福岡
福岡観光
名物グルメが豊富な、九州一栄えるエリア

門司港&下関のレトロな街と海を楽しむスポット7選

取材・写真・文:

東京在住
訪問エリア:35都道府県

2018年8月8日更新

2,872view

お気に入り

写真:jihen2

福岡県北九州市の門司港と山口県の下関は、明治時代に貿易港として発展し、当時の様子が今に残るレトロなエリアです。歴史が深く芸術的な面からも魅力的な街並みや、港町ならではの見どころを紹介します。

この記事の目次表示

【福岡県】門司港の見どころ

【1】門司港レトロの王道!旧門司税関

  • 写真:jihen2

門司港レトロを楽しむならまずはここ!明治時代から昭和初期まで税関として使われていた建物で、中ではその当時の資料を見ることができます。建物は赤レンガの壁に瓦屋根という、典型的な和洋折衷の様式。近代化産業遺産にも指定されています。同じ福岡県にある世界遺産の八幡製鉄所の旧事務所でも、ドイツから指揮者を招聘して同じようにレンガと瓦屋根で建てられました。

  • 写真:jihen2
  • 写真:jihen2

内装は洋館のような雰囲気。レンガと木造の組み合わせがオシャレ!上の階は展望スペースになっていて、関門海峡を見渡せるほか、日本最大級の歩行者用はね橋である「ブルーウィングもじ」が跳ね上がるところを眺めることができます。明治〜昭和の面影を残し、当時の雰囲気を感じることができる門司港レトロの代表格は必見です!

旧門司税関
北九州 / 建造物
住所:福岡県北九州市門司区東港町1-24地図で見る
電話:093-321-6111

【2】写真映えスポット満載!新海運ビル

  • 写真:jihen2

海運会社の社屋として昭和初期にできた建物で、現在は雑貨屋さんが軒を連ねる場所になっています。船をモチーフにつくられたそうなのですが、ぱっと見は学校のようなつくり。教室それぞれに店舗が入っているような印象です。

  • 写真:jihen2フリーの休憩スペースには雑誌がたくさん
  • 写真:jihen2店ごとの郵便受け

小さくて個性的なお店が集まっていて不定休だからか、あまりメジャーなスポットではないのですが、独特なデザインと構造で写真映えスポットがたくさんあります。古くて人もあまりいないのに、なぜかついさっきまでそこで誰かがおしゃべりしていたような、レトロで温かみのある場所。自分だけの素敵な風景を切り取ることができ、写真好きにはたまらない魅力的な建物です。

  • 写真:jihen2
  • 写真:jihen2
新海運ビル
福岡 / 建造物
住所:福岡県北九州市門司区西海岸1丁目4-16地図で見る

【3】港町のエンタメが充実、海峡プラザ

  • 写真:jihen2

関門海峡の奥の湾に沿って並ぶ、港町の商業施設。福岡名物の明太子はもちろん、バナナの叩き売り発祥の地である門司港ということでバナナ関連のお土産や、これも門司港名物の焼きカレーのお店が目立ちます。湾には謎の海賊船が!?と思いきやこれも焼きカレーのレストラン。門司港ならではの景観です。

  • 写真:jihen2
  • 写真:jihen2

店舗の中でもデザインがカワイイのが蜂蜜専門店「Bee Honey」。様々な種類の蜂蜜、蜂蜜ジャム、蜂蜜味噌、蜂蜜メロンパンなどとにかく蜂蜜づくし!店内にイートインもあり、内装もカワイイ空間になっています。

お店の雰囲気に反して衝撃的なのが写真右の商品!本物の蜂が蜂蜜漬けになっているんです。ご主人が自ら生け捕りにして漬けたんだとか。興味のある方はチャレンジを!

ビーハニー
福岡 / その他グルメ
住所:福岡県北九州市門司区港町5−1 門司港レトロ 海峡プラザ西館1階地図で見る
Web:https://www.facebook.com/bee.honey.mojiko
門司港レトロ 海峡プラザ
北九州 / ショッピングモール・デパート
住所:福岡県北九州市門司区港町5−1地図で見る
電話:093-332-3121
Web:http://www.kaikyo-plaza.com/

【4】アーティスティックに門司港を楽しむ、古物・骨董市

  • 写真:jihen2

素敵なものを見るだけではなくお持ち帰りして手元に置いておきたい!そんな願望を叶えてくれるのが「門司港古物・骨董市」。2、3ヶ月に一回のペースで不定期で週末に開催されている蚤の市で、旧門司税関の前の広場がアンティークマルシェに変わります。

  • 写真:jihen2
  • 写真:jihen2

東京蚤の市」ほどの規模はないですが、何に使うかわからないけれどなんだかワクワクするカワイイものがたくさんあります。ぜひ予定を合わせて訪れてみてはいかがでしょうか。

門司港から下関への移動は関門連絡船で!

