台湾
台湾観光
人気急上昇中の国!手軽に行けて美味しいグルメも楽しめる

【台湾】烏來老街で原住民料理を堪能!人気店「翡翠谷飲食店」

取材・写真・文:

台湾在住
訪問エリア:4ヶ国

2020年5月25日更新

1,817view

お気に入り

写真:Yui Imai

台湾北部の温泉観光地・烏來(ウーライ)は、台湾原住民タイヤル族の料理を味わえることでも知られています。ランチやディナーをメインに、半日観光を楽しむプランもおすすめです。今回は、烏來老街にある人気のレストラン「翡翠谷飲食店」を紹介します。

この記事の目次表示

台北MRT新店駅から路線バスで約30分!温泉観光地・烏來

  • 写真:Yui Imai

温泉観光地・烏來(ウーライ)は、台北MRT新店駅から849番バスに乗って約30分ほどの距離です。ただし山道を通るため、立ち乗りだと酔いやすい方はちょっとキツイかもしれません。

この849番バスはMRT中正紀念堂駅や公館駅、大坪林駅などからも乗ることができ、手前で乗るほうが席に座れる確率は高くなります。体力に自信がない方は、新店駅からタクシーで行くのも一つの方法です。

烏來老街の人気レストラン「翡翠谷飲食店」

  • 写真:Yui Imai
  • 写真:Yui Imai

烏來のバス停を降りて少し歩けば、烏來老街に到着。この通りにはレストランやお土産屋さん、小さな博物館などが並びます。

  • 写真:Yui Imai

その中でも人気のレストランの一つが「翡翠谷飲食店(フェイツイ・グー・インシー・ディエン)」で、烏來ならではの原住民料理を味わうことができます。

烏来老街
台湾 / 町・ストリート
住所:新北市烏來區烏來街地図で見る

セットメニューが豊富!人数や予算に合わせて注文可

  • 写真:Yui Imai

ここは原住民料理を味わえるセットメニューが豊富で、人数や予算に合わせて注文がしやすいです。例えば「五菜一湯」であれば、五つの料理と一つのスープに人数分の白ご飯が付いて599元(約2,156円)とリーズナブル。2~4人でいただくのにちょうどよい量と言えるでしょう。

「七菜一湯」は七つの料理と一つのスープのセットで、6人前後でいただくのにちょうどよい量です。価格は999元(約3,596円)。

  • 写真:Yui Imai

店内の壁には、7人以上の大人数用のセットメニューも掲示されています。皆で和気あいあいと食卓を囲むのが好きな、台湾ならではのコースです。日本語が書かれた料理の写真もたくさん貼られており、注文の際に参考にすることができるでしょう。

  • 写真:Yui Imai

もちろん料理は単品で注文することも可能です。セットメニューをベースにしつつ、追加で気になる料理を注文するのもよいですね。

多種多様な烏來ならではの料理を堪能!

  • 写真:Yui Imai

ではこれから「七菜一湯」の内容の一部と、お店おすすめの「放山白斬鶏」という鶏肉料理を紹介します。

七つの料理と一つのスープのセット「七菜一湯」の内容は?

  • 写真:Yui Imai

こちらは、豚肉の足の部分を煮込んだものに桂竹筍という竹の子を添えた料理です。馬告(マーガオ)という烏來ならではのスパイスも入っており、とろとろのお肉と相性が抜群。竹の子も驚くほど柔らかく、日本ではなかなか出会えないおいしさです。

  • 写真:Yui Imai

こちらのウインナーも烏來の名物料理。ちょっと甘めのウインナーは、ジューシーでおいしいです。

  • 写真:Yui Imai

もちろん野菜もしっかりと採ることができます。烏來の野菜料理はシンプルな味付けで、素材そのもののおいしさが活かされています。

  • 写真:Yui Imai

台湾では食後にスープをいただくことが多いです。こちらは金針花(きんしんか)がたっぷりと入ったスープで、中には骨付き鶏肉やキノコも入っています。出汁がしっかりととられていておいしいです。七菜一湯のセットメニューには他にもキノコ料理や豆腐料理などが含まれており、多種多様な料理をバランスよく楽しむことができます。

つやつやの鶏肉「放山白斬鶏」

  • 写真:Yui Imai

こちらはお店おすすめのメニュー「放山白斬鶏」の半鶏(鶏半分)で、価格は500元(約1,800円)です。鶏半分は大きすぎるので4分の1の量で注文したいという場合は部位によって価格が変わり、前の部位が250元(約900円)、後ろの部位が350元(約1,260円)となります。

つやつやの鶏肉はお肉に旨味がぎゅっとつまっており、塩気も絶妙です。さらにタレをつけていただけば、ご飯を食べる手が止まらなくなるおいしさです。

ランチやディナーに烏來原住民料理を

烏來は山の上にあるため台北からのアクセスは少し大変ですが、この土地ならではの原住民料理がいただけるのは魅力的です。ぜひ烏來原住民料理を味わいに、烏來へと足を運んでみてくださいね。

