茨城
茨城観光
史跡や自然景勝地が豊富な、国内一のメロン生産地

【茨城】山肌に1万株の紫陽花!二本松寺の見どころ7選

取材・写真・文:

茨城在住
訪問エリア:44都道府県

2021年5月26日更新

622view

お気に入り

写真:菊地早秋

茨城県潮来市にある二本松寺(にほんまつじ)では、6~7月にかけて一斉に紫陽花が咲き誇ります。その数なんと100種類1万株だとか。この記事ではそんな二本松寺の見どころを7つに分けてご紹介しています。紫陽花の季節はもちろん、一年を通し清らかな気持ちになる自然豊かなお寺です。

この記事の目次表示

二本松寺の概要

どんなお寺なの?

二本松寺と書いて「にほんまつじ」と読みます。所在地は水郷として有名な茨城県潮来市(いたこし)です。

  • 写真:菊地早秋二本松寺

本堂には、水戸黄門として知られている徳川光圀より寄進を受けた本尊(秘伝薬師如来)を祀っています。心や体の病を治す仏様です。本堂は移転開山800年記念事業として、1991年に落成しました。

  • 写真:菊地早秋「天台宗羽黒山覚城院二本松寺」と号する

6月中旬~7月上旬で、境内にある「あじさいの杜(もり)」の紫陽花が見ごろを迎えます。40,000平方メートルの土地に100種類1万株もの紫陽花が咲き誇ります。

  • 写真:菊地早秋100種類1万株の紫陽花

ゆっくり散策しても約1時間あれば散策可能です。

  • 写真:菊地早秋境内にある「あじさいの杜(もり)」は必見

アクセス方法は?

山深いところにありますので、訪問はお車が便利です。東関東自動車道・潮来インターから約15分で到着します。

  • 写真:菊地早秋120台分の無料駐車場がある

電車の場合はJR鹿島線・潮来駅からタクシーで約15分です。

東京駅八重洲口から水郷潮来バスターミナルまで、高速バスも走っています。約75分で到着です。

  • 写真:菊地早秋早朝の見学がおすすめ

特に紫陽花の季節は早朝から混雑しますので、なるべく早めに訪問した方がゆっくりと紫陽花鑑賞を楽しむことができます。

また紫陽花の開花情報は二本松寺facebookページで随時更新されているようです。facebookページは公式ホームページよりご覧いただけます。

【基本情報】
●開山:AM9時
●閉山:PM5時
●入山参拝協力金:300円/人、小中学生:無料、4枚つづり:1,000円
●駐車場:無料(120台)

それではさっそく以下より、二本松寺の見どころをご紹介していきます!

【見どころ1】あじさいの杜入り口

二本松寺で紫陽花を見るには「あじさいの杜(もり)」を目指す必要があります。と言ってもお寺の敷地の裏山に当たりますので、迷うことはありません。看板もきっちり出ています。

  • 写真:菊地早秋まずは受付で入山料を支払う

「あじさいの杜」に向かう途中にもたくさんの紫陽花が咲いています。色とりどりで華やかです。

  • 写真:菊地早秋「あじさいの杜」入り口
  • 写真:菊地早秋「あじさいの杜」入り口

歩道は歩きやすく整備されています。また、紫陽花以外の花も見ることができます。

  • 写真:菊地早秋歩道
  • 写真:菊地早秋その他の花も

山の傾斜になっている部分にも紫陽花が植わっており、見ごたえがあります。

  • 写真:菊地早秋「あじさいの杜」入り口
  • 写真:菊地早秋斜面にたっぷりの紫陽花

【見どころ2】田んぼ道

「あじさいの杜」に入る前、田んぼ道を通ります。二本松寺の敷地近くには広大な田んぼが横たわっており、こちらも素晴らしい景色です。

  • 写真:菊地早秋田んぼ道

紫陽花と田んぼの組み合わせで写真を撮ってもいいですね。

  • 写真:菊地早秋紫陽花×田んぼ
  • 写真:菊地早秋紫陽花×田んぼ

途中「順路」と書かれた目印もありますので、それに従い「あじさいの社」まで歩きます。

  • 写真:菊地早秋案内板が分かりやすい

石畳が見えたら「あじさいの杜」に到着です。ここから少し傾斜のある山道に入ります。足元は整備されていますので、ご安心ください。

  • 写真:菊地早秋「あじさいの杜」へ到着

【見どころ3】あじさいの杜(※必見ポイント)

