台湾
台湾観光
人気急上昇中の国!手軽に行けて美味しいグルメも楽しめる

【台湾】リピーターにおすすめ!高雄から行ける極上ビーチ・墾丁

取材・写真・文:

フィンランド在住

2018年4月27日更新

4,346view

お気に入り

写真:Globe Hopper

日本から週末や3連休でも気軽に行ける距離で、食べ歩き、温泉、茶藝館に渓谷ハイクまで、楽しみかたも多彩な人気の旅先、台湾。台北や九份といった王道の行き先から始まり、魅せられてリピーターになるトラベラーも多いのではないでしょうか。ひと通り台湾入門編を制したリピーターにおすすめしたいのが、今回ご紹介する台湾のビーチリゾート、墾丁(ケンティン)です。春先から暑さの厳しいところも多い南国・台湾。あちこち歩き回るのではなく、思い切って海辺にのんびり滞在する旅のご提案です。

この記事の目次表示

台湾のおすすめツアー
【★アジアを巡る2都市周遊★シンガポール&台北】せっかくなら2つの都市を巡ろう!マリーナ地区のコスパ抜群の4つ星『ペニンシュラエクセルシオール/1泊』×台北駅前に建つ4つ星『コスモスホテル台北(天成大飯店)/2泊』宿泊 往復送迎なしプラン3泊5日
89,800円~156,800円
【★アジアを巡る2都市周遊★シンガポール&台北】せっかくなら2つの都市を巡ろう!マリーナ地区のコスパ抜群の4つ星『ペニンシュラエクセルシオール/1泊』×台北駅前に建つ4つ星『コスモスホテル台北(天成大飯店)/2泊』宿泊 往復送迎なしプラン3泊5日
89,800円~156,800円
【WEB限定xホテル指定なしでお得に】《チャイナエアライン*羽田朝発/現地夕刻発》『2.5つ星エコノミークラスホテル(指定なし)』宿泊*送迎なしのフリープラン*台北2泊3日間
29,400円~87,100円

朝から泳げる!蒼く透明な海

墾丁の魅力は、何といっても美しいビーチの数々。一番賑わいのあるエリアに近い小湾ビーチ、少し西に離れたところには南湾ビーチがあります。10kmちょっと離れた西の海岸には、墾丁でもっとも美しいと言われている白砂ビーチ。中心地から距離があるためか人も少なく、夕日スポットとしても有名です。

  • 写真:Globe Hopper白砂ビーチの夕暮れ

天候にもよると思いますが、筆者が訪れた5月の初めには、朝8時にはもう水が温かく波も穏やかで、気持ちよく泳ぐことができました。透明度が高く、沖縄や東南アジアの一流リゾートに負けない極上の海。サーフィンや、マリンスポーツに興じるもよし、現地でパラソルを借り、本を持って行って1日のんびり過ごすもよし。

  • 写真:Globe Hopperこの透明度!
小湾ビーチ(小湾海灘)
台湾 / ビーチ
住所:No. 6號, Kending Road, Hengchun Township, Pingtung County, 台湾 946地図で見る
南湾ビーチ(楽活南湾遊憩区)
台湾 / ビーチ
住所:No. 223號, Nanwan Road, Hengchun Township, Pingtung County, 台湾 946地図で見る
白砂ビーチ(墾丁白沙湾海灘)
台湾 / ビーチ
住所:946 台湾 Pingtung County, Hengchun Township, 白砂路地図で見る

墾丁、夜の過ごし方は?

日没後は、台湾らしく夜市の喧騒をそぞろ歩きが良いでしょう。小湾のあたりから西に広がる墾丁大街が墾丁の中心地。

昼はただの道路ですが、夕方になると突如屋台がたくさん出現し、台湾に行けばどこの街でも見ることのできる”夜市”が出現します。気の向くままにストリートグルメに舌鼓を打つもよし、台湾では「熱砂」と呼ばれる、いわゆる居酒屋でおつまみとビールを楽しむのも良いでしょう。

  • 写真:Globe Hopperビーチリゾートらしいカクテルの屋台も出ています。
  • 写真:Globe Hopper居酒屋=”熱砂”。炒め物など小さなポーションで色々頼める。

墾丁は台湾の人たちにとって観光地のため、他の都市の地元の夜市に比べると、ややお値段が張りますが、十分に台湾の夜市の熱気を味わえます。カラフルなネオンや活気のある呼び声に注意を引かれますが、屋台が張り出し人がひしめく道路では、車や大型バスがかなりの頻度で走り抜けるので十分気をつけて!