翡翠谷飲食店
台湾 / 台湾料理
住所:新北市烏來區烏來街26、28號地図で見る
電話:02-2661-6198

※記事内の元から日本円への換算は2020年5月現在のレートを利用しています(1元=約3.6円)。

台湾の旅行予約はこちら

台湾のパッケージツアーを探す

台湾のホテルを探す

台湾の航空券を探す

台湾の現地アクティビティを探す

台湾のWi-Fiレンタルを探す

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※この記事は2020年5月5日に公開した情報です。
 記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

あなたにオススメの記事

同じテーマの記事


台湾暮らしの筆者が厳選!台湾グルメおすすめランキングTOP10

台湾旅行ではひたすらおいしいものを食べ尽くしたい!という方は多いでしょう。この記事では、台湾で暮らす筆者が日本人の口にも合う絶品台湾グルメを、おすすめ店と一緒に...


一度は行きたい!世界の美しいカフェ&絶景レストラン10選!

女子必見!世界一豪華なカフェと言われるブダペストのニューヨークカフェを始め、可愛いカフェや絶景が見えるレストランなど、一度は行きたい世界のカフェやレストランを集...

【台湾】トマト牛肉麺が名物!台北MRT新北投駅近く「山西蕃茄牛肉刀削麵」

北投温泉観光を予定しているものの、ランチやディナーはどうしようかな?と計画中かもしれません。台北MRT新北投駅近くの「山西蕃茄牛肉刀削麵」は、トマト牛肉麺の人気...

台湾朝ごはんの定番「豆漿店」を徹底攻略!おすすめメニュー7選

朝早くに台湾の街を散策していると、「豆漿」という文字が含まれている朝ごはん屋が賑わっているのを目にすることでしょう。豆漿(ドウジャン)とは豆乳のことで、豆漿店は...

【台湾】台北の温泉観光地・北投で飲茶尽くし!「新上享港式飲茶」

北投は台北MRTでアクセスできる人気の温泉観光地。その北投、台北MRT新北投駅近くにある「新上享港式飲茶」は香港式飲茶を味わえるお店で、北投観光合間のランチやデ...

この記事を書いたトラベルライター

台湾の街歩き&グルメ情報ならおまかせ♪
台湾への語学留学、ワーキングホリデーを経て現在も台湾と日本をしょっちゅう行き来しているトラベルライターです。
台湾で長く生活していくうちに、あたたかくてエネルギッシュでちょっぴりおせっかいな台湾がすっかり大好きに。

中国語勉強歴は10年以上、台湾の方とは現地の言葉でほぼ問題なくコミュニケーションが可能です。
台湾を中心におすすめの観光スポットやグルメ、お土産情報など、はじめて旅行される方にもわかりやすい情報を発信していきたいと思います。
http://mangoxuehua.blog.fc2.com/

【台湾台北】リピートしたい台湾の人気土産!おすすめ10選

台湾旅行で気になるお土産選び。何を買って帰ろうか迷ってしまいますよね。この記事では、台湾暮らしの筆者が実際に渡して喜ばれた人気台湾土産を10選紹介します。ちょっ...


台湾暮らしの筆者が厳選!台湾グルメおすすめランキングTOP10

台湾旅行ではひたすらおいしいものを食べ尽くしたい!という方は多いでしょう。この記事では、台湾で暮らす筆者が日本人の口にも合う絶品台湾グルメを、おすすめ店と一緒に...


台湾朝ごはんや夜食は豆乳店で!台北MRT中山駅近く【四海豆漿大王】

台湾旅行でぜひ楽しみたいのが、台湾ローカル朝ごはん。台湾の街には特色ある朝ごはん屋がたくさんありますが、台湾朝ごはんデビューにおすすめなのが「豆漿店(豆乳店)」...

台湾桃園国際空港第一ターミナルフードコートでグルメ旅!おすすめ店5選

台湾桃園国際空港には一体どんなレストランがあるんだろう?と思われるかもしれません。特に第一ターミナルは機内食が有料となるLCC路線の多くが発着することもあり、フ...

台湾朝ごはんの定番「豆漿店」を徹底攻略!おすすめメニュー7選

朝早くに台湾の街を散策していると、「豆漿」という文字が含まれている朝ごはん屋が賑わっているのを目にすることでしょう。豆漿(ドウジャン)とは豆乳のことで、豆漿店は...

トラベルライターアワード受賞結果発表トラベルライターインタビュー Vol.3 Emmyさん

アプリ「Pokke」で台湾の音声ガイドを聴く

台湾の観光スポットの音声ガイドをアプリ「Pokke」で聴くことができます。

旅行前にダウンロードしておけばオフラインでも使える!
プロのガイドに案内されるように旅を楽しめる!

Pokkeについて

【トラベルライターインタビューVol.3】一人旅を応援する記事を多数執筆!Emmyさんならではの人気記事執筆のコツやその原動力に迫ります