「あじさいの杜」では森林浴を楽しみながら紫陽花を見学できます。徐々に山を登っていくような道のりで、最終的に本堂へとたどり着きます。

  • 写真:菊地早秋森林浴を楽しみながら
  • 写真:菊地早秋あじさいの杜(もり)

山の斜面には数え切れないほどの紫陽花が咲いています。

  • 写真:菊地早秋ゆるい登り道

紫、ピンク、水色、白など各色の紫陽花を堪能できます。

  • 写真:菊地早秋
  • 写真:菊地早秋水色

ゆっくりと傾斜を登っていきますので、上へ行けば行くほど見晴らしもよくなります。途中休憩できるように椅子も用意されています。

  • 写真:菊地早秋至るところに紫陽花
  • 写真:菊地早秋あじさいの杜(もり)
  • 写真:菊地早秋椅子で休憩

わらべ地蔵「社太郎」が可愛らしく佇んでいるので、ぜひ現地で見つけてみてください。

  • 写真:菊地早秋わらべ地蔵
あじさいの杜
茨城 / 花畑 / 花畑(6月) / 花畑(7月) / 女子旅 / 夏のおすすめ観光スポット / あじさい名所 / インスタ映え
住所:茨城県潮来市堀之内1230地図で見る
電話:0299-64-2263
Web:http://www.nihonmatsuji.com/ajisai.html

【見どころ4】天然記念物の槇

あじさいの社には再入山できません。しばらく道なりに歩くと、大きな槇(まき)の木に出会います。

  • 写真:菊地早秋再入山禁止

こちらは「水戸光圀公お手植の槇」と呼ばれている木です。1691年、本堂の改築寄進をした際に光圀が自身でお手植えされたと言われている記念樹なのだとか。

  • 写真:菊地早秋水戸光圀が手で植えた

樹齢約350年、樹高約13メートルもある大きさです。

  • 写真:菊地早秋大きな槇(まき)の木

【見どころ5】本堂

順路に従い歩くと本堂に出ます。

  • 写真:菊地早秋本堂

祀られている「秘伝本尊薬師如来」は鎌倉時代後期の作品で、左手に薬つぼを持ち、心身の病を治癒する仏様として信仰を集めています。

  • 写真:菊地早秋本堂

魔除けに効果があるとされる「元三大師」の影像の石碑もあります。この影像のあるところには、邪魔は怖れて寄り付かないとされています。

  • 写真:菊地早秋元三大師

紫陽花の季節は限定御朱印も頂けます。

  • 写真:菊地早秋御朱印ももらえる
  • 写真:菊地早秋「天台宗羽黒山覚城院二本松寺」あじさいシーズン限定御朱印

【見どころ6】あじさいの手水舎

あじさいのシーズンは手水舎がお花でいっぱいになります。涼しげな様子に癒されますね。

  • 写真:菊地早秋あじさいの手水舎
  • 写真:菊地早秋あじさいの手水舎
  • 写真:菊地早秋あじさいの手水舎

手水舎の近くには休憩スペースも用意されていますので、ゆっくりできます。

  • 写真:菊地早秋休憩スペース

【見どころ7】苔の庭園

境内には苔の庭園が整備されています。

  • 写真:菊地早秋苔の庭園

緑が美しく和の雰囲気をたっぷり感じることができます。

  • 写真:菊地早秋雰囲気がある
二本松寺
茨城 / 寺 / 一人旅
住所:茨城県潮来市堀之内1230地図で見る
電話:0299-64-2263
Web:http://www.nihonmatsuji.com/

この記事を書いたトラベルライターから一言

  • 写真:菊地早秋

お気に入りの紫陽花が見つかるかな~と思いながら散策していましたが、100種類もあるとどれも美しくてこれだ!という紫陽花は見つけられませんでした。本当に一株一株が綺麗でうっとりしてしまいます。これ紫陽花なの?という珍しい形もあったりして、驚きっぱなしの散策時間でした。(菊地早秋)

茨城の旅行予約はこちら

茨城のパッケージツアーを探す

茨城のホテルを探す

茨城の航空券を探す

茨城の現地アクティビティを探す

茨城のレンタカーを探す

茨城の高速バスを探す

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※この記事は2020年6月18日に公開した情報です。
 記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

あなたにオススメの記事

同じテーマの記事


関東のデートスポット35選!カップルのお出かけにおすすめ

展望や食事が楽しめる東京スカイツリーや、ライトアップもロマンチックな横浜赤レンガ倉庫、「天空のペンギン」が人気のサンシャイン水族館など、カップルで行きたいデート...


