー】グッズを♡

ハワイ限定の「日焼けスヌーピー」グッズが買えるモニ・ホノルル。カップルコーデやおそろコーデで人気のTシャツをはじめ、バッグやマグカップなど、種類豊富なアイテムが...

大行列!完全数量限定・三方六の切れ端!【北海道・音更】柳月スイートピア・ガーデン

柳月(りゅうげつ)は、北海道旅行のお土産にもよく用いられる、北海道を代表する老舗菓子店の1つです。その工場である柳月スイートピア・ガーデンでは「お菓子の里 十勝...

【鳥取】場所と見方を知らないと見られない!迫力満点の「江島大橋」を楽しむための方法と撮影場所

テレビCMで「ベタ踏み坂」として登場し、一躍有名になった橋「江島大橋」。見た人々を圧倒させるほどの急勾配な橋ですが、実は普通に見ただけではこの迫力ある姿は拝めま...

トラベルライターアワード受賞結果発表トラベルライターインタビュー Vol.3 Emmyさん

【トラベルライターインタビューVol.3】一人旅を応援する記事を多数執筆!Emmyさんならではの人気記事執筆のコツやその原動力に迫ります