茨城
茨城観光
史跡や自然景勝地が豊富な、国内一のメロン生産地

【茨城】牡丹と芍薬の「つくば牡丹園」!ランチや園内エリアを紹介

取材・写真・文:

茨城在住
訪問エリア:44都道府県

2021年5月13日更新

244view

お気に入り

写真:菊地早秋

つくば牡丹園は、毎年4月中旬~5月下旬にかけて開園される期間限定の庭園です。みずみずしい新緑が美しい季節、6万平米もある森で、約6万株の牡丹と芍薬の花が見頃を迎えます。この記事では、森に佇むテラスで楽しめるランチや、園内に設けられた7つのエリアをご紹介します。

この記事の目次表示

つくば牡丹園とは

豊かな森に広がる牡丹と芍薬の庭園

平成元年にオープンし、毎年4月中旬~5月下旬にかけて開園される、牡丹と芍薬の庭園です。それ以外の期間は閉園しているため、ご訪問の際は公式ホームページSNS等でスケジュールを確認するのがおすすめです。2021年は4月17日~5月23日の約一か月間の開催となっています。

  • 写真:菊地早秋つくば牡丹園

6万平米という広大な森に、約800種類、6万株の牡丹と芍薬が咲き誇ります。花が美しいのはもちろんですが、敷地になっている森散策を楽しむこともできます。特に開園時期は新緑の季節と重なり、透明感溢れる緑を体いっぱいに感じられます。

  • 写真:菊地早秋つくば牡丹園
  • 写真:菊地早秋つくば牡丹園

農薬不使用で土地を管理

つくば牡丹園のテーマは「GO NATURAL」。広い園内では除草剤や殺虫剤を使わず、農薬不使用で土地を管理しているのだとか。植物同士を観察し、牡丹や芍薬と相性の良い植物を共生させることで、病害や害虫から守っているそうです。

  • 写真:菊地早秋つくば牡丹園

園長さんは自然環境保護や再生に熱心な方で、タイミングが良ければ園内で会うことができます。話しかければ解説をしてくれることがあるそうですよ。地元大学との共同研究や海外からの視察も積極的に行っています。

  • 写真:菊地早秋つくば牡丹園

おすすめの訪問時間・時期

花は朝開いて夜閉じるそうなので、最も綺麗な状態で見たい方は、朝早めの訪問がおすすめです。

また、牡丹は3~4日で、芍薬は7日程度で散ってしまうそうです。とても短い命のため、園内すべての花々を同時に見ることは難しいでしょう。種類によって早咲き、遅咲きが異なりますので、その時々で咲いている品種を楽しみます。おおむね牡丹は4月から、芍薬は5月から順番に咲いていきます。

  • 写真:菊地早秋つくば牡丹園

開園中は何度も見に行きたい!という方向けに、シーズンパス(1,800円)の用意もあります。2度訪問すれば元が取れる計算なので、地元の方や気になる方はぜひ購入してみては。

●開園時期:4月下旬~5月下旬
●開園時間:9:00~17:00
●閉園日:荒天日
●入園料:1,000円/人、中学生以下無料
●ペット:可(リードが必要)
●トイレ:有(女性2か所、男性1か所)

7つの園内エリア

園内は7つのエリアに分かれていますので、以下からエリアごとの特徴や見どころをご紹介していきます。筆者が訪れた際の散策時間は、ランチの時間を含めて、約2時間でした。

  • 写真:菊地早秋つくば牡丹園/園内地図

【1】ウエルカムエリア

庭園への入口は一か所です。まずは受付で入園料をお支払いし、パンフレットを頂きます。お花の販売もしています。トイレは受付近くにありますので、最初に済ませておきましょう。

  • 写真:菊地早秋つくば牡丹園/入口
  • 写真:菊地早秋つくば牡丹園/受付

ウエルカムエリアの足元にはウッドチップが敷いてあり、柔らかく歩きやすい工夫がされています。

  • 写真:菊地早秋つくば牡丹園/ウエルカムエリア

筆者が訪問した際には、赤い芍薬が一面に咲いていました。ところどころに解説ボードがありますので、読んでみると理解が深まります。

  • 写真:菊地早秋つくば牡丹園/ウエルカムエリア
  • 写真:菊地早秋つくば牡丹園/ウエルカムエリア

【2】ギャラリー&テラスエリア(ランチ可)

しばらく進むとギャラリーが出てきます。ギャラリー内はとてもお洒落な内観です。壁面には写真が飾られていて、椅子に座って観覧できるようになっています。

  • 写真:菊地早秋つくば牡丹園/ギャラリー
  • 写真:菊地早秋つくば牡丹園/ギャラリー

毎年展示品は変わるそうですが、2021年は植物を使ったミニライトガラス標本などが展示販売されていました。

  • 写真:菊地早秋つくば牡丹園/ギャラリー
  • 写真:菊地早秋つくば牡丹園/植物のミニライト

東京・麻布十番生まれの自然派化粧品「江原道」の化粧水の展示も。実は江原道の化粧品に含まれるシャクヤクエキスは、つくば牡丹園で栽培されたものです。

  • 写真:菊地早秋つくば牡丹園/自然派化粧品「江原道」

Peony Garden テラス」では食事(そば、うどん)やドリンク(抹茶、コーヒー、芍薬茶)を注文できます。小さなテラスは森の中に佇んでいて、森でピクニックをしているような気分を味わえます。