【2021最新】全国の人気水族館TOP36!旅行好きが行っている水族館ランキング

沖縄美ら海水族館や海遊館をはじめとする全国の人気水族館を、トリップノートの6万8千人の旅行好きトラベラー会員(2021年1月現在)が実際に行っている順にランキン...

日帰りで楽しむ!関東近郊の女子旅おすすめスポット30選

イギリスのお城を移築した「ロックハート城」や、『ラピュタ』の世界を思わせる「猿島」、ムーミンバレーパークも人気の「メッツァビレッジ」など、東京から日帰りできる、...

関東のおすすめドライブスポット・コース55選!日帰りでお出かけしよう

景色が楽しめる絶好のドライブルートや、都市部から少し離れた自然豊かな景勝地や観光スポットなど、日帰りで行ける関東のおすすめドライブスポット・コースをご紹介します...

【2021】9月の国内おすすめ旅行先19選!連休に行きたい観光地特集

ようやく暑さもおさまる9月。彼岸花やコスモスなどの秋の花が咲き、早いところでは紅葉も見頃を迎えます。9月の連休にもおすすめの国内旅行先をご紹介します。

この記事を書いたトラベルライター

大自然に魅せられて
海に囲まれた故郷で育ち、いくつになっても自然を求め旅をしています。これまで国内44県、海外は13か国を訪れました。その土地に根付く食を探るのも楽しみのひとつです。

▶よくある執筆ネタ
・湧き水、ネイチャースポット
・食文化、地域で頑張る飲食店

▶tripnote外の活動
・H29.07- 足立区浴場組合フリペ「銭湯といえば足立」連載中
・R02.02- ブログサイト「古民家移住の教科書」開設・更新中

▶Awards
・H30.10 環境保全茨城県民会議主催「いばらき自然環境フォトコンテスト」部門賞
・H31.01 羽田空港主催「私の旅する日本語2018」大塚製薬賞
・R01.08 tripnote主催「トラベルライターアワード2019年上半期」審査員特別賞
https://kominkaijyu.com

【静岡】本当は広めたくない!柿田川湧水公園の神聖な見どころ5選

富士山に降った雨や雪が数十年の旅を経て、地上に現れる。それが静岡県清水町にある、柿田川湧水公園内の湧き水の正体です。こんこんと湧き出る、透明度の高い洗練された水...


【島根】1日で全部回れる!松江市のおすすめ観光スポット15選&ざっくりタイムスケジュール

島根県松江市街地のおすすめ観光スポットをご紹介します。宍道湖(しんじこ)を中心に栄えている町の魅力がたっぷり!朝から夜まで丸一日かけて、充実の松江観光を楽しんで...


【茨城】100円でサツマイモ詰め放題!蔵出し焼き芋かいつか・かすみがうら本店工場直売所の魅力に迫る

まるでスイートポテトのような、クリーミー感とジューシー感。こんな焼き芋があったんだ!と、一口食べれば誰もが感じる焼き芋を販売しているお店、それが「かいつか」です...

【茨城】陶芸の町!笠間市でおすすめの観光スポット6選

茨城県中部に位置する笠間市。陶芸や陶器の町として知られています。自然に囲まれた環境のなか、思う存分に芸術と触れ合うことができるエリアです。観光には欠かせない食も...

【北千住】気分で使い分け!下町銭湯4軒を元住民が徹底解説!

下町情緒溢れる足立区北千住駅。駅前を離れ、町を歩くとアットホームな銭湯に数多く出会うことができます。この記事では、北千住駅西口エリア元住民の筆者が、西口にある銭...

トラベルライターアワード受賞結果発表トラベルライターインタビュー Vol.3 Emmyさん

【トラベルライターインタビューVol.3】一人旅を応援する記事を多数執筆!Emmyさんならではの人気記事執筆のコツやその原動力に迫ります