沖縄本島
沖縄本島観光
世界遺産や日本一の水族館がある日本屈指の観光県

【国際通り】泡盛飲み放題♪朝食は本格タイ料理!ホテルアートステイ那覇

取材・写真・文:

愛知在住
訪問エリア:44都道府県

2018年4月25日更新

508view

お気に入り

写真:mikish

那覇観光で欠かせないエリアと言えば国際通り!沖縄県の台所と名高い牧志公設市場や、お土産屋さん、沖縄島唄ライブが楽しめる居酒屋などなど一日居ても尽きないほどの見どころがあるエリアです。そんな国際通りから徒歩1分の場所にある一風変わった趣向のホテル「ホテルアートステイ那覇」についてご案内して参ります。

ホテルアートステイ那覇の特徴

一風変わった趣向ってどんな感じ??ということで、まずはこちらのホテルの特徴についてご紹介します。

①壁画がキュートすぎる客室☆

  • 写真:mikish

ホテルアートステイ那覇は、「文化・アートと寄り添うホテル」をコンセプトに、部屋自体がひとつの異空間となるべく構成されたアートなホテルで、各客室にはそれぞれ違うテイストの絵が描かれています。

各客室の絵は、タイにある孤児たちのための生活施設バーンロムサイの子どもたちが描いた絵を元にしたものと、日本を代表するアーティストが制作した絵画や写真という二本柱で展開されていて、個性あふれる想像をかき立てられる空間となっています。

公式ホームページには客室の写真も数々掲載されていますので是非ご覧くださいね。取材時には可愛いハートのお部屋をアサインされたので、とってもラブリーな気分で滞在することができました。また、一つとして同じ壁画は存在しないので、二度目以降の滞在でもチェックインする度にワクワクさせてくれそうです。

②泡盛、アーサ汁、ゆし豆腐を飲み放題食べ放題☆

  • 写真:mikish

沖縄へ行ったら絶対に味わいたいこの三つの名物を、なんとこちらのホテルでは滞在中はいつでも無料でいただくことができます。場所は朝食会場にもなるラウンジ!なのでとても広々としていて、木目が明るい雰囲気で居心地も最高です。

取材時は三種類の泡盛が用意されていました。脇には小さなお猪口もありますので全種類を少しずつ利き酒、なんて飲み方も良いですね。ラウンジに食べ物を持ち込んで乾杯!できちゃいます♪

  • 写真:mikish

お酒は飲まない方も、コーヒー各種や紅茶、ハーブティ、シークワーサァジュース、さんぴん茶、デトックスウォーターなども飲み放題となっており大満足のラインナップです。コーヒーマシーンはその場で豆を挽くタイプで、エスプレッソからアメリカン、カフェラテなどお好みの飲み方ができるようになっていますよ。

余談ですが泡盛をシークワーサァジュースで割って飲むのもおすすめです。

  • 写真:mikish

なんと水素水もありました!

ちなみにこれらの飲み物は客室へ持ち帰っても良いということなので、美味しいコーヒーをゆっくりお部屋で楽しむことができるのも嬉しいポイントです。

③朝食は「本格」タイ料理をブッフェスタイルで☆

  • 写真:mikish

ホテル宿泊のお楽しみのひとつでもある朝食ブッフェですが、こちらではなんと種類豊富なタイ料理をいいただくことができるのです!それも、タイ人シェフを含むスタッフが作る本格タイ料理。

タイカレーはグリーン・レッド・イエローと全種類揃っていて食べ比べもできますし、専門店へ行かないと食べることのできないようなローカル感たっぷりのタイ料理もずらりと並びます。タイ料理が好きな方にはたまりませんよね!人気のパクチーは別添えで、好きなだけ取り分けできるようになっていますよ♪

さらに、ブッフェコーナーの一角には沖縄そばや和食のコーナー、ハンバーグやポテトなどが並ぶキッズコーナー、さらにワッフルやフルーツ+チョコレートが流れ落ち続ける姿が目を引く「チョコレートファウンテン」までが幅広く用意されたよりどりみどりのラインナップです。

沖縄旅行へ行くとランチやディナーは定番の沖縄料理三昧が楽しいですが、滞在中に一食タイ料理を挟んでみるのも新鮮で面白いですよ♪筆者はタイ料理専門店へしばしば足を運ぶほどタイ料理には目がないのですが、こちらのタイ料理はとっても美味しく大ファンになってしまいました☆

④ママも嬉しすぎ!ここぞ子連れ大歓迎の宿

可愛く自由奔放な小さな子供と旅行するとなると、どうしても犠牲になってしまうのがママのリラックスタイムですよね。慣れない土地で子供のペースに振り回されてヘトヘト…お楽しみの食事の時間も子供のペースと機嫌次第、なんてことも。でも、そんな心配もここではご無用!

