茨城
茨城観光
史跡や自然景勝地が豊富な、国内一のメロン生産地

【茨城】メニューは?雰囲気は?サザコーヒー本店を解説

取材・写真・文:

茨城在住
訪問エリア:44都道府県

2020年7月21日更新

12,338view

お気に入り

写真:菊地早秋

茨城県ひたちなか市に本店をおくサザコーヒー(SAZA COFFEE)をご紹介します。この記事ではサザコーヒーの概要に加えて、お洒落な空間で知られる本店の様子をお伝えします。本当に美味しいコーヒー豆に出会うため社員が何度も現地へ足を運んで、上質なコーヒーを見つけているんです。スイーツやお食事も無添加で、食の安心安全にもこだわっています。

この記事の目次表示

サザコーヒーの概要

どんなコーヒー屋さん?

サザコーヒー(SAZA COFEE)は茨城県ひたちなか市が発祥地かつ本店所在地のコーヒーショップです。

コーヒー豆の購入はもちろんカフェとしても利用可能で、2020年現在14店舗を展開しています。茨城県内での出店が多いですが、東京(千代田区、港区、世田谷区)、埼玉(さいたま市)にも進出しています。

  • 写真:菊地早秋サザコーヒー本店・外観

選び抜かれたコーヒー豆、添加物を使用しないスイーツと食事が支持を集め地元民や観光客から注目されています。品質にこだわる分、高価格帯の金額設定ですが店内は賑やかで混雑しています。

こだわりは?

サザコーヒーの最大の特徴は原料のコーヒー生豆にあります。人との繋がりで美味しいコーヒー農園を探し出し、社員が実際に生産地まで足を運んでいるそうです。

おもにコーヒー果実の熟度、完熟果実の収穫、伝統的精製方法、天日乾燥などによる味の違いに注目しているのだとか。

  • 写真:菊地早秋サザコーヒー本店

スイーツや食事に関しては「本物でおいしいものを取扱う」という会社の決まりがあります。その考えに基づいて仕入れた食品は、どこで?誰が?何から作った?をいつでも説明できるものだけを取扱っています。

  • 写真:菊地早秋サザコーヒー本店

店名の由来は?

「サザコーヒー」を漢字で書くと「且座珈琲」です。あまり見かけない漢字で難しいですよね。

その語源を解説すると、創業者の鈴木誉志男さんが茶道に心を寄せ、表千家に足を運んだことがきっかけとなっているそうです。

  • 写真:菊地早秋サザコーヒー本店・且座の文字

表千家において「サザ」とは「且(まさに)座(すわって)喫(ちゅうを)茶(たのしまんとす)=どうぞ座ってお茶をお楽しみください」を意味しているのだとか。これがサザコーヒーの由来です。

サザコーヒー本店のメニュー

メニュー表のご紹介

コーヒーの種類がとても豊富です。金額は570~1,200円まで様々。

  • 写真:菊地早秋サザコーヒー本店・メニュー表

エスプレッソ(560円~)、ホットドリンク(570円~)、コールドドリンク(570円~)、紅茶(640円~)の用意もあります。

  • 写真:菊地早秋サザコーヒー本店・メニュー表
  • 写真:菊地早秋サザコーヒー本店・メニュー表

食事はセットメニュー(1,000円~)、単品メニュー(280円~)、デザート(620円~)があります。主にパン、スープ、ソーセージ、キッシュ、ケーキ、パフェ、パンケーキなどの洋食です。