  • 写真:Globe Hopper人も多いし車も多い!
墾丁大街
台湾 / 市場・朝市
住所:湾恆春鎮墾丁大街地図で見る

スクーターでGO

墾丁ではスクーターをレンタルして移動するのが便利です。筆者が借りた際は24時間で500NTDでした(2018年4月レート換算で約1,800円)。免許証の中国語訳の書類を持っていると確実かつ簡単に借りることができます。JAFの窓口で申請することができますので、旅行が決まったら事前に手続きしておきましょう。

  • 写真:Globe Hopperスクーターでのんびりと。
  • 写真:Globe Hopper"カニが出るので減速注意"(!?)の標識

スクーターがあれば、白砂ビーチにも足を伸ばすことができるし、台湾島の最南端を見に行くこともできます。気の向くままに海岸沿いに点在する奇岩スポットに立ち寄る、目にとまったカフェで一休みする、足つぼマッサージ屋さんでリフレッシュする、などと墾丁でできることの幅がぐっと広がります。

  • 写真:Globe Hopperレトロなカフェ・バーを発見!

アクセスと宿泊

墾丁へは、台湾南部の主要都市・高雄から墾丁快線(Kenting Express)というバスで行くことができます。日本から高雄への直行便に乗り、高雄空港からバスを乗り継ぐ(臨918便)か、台北から台湾高速鉄道(新幹線)で高雄の左營駅までゆき、そこから乗る(9189便)かどちらかになるでしょう。

所要時間は高雄から2時間ちょっと、往復600NTD(2018年4月レート換算で約2,200円)です。左營駅からの便は約30分おきにありますが、空港発着は便数が少ないです(空港から電車で左營駅まで行き、そこからバスに乗る方法もあります)。

また、グループ旅行の場合には思い切って車をチャーターすれば、停車駅もなく、スピードも出せるためバスよりも短時間で到着できます。その際は値段交渉はお忘れなく!

  • 写真:Globe Hopper南湾近くにはサーファーが多く泊まる宿も。

宿泊場所は、予算と過ごしかたに合わせて決めるのが良いでしょう。バスの終着地の小湾や、墾丁大街エリアはプールつきの大型ホテルが立ち並び、夜市が出るので遅くまで割と賑やかなエリア。ホテルリゾートや夜市を楽しみたい場合にはこちらがおすすめです。

南湾エリアには、小さなブティックホテルやペンション、またサーファーやダイバーが多く集う安宿が多く集まっています。夜市に行くのに路線バスやタクシーを使わないといけませんが、落ち着いた南湾のビーチに近く夜は静かという利点があります。

  • 写真:Globe Hopperパラソルやチェアをビーチで借りることができる。台湾のホリデイシーズンはかなり混雑するらしい。

おわりに

台湾は人気の高い旅先ですが、墾丁は南の果てということもあり、まだまだ日本で広く知られていないスポットのひとつだと思います。

台北の食べ歩きに一区切りついたら、昼は沖縄のように美しい海と白砂のビーチでリラックス、夜には台湾らしい夜市文化も味わえるローカルリゾート・墾丁で新しい台湾の楽しみかたを発見してみてはいかがでしょうか?

墾丁
台湾 / 町・ストリート
住所:Kenting,Taiwan地図で見る

台湾の旅行予約はこちら

台湾のパッケージツアーを探す

台湾のホテルを探す

台湾の航空券を探す

台湾の現地アクティビティを探す

台湾のWi-Fiレンタルを探す

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※この記事は2018年4月26日に公開した情報です。
 記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

あなたにオススメの記事

同じテーマの記事

冬に行きたい暖かい国13選!12月・1月・2月の海外旅行におすすめ

寒〜い冬の日本を脱出して暖かい国へ!日本の真冬に当たる12月・1月・2月にベストシーズンを迎える、冬の海外旅行におすすめの暖かい国をご紹介します。

台湾桃園国際空港第一ターミナルフードコートでグルメ旅!おすすめ店5選

台湾桃園国際空港には一体どんなレストランがあるんだろう?と思われるかもしれません。特に第一ターミナルは機内食が有料となるLCC路線の多くが発着することもあり、フ...