  • 写真:mikish

こちらは、アートステイ那覇にあるキッズスペースです。ボールプールや沢山の絵本などなど、子供が楽しく遊べる工夫をされた環境が整っていますよ。

しかもこのキッズスペース、朝食会場でもあるラウンジ内に設置されているんです。つまり、食事に飽きてしまった子供をここで遊ばせて、その様子を近くのテーブルから見守りながらパパママは安心してゆっくり食事をいただくことができるんです。ホッと一息つける貴重な時間を満喫できますよ。

  • 写真:mikish

こちらの子供用のアメニティセットは、フロントの向かいに用意されているものを必要数自由にもらうことができます。可愛いムササビのポーチの中には、スリッパ、歯ブラシ、歯磨き粉、ボディスポンジが入っていて、子供は喜ぶこと間違いなしです!ここまで充実したアメニティを無料でもらえるのは助かりますよね。

さらに、フロントではベビーカーを借りることもできますので、ホテル目の前の国際通りを観光する際には是非どうぞ。アートステイ那覇は、パパママにもすごくおすすめのホテルです!

次のページを読む

沖縄本島の旅行予約はこちら

沖縄本島のホテルを探す

(沖縄本島南部)

(沖縄本島中部)

(沖縄本島北部)

(中部・北部)

(那覇・南部)

沖縄本島の航空券を探す

沖縄本島のパッケージツアーを探す

沖縄本島の現地アクティビティを探す

沖縄本島のレンタカーを探す

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※この記事は2018年4月24日に公開した情報です。
 記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

あなたにオススメの記事

同じテーマの記事

【沖縄美ら海水族館】のチケットは買わなくてOK!イルカショーはなぜ無料?

水族館というとイルカショーはテッパンですが、【沖縄美ら海水族館】のある【海洋博公園】では、水族館のチケットを買わなくても、無料でイルカショーが観られるのをご存知...

【沖縄】ジャグジーから満天の星空も!カヌチャリゾートで過ごす休日

今度の大連休はリゾートへ行こう!という時にまず思いつくのが沖縄ですよね。今回は、沖縄県に数あるリゾートホテルの中でも広大な敷地面積を誇る「カヌチャベイホテル&ヴ...


沖縄本島のホテルで寛ぐ〜オクマ プライベートビーチ&リゾート〜

沖縄本島に行くと国際通りや美ら海水族館など遊べるところがいっぱい!でも、「何泊もするからホテルで寛ぐ時間も欲しい」、「何度も行ってるから今回は観光は少しだけで、...

家族やグループでの沖縄旅行はコンドミニアム・ライフを満喫しよう!~恩納村のカフーリゾートフチャクコンド・ホテル

沖縄、恩納村のカフーリゾートフチャクコンド・ホテルは、ホテルとコンドミニアム両方の機能を備え持つ宿泊施設。特にコンドミニアムは、ホテルとは比べ物にならないほどの...


“美ら海の図鑑”ができちゃう!「沖縄美ら海水族館」

「沖縄美ら海水族館」では、B5サイズのカードがところどころに置かれています。全部で10枚。これを集めると、なんと“美ら海の図鑑”が完成しちゃうんです!水族館全体...

この記事を書いたトラベルライター

温泉旅をこよなく愛する子連れトラベラー
私にとって、未知なる場所へ行くことは最高の楽しみです。
目的地へ向かう道中も含めて、旅行が大好き。
そこで出会う人、景色、そして食べ物、すべてに心ときめきます。

大学卒業後は温泉に夢中になり、一日でも休みがあれば温泉旅行へ。
仕事帰りに夜行バスに乗って日本国内を周りました。

現在は1歳児の母として育児に奮闘しながら、週末は家族で小旅行を楽しんでいます。

育児に頑張るママさんパパさん方へも
疲れた心と体を癒す旅行の情報をお伝えできれば幸いです。

【愛知】絶景ありグルメありブランコあり!日間賀島で遊びつくそう!

ご存知でしょうか?日本三大都市のひとつ名古屋市からたったの1時間強で行ける離島、日間賀島(ひまかじま)。昔から、近海でたくさん獲れるタコとフグがとても美味しいこ...

共通語は英語!?クラブメッド石垣島で海外リゾート気分を満喫しよう!!

フランス発のリゾート、クラブメッドをご存知でしょうか?オールインクルーシブ(つまり滞在中は食べ放題&飲み放題&遊び放題)のリゾートです。沖縄県にあるクラブメッド...


距離感!目線!やっぱりスゴイ!大阪「海遊館」のオモロイ展示5選

大阪の観光地として超有名な水族館、その名も「海遊館」。実はこちら、世界最大の旅行口コミサイト「トリップアドバイザー」でアジアの水族館第一位に選ばれたこともあると...

【沖縄】ジャグジーから満天の星空も!カヌチャリゾートで過ごす休日

今度の大連休はリゾートへ行こう!という時にまず思いつくのが沖縄ですよね。今回は、沖縄県に数あるリゾートホテルの中でも広大な敷地面積を誇る「カヌチャベイホテル&ヴ...


ひゅーっと爽快に!ロープウェイで訪れる【三重】御在所岳山頂の別世界

三重県と滋賀県の県境にそびえ立つ標高1,212mの御在所岳(ございしょだけ)。登山家にも親しまれるこの山ですが、実は御在所ロープウェイを使えば誰でも気軽に山頂ま...

トラベルライターアワード受賞結果発表トラベルライターインタビュー Vol.2 bluemoonさん

【トラベルライターインタビューVol.2】NY記事50本超え!人気記事を多数生み出しているbluemoonさんの執筆のコツとは?