  • 写真:菊地早秋つくば牡丹園/Peony Garden テラス
  • 写真:菊地早秋つくば牡丹園/Peony Garden テラス

筆者は、薬膳けんちんそば(750円)を注文しました。野菜がほどよくのった上品なお蕎麦です。

  • 写真:菊地早秋つくば牡丹園/薬膳けんちんそば(750円)

アイス芍薬茶(400円)は、クセが強めのハーブティーといった感じで、健康に良さそうなお味です。自宅で芍薬茶を作ると煮出しに時間がかかるので、こちらは貴重な一杯に。ポリフェノールが多いそうで、見た目は灰色がかっています。

  • 写真:菊地早秋つくば牡丹園/アイス芍薬茶(400円)

レジ横では芍薬茶のティーバック(1,000円/10個入)、地元野菜、手作り焼き菓子なども購入可能です。

  • 写真:菊地早秋つくば牡丹園/Peony Garden テラス
  • 写真:菊地早秋つくば牡丹園/Peony Garden テラス
ピオニー ガーデン テラス
茨城 / カフェ・喫茶店
住所:茨城県つくば市若栗500地図で見る
電話:029-876-3660
Web:https://jp.peonygardentokyo.com/

次のページを読む

茨城の旅行予約はこちら

茨城のパッケージツアーを探す

茨城のホテルを探す

茨城の航空券を探す

茨城の現地アクティビティを探す

茨城のレンタカーを探す

茨城の高速バスを探す

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※この記事は2021年5月12日に公開した情報です。
 記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

あなたにオススメの記事

同じテーマの記事


関東のデートスポット35選!カップルのお出かけにおすすめ

展望や食事が楽しめる東京スカイツリーや、ライトアップもロマンチックな横浜赤レンガ倉庫、「天空のペンギン」が人気のサンシャイン水族館など、カップルで行きたいデート...


【2021最新】全国の人気水族館TOP36!旅行好きが行っている水族館ランキング

沖縄美ら海水族館や海遊館をはじめとする全国の人気水族館を、トリップノートの6万8千人の旅行好きトラベラー会員(2021年1月現在)が実際に行っている順にランキン...

【関東】6月のおすすめ花畑29選!6月に見頃を迎える花の名所ガイド

6月は、春バラにあじさい、ハナショウブ、ラベンダーに蓮などの花々が見頃を迎える季節。しっとりした梅雨空の下に広がる花畑の光景を見に出かけませんか。6月に見頃を迎...

日帰りで楽しむ!関東近郊の女子旅おすすめスポット30選

イギリスのお城を移築した「ロックハート城」や、『ラピュタ』の世界を思わせる「猿島」、ムーミンバレーパークも人気の「メッツァビレッジ」など、東京から日帰りできる、...

関東のおすすめドライブスポット・コース55選!日帰りでお出かけしよう

景色が楽しめる絶好のドライブルートや、都市部から少し離れた自然豊かな景勝地や観光スポットなど、日帰りで行ける関東のおすすめドライブスポット・コースをご紹介します...

この記事を書いたトラベルライター

大自然に魅せられて
海に囲まれた故郷で育ち、いくつになっても自然を求め旅をしています。これまで国内44県、海外は13か国を訪れました。その土地に根付く食を探るのも楽しみのひとつです。

▶よくある執筆ネタ
・湧き水、ネイチャースポット
・食文化、地域で頑張る飲食店

▶tripnote外の活動
・H29.07- 足立区浴場組合フリペ「銭湯といえば足立」連載中
・R02.02- ブログサイト「古民家移住の教科書」開設・更新中

▶Awards
・H30.10 環境保全茨城県民会議主催「いばらき自然環境フォトコンテスト」部門賞
・H31.01 羽田空港主催「私の旅する日本語2018」大塚製薬賞
・R01.08 tripnote主催「トラベルライターアワード2019年上半期」審査員特別賞
https://kominkaijyu.com

【静岡】本当は広めたくない!柿田川湧水公園の神聖な見どころ5選

富士山に降った雨や雪が数十年の旅を経て、地上に現れる。それが静岡県清水町にある、柿田川湧水公園内の湧き水の正体です。こんこんと湧き出る、透明度の高い洗練された水...


【島根】1日で全部回れる!松江市のおすすめ観光スポット15選&ざっくりタイムスケジュール

島根県松江市街地のおすすめ観光スポットをご紹介します。宍道湖(しんじこ)を中心に栄えている町の魅力がたっぷり!朝から夜まで丸一日かけて、充実の松江観光を楽しんで...


【茨城】100円でサツマイモ詰め放題!蔵出し焼き芋かいつか・かすみがうら本店工場直売所の魅力に迫る

まるでスイートポテトのような、クリーミー感とジューシー感。こんな焼き芋があったんだ!と、一口食べれば誰もが感じる焼き芋を販売しているお店、それが「かいつか」です...

【茨城】陶芸の町!笠間市でおすすめの観光スポット6選

茨城県中部に位置する笠間市。陶芸や陶器の町として知られています。自然に囲まれた環境のなか、思う存分に芸術と触れ合うことができるエリアです。観光には欠かせない食も...

【北千住】気分で使い分け!下町銭湯4軒を元住民が徹底解説!

下町情緒溢れる足立区北千住駅。駅前を離れ、町を歩くとアットホームな銭湯に数多く出会うことができます。この記事では、北千住駅西口エリア元住民の筆者が、西口にある銭...

トラベルライターアワード受賞結果発表トラベルライターインタビュー Vol.3 Emmyさん

【トラベルライターインタビューVol.3】一人旅を応援する記事を多数執筆!Emmyさんならではの人気記事執筆のコツやその原動力に迫ります