【台湾・台北】人気スーパーで買うお土産にぴったりな台湾の味

みなさんは台湾に行ったらお土産に何を買いますか? 今回は、帰国してもいつでも台湾の味を楽しみたい!という方々のために、「食材系お土産」をご紹介します。観光客にと...

台湾朝ごはんや夜食は豆乳店で!台北MRT中山駅近く【四海豆漿大王】

台湾旅行でぜひ楽しみたいのが、台湾ローカル朝ごはん。台湾の街には特色ある朝ごはん屋がたくさんありますが、台湾朝ごはんデビューにおすすめなのが「豆漿店(豆乳店)」...


台湾暮らしの筆者が厳選!台湾グルメおすすめランキングTOP10

台湾旅行ではひたすらおいしいものを食べ尽くしたい!という方は多いでしょう。この記事では、台湾で暮らす筆者が日本人の口にも合う絶品台湾グルメを、おすすめ店と一緒に...

この記事を書いたトラベルライター

旅の楽しみは、気の向くままの寄り道とその土地の美味しいもの、そして昼からの”ちょっと一杯”
父の転勤について国内6拠点で育った根無し草。アメリカ・アリゾナ出身の夫、南アフリカ・ヨハネスブルク在住の妹、トルコとメキシコにも親族ができ、と気づけばボーダーレスな根無し草に。自身も2017年に東京を飛び出してフィンランドへ。

国内・海外ともに、旅の目玉をひとつ決めたら、地図と交通ルートをザックリ掴んであとは現地の直感まかせ、そんな時間に追われすぎないヴァケイションが好きです。そして、日々の生活を離れる旅ならではの楽しみといえば、明るいうちからの”ちょっと一杯”。昼酒・昼呑みトラベラー目線の情報もたくさんお届けできたらと思っています!

最高のおもてなし列車!?「リゾートしらかみ」号でゆく夏の東北

旅の最中だからこそ、普段できない”ちょっと昼から一杯”をしたい昼呑み派トラベラーにとって、車旅行は腰が重い。でも、車でないとアクセスしづらい場所にも行きたい…。...

【オランダ】アムステルダム "街中ブルワリー"のすすめ

ワイナリー、蒸留所、酒蔵…。お酒の仕込みをするところって街から離れたところにあると思いこみがちですが、世界のあちこちでトレンドになっているクラフト・ビールは、マ...


【北イタリア】ピエモンテ・ブラのスローフードな1日

北イタリア・ピエモンテ州の小さな街ブラは、地産地消で美味しいものをゆっくり味わう”スローフード”運動の発祥地。歩いて回れる範囲に、スローフードを知り、味わい、買...

【オランダ】アムステルダム再開発地区のヒップな立ち寄りスポット

アムステルダムといえば運河、美術館、王宮エリアなど旧市街の観光地が定番ですが、建築やデザインでも世界を牽引するオランダ、実は割と新しい再開発地区に訪れたいヒップ...


【京都】静かな水の郷で五感を磨く旅 〜「山崎蒸留所」「大山崎山荘美術館」

インバウンドの観光客の増加にともない、京都の主要観光地はいつの季節に行っても混んでいる印象が年々強くなってきました。有名な寺社仏閣や庭園は、なかなか落ち着いてお...

トラベルライターアワード受賞結果発表トラベルライターインタビュー Vol.2 bluemoonさん

アプリ「Pokke」で台湾の音声ガイドを聴く

台湾の観光スポットの音声ガイドをアプリ「Pokke」で聴くことができます。

旅行前にダウンロードしておけばオフラインでも使える!
プロのガイドに案内されるように旅を楽しめる!

Pokkeについて

【トラベルライターインタビューVol.2】NY記事50本超え!人気記事を多数生み出しているbluemoonさんの執筆のコツとは?