  • 写真:菊地早秋サザコーヒー本店・メニュー表

食事のレビュー

パンセット(1,000円)を注文すると、好きなスープ1種類、好きなパン2種類を選ぶことができます。

  • 写真:菊地早秋サザコーヒー本店・パンセット

クラムチャウダーはコクがあってまろやかな味わいです。

  • 写真:菊地早秋サザコーヒー本店・クラムチャウダー

全粒粉パンはほどよく柔らかくて、胚芽の茶色が綺麗です。フランスパンは表面がカリッとしていて、中はしっとりもちもちです。

  • 写真:菊地早秋サザコーヒー本店・全粒粉パンとフランスパン

パンセットソーセージ付き(1,280円)を注文すると、こんがり焼かれたボリューミーなソーセージが頂けます。

  • 写真:菊地早秋サザコーヒー本店・パンセットソーセージ付き

ポークシチューはトマトベースで野菜がたっぷり使われていました。

  • 写真:菊地早秋サザコーヒー本店・ポークシチュー

松の実パン、クルミパンはどちらも木の実のプチプチサクサクした食感が楽しめます。生地はふわふわしています。

  • 写真:菊地早秋サザコーヒー本店・松の実パンとクルミパン

飲み物は自由に選べます。ハーブティーは優しい味です。また、カフェでいただいた同じ商品を物販コーナーで購入することも可能です。

  • 写真:菊地早秋サザコーヒー本店・ハーブティー
  • 写真:菊地早秋サザコーヒー本店・ハーブティー

サザコーヒー本店の様子

駐車場

本店は商店街のなかにあります。本店から徒歩数分の場所(同じ商店街のなか)に駐車場があります。無料です。

隣接しているわけではないので、見落とさないように少し注意しておくと安心です。とはいえ同じ通りに位置していますので、看板を見ていれば大丈夫かと思います。

駐車スペース自体は広いですが本店は大体混雑していますので、その時はお隣の車とも距離が近く駐車しづらくなります。特に休日は満車近くまで車で埋まっています。

外観

1階建ての建物です。サザコーヒーの「且座」という文字が掘られています。

  • 写真:菊地早秋サザコーヒー本店・外観

ちなみに本店にはコーヒー焙煎工場、ケーキ工房が併設されています。

  • 写真:菊地早秋サザコーヒー本店・外観

カウンターとメインのお部屋

店内は木の雰囲気が強調されたナチュラルな空間になっています。

  • 写真:菊地早秋サザコーヒー本店・メインのお部屋

カウンター席は一人掛けです。カウンター越しにたくさんの可愛いカップが飾ってある様子を見ることができます。水出しコーヒーの器具も見学できます。

  • 写真:菊地早秋サザコーヒー本店・カウンター席
  • 写真:菊地早秋サザコーヒー本店・カウンター席

メインのお部屋には複数のテーブルが置かれています。なかには本棚の近くに設置されているテーブルもあって、読書にぴったりです。

  • 写真:菊地早秋サザコーヒー本店・メインのお部屋
  • 写真:菊地早秋サザコーヒー本店・メインのお部屋

次のページを読む

茨城の旅行予約はこちら

茨城のパッケージツアーを探す

茨城のホテルを探す

茨城の航空券を探す

茨城の現地アクティビティを探す

茨城のレンタカーを探す

茨城の高速バスを探す

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※この記事は2020年7月20日に公開した情報です。
 記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

あなたにオススメの記事

同じテーマの記事


茨城デートに!カップルにおすすめのデートスポット25選

ネモフィラが人気の国営ひたち海浜公園や、日本トップクラスの規模を誇るアクアワールド茨城県大洗水族館、地上85mから関東平野を一望できる牛久大仏など、カップルにお...


ひたち海浜公園とセットで行きたい!8つのコラボスポット【茨城】

「国営ひたち海浜公園」で大人気なのが、春のネモフィラシーズンと秋のコキアシーズン。この時期は朝一番に訪れるのがお勧めですが、その後は別の場所にも足を伸ばしてみま...

【茨城】行列ができる焼き芋サンド!焼き芋専門店・芋やすとは

茨城県土浦市にある焼き芋専門店・芋やすをご紹介します。こちらのお店では、開店前から行列ができる、フルーツサンドならぬ「焼き芋サンド」が人気です。もちろん定番の焼...

【茨城】鉾田市の農園カフェ「ル・フカサク」とは?メニューは?

茨城県鉾田市にある農園カフェ、ファームパティスリー「ル・フカサク」をご紹介します。ル・フカサクはメロンとイチゴで有名な深作農園の直営店舗です。新鮮な野菜とフルー...

美しい駅舎と絶景カフェ「シーバーズカフェ」でランチタイム!合わせてお土産もゲットしよう♪【茨城県日立市】

世界で最も美しい駅舎の一つと称される「日立駅」。日立市の玄関口として、駅を目的として訪れる観光客も大変多いです。本記事では、日立駅と駅直結の「シーバーズカフェ」...

この記事を書いたトラベルライター

大自然に魅せられて
海に囲まれた故郷で育ち、いくつになっても自然を求め旅をしています。これまで国内44県、海外は13か国を訪れました。その土地に根付く食を探るのも楽しみのひとつです。

▶よくある執筆ネタ
・湧き水、ネイチャースポット
・食文化、地域で頑張る飲食店

▶tripnote外の活動
・H29.07- 足立区浴場組合フリペ「銭湯といえば足立」連載中
・R02.02- ブログサイト「古民家移住の教科書」開設・更新中

▶Awards
・H30.10 環境保全茨城県民会議主催「いばらき自然環境フォトコンテスト」部門賞
・H31.01 羽田空港主催「私の旅する日本語2018」大塚製薬賞
・R01.08 tripnote主催「トラベルライターアワード2019年上半期」審査員特別賞
https://kominkaijyu.com

【静岡】本当は広めたくない!柿田川湧水公園の神聖な見どころ5選

富士山に降った雨や雪が数十年の旅を経て、地上に現れる。それが静岡県清水町にある、柿田川湧水公園内の湧き水の正体です。こんこんと湧き出る、透明度の高い洗練された水...


【島根】1日で全部回れる!松江市のおすすめ観光スポット15選&ざっくりタイムスケジュール

島根県松江市街地のおすすめ観光スポットをご紹介します。宍道湖(しんじこ)を中心に栄えている町の魅力がたっぷり!朝から夜まで丸一日かけて、充実の松江観光を楽しんで...


【茨城】100円でサツマイモ詰め放題!蔵出し焼き芋かいつか・かすみがうら本店工場直売所の魅力に迫る

まるでスイートポテトのような、クリーミー感とジューシー感。こんな焼き芋があったんだ!と、一口食べれば誰もが感じる焼き芋を販売しているお店、それが「かいつか」です...

【茨城】陶芸の町!笠間市でおすすめの観光スポット6選

茨城県中部に位置する笠間市。陶芸や陶器の町として知られています。自然に囲まれた環境のなか、思う存分に芸術と触れ合うことができるエリアです。観光には欠かせない食も...

【北千住】気分で使い分け!下町銭湯4軒を元住民が徹底解説!

下町情緒溢れる足立区北千住駅。駅前を離れ、町を歩くとアットホームな銭湯に数多く出会うことができます。この記事では、北千住駅西口エリア元住民の筆者が、西口にある銭...

トラベルライターアワード受賞結果発表トラベルライターインタビュー Vol.3 Emmyさん

【トラベルライターインタビューVol.3】一人旅を応援する記事を多数執筆!Emmyさんならではの人気記事執筆のコツやその原動力に迫ります