下関と門司港とは目と鼻の先で、連絡船で5分で移動できちゃうんです。筆者は関東の内陸の出身なので、海を渡って県を移動するということにとてもワクワクしました。他にもそういう方、いるのではないでしょうか?片道400円で所要時間わずか5分、20分おきに運行しています。両エリアを楽しむならこの連絡船を使わない手はありません。

  • 写真:jihen2
関門連絡船
福岡 / 乗り物
住所:福岡県北九州市門司区西海岸1丁目4−1地図で見る
Web:http://www.kanmon-kisen.co.jp/route/kanmon.html

次のページを読む

福岡の旅行予約はこちら

福岡のパッケージツアーを探す

福岡のホテルを探す

福岡の航空券を探す

(北九州空港)

(福岡空港)

福岡の現地アクティビティを探す

福岡のレンタカーを探す

福岡の高速バスを探す

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※この記事は2018年8月7日に公開した情報です。
 記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

あなたにオススメの記事

同じテーマの記事


福岡のおすすめドライブスポット30選!車で行きたい絶景スポット&名所特集

花や動物など見どころいっぱいの海の中道海浜公園や、散策が楽しい門司港レトロ地区、海を眺めながら食事できるシーサイドももち海浜公園など、福岡ドライブにおすすめの絶...


全国の人気水族館TOP20!旅行好きが行っている水族館ランキング

全国各地に数多ある水族館の中から、トリップノートの4万人の旅行好きトラベラー会員(2019年7月現在)が実際に行っている全国の人気水族館ランキングTOP20をご...

韓国まで3時間海の旅!福岡⇔釜山の高速船ビートルに乗ってみよう

「日本から最も近い外国」のひとつ、韓国。福岡から船で釜山に行ける便があるのをご存知ですか。高速船なら、ターミナルが街に近いので、わざわざ郊外の空港まで行って長い...

【2019年版】みんなが行った国内の人気観光スポットランキングTOP50!

2019年の1年間にトリップノートアプリでトラベラー会員が登録した「行ったスポット」のデータを元に、トラベラーのみなさんが実際に行った国内の人気観光スポットラン...

国内のおすすめドライブスポット・コース55選!車でのお出かけを楽しもう

絶景ドライブを楽しめる角島大橋や、富士山の眺めが見事な箱根スカイラインに西伊豆スカイライン、四季折々に花々が咲き誇る房総フラワーラインなど、車でのお出かけにおす...

この記事を書いたトラベルライター

プランナー 兼 トラベラー / 旅のきっかけをつくるひと
内装やイベントブース設営の仕事をしながら、世界各地へ旅に出ています。旅のキーワードはアートとデザイン、雑貨、世界遺産。
いろいろな国の文化や芸術が好きすぎて世界遺産検定1級とりました。
カナダ・トロント→なんちゃって世界一周→再び日本。

素敵な旅づくりのきっかけになるような情報と魅力を紹介していきたいと思います。
instagramでの発信に力を入れているのでぜひチェックして下さい。

かわいくて喜ばれる、ハズさない栃木みやげ5選

栃木といえばいちご、宇都宮餃子、日光東照宮、などなど。観光地らしい定番のおみやげももちろん良いですが、ときには「おっ!」「かわいい!」と言われるような、ちょっと...


【アメリカ】大人も女子も必見!ヒューストン・NASAジョンソン宇宙センター

テキサス州・ヒューストンといえばNASAのジョンソン宇宙センターが有名。でも実際なにがあるのか?どんな楽しみ方があるのか?アミューズメント施設とあなどることなか...


かわいくて喜ばれる、ハズさないカナダ土産10選

カナダといえばメープルシロップが有名で、観光地ならどこにでもあります。そんな定番をお土産にするのももちろん良いですが、せっかくなら「おっ!」「かわいい!」と言わ...

東京で感性を磨こう②!気軽に行けるデザインギャラリー5選

流行発信地・東京には、感性を磨けるようなアカデミックで魅力あるスポットがたくさんあります。「東京で感性を磨こう①!アカデミックなお出かけスポット5選」の記事に引...

【カナダ】在住者おすすめモントリオールご当地フード5選

カナダといえばメープルシロップが有名ですが、東部の都市モントリオールでエンジョイすべき食べ物はそれだけではありません!甘いおやつからこってりB級グルメまで、在住...

トラベルライターアワード受賞結果発表トラベルライターインタビュー Vol.2 bluemoonさん

【トラベルライターインタビューVol.2】NY記事50本超え!人気記事を多数生み出しているbluemoonさんの執筆のコツとは?